会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    名刹と神社  温泉    [メニュー]  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川

会 津 坂 下 町  (河沼郡)


会津坂下町の町並み

会津坂下町ホームページ

  会津坂下町観光物産協会ホームページ

≪観光案内≫
  会津坂下町役場 産業部商工観光班は、こちら。

《現地観光案内板》
  会津坂下町観光マップ(245KB)

春日八郎記念公園・おもいで館     ネットで見学

春日八郎記念公園・おもいで館

 春日八郎氏の出身地である この地に建てられた。
 愛用のピアノ、ステージ衣装、楽譜などの思い出の品々が展示されている。
 公園内には、別れの一本杉もある。
 春日八郎については、こちら。
 大正13(1924)年10月9日、会津坂下町塔寺に生まれる。
 「赤いランプの終列車」、「お富さん」、「別れの一本杉」などの曲が有名。
 独特な歌声は、今でも多くの人を魅了している。
 晩年には、親交の深かった三橋美智也、村田英雄とで「三人の会」を結成。
 平成3(1991)年10月22日、肝硬変のため逝去。 享年67歳。
 JR会津坂下駅前広場に、 ブロンズ像も建てられた。

≪その他のヒット曲≫
 青い海原青い月夜だ足摺岬雨降る街角あれから十年たったかなァ居酒屋浮草の宿海猫の啼く波止場裏町夜曲大阪の灯男の舞台俺と影法師ギター流しごめんよかんべんナ三味線風来坊たそがれの砂丘旅の燈台月の嫁入り舟妻恋峠長崎の女長良川旅情弱虫小僧苦手なんだよ博多流し花かげの恋母の便り瓢箪ブギ風林火山の歌ふたりの坂道故郷は遠い空街の燈台山の吊橋夜行列車雪国の女ロザリオの島別れの燈台   など

 ▲無料 (会津坂下町大字船杉554 Tel. 0242-82-4254)
   ・10時〜17時
   ・休館 12月〜3月

<「春日八郎の面影を巡る」と併記>    .


春日八郎の銅像 (JR会津坂下町駅)

 平成15(2003)年10月、十三回忌の追悼記念として全国からの寄付で、JR会津坂下町駅の駅前広場に銅像が建立。
 平成19(2007)年10月、十七回忌の追悼記念として歌碑が建立。
春日八郎の銅像
 歌碑の前のボタンを押すと、デビュー曲「赤いランプの終列車」のメロディーが流れる。

 ▲(会津坂下町字五反田1270)
   ・見学自由
<「春日八郎の面影を巡る」と併記>    .

猪俣公章の生誕の地

猪俣公章の生誕の地

 昭和13(1938)年4月11日、会津坂下町に生まれる。
 メイン通りの中央に、生誕の地を示す1本の標がある。
 現在は、役場庁舎の駐車場。
 平成5(1993)年6月10日、肺がんのために逝去。
 享年56歳。
 墓は、中野竹子の墓のある法界寺

 森進一のデビュー作「女のためいき」を作曲し、その後も「港町ブルース」、「おふくろさん」、「冬の旅」などヒット曲を提供し続けた。
 水原弘の「君こそわが命」、五木ひろしの「千曲川」、テレサ・テンの「空港」、藤圭子の「女のブルース」なども有名。
 猪俣公章については、こちら。

≪その他の代表的な作品≫
   ◇ 森進一 (恋ひとすじ波止場町北航路ひとり酒場で冬の旅さざんか
   ◇ 藤圭子 (京都から博多まで私は京都へ帰ります別れの旅恋の雪割草)
   ◇ 内山田洋とクール・ファイブ (噂の女)
   ◇ 五木ひろし (ふたりの旅路愛の始発)
   ◇ 都はるみ (港町長崎の恋は悲しいおんなの海峡)
   ◇ 北島三郎 (渡り鳥いつ帰る)
   ◇ 美空ひばり (花と炎)
   ◇ 西川峰子 (峰子のマドロスさん)
   ◇ 坂本冬美 (あばれ太鼓祝い酒男の情話能登はいらんかいね男惚れ)
   ◇ マルシア (ふりむけばヨコハマ待ちわびて哀愁あきらめてバイバイ)
   ◇ 園まり (気にかかる)
   ◇ 石川さゆり (港唄かくれんぼ東京かくれんぼ)
   ◇ 藤あや子 (木曽の恋唄)
   ◇ 海原千里・万里 (大阪ラプソディー)
   ◇ 伍代夏子 (恋ざんげ)
   ◇ チャダ (面影の女)
   ◇ 増沢末夫 (さらばハイセイコー)      など

