偉     人     伝

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]  [開花]

大 山 捨 松 の 略 歴

 捨松の生涯は、大きく2つの時代に分けられる。

  ◇ 運命に翻弄された時代 (山川捨松)
    会津藩家老の家に生れ育ち、8歳で籠城戦。
    困窮する斗南で里子に出され、留学生募集で異国に渡る。
    帰国するも活躍の場を得られず、失望の日々を過ごす。
  ◇ 幾多の夢が開花する時代 (大山捨松)
    旧敵/大山巌の熱烈な求愛を受け入れ、結婚。
    新しい時代へ鹿鳴館デビュー、「鹿鳴館の貴婦人」となる。
    夫を助けるため、留学の経験をフルに活用し外交官との交渉に貢献。
    夢だった女子教育と、社会福祉活動に邁進する。

 時代に翻弄されようとも、諦めることなく、常に前向きに生きぬいた女性であった。

 捨松には、2人の兄がいる。
 元/会津藩士を隠さず生きて、明治の世で活躍できた珍しい兄弟である。
山川浩 (大蔵)≫
 陸軍少将への道を歩む。
 京都守護職を拝命した藩主/松平容保に伴って京都へ同行した経験から、「京都守護職始末」を著述したが、孝明天皇からの忠孝を示す御辰韓が記載されていたため、明治44(1911)年まで出版できなかった。
山川健次郎
 東京帝国大学総長への道を歩む。
 カレーライスを初めて食べた日本人でも知られている。
 白虎隊に入隊していた経験から、「会津戊辰戦史」を著述したが、東軍からの視点で書かれているため、出版できたのは死去した翌年の昭和7(1932)年だった。

運 命 に 翻 弄 さ れ た 時 代

万延元(1860)年

大山捨松生誕の碑

2月24日
 本二之丁の自邸で、家老の父/山川尚江(なおえ)重固(しげかた)と母/ (えん、歌号/唐衣) の末子として誕生。
 2男5女で、幼名を"さき"、やがて"咲子"と改名、後の捨松である。 兄弟は12人だったが、成人したのは二葉大蔵・美和・操・健次郎・常盤・咲子の7人。
 生れる1か月前に父が病死したため、祖父の兵衛重英が父親代わりになり育てられる。
 父の死は、生れて2か月後とも。
 家督は兄/大蔵 (後の山川浩) が継ぎ、母は剃髪して勝聖院と号する。

慶応4(1868)年

8月23日
 台風が抜けぬ早朝、西軍が城下に迫り、入城を促す割場の鐘が鳴り響いた。
 前日には、十六橋破れるの報を聞いており覚悟はしていたものの、時の流れの速さに戸惑っている間に、敵の一部侵入し始めていた。
 家族とともに、鶴ヶ城に入る。

 籠城戦では、母や姉とともに負傷者の手当や炊き出し、弾薬運びや不発弾処理まで従事している。
 着弾した焼玉の砲弾に、濡れた布団をかぶせて爆発を防ぐという「焼玉押さえ」と呼ばれていた作業である。導火線で火を噴くようになっていたため、導火線さえ消してしまえば止められた。 失敗すれば命を失う危険な作業には変わりない。
 捨松も大ケガをしたものの、命は取りとめている。
 懸命に戦った捨松は、8歳であった。
 籠城戦の最中、兄/大蔵の妻/トセが爆死している。
 大蔵は、西軍が城を包囲している中、伝統芸能の彼岸獅子を先頭に行進するという奇策を講じて、一兵も失うことなく堂々と入城に成功させている。

[伝説]
 城に籠った婦女子は、負傷したら迷惑をかけないように、全員が自刃する懐剣を身に付けていた。 捨松 (咲子) の家族は、重傷を負い自刃がおぼつかなくなったら、母が介錯すると約束をして入城した。
 9月14日の西軍総攻撃開始の日、本丸にある照姫の居室に着弾し破裂した。
 照姫をお守りしていた兄の妻/トセが、頬、右の肩、脇腹、脛から腿へと全身4ヶ所に被弾した。 脇腹からは湧き出るように血が流れ、肩への一発は着物の真綿を肉の中へ捩じ込んでいた。
 医者が手当てし、真綿を取り出すと弾も摘出したが、出血は止まらなかった。
 トセは、息も絶え絶えに、
  「母上、どうぞ私を介錯して下さい、お願いです
  「約束をお忘れですか、早く介錯してください
 夫の死で仏門に入っていた"えん"は、嫁を殺すなどできなかった。
 あまりの苦痛に悶絶しながら、やがて息絶えた。
 8歳の捨松は、怖ろしさに身を震わせながら、一部始終を見ていた。
 後に、日本初のチャリティーバザーを開催し、全額を寄付して日本初の看護婦学校を設立させる原点となった。

明治3(1870)年

 前の年に、会津藩は北の果て斗南藩へ流刑が決定した。
 春を待って家族とともに移住、兄/浩 (大蔵) は大参事に就任した。
 不毛の地であり、藩士と家族たち1万7千余名は、苦難の日々を過ごすことになる。
 捨松は、将来への教育を受けさせるため、函館のフランス人の家庭に里子に出される。
 生活が極度に困窮したため、”口減らし”でもあった。

