会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    名刹と神社  温泉    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川

西  会  津  町   (耶麻郡)


西会津町(野沢)の町並み

西会津町ホームページ


≪観光案内≫
  西会津町役場 経済振興課地域活性係は、こちら。

鳥追観音 (如法寺)    ネットで参詣

 大同2(807)年、行基上人の作/聖観世音菩薩を本尊として勧請し、仏都会津の祖/徳一大師が草創。
 参拝は、本堂の東口から入り、西口から出るのがここでの習わし。 東西向拝口とで、三方開きになっている。
 わが国で唯一の構造で、西方極楽浄土へ 「ころり」 と導くとされる。 観音様にお願いし、「身代わりなで仏」 をなで、御守りを念持すれば、心願成就するといわれる。
 昔々、老夫婦が鳥害のため穀物などが食べつくされ、非常に困っていた。
 ある日、巡錫で訪れていた行基上人が聞き及び、1体の観音像を彫り授けた。
 指示通りに田畑に安置すると、鳥害は収まったと云う。

 左甚五郎が鳥追観音の霊験にあやかりたいと、一心を込めて隠れ三猿を彫ったと伝えられる。
  ・難より隠れサル  (猿が、鷹に襲われそうになるが、)
  ・難を逃れサル   (鷹が、猿を見失い、)
  ・安楽に暮らしサル (安堵して、手枕で丸くなって眠る)
 2匹までは簡単に見つかるが、心に迷いがある者は、3匹目を見つけられない。
 見つければ、牡丹のつぼみが開くように福をさずかるとのこと (ヒント)。

 会津六詣出の一つ。
 ころり三観音の第一霊場として、人々の信仰を集めている。
 縁結びや子授け、子育ての御利益があるとされる。
 会津三十三観音札所の番外結願所で、二世安楽が叶うとされる。
高野槙
≪高野槙≫
 樹齢約1200年で、高さ30メートル、幹周り4メートルの巨木。 東北最大とのこと。
  大同二年(八〇七)徳一大師當山御開創の時
  記念植樹と伝えられ東北最大の高野槙で
  ある。 昭和三十六年九月十六日室戸台風に
  より大枝がさけ落ち県の調査にて樹令
  千二百年と判明した。
    (説明板より)

 ▲(西会津町野沢字如法寺乙3533 Tel. 0241-45-2061)
   ・8時〜16時
   ・主な行事  ・元旦祭  1月1日
           ・初観音  1月17日
           ・若葉祭  6月1日〜30日 (平成24年は5月〜)
           ・菊供養祭 10月1日〜11月17日
           ・除夜の鐘 12月31日
   ・見学時間 30分
   ・如法寺については、こちら。

大山祇神社 (おおやまづみ ― )   ネットで参拝

大山祇神社

 御祭神は、治山治水の大山祇(おおやまづみ)命、健康長寿の岩長比売(いわながひめ)命、良縁・子宝安産の木花咲耶姫(このはなさくやひめ)命の親娘の三神。
 奈良時代の宝亀9(778)年からの歴史をもつ。
 通称「野沢の山の神さま」 「山の神」として親しまれている。
 三年続けて参拝すれば、一生に一度のどんな願いでも聞いてくれるとの意味の 「なじょな願いも聞きなさる」 で、信仰を集めている。
御本社  駐車場のある遙拝殿から、徒歩4キロほどの大倉山8合目に御本社があり、山頂には奥の院が祀られている。
 不動の滝、弥作の滝、御本社近くの杉並木など、聖なる風景と静寂さは、安らぎを得ることができる。 子供の頃は、「二年参り」といって旧暦の大晦日から元旦にかけて参拝した。

 治山治水は治産治米に通じ、下流である新潟県からの参拝者の方が多いようだ。
 新潟の他にも、山形一円にまで厚い信仰が寄せられている霊場である。
 例大祭には、遥拝殿のある大久保集落まで車の渋滞が発生するほど賑わう。
 会津六詣出の一つ。

 ▲(西会津町野沢字大久保甲1445-2 Tel. 0241-45-2323)
   ・主な行事 ・元旦祭  旧暦の1月1日
           ・大山祭り 6月1日から30日
           ・例大祭  旧暦の9月9日・19日・29日
           ・月次祭  毎月9日・19日・29日


  念仏杉
 大山祇神社へ向かう大久保街道沿いにある。
 かつて、この杉を起点に急な坂道が続くため、杉の下にあった供養塔で一休みし、念仏を唱えたことから。
 樹齢450年以上とされ、慶長16(1611)年の大地震で寺が崩壊し、他の杉並木も土石流になぎ倒されたが、この杉だけは生き残った。
 ▲(西会津町野沢字地蔵ヘツリ甲748-4)

「名刹と神社」は、こちら。

銚子の口

 上野尻駅徳沢駅間にある阿賀川の3キロほどの峡谷。
 水深は浅いが急流で、岩を洗う水流と岩肌、周囲の樹木とのバランスが良く、只見柳津県立自然公園の中での景勝地の一つ。
 特に、紅葉の時期は賑わう。
 長寛2(1164)年の大地震で、地すべりが起こり、堰き止められて出来たとされる。
 川幅が狭くなっている形が、酒を入れるお銚子のくびれに似ていることから名付けられた。
 車が通れるかと心配するほどの幅の踏切を渡れば、あとは一本道。
 ▲(西会津町群岡)

「代官清水」については、こちら。

温泉については、こちら。

道の駅 にしあいづ

道の駅 にしあいづ

 国道49号沿いで、野沢街外れの新潟寄りにある。
 磐越道の西会津IC出口からは、1キロほど。
 平成16(2004)年9月に、オープンした。
 大型スーパーの隣に位置しており、珍しい道の駅である。

≪交流物産館 よりっせ≫
交流物産館 よりっせ  ミネラル米、ミネラル野菜など、健康のための"ミネラル"がテーマ。
 入り口近くに、無料のレンタルサイクルが置いてあった。
 なぜか、沖縄県宮古島の物産も売っている。
 道の駅の入り口にも、"赤ベコ"と共に"シーサー"がある。
 聞いてみると、友好都市の提携をしているからだそうである。

 ▲(西会津町野沢字下條乙1969-26 Tel. 0241-48-1512)
   ・9時〜19時(冬季は別)
   ・休館 年末年始

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    名刹と神社  温泉    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川