偉     人     伝

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [幕閣]  [後見]

保 科 正 之 公 の 略 歴

 保科正之公の生涯は、3つの時代に分けられる。

 ◇ 父子と名乗れぬ不遇な時代
   将軍/秀忠の4男として生れながら、恐妻家の父ゆえに身元が明かされず、信松尼見性院に庇護されながら転々と居を移し、最後には小藩の養子となる。
 しかし、この時代の苦労が、後に開花する才能を育むことになる。
 ◇ 幕閣として開花する時代
   実直な人柄に、家光は惚れ、重用するようになる。
 弟であると知った家光の信頼は、さらに確定的なものとなり、終生続く。
 正之公は期待に答え、影となり幕府を支える。
 次兄の忠長にも大変気に入られ、祖父/徳川家康の遺品などを贈られる。
 ◇ 後見人として幕政を担う時代
   幼い将軍/家綱(甥)の輔弼役(実質的な副将軍)を全うし、幕府の武断政治から文治政治へ転換を成し遂げる。家綱時代の3善政 (三大美事) といわれる
  「末期養子の禁の緩和」「殉死の禁止」「大名証人制度の廃止」
は、すべて正之公の提言である。

父 子 と 名 乗 れ ぬ 不 遇 な 時 代

慶長16(1611)年

 母/於静 (志津、浄光院) は、再び懐妊した。
 兄/神尾嘉右衛門宅に下がり、嫉妬深い於江與を恐れ、再び堕胎しようとした。
 しかし、弟の神尾才兵衛が大反対した。
  「正しく天下将軍様の御子を再度まで水と成し奉り候儀天罰恐ろし義
 皆が賛同し、一族に累が及んでも、出産させる事に決した。
 その日の夜、姉婿/竹村助兵衛次俊 (神田白銀丁) 宅に身を寄せた。
 噂を聞いた見性院は、妹/信松尼を呼び寄せ、家臣/有泉五兵衛夫婦を世話役として派遣し、胎児が安定するまで養生の世話役をさせる。
 信松尼は、武田信玄の6女で、出家前は松姫の名であった。
 後に正之公は4女が生まれると、「松姫」と名付けている。

 於静は天正12(1584)年に北条氏直の家臣/神尾伊予栄加の次女として小田原で誕生。
 天正18(1590)年、秀吉の小田原攻めで氏直が敗れ父が浪人したため、一家は江戸に出て、於静は将軍/秀忠の大乳母殿 (井上氏) の下女となった。
 慶長14(1609)年晩秋、将軍/秀忠の寵愛を受け懐妊したが、秀忠の正室/於江與の異常なまでに嫉妬深いことを恐れ、兄/神尾嘉右衛門宅で最初の子を堕胎した。
 秀忠は於静を忘れられず、再度の懐妊となる。

2月
氷川神社  於静が武蔵野国/ 氷川神社 (さいたま市大宮区) に、安産の願文を奉納。

5月 7日
 2代将軍/徳川秀忠の4男 (母/於静、庶子) として、竹村宅で誕生。

5月 8日
 竹村助兵衛は、男が誕生したため、南町奉行の米津勘兵衛に出生を届ける。
 勘兵衛は、老中/土井利勝に伝える。

5月 9日
 早朝、土井利勝は秀忠に報告した。
 秀忠は「幸松丸」と名づけ、葵の紋の着物を手渡し、穏便に養育するよう指示。

慶長18年(1613)年  〈3歳〉

 幸松丸は竹村助兵衛宅で育てられていたが、異常なまでに嫉妬深い正室/於江が探索しているとの噂を聞くにおよび、於静は大乳母殿に訴えた。

3月 1日
 老中/土井利勝と本多正信が、信松尼の姉/見性院に幸松丸の養育を依頼する。

3月 2日
 見性院は、家臣/野崎太左衛門と有泉重治を迎えに行かせ、幸松丸と母/於静が比丘尼屋敷に移り住む。 見性院から守り刀として贈られた三条宗近作の短刀は、その後、保科家の家宝になった。
 付き添い頭/野崎太左衛門と有泉重治は、この日から幸松丸に仕える。

 間もなく、於江與の知るところとなる。
 責める於江與に対して、
  「預かっているのではない、養子に頂いたのだ」
  
(我幸松丸を以て子と為す、仮令夫人の譴責を受くるとも之を放つ能はず)

と見性院は、はねつけた。
 その後、見性院は「武田幸松君」と呼んでいたと伝えられ、心の中では武田家再興を本気で考えていたともいわれる。
 いずれにせよ見性院の許で、幸松丸は健やかに成長した。

