会  津  の  著  名  人

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [50音メニュー]

《 お 》 幕 末 よ り 前

 大河原 臣教  おおかわら おみのり、天明元(1781)年〜天保3(1832)年
 長伯、長八とも。 号:弦斎。
 養純武貴の子。 会津/藤樹学の祖/養白幸重の5代目。
 幼くして学才に優れ、17歳の時には一晩に漢詩を100首詠み、世人を驚愕させた逸話を持つ。
 儒学と医学の学者であるが、郡奉行から用人にも就任している。
 文政11(1828)年9月18日、保科正之公の言行録「千歳之松 (せんねんのまつ)/全5冊」を著す。 昌平坂学問所旧蔵 (東京/ 国史研究会)。
 本書には、後に長賊らが意図的に隠ぺいした明暦の大火での江戸城天守閣再建をさせず民衆の援助を優先させたことや、「牛裂」「釜煎」などの酷刑を禁止させるなど名幕閣であった事実のみが記載されている。
 大塩
  平左衛門
 おおしお へいざえもん、生年不詳〜貞享3(1686)年2月17日
 五十嵐平左衛門吉実。 耶麻郡大塩村の代官の子。
 明暦3(1657)年、雄国山麓の新田開発を願い出る。
 万治3(1660)年、予想を超える丸3年もの難工事であったが、小沼峠の山腹180間 (約226m) を掘り抜き雄国沼から水を引くことに成功し、約7千ヘクタールの新田を開拓した。
大塩平左衛門の墓  この大工事の費用は、家屋敷のすべてを売り払ってのことだった。
 寛文5(1665)年、藩への返済金を着服した役人を訴え勝訴するが、喧嘩両成敗により代官職と知行が召し上げられ平百姓に降格 (雄国新田事件)、郷里の大塩村で隠居する。
 貞享3(1686)、聴許がなく、不遇のまま大塩にて死去する。
 墓は、長泉寺
 「省巌道悟信士」

 元禄8(1695)年、雄国新田村の農民らは恩を忘れず、供養碑を建立、平左衛門の御霊を貴船神社に合祀して徳を崇敬した。
大塩平左衛門の供養碑  ▲貴船神社 (喜多方市雄国道南乙165-イ)
 ▲供養碑  (喜多方市雄国獅子沢)

貴船神社
 大須賀 清光  おおすか せいこう、文化5(1808)年〜明治8(1875)年6月17日
 通称:喜知松。 号:皎斎、蘭斎。
 商家に生まれるが、絵師を目指し商いを捨て、四条派/佐藤香斎、狩野派/島貫盤月に師事する。
 幕末の鳥瞰図「若松城下絵図屏風」「岩代国会津明細図」「東山温泉絵図」「蛤御門合戦図」「大野ヶ原追鳥狩図」など作品としてだけでなく、歴史資料としても貴重。
 大庭
  三左衛門
 おおば さんざえもん、生年不詳〜天正12(1584)年10月6日
 須賀川/諏訪大明神の神官の子と云われる。
 二本松義継に仕える。
 「一日で三度の武功を上げた」ことから三左衛門と名付けられた。
 蘆名盛隆公の目にとまり、譲り受けて自らの家来とし、刀番の役に抜擢されたが、徐々に疎んじられ、家中でも孤立していく。
 天正12(1584)年、黒川城 (鶴ヶ城) 内で縁側に座って鷹に餌やりしていた主君/盛隆公を背後から斬り付け殺害する。
 逃走を図るが、登城してきた家臣/種橋大蔵によって討ち取られた。
 領主/盛隆公の早すぎる突然の死が、蘆名氏滅亡を早めた。
 岡 左内  おか さない、生年不詳〜没年不詳
 源八、岡越後守、岡定俊、岡野左内、岡野定政、岡野定俊とも。
 若州太良庄城主/岡和泉守盛俊の子。
 元亀4(1573)年、織田信長の若狭制圧で若狭を離れ蒲生氏に仕官。
 天正18(1590)年、蒲生氏郷公の加増移封に従い、会津入りする。
 慶長3(1598)年、蒲生秀行公の減移封には従わず、上杉景勝公の家臣/直江兼続の家来となる。
 慶長6(1601)年、松川の戦いでは伊達政宗公を完全に打ち負かす戦功をあげている。 景勝公が米沢藩に減移封されると、再び会津藩に復帰した蒲生秀行公に帰参し、猪苗代城/城代となる。
 稀な蓄財家であり、部屋中に小判を敷き詰め、その上で裸になって昼寝するのが無上の楽しみであったという。
 単なる守銭奴だったのではなく、関ヶ原の戦いに備えて戦費の調達に苦労する主君/上杉景勝公に多額の財貨を献上し、借金を願い出る同僚の家臣たちにも惜しむことなく金を貸し与えた。
 米沢藩へ減移封の際には、催促するでも無く借金の証文を焼却して見送った。 直江兼続が「惜しい人物を失った」と嘆いたという。
 蒲生家へ帰参し猪苗代城/城代の時も蓄財したが、自費で教会や神学校を建て宣教師を招くなどキリスト教の布教に費やし、大半の領民を改宗させたと云われる。
 岡 重政  おか しげまさ、天正5(1577)年〜慶長18(1613)年。
 通称:半兵衛、片岡半七、政。
 元亀4(1573)年、兄/岡左内と共に蒲生氏郷公に仕官。
 天正18(1590)年、氏郷公の加増移封に従い会津入りし、小姓となる。
 慶長3(1598)年、蒲生秀行公の減移封には従わず、上杉景勝公の家臣/直江兼続の家来となる。
 慶長6(1601)年、景勝公が米沢藩に減移封されると、再び会津藩に復帰した蒲生秀行公に帰参し、津川城主となる。
 大火による津川を再建させるなどの行政手腕が認められ、家老に準ずる仕置奉行に抜擢される。
岡重政の墓とされる五輪塔  慶長16(1611)年、大地震が発生し甚大な被害を被り、翌年に秀行公が急死すると、蒲生忠郷公の藩政をめぐって激しく対立、重政派が有利に傾くと勝気な生母/振姫 (コ川家康の3女) は父/家康に訴える。
 慶長18(1613)年、重政は家康から駿府に呼び出され切腹となった。
 なお、地震で倒壊した鳥追観音を再建したのは重政である。
 墓は極楽寺五輪塔とされる。


