[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [ご縁メニュー]  [山梨県]  [殉難者]

ご   縁   の   あ   る   地

山    梨    県

殉難者については、こちら。

武田氏館 (武田神社)

武田氏館(武田神社)

 鶴ヶ城と同じく日本100名城 (24番) の1つ。
 永正16(1519)年、甲斐国守護/武田氏の本拠地に築かれた館で、躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)とも。
 60年余りにわたって、信虎・信玄・勝頼の3代が居住。
 天海大僧正が武田信玄の帰依を受け、長らく逗留。
 跡地は、武田神社 (祭神:武田信玄)。
 国の史跡に指定。
信玄公 御使用井戸 武田水琴窟 姫の井戸のお水
武田神社の拝殿 武田神社の図


 ▲(甲府市古府中町2611 Tel. 055-252-2609)

甲府城

 鶴ヶ城と同じく日本100名城 (25番) の1つ。
 舞鶴城、甲斐府中城、一条小山城、赤甲城とも。
 天正11(1583)年、豊臣秀吉の命により築城。
 天正13(1585)年、コ川家康の命とも。
 徳川幕府が開かれると、直轄地の城下は大いに栄える。
 明治6(1873)年、廃城。
 ▲(甲府市丸の内1-5-4)

浄光院の墓 (身延山久遠寺/篤信廟)

浄光院の墓 (於静)

 将軍/秀忠の4男/幸松丸 (保科正之) の生母/於静
 寛永12(1635)年9月17日、死去。 52歳。
 「淨光院殿法紹日惠大姉」。
 高遠/長遠寺 (後に浄光寺となる) に埋葬されたが、正之の転封により高遠から山形/浄光寺、会津/浄光寺へと改葬される。
 慶安3(1650)年9月17日、生前に日蓮宗を信仰していたことから、総本山/身延山久遠寺に改葬、正之自ら遺骨を納めた。
 「淨光院法紹日惠靈
  孝子會津從四位上左近衞權少將源朝臣正之奉祀
」。
浄光院の墓 (於静)  日蓮上人の御墓に隣接 (直弟子の直檀廟の左側) した篤信廟にある。
 上人が9年間も住んでいた御草庵跡の上の壇。
 徳川家康の側室/養珠院、水戸徳川光圀の母/久昌院、丹後宮津京極高国の母/寿光院とともに眠っている。
 ▲身延山久遠寺御廟所 (身延町身延3628)

武田信玄


 大永元(1521)年11月3日〜元亀4(1573)年4月12日 (53歳)
 幼名:太郎、勝千代。 通称:太郎。 名:晴信、機山。 出家後:信玄。
 父/武田信虎、母/大井の方。
 「風林火山」の軍旗を用い、甲斐の虎・甲斐の龍と恐れられた最強の戦国大名。
 上杉謙信と国境を接していなかったら、天下を統一したであろうといわれる。
 「法性院機山信玄」


武田信玄公墓所 (火葬塚)

武田信玄公墓所

 極秘に火葬し、死を3年間も秘して埋葬されていた地とされる武田家臣/土屋昌続の邸内。
 後に「法性院信玄大居士 四月十二日葬」と刻まれた石棺が発見されたため、武田家の旧臣たちが墓碑を建立。
 墓石「法性院大僧正機山信玄之墓」。

武田信玄公墓所 武田信玄公墓所




 ▲(甲府市岩窪町246)


武田信玄の墓 (大泉寺)

武田信玄の墓

 武田信玄の父/信虎が信州で死去したため遺骸を搬送し、この地に埋葬された。 後に武田3代の霊廟が建立。
 法堂、庫裡などは戦火で焼失したが、武田3代の霊廟、総門、宝蔵は免れ、霊廟に3代の肖像が安置されている。
 霊廟の裏に信玄、信虎、勝頼と3代当主の墓が並んでいる。

武田信玄の墓




 ▲(甲府市古府中町5015
    Tel. 055-253-2518)


武田信玄の墓 (恵林寺)

恵林寺の説明文

 入口すら非公開。

恵林寺  天正4(1576)年4月16日、遺言通り3年後に勝頼が、この寺で葬儀を催している。

 ▲(甲州市塩山小屋敷2280)


穴山信君の墓 (満福寺)

加賀美遠光の墓


 寺記では穴山信君の墓と伝わるが、穴山義武・満春との説が有力とも。
満福寺 満福寺
 墓は、飯岡墓地霊泉寺にもある。

 ▲(韮崎市穴山町1509
    Tel. 0551-25-5485)

加賀美遠光


加賀美遠光の墓 (法善寺)

加賀美遠光の墓

 山門から直線80メートルほど。
 昔は境内の内だったと思われる。






法善寺  正式名称:加賀美山法善護国寺。
 通称:遠光大明神も。

 ▲(南アルプス市加賀美3509 Tel. 055-282-1693)



加賀美遠光の墓 (遠光寺)

加賀美遠光の墓
遠光寺 加賀美遠光の墓




 ▲(甲府市伊勢2-2-3
    Tel. 055-235-1783)


加賀美遠光の墓 (光昌寺)

加賀美遠光の墓

 嫡男/秋山太郎光朝夫婦の墓に挟まれて中央に鎮座。
加賀美遠光の墓 加賀美遠光の墓




多数の墓塔
 秋山太郎光朝が「光朝寺」と称し開基、後に光昌寺に改称。
 傍らに、家族 (秋山家子孫) か、家臣のものと思われる墓塔が集められている。

 ▲(山梨県南アルプス市秋山567)

加賀美遠光の墓 加賀美遠光の墓  近くに、嫡男/光朝の館跡 (城廓) がある。

館跡の古図


[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [ご縁メニュー]  [山梨県]  [殉難者]