会  津  の  歴  史  年  表

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飛鳥以前]  [奈良〜平安]  [鎌倉/前半]  [鎌倉/後半]  [戦国〜江戸]  [江戸/前半]  [江戸/後半]  [幕末]  [明治]  [大正]    [平成]

昭   和   時   代

昭和2(1927)年
      鶴ヶ城が、旧藩主/松平家から市の所有となる。
      弥勒寺の本堂が再建。
11月 1日   会津線 「会津若松駅〜上三寄駅 (現/芦ノ牧温泉駅)」 の運行開始。
11月 23日   野尻村・大芦村の合併で、昭和村が発足。
昭和3(1928)年
      新島八重が、皇族以外の女性で初めて銀杯 (勲二等) を受章。
      松平容保の孫/松平節子姫と秩父宮雍仁親の婚礼が執り行われた。
      赤井谷地沼野植物群が、国指定天然記念物となる。
1月 18月   松平容保の孫/松平節子妃と秩父宮雍仁親の婚約が告示される。
5月 21日   野口英世が、ガーナのアクラで没 (51歳)
9月 1月   長江村・二川村の合併で、江川村 (下郷町) が発足。
9月 17月   松平容保の孫/松平節子妃が、小石川役所に勢津子の改名届を提出する。
11月 20日   会津線 (只見線) 「会津若松駅〜 会津柳津駅」 の運行開始。
昭和4(1929)年
      心清水八幡神社 (会津坂下町)の 「塔寺八幡宮長帳」 と 「鰐口」 が、国指定重要文化財に指定される。
4月 1日   水道の給水が開始。
昭和5(1930)年
6月     会津競馬場が設置 (現在の山見町)。
昭和6(1931)年
      観音寺<大町>が、再建。
      栗村稲荷神社 (会津坂下町) が、現在地に再建。
昭和7(1932)年
      日本のナイチンゲールといわれた瓜生岩子銅像が、 示現寺 (喜多方市) に建立。 東京の瓜生岩子の浅草寺にもある
6月 14日   夫/新島襄と共に、同志社大学開校した新島(山本)八重没 (86歳)
10月 19日   藩主の庭園であった御薬園が国の名勝に指定される。
12月 22日   会津線(現/会津鉄道)「上三寄駅〜湯野上駅 (湯野上温泉駅)」の運航開始。
昭和9(1934)年
3月 5日   東京への電話が開通。
11月 1日   磐越西線に「堂島駅笈川駅姥堂駅会津豊川駅」を新設。
会津線 (只見線)の「七日町駅根岸駅若宮駅」が新設。
12月 27日   会津線の「会津若松駅〜田島駅」間が全線開通。
12月 28日   鶴ヶ城が国の史跡に本指定される。
昭和10(1935)年
3月 28日   県立会津中学校が、火災により焼失。
昭和11(1936)年
5月     斎藤清が木版画と出会い衝撃を受け、木版画制作へ傾倒していく。
昭和12(1937)年
4月 1日   現在の会津若松市役所庁舎が完成。
昭和13(1938)年
      戊辰の役で戦死した中野竹子の終焉の地に、殉節の碑が建立される。
4月 11日   作曲家/猪俣公章が、会津坂下町に生まれる。
8月 18日   日中線が、「喜多方駅熱塩駅」間で開業。
昭和15(1940)年
11月 5日   布沢村・小梁村・八幡村の合併で、明和村 (只見町) が発足。
昭和16(1941)年
      神指城跡にある高瀬の大木 (ケヤキ) が、国指定天然記念物となる。
10月 28日   会津線 (只見線)「会津若松駅〜会津宮下駅」の運行開始。
昭和18(1943)年
3月 21日   会津乗合自動車が設立、戦時統合により路線を譲り受け運行開始。
昭和20(1945)年
      泰雲寺の焼失した本堂が再建される。
1月 1日   「日本硫黄耶麻軌道部」が行政指導で「日本硫黄沼尻鉄道部」に名称変更。

9月     約2千人の進駐軍が、若松に来る。
10月     井深大が、ソニーの前身である「東京通信研究所」を個人企業として設立。
昭和21(1946)年
      教林寺 (南会津町) が大火で焼失したため、現在地へ移転。
