会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    名刹と神社  温泉    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  南会津  柳津  湯川

三   島   町    (大沼郡)


三島町の町並み

三島町ホームページ

  三島町観光協会ホームページ

≪観光案内≫
  三島町観光交流館 「からんころん」は、こちら。
  三島町観光協会、三島町役場文化観光係は、こちら。


《現地観光案内板》
  ようこそ三島町へ(114KB)

只見川渓谷

只見川渓谷

 会津の中心を流れる140キロほどの阿賀野川水系の一級河川である。 尾瀬沼尾瀬ヶ原を水源とし、檜枝岐村只見町金山町三島町柳津町会津坂下町を流れ、喜多方市山都で阿賀野川に合流する。
 国道252号とJR只見線が、並行して走っている。
 三島町近辺では、川沿いをドライブをしながら、渓谷美を堪能できる。
 旧/物産館、ふるさと荘近くの国道400号沿いがお勧め。

 道の駅/尾瀬街道みしま宿の近く 高台から、撮影スポットとして有名な只見線第一鉄橋が望める。
 新緑、紅葉、新雪など四季折々の渓谷や滝は、幻想的。
 JR只見線の車窓からも、景観を楽しめる。

≪三島町の只見川山峡21景≫
  只見線第四鉄橋から、会津若松に向かって宮下発電所までの景観。
  整備中とのことではあるが、個別の案内は何もない。
    1.奇岩・太鼓淵岩
    2.水沼橋
    3.上野の切り通し
    4.白跳(はくちょう)の滝
    5.柳原の大崩れ
    6.化け猫岩
    7.眼鏡橋
    8.亀岩
    9.赤岩
    10.JR早戸駅
    11.舘の岩
    12.ブナ板崩れ
    13.早戸温泉郷
    14.湯の上場崩(ばっけ)
    15.扇滝
    16.ダイゴオロシ
    17.東北電力・第二沼沢発電所
    18.紅葉岩(もみじいわ)
    19.乙女の隠れ滝
    20.只見線第三鉄橋
只見川ライン下り     21.天狗岩

≪観光ライン舟下り≫
 景勝地に加え、10名以上参集時に運行、少人数でも交渉次第、2名から可など、数ある只見川ライン下りの中でも人気だったが、平成23(2011)年7月の豪雨被害で桟橋もろとも流失、いまだ再開のめどは立っていない。

霧幻峡の渡し

 三島町早戸から金山町三更の廃村跡へ、情緒ある手漕ぎの和船で結ぶ観光用の渡し船。
 霧幻峡とは、三島町と金山町の只見川沿い渓谷の愛称。
 特に、夏の早朝や夕刻に幻想的な川霧が渓谷を漂う。
 三更集落の奥で硫黄採掘が行われた結果、地盤が不安定となり何度も山崩れが発生し、すべての住民が土地から移転せざるを得なくなり、渡し船も廃止された。
 令和2(2020)年、観光用として運行を再開。
  ◇ 金山町観光物産協会 Tel. 0241-42-7211
  ◇ 霧幻峡プロジェクト Tel. 0241-55-3103、080-1168-3959
  ◇ 奥会津観光     Tel. 0241-42-2244
 ▲(三島町大字早戸)
 ・JR只見線/早戸駅隣の船着き場、または早戸温泉「つるの湯」
 ・4月下旬〜11月中旬 日の出〜日没まで
 ・要事前予約 (原則5日前まで)
 ・河川状況や気象状況で急な運行中止あり

只見川ビューポイント遊歩道

 前々から獣道?にもかかわらずJR只見線の 「第一只見川橋梁」 を見下ろす四季折々の絶景ポイントとして知られていたが、最近、遊歩道として整備された。
 新緑、紅葉の季節はもとより、夏の只見川から立ち上る川霧は幻想的。
 所要時間も15分ほどと手頃。
 ▲(三島町大字川井字天屋原  「道の駅/尾瀬街道みしま宿」に隣接)

