偉     人     伝

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]  [ジャンヌ・ダルク]  [ナイチンゲール]  [縁]

山 本 (川 崎、新 島) 八 重 の 略 歴

 山本八重 (川崎八重、新島八重) の生涯は、3つの時代に分けられる。

  ◇ 幕末のジャンヌ・ダルク
    会津藩/砲術師範の家に生れ育つ。
    最新の洋式銃で戦いぬいた「誕生から戊辰の役」の時代。
  ◇ 時代をリードする"ハンサム ウーマン"
    生きていた兄/覚馬を頼って京都に移住する。
    新島襄と運命的な出会いの「京都移住、新島襄と結婚」の時代。
  ◇ 日本のナイチンゲール
    最愛の新島襄を見送ってから、篤志看護婦となる。
    日清・日露戦争時の救護活動に晩年を捧げた「社会福祉活動」時代。

 いずれの時代も、直面した危機から逃げることなく対峙し、時代を先取りして生き貫く。
 激動の時代の孤独さに堪え、会津の気骨さを示す
  「ならぬことは、ならぬものです
を貫き通した女性であった。
 なお、呼び名を変えているが、当サイトでは「八重」で通した。
  「山本八重子 → 山本八重 → 川崎八重 → 新島八重 → 新島八重子

山本八重の "ゆかり" を巡る

京 都 へ 移 住、 新 島 襄 と 出 会 い 、 結 婚

時代をリードする"ハンサムウーマン"

 死んだと思った兄が生きているのを知り、兄の住む京都への移住を決意する。
 真綿が水を吸い込むように、新しい時代を先取りしていく。
 そして、運命の新島襄と出会い、結婚する。
 襄が体験した外国での知識を、古来からの慣習にこだわることなく吸収していく。
 男尊女卑の時代、誤解されることも多かったが、信念を貫き通す。
 兄/覚馬が所有していた土地に、夫/襄との夢を実現する。

明治3(1870)年

 前年に釈放されていた兄/覚馬は、後に京都府令(知事)となる槇村正直から、京都府の顧問に迎えられていた。
 さらに自宅を講筵とし、政治や経済学を教えていた。
 生徒の中から、東京府知事の松田道之や、大阪府知事の藤村紫朗らを輩出している。

明治4(1871)年

1月
 鳥羽伏見の戦いの時、捕えられ処刑されたと伝えられていた兄/覚馬から手紙が届き、生きていることを知る。
 「越後より攻め寄せたる薩兵の、会津以西三里許の一村落に宿す。其農夫は即ち翁が家の譜代のものなりき。薩兵夫れとも知らず、翁の事を語る。日く翁は薩邸に在り厚遇を受け、恙がなき故、若翁の親族に遇はば之を伝えよ」 (同志社文学 六二号/山本覚馬翁の逸事/山本学人)
 開城から3年後のことであり、当時の混乱の様子がうかがえる。

2月
 母/さく、姪/みねを伴って京都に向かうため、生まれ育った会津を後にする。
 京都に着いた八重たちは、兄/覚馬の100坪ほどの居宅に同居する。

明治5(1872)年

4月14日
 日本初の女学校として「新英学級及女紅場」が旧/九条殿河原町邸に設立され、舎監兼教導試補となる。 京都府顧問になっていた兄/覚馬の推薦によるものだった。
 この女紅場で、茶道教授として勤務していた13代千宗室 (円能斎) と出会い、茶道を親しむようになる。
 その後、「新島宗竹」の名で、女性向けの茶道教室を開き、裏千家の流派を広めた。
 当時の茶道は男性のものだったが、女性へと広め、今の隆盛につなげた貢献は大きい。
 山本家の先祖は、元々茶道家であった。

明治7(1874)年

11月26日
 新島襄が、帰国。

 天保14(1843)年1月14日、安中藩士の父/民治と母/とみの子として誕生。
 念願の長男誕生だったため、七五三太(しめた)と名付けられた。
 襄の生誕地には、同志社などにより碑が建立されている。
 幕府の軍艦操練所で洋学を学び、米国へ憧れるようになる。
 元治元(1864)年6月14日、函館港から米船/ベルリン号で密出国する。
 上海でワイルド・ローヴァー号に乗り換え、米国へ向かう。
 船長/ホレイス・S・テイラーが「ジョー」と呼んでいたことから、後に「襄」と名乗るようになった。
 慶応元(1865)年7月、ボストンに到着。
 フィリップス・アカデミーに入学、後の札幌農学校教頭/ウィリアム・スミス・クラークの授業を受けており、密出国者から正式な留学生となっている。
 明治7(1874)年、アンドーヴァー神学校を卒業し、横浜港に到着した。
新島襄生誕地の碑

