戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]

会  津  坂  下  町

戊辰の役・殉難 「ネットで墓参/中野竹子」 は、こちら。

「中野竹子の墓 (法界寺)」 は、こちら。

「中野竹子殉節の碑」 は、こちら。

江川銀平 (貴徳寺)

 慶応4(1868)年8月23日、滝沢峠で戦死。
 昭和43(1968)年8月、明治百年祭に曾孫が建立した。
 「義心院孝譽励忠賢全清居士」。

 ▲(会津坂下町字茶屋町甲3873 Tel. 0242-83-2656)
   ・貴徳寺については、こちら。

松坂平左衛門 (気多宮墓地)

松坂平左衛門の墓

 国道49号沿いの気多宮墓地の奥の方にある小さな墓。
 松坂三内の父。 父/三内の敵討ちをした鯛二の祖父。
 玄武士中一番隊/伊与田隊。
 慶応4(1868)年9月5日、気多宮で戦死。 66歳。


道標の弾痕 気多宮に立つ道標 ≪弾痕の残る道標≫
 旧/越後街道の気多宮に立つ道標。
 「是より右越後路」「是より左柳津路」と刻まれている。
 戊辰の役での弾痕が確認できる。

 ▲(会津坂下町塔寺 塔寺駅信号手前)

茂原岩之助 (光明寺)

茂原岩之助の墓

 牛兵衛の叔父。
 玄武士中一番隊/伊与田隊。
 戊辰(1868)年9月17日、一ノ堰で戦死。 58歳。
 大正元(1912)年11月3日建立とある。

 ▲(会津坂下町字茶屋町甲3913 Tel. 0242-83-3527)
   ・光明寺については、こちら。


町野家・南摩家 家族殉難の地 (勝方寺)

法要の看板

 墓域の奥を10メートルほど上った林の中にある。
 平成5(1993)年9月7日に碑を建立とある。
 隣りの「三関忠衛門」墓は詳細不詳とのこと。
 平成20(2008)年9月7日、町野家・南摩家合同の初の慰霊法要が営まれた。

(南摩家)
 幼子2人を抱えては迷惑になると考えた南摩勝子は、城に入らず城西の方面へ逃れた。
 しかし、村人らは後難を恐れ、誰一人として泊めてくれる家は無かった。
(町野家)
 城下は大混乱し、町野おきとは鶴ヶ城に入れなかった。
 止む無く幼子2人を抱えて、戦火のない城西の方面へ逃れた。
 しかし、村人らは後難を恐れ、誰一人として泊めてくれる家は無かった。

 放浪している途中、妹の南摩勝子と姉の町野おきと が偶然にも遭遇する。
 一緒に逃げ延び、しばらく彷徨っていたが、やっと勝方寺に宿を得た。
 しかし、慶応4(1868)年9月7日、勝方寺の裏山で一家全員が惨殺された。 合掌。
  ・南摩勝子 42歳  (弥三右衛門の母)
  ・南摩壽8歳 (同/弟)
  ・南摩辛4歳 (同/弟)
  ・町野おきと47歳 (主水の母)
  ・町野おやよ24歳 (同/妻)
  ・町野おなお7歳 (同/娘)
  ・町野源太郎3歳 (同/伜)
  ・町野ふさ子31歳 (同/姉)

 町野家の墓は融通寺に、南摩家の墓は天寧寺に、それぞれある。
 [逸話]

 ▲(会津坂下町大字勝大字沢口1336 Tel. 0242-82-3204)
   ・勝方寺については、こちら。

佐瀬嘉左衛門 (徳正寺)

佐瀬嘉左衛門の墓

 玄武寄合一番隊 (寄合組)。
 慶応4(1868)年9月5日、福原で戦死。
 (8月下旬に自宅で自刃とも)。
 56歳。
徳正寺

 浄土宗。   .

 ▲(会津坂下町大字福原字福川原951)

佐々木兄弟の墓 (光照寺)

≪佐々木悦太郎≫
 佐左衛門の伜。
 慶応4(1868)年1月4日、京都/淀で戦死。 32歳。
 墓は、京都/悟真寺にもある。

≪佐々木新六郎≫
 白虎寄合一番隊/原隊。 16歳。
 慶応4(1868)年8月15日、越後/赤谷で戦死。
 墓は飯盛山、墓碑は赤谷にもある。


長岡藩士の墓 (無縁塔)
 酒井金四郎・小林国蔵・岡村滝左衛門・清水晴弥寺田九郎右衛門広木吉五郎小野与平治野口京左衛門他に姓名不詳1名。
 すでに無縁塔へ合祀とのこと (ご住職)。

 ▲(会津坂下町大字茶屋町甲3911 Tel. 0242-83-2770)
   ・光照寺については、こちら。

山村多膳、"城取やい"の墓 (束原墓地)

山村多膳の墓

山村多膳

 富左衛門の伜。
 青龍士中一番隊/有賀隊付。
 戊辰(1868)年9月14日、諏方神社で負傷、29日に御山で死去。
 (8月29日七日町で負傷し、青木で死去とも)。
 43歳。
 壹百年祭に建立の碑文には、
  「旧會津藩士御家人勘定所定番格
と刻まれていた。

城取やいの墓

城取やい

 無類の強さを誇った朱雀寄合三番隊の隊長/城取新九郎の妹。
 戊辰(1868)年9月13日、城内で戦死(被弾)。
 (14日に死去とも)。
 43歳。
 墓誌板には、記載されていなかった。

 ▲(会津坂下町大字束原)

石田徳三郎、市川権次の墓 (新村墓地)

石田徳三郎の墓

石田徳三郎

 慶応4(1868)年1月2日、鳥羽伏見で戦死とある。
 鳥羽伏見の戦いは、3日からのはずだが。
 殉難者名簿には、無い。
 54歳 (52歳とも)。
 「照覺院實相全心清居士」。
 新しい墓は、平成16(2004)年建之。


市川権次の墓

市川権次        .

 詳細不詳。           .
 「権次二十三歳 戊辰戦死」。
 墓は、昭和8(1933)年建立。 .
 「水心本無信士」。       .

 ▲(会津坂下町大字開津)

石田和助 (真福寺墓地)

 見つからず。
 白虎士中二番隊/日向隊。
 慶応4(1868)年8月23日、飯盛山で自決。 16歳。
 遺品を埋葬したとのこと。
 墓は、飯盛山にもある。

 ▲(会津坂下町大字新開津)

真島儀右衛門 (定林寺)

真島儀右衛門の墓

 負傷し治療をしていたが、明治元(1868)年12月2日に死去。
 雇夫。 所属隊や戦闘日など詳細不詳。
 「歓喜院仁譽道義清居士」。


国岡親子の墓
国岡親子の墓  国岡政吉と武次郎。 軍雇。
 慶応4(1868)年8月23日、金堀で戦死。
 墓は別々に建てたと伝えられているが、整理され消滅した模様。
 
 ▲(会津坂下町字舘ノ内甲2561 Tel. 0242-83-3626)
   ・定林寺については、こちら。

束松事件現場

  明治2(1869)年7月12日、伴百悦は、高津仲三郎井深元治、武田源三たちと、悪業を繰り返し住民たちを苦しめ会津藩を誹謗中傷していた極悪人の民生局監察兼断獄/久保村文四郎を、この地で斬り殺した。
 伴百悦の墓は、後に自刃した新潟県 (会津藩飛び領地) の慶雲庵と、善龍寺などにある。

 ▲(会津坂下町片門重門治 周辺)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]