戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [白虎隊]

白 虎 隊 /飯盛山(ネットで墓参)

 すべては、慶応4(1868)年8月22日から23日の早朝にかけて勃発した。
 古来からの、会津の「時の進み方」ではなかった。
 あまりにも、「時の流れ」 が早すぎた。
 そして、充分な理解も出来ぬまま、数多くの少年たちが散っていった。
 パリ万博に派遣された藩士/横山・海老名の語る世界情勢に目を輝かし、
 きっと出会えるはずだった“輝く未来”とともに。

 戦いが終わっても西軍は、戦死者の埋葬を禁止した。
 幼き隊士の屍も例外ではなく、カラスや野犬に食い荒らされた。
 見るに見かねて埋葬した肝煎/吉田伊惣次 (治) は捕えられ入牢させられ、
遺骸も掘り起こされ、元の場所に投げ捨てられた。
 明治14(1881)年、やっと飯盛山上に一基の石碑が建立。
 しかし、文字を刻むことは許されなかった。
 明治23(1890)年、初めて19隊士の各々の墓碑が建立。
 大正15(1926)年に再建され、修復されつつ現在に至る。
<(ネットで見学)飯盛山の欄と併記> .

白  虎  士  中  二  番  隊

順は、向かって右側から。  .

井深茂太郎の墓

井深茂太郎 (重應)

 ◇ 父   守之進の長男
 ◇ 母   きよ子(清子)
 ◇ 住居 郭内本三之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 法名 深明院殿忠道義人居士
 ◇ 墓碑 大窪山墓地にもある


石山虎之助の墓

石山虎之助

 ◇ 父   井深数馬の次男。石山弥右衛門の養子となる
 ◇ 母   そわ子
 ◇ 住居 郭内本四之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 17歳
 ◇ 法名 秀了院殿義覚剣忠居士
 ◇ 遥拝碑が、善龍寺にある

 十七回忌供養の際、同一行動をとっていたことが確認され、加えられた。


伊藤俊彦の墓

伊藤俊彦

 ◇ 父   新作(亘)の長男
 ◇ 母   りよ子、継母=孝子
 ◇ 住居 郭外川原町堀端
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 16歳 (墓には17歳)
 ◇ 法名 浄忠院心誉義善居士


石田和助の墓

石田和助

 ◇ 父   龍玄の次男
 ◇ 母   ちゑ子
 ◇ 住居 郭外槻木町 (若松紺屋町)
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 法名 秋山義遊居士
 ◇ 墓碑 真福寺墓地にもある


池上新太郎重興の墓

池上新太郎重興

 ◇ 父   與兵衛の長男
 ◇ 母   新子、継母=たみ子
 ◇ 住居 郭外厩町
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃 (不動滝とも)
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 法名 義勇院忠達日清居士

 明治23(1890)年、二十三回忌供養で殉難碑建立の際、戸の口原 (〜不動滝) での戦死者も、霊に加えられた。 負傷し、遅れて飯盛山に至ると、すでに仲間が自刃していたため後を追った。


伊東悌次郎の墓

伊東悌次郎

 ◇ 父   左太夫の次男
 ◇ 母   すみ子
 ◇ 住居 郭内米代四之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、不動滝で戦死 (自刃とも)
 ◇ 享年 16歳 (墓には17歳)
 ◇ 法名 仁進院忠節劒義居士
 ◇ 墓碑 天寧寺にもある

 明治23(1890)年、二十三回忌供養で殉難碑建立の際、戸の口原 (〜不動滝) での戦死者も、霊に加えられた。


林八十治の墓

林八十治

 ◇ 父   忠蔵の長男
 ◇ 母   みよ子、継母=とき子
 ◇ 住居 郭外川原町三番丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 法名 義光院剣誉忠勇清居士


西川勝太郎の墓

西川勝太郎

 ◇ 父   半之丞の長男
 ◇ 母   せき子
 ◇ 住居 郭内本二之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 霊号 節顕霊神


津川喜代美の墓

津川喜代美

 ◇ 別称 潔美
 ◇ 父   高橋誠八の3男。津川瀬兵衛の養子になる
 ◇ 母   えつ子
 ◇ 住居 郭内米代二之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 法名 清進院良誉英忠居士


津田捨蔵朝可の墓

津田捨蔵朝可

 ◇ 別称 竹岡捨蔵
 ◇ 父   範三の次男
 ◇ 母   すぐ子
 ◇ 住居 江戸詰(芝の会津藩邸)
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、赤井村で戦死
 ◇ 享年 17歳
 ◇ 法名 清進院勇猛義忠清居士