生活工芸館         ネットで見学

生活工芸館

 昭和60(1985)年、オープン。
 マタタビなど編組細工、木工、陶芸、機織りなどの工房。
 製造の見学や、制作の体験が可能。
 様々な桐製品のほか、奥会津編み組細工などの伝統的工芸品も展示販売している。

 ▲(三島町大字名入字諏訪ノ上395 Tel. 0241-48-5502)

交流センター 山びこ

三島町交流センター 山びこ

 絵画などを企画展示している美術館。
 生活工芸館の向かい側。
 自然の樹木に囲まれた敷地内に、彫刻が配置されている。
 奥会津にゆかりのある芸術家を紹介している。
 常設展示ではないので、注意。

 ▲(三島町大字名入字諏訪ノ上418 Tel. 0241-52-2165 〔HP〕)
   ・9時〜5時
   ・休館 月曜日、祝日の翌日、
        年末年始(12月27日〜1月4日)

テレサ・テン歌姫

 昭和52(1977)年、三島町は「ふるさと運動」の一環として全国から特別町民を募集した。
 同年3月16〜17日、新曲「ふるさとはどこですか」のキャンペーンとして、特別町民に応募するためテレサ・テンが来町した (宿泊/宮下温泉ふるさと荘)。
 2月1日にポリドール・レコード (現/ユニバーサルミュージック) から発売のテレサ・テン8枚目シングル。
 三島町の美しい自然にも感動したが、むしろ町民の温かい人柄に魅了されたテレサ・テンは、その後も 「日本のふるさと」 として交流を続けた。
 ▲(三島町大字名入字上赤谷)

 記念植樹の白樺は、3年後に道路拡張工事のため美坂高原に移植された。


美坂高原 


▲(三島町大石田
    字一ノ原)

森のしごと舎

森のしごと舎

 <移転した模様> .
 旧/物産館に、佐久間建設工業がオープン。
 テーブルなどの完成品だけではなく、栃を中心に板材を展示販売している。 素人目にも立派な板材が並んでいる。
 工具を貸しており、自分で制作することも可能だが、1日では無理。
 ふるさと荘桐の里倶楽部の近くにある。
 ▲(三島町大字名入字上赤谷2427 Tel. 0241-48-5833)
  佐久間建設工業(三島町大字早戸字湯ノ平687 Tel. 0241-52-3111)

赤城清水

赤城清水 赤城清水

 役場の入口にある。
 平成13(2001)年、まちなか整備事業として整備。
 3段になっていて、飲み物やスイカを冷やしたりと生活に使われている。
 ▲(三島町宮下字宮下350)

おそね清水

おそね清水

 不動沢林道を昭和村へ向かって、峠の頂の手前にある。
 林道を造っている時に、山の曽根から湧き出たため、名付けられたという。
 冬期は通行止め。
 峠から昭和村となり、少し下ると名水 「二階の清水」 がある。

 ▲(三島町間方)

びおたん清水

びおたん清水

 JR会津宮下駅近くで、宮下活性化センターの脇にある。
 水量は多くない。

 ▲(三島町大字宮下)

志津倉山

 標高1,200メートルの山であるが、神の住む、雨乞い山として有名。
 途中で、巨大な一枚岩が視界に飛び込む。
 祈ると雨が降ると言い伝えられている「雨乞岩」である。

道の駅 尾瀬街道みしま宿

道の駅 尾瀬街道みしま宿

 三島町の入り口近くの国道252号沿いにある。
 桐製品、生活工芸品、農産物の加工品などが展示、販売されている。
 昼時なら、三島産の会津地鶏を使った 親子丼がお勧め。 .

 ▲(三島町大字川井字天屋原610
             Tel. 0241-48-5677)

温泉については、こちら。

「名刹と神社」は、こちら。

文化財 神々の道案内図 虫供養の石碑 道標 宮下発電所

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    名刹と神社  温泉    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  南会津  柳津  湯川