会 津 若 松 市 の 見 ど こ ろ

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [鶴ヶ城周辺]  [墓碑]
城内  [門田]  旧市街 /大町 /日新 /馬場  飯盛山  東山  神指  河東  北会津  大戸

名 刹 と 神 社 (鶴ヶ城周辺)

監修 : 梅津咸一 氏     .

恵倫寺 (えりんじ)

恵倫寺

 天正18(1590)年、蒲生氏郷公が父/蒲生賢秀の菩提を弔うため創建し、曹月存禅師 (下総国/安穏寺) が開山。
 金剛山、曹洞宗。
 本尊の聖観世音菩薩立像は、前方に両手を差し伸べ人々を救済する前傾姿勢で、全国でも珍しい形とのこと。
 木造蒲生賢秀坐像などを所蔵。
 封内の僧録司 (領内での曹洞宗/総本山)であった。
 慶長17(1612)年、鶴ヶ城/西の米代から現在の地に移築。
 戊辰の役で、堂宇すべてが焼失。 本堂や山門など、今なお再建され続けている。
 東海散士 (柴四郎) など柴家の墓がある。
 殉難者墓あり
  蒲生賢秀
 天文3(1534)年〜天正12(1584)年4月17日 (51歳)
蒲生賢秀の墓  父/蒲生定秀、母/馬淵氏。
 戦国時代の武将。
 近江日野城主
 本能寺の変で逃れてきた織田信長の妻子一族を迎え入れるなど、信長の恩を忘れなかった人物としても知られる。
蒲生賢秀の墓
 ▲(会津若松市花見ケ丘3-3-8 Tel. 0242-26-2882)

崖薬師如来

崖薬師如来

 お日市 8月8日
 金剛寺が管轄。

 ▲(会津若松市新横町4-26)

建福寺            河井継之助埋骨地 島原城主/松倉重頼之墓

 寛永20(1643)年、高遠藩主/保科家の菩提寺である高遠/建福寺から、鉄舟禅師 (第5世) が供奉し、無住であった長福寺の南町河原新丁に開基。
 養祖父/保科正直、養父/正光の位牌が安置され、その法号から「大宝」、正直の法号から「建福」がとられた。
 大宝山、臨済宗妙心寺派。
 保科正之公が会津拝領となり、従って移った"お供寺"の一つ。 
 大龍寺善龍寺大法寺なども、お供をした。

 延宝8(1680)年、現在地の鞍見山正行寺跡地に移り、堂塔伽藍が建立される。
 貞享2(1685)年、正容公が、江戸芝/東禅寺から黙水和尚を迎える。
 以来、士族の寺として、隆盛を極める。
 田畑からの収益で維持管理できるほどの、広大な所領が与えられている。
 幕末には最も多い寺社領 200石の5寺 (興徳寺圓蔵寺融通寺、延壽寺) の1つ。

 戊辰の役で、堂宇すべてが焼失した。
 明治3(1870)年、鶴ヶ城御殿の建物に使用されていた木材を使って、再建される。
 藩主の手植えと伝えられている2本のシダレ桜は、20数年前まではあったが、現在は1本が残るのみ。
 会津七福神の福禄壽
 道教での幸福、俸禄、長寿の三徳を具現化しものであるため、"禄"が士族の"禄高"に通じ、財運、開運、健康に恵まれる御利益があるとのこと。
 殉難者墓あり。  他の魂魄。     [閑話]

 ▲(会津若松市建福寺前7-3 Tel. 0242-28-3892) 鶴ヶ城から 1.4km

弘長寺   東明寺

 文保2(1318)年、他阿上人と真教和尚が開山。
 陸照山・六照山、時宗。
 本尊は、阿弥陀如来。
 康暦元(1379)年、蘆名直盛公に従って会津に来た鎌倉光徳寺/住職が「光徳寺」として中興。
 慶長3(1598)年、上杉景勝公に従って会津に来た越後/弘長寺の僧/信随が「弘長寺」と改称。
 会津二十一地蔵尊の第三番
 町廻り三十三観音の第二十一番 河原町
 殉難者墓あり

 昭和37(1962)年、本堂建立の際、赤井町の西光寺・日新町の常念寺(長念寺とも)・大町名古屋町の東明寺を合体した東明寺が同地に移ってきた。

 ▲(会津若松市川原町5-20 Tel. 0242-27-3637)