11月 20日   楢原村が町制施行で、楢原町 (下郷町) に改称。
昭和23(1948)年
      信遠寺が草創。
昭和25(1950)年
      神明神社の神殿が完成。
昭和26(1951)年
4月 1日   若松町 (会津若松市) が、町北村を編入。
10月     版画家/斎藤清が、ブラジル/サンパウロ・ビエンナーレで受賞。
  (戦後日本人初の受賞で、国内よりも海外で評価される)
昭和27(1952)年
      田出宇賀神社 (南会津町) の拝殿が再建。
      歌手/春日八郎のデビュー曲「赤いランプの終列車」が大ヒットする。
11月 3日   伊北村を、只見村 (只見町) と改称。
昭和28(1953)年
      中の沢観音堂 (下郷町) が、旭田寺の管轄となる。
      奥只見ダム (檜枝岐村) が、着工。
10月 11日   御薬園が、一般公開を開始する。
昭和29(1954)年
      長福寺、光明寺、無量寺、岩蔵寺を合祀し、旭田寺 (下郷町) と改称。
      歌手/春日八郎の「お富さん」が大ヒットする。
3月 31日   喜多方町・熊倉村・慶徳村・松山村・上三宮村・岩月村・関柴村・豊川村の合併で、喜多方市が発足。
北山村・大塩村・檜原村の合併で、北塩原村が発足。
7月 1日   新郷村・奥川村・野沢町・尾野本村・登世島村・睦合村・下谷村・群岡村・上野尻村・宝坂村の合併で、西会津町が発足。
昭和30(1955)年
      歌手/春日八郎の「別れの一本杉」が大ヒットする。
1月 1日   若松市が、湊村・一箕村・高野村・神指村・門田村・大戸村・東山村を編入。
名称を会津若松市に変更させられる。
3月 1日   猪苗代町・翁島村・千里村・月輪村・吾妻村が合併。
柳津町が、西山村を編入。
4月 1日   会津若松市が、本郷町小谷を編入。
坂下町・若宮村・金上村・広瀬村・川西村・八幡村の合併で会津坂下町発足。
楢原町・旭田村・江川村の合併で、下郷町が発足。
7月 20日   宮下村・西方村の合併で、三島村 (三島町) が発足。
猪苗代町が、長瀬村を編入。
只見村 (只見町) が、明和村を編入。
昭和31(1956)年
9月 20日   会津線 (只見線) 「会津若松駅会津川口駅」 の運行開始。 田子倉ダム建設のため会津川口駅から現場まで電源開発(株)の専用鉄道が敷設。
運用は、翌年。
10月     長岡藩士殉節之碑が建立される。
昭和32(1957)年
      女性初の移民“おけい”の墓碑が、背炙山の黄金丘に建立。
3月 31日   勝常村・笈川村の合併で、湯川村が発足。
昭和33(1958)年
      野口英世銅像が、中央公民館前に建立される。
      井深大が、商標名であった「SONY」を正式な社名「ソニー」に改称。
昭和34(1959)年
2月 20日   井深八重が、ローマ法王ヨハネ23世から聖十字勲章)を授与される。
8月 1日   只見村が朝日村を編入し、只見町が発足。
11月 6日   磐梯吾妻道路 (通称/磐梯吾妻スカイライン) が供用開始。
昭和35(1960)年
      鶴ヶ城本丸の形状復元。
      宗英寺の本堂が再建。
      田子倉ダム (只見町) が、竣工。
      奥只見ダム (檜枝岐村) が、竣工。
8月 1日   会津坂下町が、高郷村の高寺・片門・束松地区を編入。
昭和36(1961)年
4月 1日   三島村が、三島町に改称 (町制施行)。
5月 12日   井深八重が看護婦の最高栄誉「フローレンス・ナイチンゲール記章」を授与。
7月 14日   藩校/日新館の池に架かっていた石橋の1つを、御薬園に移築する。
昭和37(1962)年
      東明寺が、地蔵堂を残し川原町に移る。
7月 20日   磐越西線に 「志田浜仮乗降場 (猪苗代湖畔駅近くにあった)」 を新設。
11月 3日   一般公開10周年の行事として、御薬園に与謝野晶子の歌碑が落成。
昭和38(1963)年
7月 1日   円満寺観音堂 (西会津町) が、国指定重要文化財となる。