 重政には、死に追い込んだ振姫と同名の孫/振姫「通称:お振の方」がいた。
 「お振の方」は将軍/徳川家光の側室となり長女/千代姫を産む。
 千代姫は尾張藩主/徳川光友に輿入れ (正室) し、次男/徳川義行が分家「高須松平家」を興し祖となる。
 その子孫/松平容保が幕末に養子に入ると会津藩は消滅した。

 その一方では、尾張藩主を継いだ嫡男/徳川綱誠の子孫が、今上天皇へとつながる。
 ◇ 岡重政 = 石田三成の次女
  岡吉右衛門 = おたあ (町野幸和の娘)
  お振の方 (自証院)=将軍/徳川家光
  千代姫 (霊仙院) = 徳川光友 (尾張藩/2代藩主)
  徳川綱誠 (尾張藩/3代藩主) = 本寿院
  徳川吉通 (尾張藩/4代藩主) = さん (随縁院)
  千姫 (信受院) = 九条幸教 (公卿)
  二条宗基 (公卿) = 不詳
  二条治孝 (公卿) = 樋口信子 (樋口基康の娘)
  九条尚忠 (公家) = 唐橋姪子 (松梅院禅泰の娘)
  九条道孝 (公爵) = 野間幾子 (松梅院禅泰の娘)
  貞明皇后 (九条節子) = 大正天皇
  昭和天皇 = 香淳皇后 (良子、久邇宮邦彦王の娘)
  今上天皇 (明仁) = 正田美智子
  秋篠宮文仁親王
    = 親王妃紀子 (川嶋紀子 ⇔ 藩士/池上四郎直系子孫)
  悠仁親王
 縁とは、不可思議なものである。
 小笠原 長時  おがさわら ながとき、
 永正11(1514)年10月23日〜天正11(1583)年2月25日 (享年70歳)
 幼名:豊松丸。 通称:又二郎、右馬助、湖雲斎。
 小笠原長棟と母/浦野弾正忠の娘の長男。
 天文10(1541)年、家督を継ぐ。
 弓馬礼/三法の名家として歴代 信濃/林城主だったが、武田晴信 (信玄) に敗れ、長尾景虎 (上杉謙信) の越後へ落ち延びる。
 その後、親戚の三好長慶を頼り上洛して将軍/足利義輝の弓馬指南役を務めていたが三好長慶が病死し、将軍/義輝も暗殺され、織田信長が上洛して三好氏の勢力が失われる。
 止む無く再び上杉謙信を頼って越後に移る。 謙信が病死すると跡目争い「御館の乱」が起こり越後を彷徨う。
 蘆名盛氏公に客分として迎えられるが、蘆名四天王の1人/富田氏実邸の酒席で、家臣/坂西勝三郎の妻に手を出し妻子共々斬り殺される。
 前年の天正10(1582)年、宿敵/武田氏が織田信長に滅ぼされ、3男/小笠原貞慶に与えられた旧領に戻る直前の出来事であった。
 廃寺になっていた慶山寺の「西の榎樹の下」に埋葬されたという。
小笠原長時の墓  「長時院殿麒翁正麟大居士」
 大龍寺にある現在の墓は、天保2(1831)年に豊前小倉藩 (豊津藩)/藩主になっていた宗家の家老が建てたもの。
小笠原長時の墓
 小笠原 長政  おがさわら ながまさ、延享4(1747)年〜文化9(1812)年
 下総の医師/有益長秀の子。  城之助と称し、晩年に出家して松斎。
 若くして武芸を好み、香取神道流/飯篠直可、無極流/金丸政秀などに師事し、手裏剣を含む多くの流派を究め、神道精武流を興す。
 寛政6(1794)年、江戸から会津に入り教えていたところ、会津藩に召し抱えられ、日新館で剣術師範となる。
 禅や生花などにも造詣が深かったという。
 於静  おしづ、天正12(1548)年〜寛永12(1635)年 (52歳)
 於志津とも。
 北条氏直の家臣/神尾伊予栄加の次女として小田原にて誕生。
 天正18(1590)年、秀吉の小田原攻めで氏直が敗れ父が浪人したため、一家は江戸に出て、於静は将軍/秀忠の大乳母殿の下女となった。
 慶長14(1609)年晩秋、秀忠の寵愛を受け懐妊したが、正室/於江與の異常に嫉妬深いことを恐れ、兄/神尾嘉右衛門宅で最初の子を堕胎。
 慶長16(1611)年、秀忠は於静を忘れられず再度の懐妊となる。
 兄/神尾嘉右衛門宅に下がり、嫉妬深い於江與を恐れ、再び堕胎しようとするが、弟の神尾才兵衛が大反対した。
正しく天下将軍様の御子を再度まで水と成し奉り候儀天罰恐ろし義
 皆が賛同し、一族に累が及んでも、出産させる事に決した。
 その日の夜、姉婿/竹村助兵衛次俊 (神田白銀丁) 宅に身を寄せた。
 その後、武田信玄の娘/見性院信松尼の姉妹に庇護される。
 武蔵野国/氷川神社に、安産の願文を奉納している。
 同年5月7日、徳川秀忠の4男/幸松丸 (後の保科正之公) を出産。
 元和3(1617)年、保科正光の養子になるった正之公と高遠城に移る。
 寛永9(1632)年、秀忠が死去したため落髪して、浄光院と称する。
 高遠で死去、その後は、正之公の山形藩、会津藩への加増移封に伴い墓と菩提寺/浄光寺も移る。
 「淨光院殿法紹日慧大姉」
 慶安3(1650)年、身延山久遠寺の篤信廟に遺骨が納められる。