信松尼(松姫)の墓

元和2(1616)年  〈5歳〉

4月16日
 幸松丸の庇護者/信松尼 (見性院の妹) が死去。 56歳。

4月17日
 祖父の徳川家康が駿府城にて死去。 75歳。

元和3(1617)年  〈7歳〉

 当時の倫理「男女七歳にして席を同じうせず (礼記)」や、高齢の身をかんがみ幸松丸の将来を案じた見性院は、老中/土井利勝と相談し (男児を育するは婦人の能く為す所に非ず)、親しかった保科正光の養子にすることが、秀忠の内諾を得て決定された。

11月 8日
 母/於静と野崎太左衛門、有泉金弥、万沢権九郎、神尾左門 (於静の甥)、女3人、僕婢各々2人を従えて比丘尼屋敷を出立する幸松丸を見送る。
高遠城  その日、見性院の目から涙が枯れることはなかったという。
 わずか7歳の有泉金弥 (新左衛門勝長) は小姓として幸松丸に後も仕え、後に会津藩/有泉家の祖となる。

11月14日
 幸松丸一行が、信州/高遠城に入る。

元和4(1618)年  〈8歳〉

(この年)
 ◇ 幸松丸の養育費として筑摩郡洗馬郷5千石が加増され、高遠藩は3万石となる。
 ◇ 後に正之公の正室となる菊姫が、内藤政長の娘として誕生。
   (1619年とも)

元和5(1619)年  〈9歳〉

2月
 江戸に上京し、見性院を訪れる。

元和6(1620)年  〈10歳〉

3月
 高遠に帰る。

4月
 見性院から、武田信玄の遺品である紫銅鮒形の水滴 (水入) を贈られる。

(この年)
 ◇ 保科正光は、左源太を義絶し、幸松丸を養継嗣子にするとの遺言をしたためる。
 ◇ 後に正之公の継室となる於萬が、京都上加茂の神主/藤木弘之の娘として誕生。

元和8(1622)年  〈12歳〉

見性院の墓

5月 9日
 見性院が田安/比丘尼屋敷にて死去。
 幸松丸を手放して、5年後のことであった。
 梅雪の家臣/有泉勝重の子/重治によって葬儀が営まれ、采地にある清泰寺に埋葬された。     .
 79歳 (77歳とも)。
 「見性院殿高峯妙顕大姉」。
 幸松丸は大変悲しみ、阿弥陀堂を墓側に造る。

元和9(1623)年  〈13歳〉

(この年)
 ◇ 幕府碁詰所勤めの安井算知から囲碁を学ぶ。
 ◇ 天龍川で水練を学ぶ。

寛永2(1625)年  〈15歳〉

12月
 江戸へ上京。

寛永3(1626)年  〈16歳〉

9月
 秀忠の正室/於江與が死去。 54歳。

10月
 高遠に帰る。

寛永4(1627)年  〈17歳〉

 後に正之公の側室となる於塩 (牛田氏) が、誕生。
 (1623年とも)

寛永5(1628)年  〈18歳〉

12月
 江戸に上京。

寛永6(1629)年  〈19歳〉

6月24日
 養父/正光に従って、江戸で将軍/秀忠に初めてお目見えした。
 しかし、父子の名乗りは、なかった。

9月
 養父/正光に従って、駿府で兄/忠長と対面する。
 忠長は大喜びし、守家の刀、鷹、馬、白銀五百枚と、家康の遺品/葵章服を贈る。

寛永8(1631)年  〈21歳〉

10月 7日
 養父/保科正光死去。 71歳。

11月12日
 高遠藩3万石の藩主となる。

11月18日 (27日とも)
 元服して、「幸松丸」改め「正之」となる。

11月28日
 正五位下、肥後守兼左近衛中将に叙任する。
 以後、肥後守と呼ばれる。
 しかし、秀忠は爲清の刀を贈るが、父子であることを表明しなかった。

12月
 目黒で鷹狩りをした家光は御供だと身分を隠し、通りすがりの成就院で休息した。
 将軍とは知らない住職/舜興和尚が、世間話の中で、
 「保科肥後守殿は将軍の御弟君なのに、わずかな領地で貧しく暮らしており、
  おいたわしい。 我ら賤しき者でも兄弟は仲良く助け合うのに

  (聞く肥州は実に大将軍の弟なりと 然るに其禄甚だ少なし
   何ぞ貴人の友愛の情に薄きこと此の如きや「藩翰譜/新井白石」
)
と嘆くのを聞いて、保科正之公が異母弟であることを初めて知った。
 家光が弟と確認できたのは、寛永9(1632)年の父/秀忠が死去した際に伝えられたからと云われる。
お静地蔵  正之公の母/於静が、観音・地蔵・阿弥陀如来の石仏像を寄進した寺でもある。
 地蔵などの石仏像は現存しており、「お静地蔵」として縁結び・子宝・子育て・出世・開運の御利益があるとされ、人々の信仰を集めてきた。

[次ページ]
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [幕閣]  [後見]