偉     人     伝

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]  [ハンサム ウーマン]  [ナイチンゲール]  [縁]

山 本 (川 崎、新 島) 八 重 の 略 歴

 山本八重 (川崎八重、新島八重) の生涯は、3つの時代に分けられる。

  ◇ 幕末のジャンヌ・ダルク
    会津藩/砲術師範の家に生れ育つ。
    最新の洋式銃で戦いぬいた「誕生から戊辰の役」の時代。
  ◇ 時代をリードする"ハンサム ウーマン"
    生きていた兄/覚馬を頼って京都に移住する。
    新島襄と運命的な出会いの「京都移住、新島襄と結婚」の時代。
  ◇ 日本のナイチンゲール
    最愛の新島襄を見送ってから、篤志看護婦となる。
    日清・日露戦争時の救護活動に晩年を捧げた「社会福祉活動」時代。

 いずれの時代も、直面した危機から逃げることなく対峙し、時代を先取りして生き貫く。
 激動の時代の孤独さに堪え、会津の気骨さを示す
  「ならぬことは、ならぬものです
を貫き通した女性であった。
 なお、呼び名を変えているが、当サイトでは「八重」で通した。
  「山本八重子 → 山本八重 → 川崎八重 → 新島八重 → 新島八重子

山本八重の "ゆかり" を巡る

誕  生  か  ら  戊  辰  の  役

幕 末 の ジ ャ ン ヌ ・ ダ ル ク

 平凡な藩士の家に生まれる。
 年の離れた兄を慕い、2つ下の弟と穏やかな幼少期を過ごす。
 平凡な結婚をし、平穏な人生が続くはずだった。
 突然、戊辰の役が勃発、鳥羽伏見の戦いで最愛の兄と弟の両方を失う。
 (兄は捕えられたものの、人柄を知る薩摩藩にて厚遇されていた)
 戦うことを、決意する。
 兄から教わった砲術をフルに発揮し、最新の銃を操る。
 籠城戦を戦い抜くが、奮戦むなしく開城。
 夫とも離縁、父までも失い、藩も消滅、八重は全てを失った。

弘化2(1845)年

山本覚馬・新島八重生誕の地碑

11月3日
 鶴ヶ城郭内/米代2丁目の自宅で、父/山本権八・母/さく (咲、佐久)の子として誕生。
 権八が39歳、さくが37歳の時で、当時としては遅い子であった。
 5人目の子で3女として生まれたが、1男2女は早逝している。
 両親は兄/覚馬に次ぐ男子を望んでいたようで、2年後には待望の弟が生まれている。
 両親の想いを感じるかのように、男勝りに育っていった。
 さくの婿養子となった権八は、黒紐席/上士として砲術師範 (150石) を継いだ。 後に覚馬は、15人扶持だったと語っているが、卑下したのではなかろうか。
 八重は、覚馬を慕い、三郎を可愛がり、砲術や銃に興味を持って育っていった。
 17歳も離れていたため、覚馬は憧れの人だった。
  「妾の兄覚馬は、御承知の通り砲術専門に研究いしたしましたので、妾も一通り習いました」(婦人世界・明治42年11月)
  「一三歳の時、四斗俵を四回も肩に上げ下げしました」(平石弁蔵宛の手紙)
  「駆けっこと木のぼりは、誰にも負けたことはありません

嘉永6(1853)年

 兄/覚馬は、ペリーが浦賀に来航したため江戸出府を命じられた林権助に随行し、江戸藩邸の勤番となる。
 3年前 (嘉永3年) に江戸で、勝海舟たちと佐久間象山の塾に入り、兵学のみならず西洋の兵制や砲術にも通じていたからである。
 象山の同じ門弟であった吉田松陰、坂本竜馬、武田斐三郎らとも交流があった。
江戸藩邸
 啓蒙家の西周(にしあまね)などとも親交があり、幅広い人脈を持っていた。
 江戸詰の間、勤番のかたわら蘭書を読み漁り、洋式砲術の研究に没頭した。

安政3(1856)年

 兄/覚馬は、藩の近代化を痛感し、会津に戻るや蘭学所を開設した。
 急激な改革論は、守旧派の批判を受け禁足処分になる。
 その後も軍制改革を訴え続け、1年後には軍事取調役兼大砲頭取に抜擢される。
 八重の多感な時期、覚馬から最新の銃の操作を習うと同時に、西洋の思考を身に付け、人格形成に大きな影響を与えた。