 小野小町については、こちら

 小原 光聰  おはら みつふさ、
小原光聰の墓  安永2(1773)年〜文化5(1808)年
 通称:内記。
 <新夢想流兵学家>
 新夢想流の居合術を究め、印可を受ける。
 日新館猪苗代校にて新夢想流居合術を教える。
 天明8(1788)年、家督を継ぐ。
 寛政4(1792)年、姑兼奏者番に就く。
 寛政5(1793)年、小姓頭に就任。
 寛政7(1795)年、番頭に就任。
 墓は大窪山 (現地図に記載あり)。
 於萬  おまん、元和6(1620)年〜元禄3(1690)年7月18日 (享年71歳)
 於萬の方、於万とも。
 京都上加茂の神主/藤木織部 (弘之) の娘。
 寛永11(1634)年に保科正之公の継室として輿入れ、とされる。
 寛永17(1640)年12月 4日、次男/虎菊 (正頼) を出産。
 寛永18(1641)年11月14日、長女/媛姫(徳姫、春姫)を出産。
 寛永20(1643)年 5月13日、次女/中姫を出産。
 正保2(1645)年 1月 5日、3男/将監を出産 (1歳で夭折)。
 正保3(1646)年12月27日、4男/大之助 (2代藩主/正経公) を出産。
 慶安元(1648)年 5月 3日、5女/石姫 (宮姫) を出産。
 慶安2(1649)年10月 4日、6女/風姫を出産 (3歳で夭折)。
 慶安3(1650)年閏10月3日、7女/亀姫を出産 (2歳で夭折)。
 承応元(1652)年 5月 9日、5男/新助 (正純) を出産。
 万治元(1658)年 7月25日、媛姫事件」を起こす。
 側室/於塩が生んだ摩須姫 (松姫) が、自分の娘の嫁ぎ先/米沢藩より大きい加賀藩に嫁ぐのに嫉妬し、毒殺を謀ったとされる事件。
 前日、江戸藩邸での祝いの席に、華やかな膳が運ばれた。
 正之公が摩須姫の宴席であるからと、いつもの上席にいた媛姫の席と入れ替えさせたため、於萬の娘が毒の盛られた膳を食べてしまった。
 摩須姫付きの老女/野村おさきが毒殺の企てを察知し、媛姫の膳とを入れ替えたためとの説もある。
 同月28日、長女/媛姫は、3日間、もがき苦しみ死去。 19歳。
 これを知った正之公は激怒し、於萬付きの老女/三好ら18名の関係者を処刑・処罰したが、於萬は嫡男/正経公の生母ということで処罰は免れたが、これ以降、遠ざけられた。
 10年後に正之公が策定した「家訓」の中の、
 「婦人女子之言 一切不可聞 (婦人女子の言 一切聞くべからず)
は、この媛姫事件をがあったからといわれている。
 後に死に臨んだ正之公は、於萬に「政治に口を出さぬこと」と命じている。「牝けいは古賢の戒むる所 吾が没後汝必ず政事をいふなかれ
 しかし、正之公の死後は、藩主の生母という立場を利用し、実家/藤木一族を京都から呼び寄せ要職に就け、徐々に復権し権勢をふるう。
 正経公が嫡男を設けないまま若くして死去し、3代藩主に側室/富貴の生んだ正容公が就くや藤木一族は失脚、放逐された。
 切望していた故郷/京都への帰参も許されず、隠居地の目黒行人坂上にある大崎村別邸で寂しく死去した。
聖光院之墓  墓は三田藩邸近くの実相寺。
 「聖光院殿隠誉寂照清安大師」
 ▲(東京都港区三田4-12-15
     Tel. 03-3451-4245)
実相寺 実相寺
 円城寺 豊貞  おんじょうじ とよさだ、寛永2(1625)年〜元禄14(1701)年4月14日
 名:吉忠のち豊貞。 号:卜信庵古暦。
 円城寺吉武の子。 高橋家の養子となり高橋市郎左衛門と名乗るが、後に実家に復して円城寺彦九郎と称する。
 紀州/内田吉政に道雪派弓術を学んで印可を得る。
 松平信綱を通じて、保科正之公に召し抱えられる。
 正之公に弓術の編纂を命じられ、研究を重ねて、弓術新流派「円城寺派」を創始、後に会津藩弓術3流派の1つ「日置豊秀派」となる。
 江戸期の弓術「天下の三射人」の一人。
 3代藩主/正容公の代まで仕える。
 天寧寺に葬られ、墓は東京/興禅寺にもあったとのことだが不詳。
 81歳。 「元心院殿英岳道雄居士」。