五浪美術記念館

 会津坂下町生まれの日本画家/小林五浪の作品を展示。
 平成13(2001)年開館し、年4回ほどの企画展も開催。
 開館は、土曜日と日曜日、祝日のみ、ご注意を。

 ▲有料 (会津坂下町字台ノ下842
   Tel. 0242-84-1233、 平日は、Tel. 0242-83-2234)
   ・9時〜16時30分
   ・休館 月曜日〜金曜日

立木観音 (恵隆寺/えりゅうじ)
    Tachiki Kannondo     Guidance for Tachiki Kannon

 本尊「十一面千手観音菩薩」は8.5メートル(2丈8尺)もあり、根の付いている一木彫の仏像としては日本最大。
 本尊の左右に脇侍二十八部衆、風神、雷神30体がすべて揃っているのは、京都/三十間堂と立木観音堂だけとのこと。
 木造千手観音立像と観音堂は、国指定重要文化財
 大同3(808)年、弘法大師(空海)が観音菩薩の霊感を受け、根が付いた立ち木の巨木に彫刻したことから「立木観音」となる。

立木観音 だきつき柱  「だきつき柱」に抱きついて、眼を開けて観音様の方を向いて祈願すれば、どんな願いも叶うと言い伝えられている。
 ころり三観音の一つとして、人々の信仰を集めている。
 会津六詣出の一つ。
立木観音の説明文  会津三十三観音の第三十一番札所
   ≪ 恵 隆 寺 ≫
 欽明元(540)年、中国/梁の高僧/青岩が庵を結ぶ。
 後に高寺と呼ばれ隆盛を誇るも、慧日寺の興隆により衰退。
 金塔山(きんとうざん) 真言宗豊山派。
 舒明6(634)年、青巌の高弟/恵隆が高寺として開山。
 斉明4(658)年、蓮空上人が一宇を建立し恵隆寺とする。
 延暦23(804)年、僧/利仁が中興し、全盛期を取り戻す。
 建久元(1190)年、仏像等の一部を移し 今の恵隆寺が創建。
 正治2(1200)年、立木観音堂が建造。
 慶長16(1611)年、大地震で堂宇が倒壊、数年を要して修築。
 かつては、周辺の広大な地域を支配していた「高寺三十六坊」として隆盛していたという。
 今では立木観音堂、仁王門、本堂のみが残されているだけ。

 ≪ 三佛堂  (薬師如来 阿弥陀如来 六地蔵菩薩)≫
十二支守り本尊・地蔵尊  会津十二支守り本尊の
   ・子 (千手観世音菩薩)
   ・未、申 (金剛界大日如来)
   ・戌、亥 (阿弥陀如来)

 会津二十一地蔵尊の第十五番

 《補》 春日八郎の腕白時代を見守ったお地蔵さんや、歌碑も建立されている。
     現/住職は、八郎の家来として魚釣りなどに連れ回されていたとのこと。
 《補》 大イチョウの木から、秋には10俵ほどの銀杏の実が収穫。

 ▲(会津坂下町大字塔寺字松原2944 Tel. 0242-83-3171  〔HP〕) [本尊]
    ・例大祭 8月17〜18日
    ・見学時間 30分

旧五十嵐家住宅        [内部]