8月 20日   会津線 (只見線) 「会津若松駅〜只見駅」 の運行開始。
田子倉ダム完成後に、「会津川口駅〜只見駅」を国鉄の営業線に改良。
11月 21日   伊東正義が、衆議院議員総選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。
昭和39(1964)年
      中山風穴地特殊植物群落 (下郷町) が、国指定天然記念物に指定。
6月 1日   「日本硫黄沼尻鉄道部」 が、「(株)日本硫黄観光鉄道」 に名称変更。
昭和40(1965)年
2月 1日   会津線 (只見線) 「本名駅会津越川駅会津大塩駅会津塩沢駅」を新設。
6月 1日   磐越西線の「大寺駅」を「磐梯町駅」に改称。
9月 17日   鶴ヶ城の天守閣が、外観として再建 (落成) される。
10月 1日   特急「やまばと・会津若松駅〜上野駅」を、「山形駅〜上野駅」との列車と併結で運行開始。
昭和41(1966)年
11月 3日   井深八重が、勲五等宝冠賞を授与される。
昭和42(1967)年
      旧滝沢本陣が、史跡に指定。
      正蓮寺が、現在の本堂を再建。
      清林寺が、老朽化のため堂宇を新築。
      香取神社 (南会津町) が、焼失したため再建。
      作曲家/猪俣公章の「君こそわが命」が大ヒットする。
6月 15日   磐越西線 「郡山駅喜多方駅」 の間が交流電化。
7月 1日   磐越西線の電車による急行「ばんだい」 が運行開始。
8月 1日   「(株)日本硫黄観光」 が、「磐梯急行電鉄(株)」 に名称変更。
8月 21日   磐越西線の 「志田浜仮乗降場」 が廃止。
昭和43(1968)年
      「三浦半島会津藩士顕彰会」が結成される。
6月     沼尻鉱山 (猪苗代町) が閉山。
5月 1日   只見町が、南郷村大字和泉田の一部を編入。
9月 18日   磐越西線の特急「やまばと」 が、「会津やまばと」 として運行開始。
9月 28日   磐越西線の特急「会津やまばと」 が、「あいづ」 に改称 。
昭和44(1969)年
      作曲家/猪俣公章の「港町ブルース」が大ヒットする。
3月 27日   「磐梯急行電鉄(株)」 が、会社倒産により全線廃止。
7月 10日   会津乗合自動車が、「会津若松〜郡山〜平線」 の特急バスを運行開始。
12月 27日   伊東正義が、第32回衆議院議員総選挙でトップ当選 (福島2区、2期目)

昭和45(1970)年
      円満寺 (西会津町) が、現在地に解体・移築。
      作曲家/猪俣公章の「噂の女」が大ヒットする。
6月 1日   磐梯山有料道路 (通称/磐梯山ゴールドライン) が、供用開始。
昭和46(1971)年
      旧滝沢本陣が、国の重要文化財に指定。
      作曲家/猪俣公章の「おふくろさん」が大ヒットする。
8月 29日   会津線「会津若松駅小出駅」 が全線開通し、「只見線」 に改称。
昭和47(1972)年
      東北地方最古の古墳の1つである大塚山古墳が国指定史跡となる。
12月 10日   伊東正義が、第33回衆議院議員総選挙で当選 (福島2区、3期目)
昭和48(1973)年
      見性寺の本堂が再建。
      鹿島神社 (南会津町) の拝殿・本殿等が再建。
8月 4日   「新滝旅館別館」 が御薬園に移築され落成式。 「重陽閣」 と命名される。
昭和49(1974)年
      阿弥陀寺の本堂が建立。
      高巌寺の伽藍が再建。
      作曲家/猪俣公章の「空港」が大ヒットする。
10月 31日   日中線の蒸気機関車が、最後の定期運行。
昭和50(1975)年
11月 4日   南会津町 (旧/南郷村) と、さいたま市 (旧/浦和市 埼玉県) が姉妹都市提携。
      作曲家/猪俣公章の「千曲川」が大ヒットする。
昭和51(1976)年
12月 10日   伊東正義が、第34回衆議院議員総選挙で当選 (福島2区、4期目)
昭和52(1977)年
      白虎隊士/鈴木重季と兄/重光の墓が、常金寺本堂脇の境内に移される。