《 お 》 江  戸  幕  末

 大野 英馬  おおの ひでま (えいま)、
 文政9(1826)年〜慶応4(1868)年8月23日 (43歳)
 猪苗代十騎の1人/大野伝九郎の子として誕生。
 父/伝九郎が江戸詰となり、英馬も江戸に移り住み育つ。
 妹/瀬山は江戸御殿奥勤。
 幼き頃から活発で才気あり、江戸湾で操舟や水泳を会得。
 父/伝九郎の亡き後、会津に戻る。
 文久元(1861)年、御供番となる。
 文久2(1862)年、松平容保の京都守護職就任の際して、際を見込まれ公用方に抜擢され上洛。
 程なく国産奉行副役に就任。
 慶応4(1868)年8月23日、 鶴ヶ城下に迫ると滝沢村で奮戦するも、東名子屋町人参役場付近で戦死。
 墓は阿弥陀寺に合祀。
 大庭 恭平  おおば きょうへい、天保元(1830)年〜明治35(1902)年1月5日(73歳)
 名:景範、機 (はかる) とも。 号:松斎。
 藩士/大庭正吾弘訓の次男として江戸藩邸にて誕生。
 文久2(1862)年、松平容保が京都守護職就任で上洛する前に、家老/田中土佐や公用人/野村左兵衛たちと上洛、密偵として身を隠し、過激派や浮浪者らの動向を探る。
 文久3(1863)年、恭平の通報により「足利将軍木像梟首事件」の首謀者の ほとんどが捕えられ、恭平も信州上田藩に永代謹慎となる。
 慶応4(1868)年1月16日、戊辰の役が勃発したため釈放。
 帰藩後は、幕軍/衝鋒隊に加わり、北越戦線各地で奮戦する。
 援軍要請のため仙台藩へ経て庄内藩へ赴いたが開城、高田幽閉 (真宗寺内林西寺) を脱走し居残り組として、戦死者の埋葬に尽力した。
 恭平筆「殉難之墓」の墓標も、 (民政局) が削り取った。
 明治3(1870)年、斗南藩へ移住し、刑法掛に出仕する。
 その後、開拓使中主典、札幌資生館/初代校長、若松県司法省判事補、秋田県判事、新潟函館の属官など多くの官職を歴任。
 晩年は弟のいた室蘭へ移り、この地で死去したという。
 小笠原 午橋  おがさわら ごきょう、文政5(1822)年〜明治14(1881)年 (享年60歳)
 名:勝修。 通称:常次郎。 号:雄山。
 藩士/長坂勝満の次男。
 日新館での成績優秀が認められ、昌平坂学問所(昌平黌) へ遊学。
 帰国後は、日新館の教授として子弟の教育に尽力。
 戊辰の役では、籠城戦を戦い抜く。
 開城に際して、降伏文 (謝罪文) を草案したという。
 開城後は、小笠原に改姓し、開拓使に出仕するが、病のため辞職。
 明治13(1880)年、栃木に移住し、翌年に死去。
 著書「続国史略後篇」「愛国偉績」など。
 小川 清流  おがわ すがる、文政3(1820)年〜明治25(1892)年
 通称:伝吾。 号:紫蘇園。
 戊辰の役では、山川隊として日光口で奮戦。
 長男/直道 (幼名:傳八郎、後の亮) が白虎寄合一番隊として越後口に出陣の際、強烈な歌を送っている。
  「むくゆへき時はこの時国のためしねや直道しねや直道
   (報ゆへき 時は この時 国のため 死ねや直道 死ねや直道)
 直道は、開城後に謹慎中の猪苗代から脱走している。
 明治18(1885)年、若松中学校の国語科教師に就任。
 明治21(1888)年、伊佐須美神社の主典に就任。
 澤田名垂野矢常方に師事し和歌や書に優れていた。
 著書「栂木抄」「見禰山年中御神式略」「番頭年表」「柞の風」。
 小川 渉  おがわ わたる、天保14(1843)年〜明治40(1907)年
 藩士/小川常有の次男として鶴ヶ城下にて誕生。
 日新館での成績優秀が認められ、昌平坂学問所(昌平黌) へ遊学。
 開城後、斗南藩へ移住し、藩が消滅後も残留し田名部支庁長や青森県議会書記長を歴任、県政の功績による町名/小川町が残っている。
 明治8(1875)年、自由民権運動の必要性から仲間たちと「北斗新聞社 (青森新報社)」を創立し、県民の啓蒙に努める。
