会 津 若 松 市 の 見 ど こ ろ

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [旧市街周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街 /大町 /馬場  飯盛山  東山  神指  河東  北会津  大戸

名 刹 と 神 社 (旧市街周辺/日新町)

監修 : 梅津咸一 氏     .

見性寺

見性寺

 元和5(1619)年、良然上人の隠居寺として草創。
 3年後の元和8(1622)年、この寺で死去。
 願求山、浄土宗。
 本尊は、阿弥陀如来三尊像。
 安積郡/善導寺の住職であったが、病の治療のため会津を訪れ、数年の養生で会津での入山を決め、阿弥陀寺を開山した。
 戊辰の役で、堂宇すべてが焼失。
 昭和48(1973)年に本堂が、昭和56(1981)年に観音堂を再建。
 町廻り三十三観音の第十七番 針屋名子屋町

 ▲(会津若松市日新町16-36 Tel. 0242-26-3288)

興性寺 (こうしょうじ)

興性寺

 和田山、真宗大谷派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 永正7(1510)年、和田八郎光性の子である僧/善明が開山、孫の願明が光性寺として創建。
 元禄13(1700)年、興性寺と改めた。

 ▲(会津若松市日新町9-4 Tel. 0242-27-0894)

西光寺跡

第四番 日限延命地蔵尊

 会津二十一地蔵尊の第四番

 ▲(会津若松市日新町2-11)

西蓮寺 (さいれんじ)

西蓮寺

 天正2(1574)年、僧/幽善が京都本願寺に入り、顕如上人の高弟となり、本尊と寺号を受けて草創。
 小田山、真宗大谷派。 本尊は阿弥陀如来。
 戊辰の役で西軍の略奪のため全ての寺宝を失うが、本尊だけは檀家が命がけで守った。
 本光寺とともに、会津塗の木地師の寺とされる。
 七日町「幸せ回廊」の四番。
 ▲(会津若松市日新町16-33 Tel. 0242-27-6648)

正蓮寺 (しょうれんじ)

正蓮寺

 天正元(1573)年、耶麻郡島田村生まれの僧/釈了善が、材木町に一宇を創建し、開山した。
 本尊と寺号は、本願寺/第11世顕如上人による。
 宝池山、真宗大谷派。 本尊は阿弥陀如来。
 天和元(1681)年、洪水に見舞われたため、現在地に再建。
 戊辰の役で、すべての堂宇が焼失した。
 昭和42(1967)年、鉄筋の本堂や庫裏が再建。

 ▲(会津若松市日新町9-20 Tel. 0242-27-5185)

信遠寺 (しんおんじ)

信遠寺

 昭和23(1948)年、草創。
 妙法山、本門仏立宗。
 本尊は、妙法本尊。

 ▲(会津若松市日新町10-29 Tel. 0242-27-2597)

大運寺 (たいうんじ)

大運寺

 元和3(1617)年、寂誉上人が草創。
 広博山無量院、浄土宗。 本尊は阿弥陀如来。
 戊辰の役で、過去帳以外はすべて焼失。
 姿の良い樹齢300年の松が、本堂前にある。
 本堂を改築中(2011/4)
 殉難者墓あり。  金田百太郎  星暁邨

 ▲(会津若松市日新町9-24 Tel. 0242-27-2580)

長福寺

御姥尊 長福寺

 慶長3(1598)年、僧/守応が草創。
 万松山、曹洞宗。
 総本山は、福井/永平寺。
 地元では「御姥様(おんばさま)」で呼ばれ、寺名を知らない人も多い。
 信仰する者に難産だった産婦はいない、と信じられている。
 最初の「お日市」の寺で、会津若松市の夏祭りが開幕する。
 お日市 7月1日
 七日町「幸せ回廊」の三番。
 ▲(会津若松市日新町16-24 Tel. 0242-28-1903)

長命寺

長命寺

 慶長10(1605)年、教如上人が草創。
 無量寿山、真宗大谷派。 本尊は阿弥陀如来。
 総本山は、京都/東本願寺。
 寛永20(1643)年、保科正之公が会津拝領となり、従って移った最上/幸甫が長命寺に改称。
 寛文7(1667)年、甲賀町から現在地に移る。

 戊辰の役で激戦地となり、堂宇すべてを焼失した。
 5本の白線が入った土塀だけが、往時の名残りを伝えている。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市日新町5-51 Tel. 0242-27-7003)

「大町と七日町」の「名刹と神社」は、こちら。

「馬場町」の「名刹と神社」は、こちら。

「上記外の旧市街中心地」の「名刹と神社」は、こちら。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [旧市街周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街 /大町 /馬場  飯盛山  東山  神指  河東  北会津  大戸