明治8(1875)年

 兄/覚馬は、英語を学ぶためゴルドン教宣教医に接近、贈られた「天道遡源」でキリスト教に目覚める。
 八重も兄の影響を受け、英国人ホーンビィ・エバンス夫妻から英語を学び、ゴルドン博士から聖書を習い始めた。
 やがて、ゴルドン博士から襄を紹介される。
 「或る日のこと、何時もの通りゴルドンさんのお宅へ、馬太伝を読みに参りますと、ちょうど、そこへ嚢が参っておりまして、玄関で靴を磨いて居りました。私はゴルドンさんのボーイが、ゴルドンさんの靴を磨いているのだと思いましたから、別に挨拶もしないで中に通りました

(新島八重子回想録/永沢嘉巳男)

 新島襄は、大阪にキリスト教の学校開設を計ったが失敗、京都に設立を目指していた。
 勝海舟から 「京都の山本覚馬に相談せよ」 との紹介状を携えて、覚馬を訪問する。
 覚馬の賛同を得たためめ、山本家に同居し、学校設立の準備を始める。
 襄が三条大橋詰の旅館/目貫屋に住まいを移してからは、八重も聖書を習いに訪ねるようになる。 八重は、襄を女紅場の案内をする際、今後の国家には婦女子の教育が重要であると説いている。
 この話を聞いて、女学校の設立を襄は決めたという。

 髪は洋風で和服姿、西洋靴を履き。時折り兄と英語で会話する八重に、襄は魅かれていった。
 「夫が東を向けと言ったら、ずっと東を向いているような女性は嫌い
との襄には、何事にも動じず自分の意見を持つ八重が、理想の女性に映っていた。

10月15日
 府知事/槇村正直の仲人で、新島襄と婚約。
 前夫/尚之助が死去したことは、すでに聞いていた。
 襄は、父への手紙の中に、
  「日本の女性の如くなき女子
と、八重がその理想の女性であると伝えている。

11月
 キリスト教徒/襄と婚約したことで、京都府から女紅場の職を解雇される。
 新島のキリスト教主義の学校の開校を阻止すべく、仏教各宗派が抗議集会を開き、京都府知事や文部省に嘆願書を提出し圧力をかけていた。
 妹がキリスト教に興味があったからとして解雇されたことで、覚馬は八重の女学校設立に全面協力へと傾いた。

11月29日
 新島襄らが京都寺町の旧高松邸に、官許同志社英学校 (現/同志社大学) を創立。
 教員2人・生徒8人でのスタートだった。
 校名「志を同じくする者が集まって創る結社」は、兄/覚馬が命名した。

明治9(1876)年

1月2日
 古い考えの人からの嫌がらせにも動じず、洗礼を受ける。
 京都で洗礼を受けた最初の人であった。

1月3日
 新島襄と宣教師デビスの司式で結婚式を挙げる。
 八重 30歳、襄 32歳だった。
 日本人同士がキリスト教式の結婚式をするのは、京都では初めてであった。
 切支丹迫害の気風が残る世の中で、堂々と洗礼を受け、キリスト教徒と結婚する八重を、人々は畏敬の念で見ていた。
 時代を先取りする八重にとって、世間の評判などどうでも良かったのだろう。
 単なる西洋への憧れだけではなく、西洋の感覚は身に着けても、武士の誇りと道徳をも兼ね備える八重を理解できなかったのは、当時としてはやむを得なかったようだ。
 学生であった徳富蘇峰には、夫婦揃った目の前で、
  「頭と足は西洋、胴体は日本という鵺のような女性
とまで酷評されている。
 この時も、八重は全く動じず、夫婦愛が変わることもなかった。
 徳富蘇峰は、人情の機微と八重の本性を知り、後に非礼を心から詫びている。
 「鵺 (ぬえ)」とは、顔は猿、胴体は狸、手足は虎、尾は蛇、気味の悪い鳥のトラツグミに似た声で鳴く、伝説上の妖力を持つ生物。正体のはっきりしない人物の例え。
 徳富蘇峰の弟/徳富蘆花も、小説「不如帰」で会津藩士の娘/大山捨松を誹謗中傷している。
 孝明天皇からの御辰韓 (会津藩を称賛) を記載した「京都守護職始末」が明治44(1911)年まで出版できず、言われなき汚名を着せられていた時代である。
 徳富一族は、時の権力者におもねる家系のようだ。
 後に蘆花は、八重の兄/覚馬娘/久栄に求婚したが実らなかった。