 青森県新聞記者第1号として「公議正論の人」と称賛され、度々 投獄されるが、後に社主となる。
 明治19(1886)年、長崎県尋常中学校教諭に就任。
 明治22(1889)年、会津に戻り、日本教育史書として名著の評される「会津藩教育考」の執筆に着手する。
 他にも「斗南桜叢書」「志ぐれ草紙」「考古集」などを著す。
 晩年、青森に赴き、漢学の塾を開く。
香取神社  墓は青森市/香取神社との資料もあるが、境内の左奥は雑木林に変わり果て、今では実在していない。
 沖津 醇  おきつ じゅん、天保2(1831)年〜明治44(1911)年
 通称:甚太夫。
 戊辰の役では、中隊長として白河口で奮戦。
 開城後は、斗南藩へ移住し藩の消滅後も残留し、田名部小学校の初代校長に就任し、先進的な教育法を導入し、教育の発展に功績を残す。
 明治16(1883)年、招聘され青森師範学校の校長に就任。
 明治17(1884)年に貧民の子弟の教育をすべく校長の職を辞し、明治19(1886)年に私塾青湾学舎 (青森市松森) を設立する。 苦しい経営の中、安い授業料で12年間にわたり学費困窮者の教育に尽力した。
 明治32(1899)年、健康上の理由で閉塾、晩年は東京へ移る。
 明治39(1906)年、「近世会藩士人偉行録並補遺」を著す。
 小野木
   源次郎
 おのき げんじろう、
 安政元(1854)年10月28日〜大正14(1925)年9月11日
 戊辰の役では、白河口で奮戦し負傷している。
 開城後は高田幽閉 (善行寺内幸林坊) 後、斗南藩へ移住する。
 明治7(1874)年、藩が消滅したため若松へ戻るが、間もなく上京して警視庁に就く。 陸軍省・内務省勤務を経て、1府8県の警務長・警部長・警察部長など事務官を歴任。
 明治19(1886)年、長崎/梅香崎警察署長の時に、清国北洋艦隊水兵が起こした暴動/長崎事件が起きている。
 明治40(1907)年、官界を引退して信濃電気鉄道の社長に就任。
 大正元(1912)年、5代目の若松市長に就任。
 小野 権之丞  おの ごんのじょう、
 文政元(1818)年3月〜明治22(1889)年4月2日 (72歳)
 名:義忠。藩士/小野権之丞義行の長男として郭内二ノ丁にて誕生。
 文久2(1862)年、松平容保の京都守護職就任に従い上洛し、公用人兼御聞番御内用勤として諸藩間や朝廷との折衝に尽力する。
 戊辰の役では、抗戦を支持する輪王寺宮を奉じて随行し、同盟諸藩との交渉に注力する。
 開城の時、仙台にいたため会津遊撃隊加わり蝦夷/箱館に渡り、箱館病院掛頭取 (事務長) として敵味方の区別なく看護する。
小野権之丞の墓  明治2(1869)年5月11日、負傷して入院中の諏訪常吉を、旧知の薩摩藩士/池田次郎兵衛・黒田清隆らが見舞いと称し訪ね来て和平斡旋を依頼する。
 了承した常吉が榎本武揚への書状を託したのが権之丞で、函館戦争終結の発端となる。
 古河藩下屋敷に幽閉 (謹慎) され、赦免後は神田佐久間町で清貧な余生を過ごす。
 資料としても貴重な「小野権之丞日記」を著わしている。
 墓は、青山霊園
 小原 治八  おばら じはち、天保6(1835)年〜元治元(1864)年9月16日(享年38歳)
 名:俊長。 通称:保之進。
 鶴ヶ城下の花畑にて誕生。
小原治八俊長  5歳の時に父が死去、母の実家/黒河内氏にの支援を受け、貧しいながらも藩校/日新館に学ぶ。
 嘉永6(1853)年、江戸湾警備 (房総) に従軍。
 文久2(1862)年、松平容保の京都守護職就任に従い外様士として上洛。
 御用所密事仮役、軍事方心得を歴任。
 元治元(1864)年7月19日、禁門の変が勃発し、内藤介右衛門隊 (神保内蔵助隊とも) として奮戦するも御所唐門前で被弾し、9月16日に死去。
 墓は黒谷会津墓地。 「岩立神霊」