安政4(1857)年

 川崎正之助 (尚之助) は、兄/覚馬の招きで蘭学所の教授となる。
 但馬出石藩の医家に生れ、若くして蘭学と舎密術(理化学)を修めた優秀な洋学者だった。
 後に藩校日新館の教授となり、鉄砲や弾丸の製造等を教えている。
 山本家に寄宿し、八重と知り合う。
藩校日新館跡

文久2(1862)年

 兄/覚馬と妻/うらとの間に、次女/みねが誕生。
 長女は、夭折している。
 覚馬は、藩主/松平容保公の京都守護職に伴って京都入りする。
 西洋式軍隊の指導にあたり、洋学所を主宰し洋学の講義も行う。

元治元(1864)年

7月19日
 蛤御門の変が勃発し、兄/覚馬は大砲隊を指揮して、天皇に仇なす朝敵/長賊らを撃退する。
 勲功により公用人に任ぜられる。
 共に戦った薩摩藩は、覚馬の人格に触れ、一目も二目も置いたという。
 しばらくして白内障にかかり失明してしまい、残留することになる。
 失明は、禁門の変で破片を受けた傷による、とも云われる。

元治2(1865)年

 八重は、川崎正之助と結婚、19歳であった。
 川崎正之助は、尚之助と改名している。
 父/権八から、結婚後は鉄砲を持つことを禁止される。
 平凡ながら、幸せな人生を歩むはずだった。

慶応4(1868)年

1月 5日
 鳥羽伏見の戦いが勃発、参戦した弟/三郎は淀で負傷する。
 紀州から海路で江戸に移送されたが、芝新銭座の藩邸で16日に死亡した。
 遺髪と形見の装束だけが、国元の両親に届けられる。
 墓は、大龍寺若王子墓地にある。
江戸藩邸
 眼疾で失明していた兄/覚馬は、京都に居住していたが、蹴上から大津に逃れる際に薩摩藩兵に捕えられる。
 国元の両親には、四条河原で戦死したと伝えられる。 実際は、覚馬の人材の素晴らしさを知っていた薩摩藩は、捕虜とは思えないほどの厚遇で処していた。
 幽閉中に上程した建白書「管見」は、西郷隆盛らを敬服させ、明治政府の政策の骨格となっている。

5月 1日
 白河の戦いの報を聞き、いても立ってもいられず、父に隠れて、物置から鉄砲を持ち出し練習を再開する。
 戦雲たれこめる中、白虎隊伊東悌次郎は、八重に小銃の取り扱いの教えを請う。
 ゲーベル銃、短銃身化したヤゲール銃などの取り扱いを教えた。
 伊東悌次郎は、後に飯盛山で自刃している。
 何度も教えているうちに、他の白虎隊士も鉄砲を習いに数名がやってくるようになった。

8月23日
 台風が抜けぬ早朝、西軍が城下に迫り、入城を促す割場の鐘が鳴り響いた。
 前日には、十六橋破れるの報を聞いており覚悟はしていたものの、時の流れの速さに戸惑っている間に、敵の一部侵入し始めていた。
 兄と弟の仇をとると決意する。
 弟/三郎の形見の装束を身にまとい、大小を腰に帯び、七連発のスペンサー銃を持って、母/さく、嫂/うら、姪/みねとともに自邸を出る。
 天神橋の方からは、銃撃の音が止まることなく聞こえてくる。
 2度ほど銃弾が頭上をかすめたが、無事に三の丸埋門から廊下橋を通り入城できた。
 「私は弟の敵を取らねばならぬ、私すなわち三郎だという気持で、その形見の装束を着て、一は主君のため、一は弟のため、命の限り戦う決心で、城に入りましたのでございます」(婦人世界)

 夜襲をかけると聞いた八重は、戦いに邪魔になると女の命である黒髪を小刀で切ろうとしたが、うまくいかない。
 自邸の北東隣りに住んでいた高木時尾に切ってもらった。
 高木時尾は、後に新撰組三番隊隊長/斉藤一の妻になっている。
 会津藩には、女性を兵として戦わせる慣習はない。
 弟/三郎の形見の装束を身にまとい、髪すら切り落とし弟と兄の仇を取りたいとの熱意に負け、参戦が黙認された。
 藩兵とともに夜襲に加わり、銃撃にも参加した。
 城内に引き上げてきた夫/尚之助と再開する。
 髪を断ち、男装していた妻/八重の姿に、尚之助は驚愕した。
 砲術の心得のある八重は、夫の大砲隊を手助けしている。
 一時は、小田山に設けた西軍の砲台を壊滅するほど、正確無比の反撃をした。
 城内の砲陣は、豊岡宮(今の豊岡墓地)に布かれていた。
 砲術を指導し、負傷者の救護とともに、婦女子に弾薬の製造を教えている。
 幼き頃には、父/権八が「男であったなら」といわしめた所以である。

