[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [軍制]  [名簿]

白   虎   隊

会津藩の軍制

 文久3(1863)年、会津藩の軍制を交流のあったフランス式に制定。
 慶応4(1868)年3月10日、従来の長沼流を廃止し大改革を断行。
 年齢別に編成し、農町兵を募集。

 正規兵の部隊名は、中国の故事「方角の守護神」としての空想上の神獣とした。
   ◇ 朱雀隊  「南の守護神」であり、「夏、前、赤、火」も意味する。
   ◇ 青龍隊  「東の守護神」であり、「春、左、青、木」も意味する。
   ◇ 白虎隊  「西の守護神」であり、「秋、右、白、金」も意味する。
   ◇ 玄武隊  「北の守護神」であり、「冬、後、黒、水」も意味する。

 さらに、身分の高い順に、士中隊、寄合隊、足軽隊に分ける。

白虎隊の構成

 16歳から17歳までの藩士の男子で構成。
 当初は15歳からだったが、15歳は戦闘不向きとの理由で、16歳からとなった。
 元々は警備隊で、士中隊は藩主の親衛隊、寄合隊は予備隊である。
 悲劇を生んだ部隊は、士中二番隊である。

 総督:黒河内式部

 士中一番隊 49名  中隊長:春日和泉
 士中二番隊 42名  中隊長:日向内記
 寄合一番隊 106名  中隊長:原 早太 → 望月辰太郎
 寄合二番隊 67名  中隊長:太田小兵衛
 足軽一番隊 79名  中隊長:日向弥志□
 足軽二番隊  中隊長:唐木助之進
 ( 総 勢 ) 343名  
        <軍制の「白虎隊」と併記>

白虎士中二番隊

 悲劇を生んだ部隊。
 中隊長/日向内記を含め、大人の指揮官5名と、少年37名ほどで構成。

 中隊長  日向内記
 小隊頭  山内弘人 (蔵人)、 水野祐之進
 半隊頭  佐藤駒之進、 原田克吉 (勝吉)
 隊 士  ◆ 安達 藤三郎 17歳  小野田助左衛門の4男
 ◆ 伊東 悌次郎 17歳  左太夫の次男
 ◆ 伊藤 俊彦 17歳  亘の長男
 ◆ 篠田 儀三郎 17歳  兵庫の次男
 ◆ 鈴木 源吉 17歳  玄甫の次男
 ◆ 津田 捨蔵 17歳  範三の次男
 ◆ 野村 駒四郎 17歳  清八の3男
 ◆ 間瀬 源七郎 17歳  新兵衛の次男
 ◆ 簗瀬 勝三郎 17歳  源吾の3男
 ◆ 有賀 織之助 16歳  権左衛門の次男
 ◆ 池上 新太郎 16歳  与兵衛の長男
 ◆ 石田 和助 16歳  龍玄の次男
 ◆ 石山 虎之助 16歳  弥右衛門の養子
 ◆ 井深 茂太郎 16歳  守之進の長男
 ◆ 津川 喜代美 16歳  瀬兵衛の養子
 ◆ 永瀬 雄次 16歳  丈之助の次男
 ◆ 西川 勝太郎 16歳  半之丞の長男
 ◆ 林 八十治 16歳  忠蔵の長男
 ◆ 簗瀬 武治 16歳  久人の次男
 ◆ 飯沼 貞吉 16歳  時衛の次男、 唯一の蘇生者
 ・ 石黒 寅三郎
 ・ 伊東 又八郎 (又八)
 ・ 小野田 尚四郎 (直四郎)
 ・ 片峯 祐之進 (勇之進)
 ・ 酒井 峰冶 (通称:赤峰治  坂井峰治<青峰治>と区別するため)
 ・ 志賀 與三郎
 ・ 篠沢 虎之助
 ・ 庄田 保鉄
 ・ 城取 豊太郎
 ・ 多賀谷 彦四郎
 ・ 竹村 幸次郎
 ・ 田中 清三郎
 ・ 遠山 雄午
 ・ 永野 兵太郎
 ・ 成瀬 善四郎
 ・ 笹原 傳太郎
 ・ 原 マ三郎
 ・ 宮原 三四五郎
 ・ 藤沢 啓次
 ・ 浮洲 政
 ・ 松原 孫次郎
 ・ 向山 仙吾
 ・ 矢島 八太郎
 ・ 吉田 錺之助

◆印   飯盛山自刃 (or戦死)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [軍制]  [名簿]