 小原庄助については、こちら

大岩元四郎  大竹一郎・善吾  大竹喜三郎  大竹主計  大戸新八郎  大庭久輔  小笠原主膳  小川勝之進・求馬  小川郷左衛門・鉱太郎・房次郎  小川勇之助  小沢新十郎  音次郎  小沼雄八  小田磯之助  小野田午太夫俊章  小原忠次郎・房橋

《 お 》 幕 末 よ り 後

 大島 破竹郎  おおしま はちくろう、
 明治15(1882)年12月〜昭和28(1953)年6月12日 (70歳)
 若松町 (会津若松市) にて誕生。
 明治34(1901)年、会津中学校 (県立会津高等学校) を卒業、黒河内四郎は同級生。
 明治42(1908)年、東京帝国大学を卒業し、文官高等試験の合格者106名中8番で合格、大蔵省に入る。
 警視庁方面監察、兵庫県事務官などを歴任。
 大正3(1914)年、群馬県警察部に移る。
 石川県警察部、熊本県警察部、佐賀県警察部で県警察部長を歴任。
 大正10(1921)年、徳島県に移り、朝鮮総督府忠清南道の内務部長、岡山県の内務部長を歴任。
 1927年(昭和2(1927)年、第23代/佐賀県知事に就任。
 第27代/高知県知事を経て、南太平洋貿易の役員などを歴任。
 昭和17(1942)年、第5代/郡山市長に就任。
 昭和28(1953)年、東京駿河台/日本大学病院で脳出血にて死去。
 大竹
  作右衛門
 おおたけ さくえもん、名:元一。
 戊辰の役では、御聞番所物書として各地で奮戦。
 開城後は、蝦夷に渡り函館戦争にて会津遊撃隊として奮戦し、戦い後に彦根藩にて幽閉。
 明治 3(1870)年、斗南藩/五戸村に移住。
 明治 6(1873)年、北海道開拓の拠点となった小樽に移住し、旧藩士/高野源之助とともに大竹回漕店を創立し事業を開始。
 明治13(1880)年、海軍省に届けた輸送船/高嶋丸の船旗は、奥羽越列藩同盟の同盟旗とそっくりの五芒星の中に五稜星が描かれていた。
 明治14(1881)年、風帆船/札幌丸七十六トンを所有。
 明治15(1882)年、小樽港から札幌を経て幌内炭山に至る鉄道の完成で、事業は急成長。
 明治16(1883)年、小平蘂川流域の石炭調査を実施。
 明治20(1887)年、ヲキナイ上流の石炭を開採。
 明治21(1888)年、銀銅鉱を発見した中村留吉・竹内孫兵衛・小黒喜三郎らと共同で許可を受け試掘。
 明治22(1889)年、「ユーナイ銀銅鉱」として開坑事業に参画 (後に住友合資会社に売却)。
 明治26(1893)年に刊行の「開拓指鍼北海道通覧/久松義典」に「小樽大竹回漕店」と記載されるほど隆盛を誇る。
 明治28(1895)年、小樽高島/児童水泳場を開設し、日本古来泳法「向井流水法」を小樽へ伝える。
 幕末に江戸湾警備を命じられた会津藩は、御船手奉行の旗本/向井家に代々伝わる水軍法を藩士たちに学ばせ、藩校/日新館でも指導がおこなわれていた。
 岩内町でも牧場経営を成し遂げている。
 養子に迎えたのが大竹多気
 墓は、小樽市営中央墓地