 弾薬の製造は、鉛を溶かして造った弾と一発分の火薬を円柱の紙に包んだもので、早合(はやごう)と呼んでいた。 会津の刀工/古川兼定などの非戦闘員や婦女子で量産され、多い日で1日に1万2千発、開城までに19万発を造ったという (兼定伝)。

[伝説]
 明日に西軍の総攻撃が始まると伝えられた12日 (悪天候のため14日に変更された)、八重は夫/尚之助に離縁を願い出る。
 今までのお礼を告げ、会津生まれの会津育ちの自分は会津藩と運命を共にするが、但馬出石藩の医家生まれである夫は、離縁すれば会津人ではなくなる。
 生きて会津から落ち延びて欲しいと訴えた。
 最後に、「ご無事で」 と付け加えた時、一筋の涙を見たと伝えられている。
 極限の中で、愛する人への最大の愛だったのだろうと。

[伝説]
 9月14日の西軍総攻撃開始以降、早朝6時から18時頃まで激しい砲撃が浴びせられた。
 絶え間ない大砲の音で、小銃の音が聞こえないほどだったという。
 ある日、有賀千代子とともに病室に握飯を運ぶ途中、頭上に着弾した。
 瓦とともに砂塵が舞い、硝煙も加わって、眼も口もあけられず、呼吸もできなかった。
 やがて、有賀の姿が見えはじめると、土埃を浴び、土人形の化け物のような顔をしていた。
 思わず腹を抱えて笑ったが、有賀も八重の顔を指差して笑いこけたという。
 盆に載せていた握り飯が塵にまみれてしまい、これには落胆したそうだ。

[伝説]
 籠城戦の折、鶴ヶ城に撃ち込まれた砲弾に、四斤砲の不発弾があった。
 火薬によって中に入った鉄片が飛び散り、周りの被害を大きくする最新の砲弾である。
 八重は、藩主/松平容保公に呼ばれ説明を求められた。
 不発弾を動じることもなく分解しながら、冷静かつ淡々と構造などを事細かく解説する。
 当時の最新の砲弾の取り扱いと知識に、容保公や周りに控える者たちを驚かせた。
  「さすが砲術師範の娘、さすが覚馬の妹である、あっぱれ
と言わしめた八重は、24歳であった。

9月17日
 父の権八は、玄武士中隊として奮戦するも、一ノ堰の戦いで討死する。
 墓は、光明寺若王子墓地にある。

9月22日
 降伏することが決定された。
 真夜中の12時ごろ、三の丸雑物庫の白壁に、月明りを頼りに心情をかんざしで刻んだ。
  「あすの夜は いづくの誰か ながむらむ  馴れし み空に 残す月影
 藩籍を持たない夫/尚之助は、開城の直前に城から退去させられた。
 江戸で塾の教師になったようだが詳細は不明、が従来の伝承であった。
 会津に残る多くの資料には「浪人砲術師」とあり、東大総長になった山川健次郎も「但馬辺の浪人」と記述している。
 西軍の鶴ヶ城総攻撃の9月14日に離縁を告げ、その日から行方が分からなくなったとも。
 NHK大河ドラマ「八重の桜」が決まった平成24(2012)年の夏ごろから、謹慎地/猪苗代から東京へ護送され、後に斗南藩へ移ったとの説が出て来たが、妻である八重は斗南へ行っていない。

9月23日
 鶴ヶ城、開城。
 開城前に、
  「女・子供は追放されるが、男は全員が切腹
との噂が流れた。
 切腹するつもりで男装のまま、弟/三郎の名を騙り、埋門に集合した男の列に並んだ。
 しかし、途中で女と見破られ、猪苗代の謹慎地へ着くと追い出された、と語っている。


 夫と離れ、父・兄・弟のみならず、藩をも失った。
 弟のように可愛がり、銃の操作を教えた白虎隊の少年たちさえ、失ってしまった。
 母/さくと覚馬の娘/みねを連れて、祖父/直高の奉公人の家に世話になる。
 新鶴付近で農作業に従事し、村の子供たちに読み書きなどを教えている。
 一時、米沢の内藤新一郎宅へ出稼ぎに出るほど、困窮した生活を送る。
 一変した生活の状態は、まさに臥薪嘗胆の日々であった。
 苦難の日々は、3年もの間、続いた。

             [次ページ]
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]  [ハンサム ウーマン]  [ナイチンゲール]  [縁]