昭和53(1978)年
      小野小町塚 (喜多方市) が、建て替え。
昭和54(1979)年
6月     「御薬園」の旧薬園跡・池水取入口など全域が、国の史跡に追加指定される。
12月 10日   伊東正義が、第35回衆議院議員総選挙で当選 (福島2区、5期目)
11月 9日   伊東正義が、初入閣にもかかわらず大役の 内閣官房長官に就任。
昭和55(1980)年
      駒形神社 (喜多方市) の社殿が再建。
      磐越西線は、国鉄再建法に基づく幹線に指定。
4月 29日   下郷町と西東京市(旧/保谷市 東京都)が、姉妹都市締結。
6月 11日   伊東正義が、国務大臣と副総理に就任。
6月 12日   伊東正義が、大平総理の急死により内閣総理大臣臨時代理に就任。
6月 22日   伊東正義が、第36回衆議院議員総選挙で当選 (福島2区、6期目)
昭和56(1981)年
      大内宿 (下郷町) が、国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定。
      見性寺の観音堂が再建。
      長福寺 (喜多方市) の現在の堂宇が再建。
昭和57(1982)年
      金上寺 (会津坂下町) の本堂が再建。
      西勝寺 (猪苗代町) の本堂などが再築。
      東北新幹線開業に伴い、鉄道のダイヤが大改正。
8月 1日   只見線の 「西若松駅只見駅」 の貨物営業を廃止。
10月 23日   南会津町 (旧/舘岩村) と、さいたま市 (旧/大宮市 埼玉県) が友好都市提携。
11月 15日   磐越西線の急行「いいで・新潟駅〜上野駅」が廃止。
東北新幹線開通に伴い、首都圏との直通電車が順次 廃止されていく。
昭和58(1983)年
6月 11日   伊東正義が、国務第37回衆議院議員総選挙で当選 (福島2区、7期目)
昭和59(1984)年
      横須賀市が、会津藩士の腰越墓地を円照寺から購入し市の文化財に指定。
2月 1日   磐越西線の急行「ばんだい」が廃止され、快速列車に移行。
3月 31日   日中線で、「さようなら日中線号」が運行。
4月 1日   日中線 (喜多方市) が廃線。
9月 23日   会津若松市と、むつ市(青森県)が、姉妹都市提携。
昭和60(1985)年
      川口温泉 (金山町) が開湯。
      旧町名・地名表示板の設置開始 (会津若松市)。
5月 30日   昭和村と草加市 (埼玉県) が、姉妹都市提携。
昭和61(1986)年
7月 6日   伊東正義が、第38回衆議院議員総選挙で当選 (福島2区、8期目)
7月 20日   磐越西線の 「猪苗代湖畔駅」 が臨時駅として新設。
10月 8日   南会津町 (旧/田島町) と台東区 (東京都) が、友好都市提携。
10月 9日   計画決定から60余年を経て、野岩鉄道(株)の会津鬼怒川線として開業。
浅草駅から会津高原駅 (会津高原尾瀬口駅) まで、直通運転開始。
11月 21日   会津美里町と台東区 (東京都) が、友好都市提携。
昭和62(1987)年
      会津松平家墓所の院内御廟が、国史跡の指定となる。
      旧・日中線の「熱塩駅」が記念館となる。 喜多方市内の軌道跡地は、サイクリングロード「日中線記念自転車歩行者道」に整備。
1月     版画家/斎藤清が、鎌倉から柳津町へ転居。
7月 16日   国鉄再建法により、 第三セクター方式の会津鉄道(株) 「西若松駅〜会津高原駅」 間の営業が開始。
上三寄駅が、芦ノ牧温泉駅に改称。
8月     慧日寺資料館 (磐梯町) が開館。
昭和63(1988)年
4月 27日   会津鉄道の 「塔のへつり駅」 が新設。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飛鳥以前]  [奈良〜平安]  [鎌倉/前半]  [鎌倉/後半]  [戦国〜江戸]  [江戸/前半]  [江戸/後半]  [幕末]  [明治]  [大正]    [平成]