 平成 3(1991)年、「向井流水法」が小樽市の無形文化財に指定。
 大竹 多気
 (気のメが米)
 おおたけ たけ (たき)、
 文久2(1862)年10月7日〜大正7(1918)年7月19日 (満58歳)
 ペンネーム:大竹美鳥、みどり。 雅号:碧玉。
 藩士/松田俊蔵の4男として赴任地の蝦夷/戸切地 (北斗市) で誕生。
 慶応 3(1867)年、藩士/大竹作右衛門の養子になる。
 兄/精介は鳥羽伏見の戦いに参戦し、養父/作右衛門とともに会津遊撃隊として箱館戦争まで戦い抜く。
 明治 3(1870)年、斗南藩に移住、養父/作右衛門は会計掛を務めていたが、藩の消滅で事業の失敗を繰り返したものの回漕業で成功。
 明治 6(1873)年、上京し、有馬私学校、攻玉社、工部寮小学部で勉学に勤しむ。
 明治16(1883)年、工部大学校機械工学科を卒業し千住製絨所に就職。
 明治18(1885)年、英国派遣決定  明治19(1886)年、ヨークシャー大学 (リーズ大学) へ入学。
 明治21(1888)年、ヨークシャー大学を首席で卒業。
 明治35(1902)年、千住製絨所の所長に就任、「自働織機」を著す、
 明治37(1904)年、特許局技師に就任、
 明治38(1905)年、羊毛買い付けのため豪州に派遣。
 明治43(1910)年、東北帝国大学の教授に就任、特許局技師と米沢高等工業学校長事務取扱を兼務。
 明治44(1911)年、米沢高等工業校の校長に就任、
 大正 5(1916)年、桐生高等染織学校の初代校長に就任 (米沢高等工業校の校長も兼任)
 大正 7(1918)年、日本で初めて染色技術を学び、工学博士として毛織物工業の近代化に貢献した人生を、東京府小石川で終えた。
 ウォルター・スコットの詩集「湖上の美人」を翻訳するなど文学にも秀でていた。
 明治43(1910)年に鶴ヶ城を訪れた時の歌際(1910年)。
 「そのかみの うらみも深く 紅の ちしほ染め出す 城のもみぢ葉
 大竹 豊  おおたけ ゆたか、昭和20(1945)年〜
 会津若松市にて誕生。
 昭和(1969)年、「少年ジャンプ」と「少年サンデー」の2誌で同時デビューした漫画家。
 「まんが王」、「冒険王」、「少年アクション」などにも連載。
 昭和(1984)年からは、幼児向けの絵本・児童向けの作画も手がける。
 大橋 知伸  おおはし ちしん、天保7(1836)年〜明治39(1906)年8月14日
 幼名:は忠蔵。 号:水香、醒仙。
 父/大橋守行と母/塩原氏の長男として滝沢村にて誕生。
 父から彫技を受け継ぎ、江戸末期から明治に活躍した仏師で、仏像や福の神を残した。 また、画・墨画、書、俳諧、漢学、篆刻など多彩な才能の持ち主でもあった。
 明治23(1890)年、飯盛山宇賀神堂に、自刃した隊士19人の霊像がフランス流の軍服姿で祀られた。
宇賀神堂  この堂は寛文年中(1661〜1672)建立され三代藩主松平正容公が弁財天像と共に、五穀の神、宇賀神をも奉祀された。
 堂には、飯盛山で自刃した白虎隊19士の霊像が安置してあり、像はフランス流の洋服姿であり、霊像に明治23年白虎隊墳墓改修の際、大橋知伸、田中治八の両氏によって製作されたものである。
/現地説明文」
 大原 光憲  おおはら みつのり、
 昭和元(1926)年5月1日〜平成4(1992)年7月23日 (満66歳)
 会津若松市にて誕生。
 昭和23(1948)年、旧制/水戸高等学校を卒業。
 昭和28(1953)年、中央大学法学部を卒業。
 昭和31(1956)年、中央大学法学部の助手に就任。
 昭和35(1960)年、中央大学法学部の助教授に就任。
 昭和42(1967)年、中央大学法学部の教授に就任。
 昭和58(1983)年、法学博士 (中央大学) を取得。
 平成3(1991)年、東京都知事選挙に出馬するが落選。
 落選後に体調を崩し、翌年に中央大学の教授在職中のまま死去。
 著書「現代政治過程論」「都市問題と住民運動 都市政治学」「都市自治の革新」「現代政治過程論 国家と地域社会の政治」「都市政治の変容と市民」などのほか共著・編著・訳書も残している。
 大平 善梧  おおひら ぜんご、明治38(1905)年9月19日〜平成元(1989)年3月10日
 会津若松市にて誕生。
 大正12(1923)年、会津中学校 (県立会津高等学校) を卒業。
 昭和 4(1929)年、東京商科大学を卒業し、同大学の助手に就く。
 昭和 5(1930)年、高等試験司法科試験に合格。
 昭和10(1935)年、東京商科大学予科の教授に就任。
 昭和17(1942)年、東京商科大学の教授に就任し、予科教授も兼務。
 昭和26(1951)年、一橋大学法学部の教授に就任。
 昭和35(1960)年、法学博士 (慶應義塾大学) を取得。
 昭和44(1969)年、一橋大学を定年退官し、青山学院大学法学部の教授を経て青山学院大学の学長に就任。
 後に、亜細亜大学法学部の教授などを歴任。
 大八木 弘明  おおやぎ ひろあき、昭和33(1958)年7月30日〜
 会津若松市河東町で誕生。
 会津高田一中学校、県立会津工業高等学校卒業後に会津を出る。
 小森印刷 (小森コーポレーション) に就職するが、 中学2年生の校内マラソン大会で優勝し、中学3年生でジュニア選手権3000メートルで全国5位の実績があり、走りたい気持ちは増すばかり。
 昼は川崎市役所に勤めながら、夜は駒澤大学経済大学2部で勉学し、その合間に練習とハードな日々を送り、好成績を残す。
 ◇ 昭和60(1984)年 (1年生) 第60回大会 5区/区間賞
 ◇ 昭和61(1985)年 (2年生) 第61回大会 2区/区間5位
 ◇ 昭和62(1986)年 (3年生) 第62回大会 2区/区間賞
 ◇ 昭和63(1987)年 (4年生) 第63回大会 年齢制限で出場できず
 卒業後はヤクルトに入社し、実業団陸上部選手兼コーチとなる。
 平成 7(1995)年、乞われて駒澤大学陸上競技部コーチに就任。
 平成14(2002)年、同部の助監督に就任。
 平成16(2004)年、同部の監督に就任。
 第76回と第84回の箱根駅伝で総合優勝、第36回全日本大学駅伝で優勝 第25回出雲駅伝で優勝と、大学3大駅伝すべての優勝を果たした。