旧五十嵐家住宅

 享保14(1729)年建造で、中規模農民/五十嵐智信の住宅。
 中開津から移築した代表する寄せ楝造り、茅葺きの家屋。
 国指定重要文化財
 立木観音の右側すぐ近くにある。

 ▲(会津坂下町大字塔寺字大門1466)
   ・4月〜12月の9時〜16時
   ・休館 月曜、祝日の翌日、年末年始、1月〜3月

中野竹子の墓 (法界寺)   ネットで墓参

中野竹子の墓(法界寺)

 江戸詰の勘定役/中野平内の長女として江戸に生れ、学問と薙刀を修める。
 戊辰の役がぼっ発したため、会津に戻る。
 照姫が会津坂下に退いたとの噂を聞き、中野竹子たちは母/こう子、妹/優子や、神保雪子、依田まき子・菊子の姉妹、岡村すま子たち20余名で、警護をするため「婦女隊」を結成した。

 従軍を申し出るも、会津藩には女子を戦闘員にする習わしはなく、当初は許されなかった。
 嘆願を続ける熱意が受け入れられ、従軍を許される。
 入城すべく出撃し、奮戦したが、柳橋にて敵弾に倒れる。
 共に戦っていた妹の手で、介錯された。 享年18歳(20歳、22歳とも)。
 「美性院芳烈筆鏡小竹大姉」。

 握られていた薙刀には、辞世の句が結ばれていた。
   「ものゝふの (たけ)き こころに くらぶれば (かず)にも入らぬ わが身ながらも
 雅号は、「小竹」と称した。
 終焉の地/柳橋には、ひっそりと白い石像が建っている。
 「娘子 (じょうし) 軍」 「娘子隊」とは、あまりの勇敢・奮戦ぶりに恐れ慄いた西軍が付けた隊名である。


猪俣公章の墓

猪俣公章の墓

 平成5(1993)年6月10日、肺がんで死去。 享年56歳。
 山門を入って、すぐ左側にある。
 猪俣公章については、こちら。
 ▲(会津坂下町字光明寺東甲3944 Tel. 0242-83-3519)
   ・法界寺については、こちら。

堀部安兵衛両親の墓 (貴徳寺)

堀部安兵衛両親の墓

 高田馬場の仇討ちで有名な赤穂義士の一人の堀部安兵衛は、当地で生まれ育っている。
 幼名を中山安之助といい、5歳で母を失った。
 元和元(1681)年6月18日、13歳の時に父も病死したため、新発田藩の祖父に引き取られた。
 父「真覚幻夢信士」  母「願譽守誓信女」
 両親の墓は、今も貴徳寺にある。
 安兵衛の父/中山安太郎 (弥次右衛門) は新発田藩士だったが、城で勤番中に失火で櫓を焼失させてしまい、藩を追われ浪人となる。 芸者/小菊 (本名/お絹) との関係で勘当されたとも。
 下男だった茂助の住まい/坂下に来たものの家が狭く、貴徳寺の住職/厳哲に頼んで寺の1室を借り、この寺で安之助が生れる。
 父/安太郎は読み書きを、母/小菊は唄・踊りを教えていたという。
 正面の新しい墓は、昭和47(1972)年に8代目/子孫が建立。
 元々の墓は、後ろにある。
 安兵衛の本墓は泉岳寺にあるが、昭和50(1975)年、両親の傍らに墓碑が建立された。
  「元禄十六年二月四日 三十二歳 刃雲輝劔信士
 平成23(2011)年、大通りの入口に 銅像 が建立された。

 ▲(会津坂下町茶屋町甲3873 Tel. 0242-83-2656)
   ・貴徳寺については、こちら。

「名刹と神社」は、こちら。

杉の糸桜

杉の糸桜

 推定樹齢200年で、周囲約3.2メートル、樹高約6メートル。
 花は、やや白色の江戸彼岸桜の一種。
 枝が垂れるので薬王寺の枝垂桜(しぐれざくら)とも呼ぶ。
 会津五桜(石部桜薄墨桜虎の尾桜大鹿桜)の一つ。

