[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]
[ご縁メニュー]  [東京都]   [正之ご縁]  [天海ご縁]  [会津を味わう]  [殉難者]

ご   縁   の   あ   る   地

東    京    都

保科正之との ご縁については、こちら

天海大僧正とのご縁については、こちら

東京で会津を味わうについては、こちら

殉難者については こちら (都下 / 関連)。

≪ 日 什 大 正 師 と の ご 縁 ≫

本光寺

本光寺

 経王山。 顕本法華宗系の単立寺院。
 妙国寺妙法寺と同じ日什門流八別格本山の一つ。
 永徳2/弘和2(1382)年、日什大正師が創建。
 寛文8(1668)年、妙満寺の江戸触頭となる。
 昭和16(1941)年、時の政権の意向により顕本法華宗と本門宗と日蓮宗の三派が合同し本山となる。
 昭和23(1948)年、独立する。
 ▲(品川区南品川4-2-8 Tel. 03-3474-3543)

天妙国寺

天妙国寺

 鳳凰山。 顕本法華宗の別格山。
 妙国寺妙法寺と同じ日什門流八別格本山の一つ。
 弘安8(1285)年、日蓮の弟子/天目が妙国寺として創建。
 その後、2世/日叡の時に顕本法華宗の祖/日什大正師の門流に入る。
 天正19(1591)年、徳川家康から朱印地10石を受ける。
 寛永11(1634)年、徳川家光が倒壊した五重塔を再建。
 寛文8(1668)年、妙満寺の江戸触頭となる。
元の寺名「妙国寺」の石標  昭和16(1941)年、時の政権の意向により顕本法華宗と本門宗と日蓮宗の三派が合同。
 昭和47(1972)年、独立し天妙国寺と改称。
 山門前に、元の寺名「妙国寺」の石標がある。
 ▲(品川区南品川2-8-23 Tel. 03-3471-7921)

春日八郎の手形 (浅草公会堂)

春日八郎の手形(浅草公会堂)

 昭和60(1985)年1月、設置 (昭和59年度分)。
 入り口前「スターの広場」の中央左手にある。
浅草公会堂  「E−22」。
 春日八郎については、こちら。
 ▲(台東区浅草1-38-6
    Tel. 03-3844-7491)


徳一大師作/日限地蔵尊 (松秀寺)

 徳一大師の作と伝わる日限地蔵尊像を所蔵。
 天正年間(1578〜1580)のとある日、蘆名盛氏
 「泥深い葦の中に埋まっている地蔵様を探し出すべし
と霊夢によるお告げを受けた。
 早速、家臣らに黒川城 (鶴ヶ城) 内の沼の中を探させてたところ、徳一大師作/地蔵尊が3体出現した。
 盛氏公は、西光寺に地蔵堂を建立し安置した。
 現在、残り2体は、西光寺と兵庫/法音寺に祀られている。
 徳一大師(徳一菩薩)については、こちら。
 ▲(港区白金2-3-5 Tel. 03-3441-1815)

山鹿素行の墓 (宗参寺)

山鹿素行の墓

 元和8(1622)年8月26日、鶴ヶ城下にて誕生
 貞応元(1652)年、赤穂藩に1千石で迎えられる。
 万治3(1660)年、赤穂藩仕官を辞して江戸に戻る。
 寛文6(1666)年、朱子学を非難したことで、赤穂藩にて謹慎処分となる。
 延宝3(1675)年、謹慎が解かれ江戸に戻る。
宗参寺 墓案内石柱  貞享2(1685)年9月26日、死去 (黄疸)。
 64歳。 「月海院殿瑚光浄珊居士」。
 道徳の教えから、忠臣蔵へとつながる。
 案内の石柱もあり、分かりやすい。
 略歴については、こちら。
 ▲(新宿区弁天町1 Tel. 03-3209-8514)

勢津子妃の墓 (豊島岡墓地)

勢津子妃の墓(豊島岡墓地)

 勢津子妃は、松平容保の孫。
 昭和3(1928)年9月28はの皇族/秩父宮雍仁親王との成婚で、会津藩の汚名は晴らされた。
 平成7(1995)年8月25日、死去。 85歳。
 天皇と皇后を除く皇族専用の豊島岡墓地に埋葬。
 不定期の一般公開日 (法要など) を除いて非公開。
 ▲(文京区大塚5丁目)

鹿鳴館跡

鹿鳴館跡

 大山捨松が、11年間の米国生活で学び身に付けた知識や習慣を活用し、日本の外交に尽力した場所。
 明治16(1883)年、落成。
 各国の外交官などが招待され、連日連夜 華麗な舞踏会などが開催され、鹿鳴館時代といわれている。
鹿鳴館跡の説明文  大山捨松の略歴は、こちら。
 山川捨松の生誕地は、こちら。

 現在は、日比谷通り沿いのNBF日比谷ビル前に石板があるのみ。
 ▲(千代田区内幸町1-1-7)

八王子城

 鶴ヶ城と同じく日本100名城 (22番) の1つ。
 天正15(1587)年頃、北条氏康の3男/氏照が、小田原城の支城として築城。
 天正18(1590)年6月23日、豊臣秀吉による小田原征伐の際に上杉景勝前田利家、真田昌幸らに攻められ落城。
 天正18(1590)年、徳川家康によって廃城となる。
 昭和26(1951)年、国の史跡に指定。
 ▲(八王子市元八王子町)

広徳寺

≪広徳寺≫ 拝観謝絶。
 保科正経の正室/久萬姫
 松平正容の長男/正邦
 松平容貞の正室/登茂姫
 松平容頌の正室/銑姫、養子/容詮
 松平容住の正室/謙姫、弟/容序、父/容詮の正室/松寿院
 松平容敬の正室/節姫、正室/厚姫、側室/於絲、側室/須賀
 松平容敬の5女/敏姫 (松平容保の正室)
 清心宗幽禅尼     藤森院清心妙香禅尼     長栄院慶巌慈雲大姉
 智覚院戒心定慧大姉  淨照院譚潭月永澄大姉

済松寺

≪済松寺≫ 一般人の立入禁止、墓碑撮影も禁止。
 祖心尼  会津蒲生藩重臣/町野幸仍の子/長門守幸和の妻。
 会津臣加須屋一得武応  書家/加須屋時鳴の父。
             「寛量院殿仁叟寿居士」


[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]
[ご縁メニュー]  [東京都]   [正之ご縁]  [天海ご縁]  [会津を味わう]  [殉難者]