 明治23(1890)年、二十三回忌供養で殉難碑建立の際、戸の口原 (〜不動滝) での戦死者も、霊に加えられた。


永瀬雄治利勝の墓

永瀬雄治利勝

 ◇ 別称 雄次、雄二
 ◇ 父   丈之助の次男
 ◇ 母   くら子
 ◇ 住居 郭外花畑
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 法名 功勲院忠誉義道居士


野村駒四郎の墓

野村駒四郎

 ◇ 父   清八の3男
 ◇ 母   みね子
 ◇ 住居 郭内本二之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 17歳
 ◇ 法名 義註孝忠居士


簗瀬勝三郎の墓

簗瀬勝三郎

 ◇ 父   源吾の三男
 ◇ 母   とく子、継母=みを子(みお子)
 ◇ 住居 郭内本二之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 17歳
 ◇ 法名 仁顯院忠壮剣光居士


簗瀬武治の墓

簗瀬武治

 ◇ 別称 竹次
 ◇ 父   久人の次男
 ◇ 母   八重子
 ◇ 住居 郭内本三之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 法名 武勇院殿義戦居士



間瀬源七郎の墓

間瀬源七郎

 ◇ 父   新兵衛の次男
 ◇ 母   まつ子
 ◇ 住居 郭内本二之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 17歳
 ◇ 法名 勇猛院忠誉義進居士


有賀織之助満道の墓

有賀織之助満道

 ◇ 父   権左衛門 (満幸) の次男
 ◇ 母   いく子
 ◇ 住居 郭内本三之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 法名 秋峰院戦譽義道清居士


安達藤三郎清武の墓

安達藤三郎清武

 ◇ 父   小野田助右衛門の4男
 ◇ 母   みさ子
 ◇ 住居 郭内米代一之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 17歳
 ◇ 法名 信忠院殿英山見雄居士


篠田儀三郎の墓

篠田儀三郎

 ◇ 別称 義三郎
 ◇ 父   兵庫の次男
 ◇ 母   しん子
 ◇ 住居 郭内米代二之丁
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 17歳
 ◇ 法名 賢忠軍誉英清居士


鈴木源吉の墓

鈴木源吉

 ◇ 父   玄甫の次男
 ◇ 母   さだ子
 ◇ 住居 郭外長丁(長町)
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自刃
 ◇ 享年 17歳
 ◇ 法名 顕忠院達誉義勇居士

  

「白虎隊士の最初の埋葬地(妙国寺)」 は、こちら。

各  地  で  の  殉  難  者

順は、向かって右側から。  .

池田勇太郎の墓

池田勇太郎

 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月15日、一ノ堰で戦死
 ◇ 享年 17歳


西村四郎の墓

西村四郎

 ◇ 父   延八の長男
 ◇ 所属 白虎士中一番隊/春日隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、鳥居町で戦死
 ◇ 享年 17歳


星勇八の墓

星勇八

 ◇ 父   勝治の次男
 ◇ 所属 白虎寄合二番隊/太田隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月10日、越後/石間口佐取で戦死
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 墓碑 長徳寺と、豊岡墓地にもある


星八弥の墓

星八弥

 ◇ 父   宗助の長男
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月29日、舟渡で戦死
 ◇ 享年 16歳


若林八次郎の墓

若林八次郎

 ◇ 父   海八の次男
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月15日、一ノ堰で戦死
       (8月に越後/赤谷とも)
 ◇ 享年 16歳


好川瀧三郎の墓

好川瀧三郎 (滝三郎)

 ◇ 父   弥一右衛門の次男
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月15日、一ノ堰で負傷
       翌16日に門田村面川で死去
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 墓碑 東明寺にもある


高崎駒之助の墓

高崎駒之助

 ◇ 父   伴助の長男
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月24日、津川で負傷
       9月5日に搬送中の八木山(郷頭/渡部宅)で死去
 ◇ 享年 17歳


高橋富太郎の墓

高橋富太郎

 ◇ 父   順助の長男
 ◇ 所属 白虎足軽隊/嚮導
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、鶴ヶ城不明門で負傷
       29日に城内で死去
 ◇ 享年 17歳
 ◇ 墓碑 新町にもある


江川次郎八の墓

江川次郎八

 ◇ 父   宗之進の長男
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊 → 望月隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月17日、面川で戦死
 ◇ 享年 17歳


黒河内八十記の墓

黒河内八十記

 ◇ 家族 弾治の従弟
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年9月、舟渡で戦死
       (八幡村坂本朝立とも)
 ◇ 享年 17歳