極楽寺

極楽寺

 安養山、浄土真宗本願寺派。
 明応4(1495)年、蘆名盛高公の第4男/万千代麿が得度したため、一宇が創建された。
 永禄6(1563)年、盛高公の遺命で現在地に本堂が建てられ移転。
 外観は幼稚園・保育園で、寺は事務棟の2階で執り行っている。

 ▲(会津若松市宝町2-16 Tel. 0242-27-3942)
 戊辰の役の慶応4(1868)8月26日、極楽寺の僧の内通により西軍が小田山に砲台を築き、1.6キロほどの鶴ヶ城に連日、砲火を浴びせた。
 戦後、この裏切りを知った藩士/武田宗三郎は、謹慎所から脱走し、越後の三条に逃亡していた僧を見つけ出し、一刀両断にした。
 僧は、蘆名氏の遠い末裔の1人だった。
 しばらく、裏切りの寺といわれていた。

(資料提供) 山口新吉 氏    .

秀長寺

秀長寺

 永正2(1505)年、蘆名盛高公盛滋公/父子同士の合戦で、家臣/富田志摩守秀長が戦死した。
 天文6(1537)年、子/右馬允時長が霊を弔うために、「水月庵」という草庵を創建。
 龍雲山、曹洞宗。 本尊は釈迦如来。
 新潟/滝谷山慈光寺の末寺。
 慶長10(1605)年、猪苗代/隣松院が焼失したため、伝廓禅師が水月庵に仮住まいした。
 藩主/蒲生秀行公の許しを得た猪苗代城主/町野左近が、水月庵に寺地を追加して一宇を建立、父の法号「龍雲院殿花陽秀長大居士」から秀長寺と改めた。
 会津の文献では、これを開祖としている。
 町廻り三十三観音の第十四番 材木町
 殉難者墓あり。  笹原与五右衛門

 ▲(会津若松市材木町1-10-33 Tel. 0242-27-4935)

正教寺 (しょうきょうじ)

正教寺

 元和9(1623)年、伊予の栄玄が開山。
 柏原山、真宗大谷派。 本尊は阿弥陀如来。
 その後に、西蒲原郡月潟村/満徳寺から円成が入山し中興、この地の開墾に力を注ぐ。
 山門の両脇に教えが刻まれている。訪れた時のお楽しみ。
 境内にある樹齢300年の大銀杏は見事。

 ▲(会津若松市花春町7-1 Tel. 0242-27-4607)

常慶寺

常慶寺

 慶長4(1599)年、越後/常慶寺の慶巌が入山し開山。
 上杉景勝公が会津拝領となり、従って移ってきた"お供寺"の一つ。
 医徳山、曹洞宗。
 本尊は、釈迦如来。
 戊辰の役で、すべての伽藍や什宝、過去帳までも失った。

 ▲(会津若松市錦町2-22 Tel. 0242-27-0229)

淨光寺

淨光寺

 寛永20(1643)年、保科正之公が会津拝領となり、従って移った"お供寺"の一つ。 
 建福寺大龍寺善龍寺大法寺なども、お供をした。
 法紹山、日蓮宗。 本尊は十界曼荼羅。
 正之公の母/於静の法名「淨光院殿法紹日慧大姉」から名付けられ、寺領は奥羽一で松島/瑞巌寺を凌いでいたという。
 慶安3(1650)年、身延山久遠寺の篤信廟に遺骨を納めた。
 戊辰の役で釈迦堂以外はすべて焼失し、寺宝も奪われた。
 大正12(1923)年、房総/釈迦寺から日暎上人が入山し、中興した。
 昭和の中頃(1962〜1968)、本堂や庫裏などが再建された。
 会津二十一地蔵尊の第十一番
 殉難者墓あり。  今泉岫雲 海老名リン

 ▲(会津若松市宝町4-25 Tel. 0242-27-5181)

住吉神社

 至徳元/元中元(1384)年、蘆名直盛公が勧請。
 大阪/住吉大社のご神体を迎え、材木町の河原に奉祀。
 祭神は、四神。
  ・住吉三神の底筒男命(そこつつのおのみこと)中筒男命(なかつつのおのみこと)表筒男命(うわつつのおのみこと)
  ・海の神/航海の神の息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)
 お日市 7月31日
 境内に小さな標柱「会津藩戦勝地跡」があり、大勝利だった材木町の戦いが偲ばれる。
 隣接の秀長寺には、「秀長寺古戦場の碑」などが建立されている。

 ▲(会津若松市材木町1-10-13 Tel. 0242-28-3537)