 ▲(会津坂下町大字船杉字北杉大道乙1170 薬王寺内)

亀ヶ森古墳、鎮守森古墳

亀ヶ森古墳 亀ヶ森・鎮守森古墳の現地板

 4世紀中期から後半にかけて、大川の南岸沿いに築かれた古墳。 円墳、方墳の他に集落の跡も発見されている。
 昭和51(1975)年、国指定の史跡

 は、約127メートル (前方60m、後円67m、高さ10m) の東北地方第2の規模の前方後円墳。
 後円部の頂上に会津三十三観音/青津観音がある。

鎮守森古墳
 鎮守森古墳は、約56メートル (前方30m、後方26m)。


 ▲(会津坂下町大字青津字館ノ腰)


陣ヶ峯城跡 (伝城四郎長茂館跡)

陣ヶ峯城跡(伝城四郎長茂館跡)

 会津進出を計った越後/城重則 (重範) が築いた「会津八館」の1つ。 別称:宇内館、城氏館、藍津之城とも。
 保安元(1120)年に城助職 (長茂) が築いたとも (改築か)。
 総面積は4ヘクタール、幅60メートル・深さ15メートルの二重堀に囲まれている。
 遺構:空堀・掘立柱建物跡・鍛冶炉跡・土坑・溝跡・土塁など。
 九条兼実の日記「玉葉」に出てくる「藍津之城(あいづのしろ)」とも言われる。
 平安時代の城館遺構は、全国でも珍しく、国の史跡に指定されている。
 跡地の一角に、会津坂下町川西公民館が建っている。   [配置図]


 ▲(会津坂下町宇内五目1101-8)


他の城館については、こちら

天屋の束松群

天屋の束松群 天屋の束松群の案内図

 推定樹齢400年のアカマツ。
 一本の幹から何本もの枝が伸び、束ねたように見えることから名付けられた。
天屋の束松群の説明文  3本の大枝に分岐していることから、「三本松」と呼ばれていたものもある。
 10数本の現存が確認されているが、ほとんどに枝の枯れがみられ、昔の面影はない。
 近くの先に、束松峠の一里塚、峠の茶屋跡、秋月悌次郎の詩碑などがある。
 未舗装の山道で車走行はお勧めしない。 どうしても、という方は徒歩で。
 
《束松峠の一里塚》
 束松(たばねまつ)峠の山頂に、ほぼ完全な保存状態 (会津で唯一) の良い2基が現存。
 大きい北塚は「男壇」、北に比べ小さい南塚は「女壇」と呼ばれている。
   ◇ 北塚 (男壇)  高さ4.1m、周囲39.0m
   ◇ 南塚 (女壇)  高さ2.8m、周囲30.8m
 寛永年間(1624〜1644)に構築とされる。 寛文7(1667)年頃とも。
 藩の役人から 「一里毎に壇を造り、一里壇へ木を植えよ」 の命を、緊張した肝煎らは 「一里毎に壇を造り、一里壇榎を植えよ」 と聞き違えたため、一里塚に榎を植えたとのこと。
《束松峠》  3株を束ねたような松が峠の頂に会ったことから。
 寛永年間(1624〜1644)、鶴ヶ城修復の資材を運ぶために、安座の肝煎/二瓶七左衛門が使った獣道が、後に峠道として整備された。
 寛永4(1792)年、片門・本名の者が茶屋を開き、小鳥の焼き物を出したところ大評判となった。
 ▲(会津坂下町天屋)

町営スキー場

坂下町営スキー場

 「糸桜里の湯ばんげ <閉館>」の隣にある。

 ▲(会津坂下町大字見明字西裏地内
     Tel. 0242-83-1604)

温泉については、こちら。

文化財 道標 大俵 天屋・本名宿
杵ガ森古墳 ややこ森古墳 片門発電所(ダム)
蒸気機関車 高橋藤園の銅像 舟渡一里塚

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    名刹と神社  温泉    [メニュー]  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川