山本太郎の墓

山本太郎

 ◇ 所属 白虎寄合二番隊/太田隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年9月1日、八幡村坂本朝立で戦死
       (8月23日に天寧寺町口とも)
 ◇ 享年 17歳


安恵助三郎の墓

安恵助三郎

 ◇ 家族 久太郎の弟 (父とも)
 ◇ 所属 白虎寄合二番隊/太田隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月14日、小田垣で戦死
 ◇ 享年 16歳


藤森八太郎の墓

藤森八太郎

 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊嚮導
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月25日、津川で戦死
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 墓碑 井上浄光寺、津川/新善光寺にもある


古川深松の墓

古川深松

 ◇ 父   深蔵の次男
 ◇ 所属 白虎足軽隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、博労町自在院で自刃
 ◇ 享年 14歳


小浅安次郎の墓

小浅安次郎

 ◇ 父   安右衛門の次男
 ◇ 所属 白虎足軽隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月15日、城内で戦死
       (8月23日三ノ丸とも)
 ◇ 享年 17歳


小松八太郎の墓

小松八太郎

 ◇ 父   平八郎の長男
 ◇ 所属 白虎寄合二番隊/太田隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月10日、越後/石間口佐取で負傷
        搬送中の翌々12日に死去
 ◇ 享年 16歳


青山勇之進の墓

青山勇之進

 ◇ 父   清之助の長男
 ◇ 所属 白虎寄合二番隊/太田隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月14日、小田垣で戦死
 ◇ 享年 17歳


坂井源吾の墓

坂井源吾

 ◇ 父   金左衛門の次男
 ◇ 所属 白虎士中一番隊/春日隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、甲賀町口郭門で負傷
       9月15日に治療中の鶴ヶ城内で死去
 ◇ 享年 17歳


佐々木新六郎

佐々木新六郎

 ◇ 父   佐左衛門の3男
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月15日、越後/赤谷で戦死
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 墓碑 光照寺赤谷にもある


佐久間直記の墓

佐久間直記

 ◇ 父   平助の長男
 ◇ 所属 白虎士中一番隊/春日隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月23日、鳥居町で戦死
 ◇ 享年 16歳


岸彦三郎の墓

岸彦三郎

 ◇ 父   熊谷治兵衛の長男(次男とも)
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊嚮導
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年9月5日、高寺窪村で戦死
 ◇ 享年 17歳


木村次郎の墓

木村次郎

 ◇ 家族 太郎の弟
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊 → 望月隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月17日、一ノ堰で戦死
 ◇ 享年 17歳


椎野恒四郎の墓

椎野恒四郎

 ◇ 家族 恒治の叔父
 ◇ 別称 常四郎とも
 ◇ 所属 白虎隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年9月、鶴ヶ城内で戦死
 ◇ 享年 14歳


遠藤嘉竜二の墓

遠藤嘉竜二

遠藤嘉竜二の墓碑  ◇ 父   嘉内の次男、(遠藤敬止の弟)
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月11日、熊倉で負傷
       10月7日に死去
 ◇ 享年 15歳
 ◇ 墓碑 仙台市/充国寺にもある


樋口勇四郎の墓

樋口勇四郎

 ◇ 別称 勇次郎
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月15日、一ノ堰で戦死
 ◇ 享年 16歳


百瀬外次郎の墓

百瀬外次郎

 ◇ 父   利兵衛の次男
 ◇ 所属 白虎寄合二番隊/太田隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年8月10日、越後/石間口佐取で負傷
        搬送中の翌11日に死去
 ◇ 享年 17歳


森新太郎の墓

森新太郎

 ◇ 所属 白虎足軽隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年6月13日、磐城/大平口で戦死
 ◇ 享年 16歳


関原繁太郎の墓

関原繁太郎

 ◇ 別称 重太郎
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊 → 望月隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月17日、一ノ堰で戦死
       (15日とも)
 ◇ 享年 17歳


鈴木平助の墓

鈴木平助

 ◇ 所属 白虎寄合二番隊/太田隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年9月1日、朝立で戦死
 ◇ 享年 17歳


鈴木五郎の墓

鈴木五郎

 ◇ 父   清吾の5男
 ◇ 所属 白虎寄合一番隊/原隊
 ◇ 終焉 戊辰(1868)年9月15日、一ノ堰で負傷
       11月に大戸村雨屋で死去
 ◇ 享年 16歳
 ◇ 墓碑 常金寺長命寺多磨霊園にもある


鈴木久五郎の墓

鈴木久五郎

 ◇ 所属 白虎足軽隊
 ◇ 終焉 慶応4(1868)年9月、城内で負傷
       10月12日に門田村御山で死去
 ◇ 享年 16歳

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [白虎隊]