 大山捨松については、こちら

 奥田 重栄  おくだ しげよし、
 明治 5(1872)年7月10日〜昭和31(1956)年1月10日 (満83歳)
 藩士/奥田鉱一郎の養子。  <陸軍少将>
 明治27(1894)年、陸軍士官学校 (5期) を卒業し陸軍歩兵少尉に任官、歩兵第五連隊付に配属、日清戦争へ出征。
 同期に、黒河内信次松江豊寿がいる。
 明治28(1895)年、龍睡島へ上陸、寧海州 (山東省)などへ転戦し、威海衛の戦いに参戦。
 次いで、台湾北端/基隆に上陸、急水渓の河口などへ転戦。
 明治37(1904)年、日露戦争では歩兵第三十七連隊第十二中隊長として出征し、河会戦でロシア軍の猛攻を撃退するも負傷する。
 歩兵第十六連隊附中佐、福知山連隊区司令官を歴任。
 大正河会戦に6(1917)年、歩兵第四十連隊長に就任。
 大正10(1921)年、少将に昇進し、台湾第二守備隊司令官に就任。
 大正13(1924)年、予備役編入。
 京都に移り住み、自宅に財団法人黒谷会津墓地保護会/京都支部を置き活動している。 時折、山本八重を訪ねては「お八重さま、お八重さま」と姉のように呼んでいたという。
 奥田 誠治  おくだ せいじ、昭和(1956)年〜
 会津で生まれ、東京都文京区音羽で育つ。
 昭和55(1980)年に日本テレビ入社。
 昭和59(1984)年のテレビ放送「風の谷のナウシカ」が契機で、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「猫の恩返し」「ハウルの動く城」の製作に映画プロデューサーとして参加。

 「おけい」については、こちら

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [50音メニュー]