善龍寺は、こちら。

大日堂 <湯川>

中川原大日如来

 中川原大日如来の名で親しまれている。
 2歳児の守護仏。
 会津十二支守り本尊の未・申
 お日市 8月5日

 ▲(会津若松市湯川町)

大日堂 <花春>

大日如来 大日堂

 自在院の末寺。
 お日市 8月8日

 ▲(会津若松市花春町)

大法寺

 保科正之公が山形から転封になった際の御供寺の一つ。
 寛永20(1643)年、最上より従った日如が草創。
 妙了山、日蓮宗。
 総本山は、身延山久遠寺。
 籠城戦の際、当時の住職/日清が、鶴ヶ城天守閣の最上階で砲弾が飛び交う中、連日「怨敵退散」の祈祷を続け、藩士たちを鼓舞したことでも知られる。
 戊辰の役で焼失し、明治14(1881)年から再建が始まる。
 現在の庫裡は昭和4(1929)年、本堂は平成10(1998)年に再建。
 殉難者墓あり。   秋山清八   今村伝十郎

 ▲(会津若松市御旗町1-9 Tel. 0242-27-9114)

中川原大日如来は、こちら。

福泉寺

福泉寺

 塚原山、浄土真宗本願寺派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 創建には、2説がある。
 永禄元(1558)年、円西比丘尼が田島に「福専寺」を開山。
 三世/法西が大沼郡玉路村穂谷沢に移し、境内から泉が湧き出たので「福泉寺」と改める。 五世/法善が現在地へ移転する。
 慶長4(1599)年、上杉景勝公が会津拝領となり、従って移った"お供寺"の一つとの説もある。
 戊辰の役で焼失したため、後に再建された。

 ▲(会津若松市錦町2-74 Tel. 0242-27-0992)

藤森稲荷神社

藤森稲荷神社

 "藤の大樹"があったから"とか、"藤の森"があったからといわれているが、古くは伏見稲荷のことを藤森稲荷と称していた。
 江戸時代には、一般名称として使われている。
 藤森稲荷の名称から、境内に藤が植栽され、やがて神社の名物になったと聞く。
 お日市 7月5日
 秋葉神社と合祀。
 ▲(会津若松市新横町)

宝積寺 (ほうしゃくじ)

第六番 宝積寺

 文和3(1354)年、蘆名盛員公の継室/笹谷御前観音堂を建立。 盛員公と嫡男/高盛は、建武2(1335)年に戦死している。
 康暦元/天授5(1379)年、家督を継いだ子/蘆名直盛公が笹谷御前を開基として創建した。 寺名は笹谷御前の法名「宝積院殿金峯尊公大姉/大禅定尼」から。 高盛の正室との説も。
 如意輪山、曹洞宗。 会津美里町/尾岐龍門寺の末寺。
 本尊の如意輪観音は、安産の守り神として信仰されている。
宝積寺の乳清水  幾多の変遷を経て、蒲生秀行公の正室/振姫(徳川家康の娘)が中興に尽力した。
 戊辰の役で、堂宇や仏像、過去帳など全てが焼失した。
 寺奥の東側に、乳清水 (観音清水) の名残りがある。
 その傍らに、金峯尊公大姉の塚があり、周りで白虎隊など新式銃の射撃訓練場に使われたという。
 橋爪助次郎

 明治25(1892)年、本堂が再建。
 町廻り三十三観音の第六番 小田

 入口にある地蔵は、錫杖(しゃくじよう)に十字が彫られており、切支丹地蔵といわれている。

 境内に、北向きとして有名な正一稲荷大明神がある。
 同じ北向きの鶴ヶ城内の稲荷と、愛宕神社の稲荷の3ヶ所にお参りすると、合格の願いが叶うと信じられている。
 受験シーズンには、大勢の参拝客で賑わう。

 ▲(会津若松市花見ケ丘3-5-30 Tel. 0242-26-0209)

蓮台寺

第十九番 石塚観音

 康暦/天授年間(1379〜1381)、蘆名直盛公が創建。
 石塚山、真言宗。 本尊は、十一面観音。
 金剛寺の末寺。
 後に、蒲生忠郷公の母/振姫(徳川家康3女) が堂宇を再建。
 会津三十三観音の第十九番札所
 お日市 7月16日
 ▲(会津若松市川原町5-50)  管轄/金剛寺

「鶴ヶ城周辺/門田」の「名刹と神社」は、こちら。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [鶴ヶ城周辺]
城内  城周辺/門田  旧市街 /大町 /日新 /馬場  飯盛山  東山  神指  河東  北会津  大戸