明治4(1871)年

 米国では、開拓に励む女性が、男性と対等に活躍している。
 役所/北海道開拓使は、開拓に活用させようと、女子留学生を募集した。
 費用は国が持つ条件だが、異国の地での留学期間は10年、当時の考えでは喜ぶはずもなかった。 東軍側の人々は生活に困窮しており、同年に廃藩置県も施行され、応募に応じたのは全て東軍の士族の子女であった。
 子供の教育に熱心な母と、今後の世の中を見据えた兄からの勧めであった。
 渡米が決まった時に母/えんは、
  「お前を捨てたつもりで許すが、立派になって帰ってくる日を心待ちに待つ
との思いで、“咲子”から“捨松”に改名させた。
 母の切ない気持ちを心の拠り所に、長き留学生活を全うすることになる。
 山川捨松 (12歳)、津田うめ (梅子、9歳)、永井しげ (繁子、10歳)上田てい (悌子、16歳)吉益りょう (亮子、16歳)の5名が決まった。

11月12日
 外輪船/米国丸(郵便船)は、日本初の留学生/捨松たちを乗せ、横浜を出港。
 サンフランシスコまで、23日間の長旅であった。
 本来の目的は、50名ほどの政府役人が欧米を使節するため、いわゆる岩倉使節団であり、その船に5人の少女たちが同乗していたのである。
 政府役人は全て西軍、女子留学生は全て東軍という面白い取り合わせであった。
 年長者である上田悌子と吉益亮子は、すぐにホームシック (病気とも) にかかり帰国したが、捨松と永井繁子、津田梅子は米国東部の各地で予定通り10年間の留学を全うする。
 この3人は、生涯の親友として交流を続け、政府が目論んだ北海道の開墾のためではなく、予期すらしなかった日本の女子教育の発展に寄与していく。

 まず、コネチカット州ニューヘイブン市の宣教師レオナルド・ベーコン夫妻宅に、寄宿する。
 ベーコン家には14人の子供がいて、娘同様の扱いを受ける。
 ここで4年間を過ごし、必死に英語を学ぶ。
 2歳年上の娘アリスの小学校の教科書から初め、中学校へまでを1年足らずで覚えた。
 地元のヒルハウス高校に入学し、英語を完璧なまでに習得する。
 末娘アリスとは、生涯を通しての親友となっている。
 幸運なことに、国費の留学生に選抜された兄/健次郎が同市のエール大学で学んでいた。
 日本語を忘れないようにとの理由で、時折り会っていたという。

 この年、日本初の移民/おけいが、米国西部のカリフォルニア州で病死している。
 戊辰の役で破壊された会津から逃れ、異国の地ゴールドヒルに若松コロニー建設の夢半ば、19歳であった。
 捨松が、知る由もない。

明治8(1875)年

 兄/健次郎が、エール大学で物理学の学位を取得し帰国。
 捨松は、ニューヨーク州ポキプシーのヴァッサー大学の通常科に進学する。
 米国の中でも名門校で、全寮制だった。
 学生の中でも人気者となり、大学2年生の時に学生会の学年会会長に選ばれた。
 成績も優秀で、卒業時には学年3番目の成績で 「magna cum laude (偉大な名誉)」 の称号を得ている。
 卒業生総代の1人として講演した「英国の日本への外交政策」は、現地新聞に報じられるほどだった。
 会津戦争の体験が、雑誌に掲載されたことがある。
 捨松の英語力と相まって、多くの読者が感動し、大評判になったという。
 米国の大学を卒業した日本女性は、捨松が初めてであった。
 北海道開拓使が廃止されたため帰国命令が出たが、延長を申請してコネチカット看護婦養成学校に短期入学、ニューヘブンの市民病院で看護学の勉強を始め、甲種(上級)看護婦の資格を取得した。
 日本人では初めての取得であり、後の社会福祉活動の基となる。
 戊辰の役の時、多くの負傷者の手当てをしており、兄の妻も目の前で爆死している。
 その体験と、前年に米国赤十字社の設立を聞いていたからであった。

明治12(1879)年

 兄/健次郎が、日本人初の物理学教授になる。

明治15(1882)年

11月21日
 11年ぶりに、津田梅子とともに帰国。
 横浜港には、結婚のため1年早く帰国していた永井繁子が出迎えている。
 日本の女子教育に貢献し、赤十字社の設立などの実現に燃えていた。
 母/えんや兄/浩は暖かく迎えてくれたものの、すでに北海道開拓使は廃止されており、大学の教職を希望するが、文部省は拒絶する。
 捨松の夢を理解できる知識など、文部省は持ち合わせていなかったのである。
 捨松の見た日本は、米国に比較して物質的だけでなく、あまりにも貧しかった。
 失望以外のなにものでもなかった。

 日本語を忘れないようにと、永井繁子に会う際は日本語を使ったり、母との手紙を続けていたが、帰国してみると、日本語での会話が満足に出来なかった。
 半年も経つと、何とか日常会話はできるようになったが、漢字の読み書きは、最後まで苦手だったという。
 人格が形成される11年の時期を過ごし、考え方や行動などはすべてが米国方式になっていた。
 そのような捨松を見て、人々は 「メリケン娘」 と陰口を叩いた。

 捨松は、23歳になっていた。
 夢への実現の糸口すら見つからず、あきらめて結婚を考えるようになった。
 10代で結婚が当たり前の当時、適齢期は過ぎていた。
 母からも縁談は来ないだろうといわれたが、いくつかはあった。
 しかし、英語学者の神田乃武など数少ない縁談は、すべて断ってしまう。

[次ページ]
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]  [開花]