会 津 若 松 市 の 見 ど こ ろ

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [東山温泉周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街 /大町 /日新 /馬場  飯盛山  神指  河東  北会津  大戸

名 刹 と 神 社 (東山温泉周辺)

監修 : 梅津咸一 氏     .

愛宕神社 (あたごじんじゃ)

辰・巳 愛宕神社 普賢菩薩

 天応元(781)年、大蛇を鎮めた三河国/玉泉が勧進。
 至徳元/元中元(1384)年、葦名直盛公が遷座。
 天正18(1590)年、蒲生氏郷公が現在地に戻した。
 今の社殿は、享保15(1730)年に建立したもの。
 200段の不揃いな石段は、築城の残石で造った。
 土方歳三も訪れており、隣りの天寧寺近藤勇の墓がある。
 [逸話]
稲荷大明神  境内に、北向きとして有名な正一稲荷大明神がある。
 同じ北向きの鶴ヶ城内の稲荷と、宝積寺の稲荷の3ヶ所にお参りすると、合格の願いが叶うと信じられている。
 受験シーズンには、大勢の参拝客で賑わう。

 本殿手前の石段脇に、松平容保の胸像が建っている。
 会津十二支守り本尊の 辰・巳 (普賢菩薩)
 お日市 7月23日
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市慶山2-43 Tel. 0242-26-3395)
   ・例祭 毎月23〜24日 (特に正月は参詣者が多い)

厳島神社 (飯盛山) は、こちら。

正法寺           幽霊の墓

正法寺

 慶長3(1598)年、越後/天倫寺の僧が開山。
 上杉景勝公が会津拝領となり、伴って移った"お供寺"の一つ。
 曹洞宗、松巌山。 本尊は阿弥陀如来。
 慶長5(1600)年、景勝公が米沢へ再移封されると、僧も従ったため無住になり廃寺となる。
 慶長7(1602)年、僧/善導が中興し、正法寺と改称した。
 戊辰の役で堂宇すべて焼失したが、山門だけが残った。
 根本精器の句碑や、「幽霊の墓」、漢詩「白虎隊」の作詩者/佐原盛純の墓がある。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市東山町大字石山字天寧196 Tel. 0242-28-0661)

宗英寺 (そうえいじ)

宗英寺

 葦名盛政公が、葦名家の御影堂として創建。
 瑞雲山、曹洞宗。 本尊は観世音菩薩。
 天文年間(1532〜1554)、火災で全焼したが、盛氏公が再建。
 盛氏公が死去したため小姓が出家し僧/宥繁となり、盛氏公の木像を安置し供養した。
 厨子入木造蘆名盛氏坐像は、国重要文化財/彫刻。
 天正17(1589)年、伊達政宗公が会津侵攻の時に焼き払った。
 慶長7(1602)年、高田/小俣の龍門寺の僧/翁吉が、角館から蘆名盛氏公の像を持ち帰り、宗英寺に納める。
 元和6(1620)年、黙岑昌ァ和尚が荒廃していた寺を改めて開山し、盛氏公、盛興公盛隆公3代の菩提寺として再興した。
 戊辰の役で、再度すべての堂宇が焼失。
 昭和35(1960)年、本堂が再建された。

鮎川千の墓  本堂裏の墓域の左側中ほどに、「せん」の墓がある。
 「梅相容寒信女」、側面に「鮎川千女」。
 許嫁の鮎川市左衛門が、事件に連座して切腹となった。
 幼名:金弥、名:義光、通称:ト心。
 行年25歳「本安宗心信士」
 まだ夫婦ではないのに、「貞女は二夫にまみえず」と後を追った。  一昔前までは貞女の鑑といわれ、香華が絶えなかった。

 ▲(会津若松市天寧寺町1-1 Tel. 0242-27-5745)

大龍寺  ネットで参詣  小笠原長時の墓  山本家之墓

大龍寺

 会津拝領の保科正之公に従って移った"お供寺"の一つ。
 寛永20(1643)年、最上/大龍寺から、従って移った機外紹鑑和尚が、この地/慶山寺 (廃寺) の跡地で開山した。
 宝雲山、臨済宗妙心寺派。
 本尊は、聖観世音菩薩。
 京都/妙心寺の末寺。

 目黒浄定作の遠州流の庭園、京都/嵐山から移植した“かえで”などがある。
 若松で紅葉が最も美しい寺とされる。
 本堂には、幽霊の足跡と伝えられるものもある。 現在は 非公開かも?
 会津七福神の布袋尊
 会津十二支守り本尊の酉 (不動明王)
 殉難者墓あり。 安藤有益 斎藤常三郎

 ▲(会津若松市慶山2-7-23 Tel. 0242-27-9376) 鶴ヶ城から 2.3km

天寧寺はこちら。

羽黒山神社 (羽黒山湯上神社)

羽黒山神社

 天平元(729)年、僧/行基が羽黒山東光寺として草創。
 祭神は、倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
 羽黒山への1,225段の石段を上った頂上にある。
 この山頂で三本足のカラスと出会い、軍荼利と妙見、聖観音の3菩薩が現れたため、寺院を建立しと伝えられる。
 その後、修験道場の院宇300余が連なっていたと云う。
 今も残る「院内」の地名は、寺院の内だったことに由来する。
 応安5/文中元(1372)年、日什大正師蘆名直盛公の招聘で帰郷し住職に就いている。
 明治時代の廃仏毀釈で寺が廃され、羽黒山湯上神社となる。
 推古・白鳳仏の特徴を持つ銅造聖観音菩薩立像を所蔵。
羽黒山神社の案内板  大晦日の年越しそばを食べてからの初参りは「東山羽黒山元朝まいり」と呼ばれており、大勢の善男善女で賑わう。

 ▲(会津若松市東山町湯本積り86 Tel. 0242-27-2306)
   ・往復 1時間

夜泣き地蔵尊

第九番 夜泣き地蔵尊

 会津二十一地蔵尊の第九番
 昔々、温泉芸者が子育てをしながら働いていた。
 悩みぬいて地蔵尊にすがったところ、瞬く間に夜泣きが止まった。
 子供を連れて参拝すると夜泣きが止むと、今でも信じられている。

 ▲(会津若松市東山温泉)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [東山温泉周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街 /大町 /日新 /馬場  飯盛山  神指  河東  北会津  大戸