11月
 明治に入って購入していた6千坪の旧薩摩藩邸敷地を兄/覚馬から学校用地として提供された新島襄は、同志社英学校を、この地に移転 (今出川校地) する。
 襄と連名で、文部省に「私学開業願」を出している。
 この年に新島襄らは、京都御苑内の旧/柳原邸に同志社女子塾を設立。

 5月には、「新英学級及女紅場」が「女学校及紅場 (現/京都府立鴨沂高校、八坂女紅場学園)」と改称されている。

明治10(1877)年

 新島襄らが同志社女子塾を母体として同志社分校女紅場を開設。
 同年9月に、同志社女学校 (現/同志社女子大学) と改称。

明治11(1878)年

9月16日
 僧侶や神官の激しい反対運動にも屈せず、同志社英学校を正式に開校。
 社長は夫/襄、結社人は兄/覚馬となる。
 教師は、外国人宣教師だったが、八重は礼法の教師となる。
 洗礼を受けていた母/さくは舎監となり、5年間も勤めている。

明治12(1879)年

 兄/覚馬は、第1回京都府会選挙で当選し、初代議長にも選出された。

明治15(1882)年

7月27日
 夫と一緒に、故郷の会津に帰省し (清水屋旅館)、約1か月逗留。
 桧原/大和屋 、綱木/清水屋与五郎宅 、白布高湯東屋 、米沢/宍戸屋などに宿泊している。
 父の墓への報告と、先祖の墓参りもした。
 山本家の墓は無縁として整理されていたが、若松の牧師/若月が探し出した。
 現在の墓域・墓碑は、後に八重が整理・統合し建立した。
 墓碑「山本家之墓所」は、八重の直筆。
 [閑話]

明治16(1883)年

 会津に、帰省。

明治17(1884)年

 欧米旅行中の襄は、アルプス登山で心臓発作を起こす。
 後に、この時のことを振り返って、
  「妻のことばかりを思っていた
と語っている。

明治18(1885)年

 兄/覚馬は、京都商工会議所会長に就任。
 この年に覚馬は、後妻/時恵とともに洗礼を受けた。

明治19(1886)年

5月21日
 襄が猪苗代経由で若松へ。
 喜多方から大峠を通り、米沢、福島、仙台経由で帰る。

明治20(1887)年

7月
 夫/新島襄と共に避暑のため札幌に訪れた際、幼なじみの日向ユキ (内藤ユキ) を訪ね、約20年ぶりに再会を喜び合う。

明治21(1888)年


 夫/襄の病は、不治の病だと医師から告げられる。
 襄は、既に覚悟していたようだ。
 5月には、吉野の土倉庄三郎に死後の八重の行く末を頼んでいる。
 意外と知られていないのは、14年間の夫婦生活において、3分の1の期間を八重は襄の看病に費やしていることである。
 療養しながら職務をこなす襄に、北海道や鎌倉、伊香保にも付添い、献身的な看病をしている。 あまりの献身さに、
  「先に死なれたら困るから、休んでくれ
とまで、襄に言わせるほどだった。

明治23(1890)年

1月23日
 母の看護から駆け付けた八重に看取られ、静養先の神奈川県大磯の旅館/百足屋で襄は死去した。 46歳。
 臨終に際して、左手は最後まで八重に触れていたという。
  「狼狽するなかれ、グッドバイ、またあわん
 墓は、京都市営の若王子墓地/同志社共葬墓地

 兄/覚馬が同志社の臨時総長となり、以後の同志社の発展に尽力する。

 11歳で安中藩/学問所に入った新島襄は、添川廉斎から漢学を習う。
 会津藩の軍事奉行/広川庄助の従僕だった廉斎は、漢学などを究め、安中藩に召し抱えられていた。
 開国論者であった廉斎からの教えは、若き襄に多大な影響を与えたという。
 そして、22歳で国禁を犯して函館から密航し、アメリカ/ボストンの名門アーモスト大学で学ぶことになる。
 八重の人柄に惚れぬいたことに異論はないが、師の出身地/会津には特別な憧れを持っていたことも否めない。

[前ページ]       [次ページ]
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]  [ジャンヌ・ダルク]  [ナイチンゲール]  [縁]