会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    会津美里町  温泉  清水    [メニュー]  会津坂下  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川

名 刹 と 神 社 (会津美里町)

伊佐須美神社は、こちら。

円通寺

円通寺

 永禄元(1558)年、学心和尚が開基。
 火災で焼失したため、延宝から天和の頃(1673〜1683)、現在地に再建された。
 白鳳山、浄土宗。 本尊は阿弥陀如来座像。
 高さ41センチで、湛慶の作と伝えられる。
 若松/高厳寺の末寺。

 ▲(会津美里町字本郷2866 Tel. 0242-56-3259)

大沼神社

大沼神社

 大同元(806)年、草創。
 祭~は、水神「水波能女命(みづはのめのみこと)」。
 この一帶は大きな沼地であったので、地名「大沼郡」の由来となったが、今では西の脇に名残を残すのみ。
 明治32(1899)年、修築し現在に至る。

 ▲(会津美里町大字勝原字竹原579)
   ・例祭 9月15日

観音寺

観音寺

 文永2(1265)年、草創。
 円通山、曹洞宗。 本尊は釈迦如来。
 尾岐窪龍門寺の末寺。
 寛永元(1624)年、越後国/雲芸が中興。
 殉難者墓あり
観音寺の観音堂  村の長者/江川常俊が、娘/千歳 (常姫)の供養に建立した観音堂が境内にある。
 文永11(1274)年、木造十一面観音を造像。
 弘安2(1279)年、観音堂を建立。
 同時期に中田観音(弘安寺) も建立しており、本尊の銅造十一面観音と木造十一面観音とが非常に似ている。

 ▲(会津美里町佐布川/宮ノ腰)

元慶寺 (げんけいじ)

元慶寺

 宝徳3(1451)年、僧/東泉が栄泉山一渓庵を結んだ。
 大戸山、曹洞宗。
 本尊は、観音菩薩。
 若松/天寧寺の末寺。
 元和元(1615)年、現在地に社殿を建立し移転する。

 葦名盛氏公の家来だった祐玉は僧となり、一宇瑞雲院 (宗英寺) を建立して、葦名盛信公と盛氏公の霊を守っていた。  天正17(1589)年、伊達正宗公に葦名氏が滅ぼされると、一渓庵に盛信公と盛氏公の霊碑を安置し、元慶寺と改称した。
 盛信公の法名「元慶喜公大禅定門」最初の2字による。

 ▲(会津美里町穂馬堀の内)

弘安寺は、こちら。

左下り観音 (さくだりかんのん)

左下り観音(さくだりかんのん)

 天長7(830)年、徳一大師が建立とされ、造りが京都の清水寺に似ている。
 崖に突き出た岩に建てられた懸造りで、高さ四丈六尺(15m)、五間四方(10m)の三層閣。
 左下山、臨済宗妙心寺派。
 延文3(1356)年、太守直盛らが再興し、実相寺の末寺となる。
 会津三十三観音の第二十一札所
 無実の罪の者が観音堂まで逃れてきたが、捕まり打ち首になった。
 持ち帰った首を見ると、いつの間にか観音の石首になっていた。
 この言い伝えから、「無頸 (くびなし) 観音」と呼ばれている。

 ▲観音寺 (会津美里町大石東左下り1173)

 入口の左手にお堂がある。
 寺名すら知らない。   .

自福寺

第二十二番 相川観音

 草創など詳細不詳。
 空窪山、曹洞宗。
 享保2(1717)年、高橋宗元と吉川浄雲が観音堂を再建、天寧寺/融元和尚が供養。
 会津三十三観音の第二十二番札所

 ▲(会津美里町氷玉相川丁36-5)

常勝寺

常勝寺

 天正10(1582)年、常勝が草創。 葦名盛氏公が向羽黒山城から黒川城 (鶴ヶ城) へ移った際、屋敷跡に創建された。
 龍谷山、浄土真宗本願寺派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 若松/西蓮寺の末寺から、後に京都/西本願寺の末寺となる。
 戊辰の役で、戦火に見舞われる。
 明治2(1869)年、三日町から現在地に移り、明治21(1888)年に本堂を再建したが、本郷大火で焼失したため、大正5〜6(1916〜1917)年に再建される。
常勝寺の陶祖廟  境内に、本郷焼陶祖の陶祖廟がある。
 旧寺跡にある三日町聖徳太子堂は、1つの屋根の下に二つの礼拝する所があり、経巻を持つ珍しい太子像を所蔵している。

 ▲(会津美里町本郷上3110 Tel. 0242-56-2389)

松沢寺 (しょうたくじ)

松沢寺

 永享元(1429)年、僧/粛芳が草創。
 宝珠山、曹洞宗。 本尊は、釈迦如来。
 「蘆名四天の宿老」の松本氏輔(通称/図書助)が再興。
 会津の神社仏閣を焼き尽くした伊達正宗公も、なぜか天正18(1590)年に、この寺には寄進している。
 氏輔父子の肖像画や、幽霊の掛軸がある。  
 永井野/長福寺が管轄。
 昔々、松沢寺の末寺であった猿沢寺に、全良という若い僧がいた。
 夫の墓参りきた若い後家「おしゅん」と 好い仲になり、懐妊させてしまう。
 発覚を恐れ毒殺しまうが幽霊に悩まされ、供養碑を建てて悔悛したという。

 熊野神社脇の石段を上る。
 石段の上り口の先には、四駆なら行ける山道もある。

 ▲(会津美里町松沢字寺内24)

常福院

常福院

 草創など詳細不詳だが、大同2(807)年に空海が開山とも。
 若宮山、真言宗豊山派。
 本尊は、大日如来、阿弥陀如来。
 若松/蓮華寺の末寺。
 延元元(1336)年、常福院に改称し、現在地に移築。
 天正元(1573)年、村人の簗田孫市が再建。
 慶長2(1597)年、僧/実順が再興。
 明治24(1891)年、焼失したため2年後に再建。
 離れた場所にある会津十二薬師の第八番 (田子薬師堂) の別当寺。

 ▲(会津美里町新屋敷字山王塚甲99)


田子薬師堂 (常福院薬師堂)

第八番 田子薬師如来

 建久8(1197)年、田子十兵衛道宥法印が創建したことから名付けられた。
 唐様建築の薬師堂は、国指定重要文化財
 本尊の木造田子薬師如来座像は、座高174センチもある。
 現在の田子薬師如来座像は江戸初期のものであるが、大同2(807)年に高僧/徳一と空海が、高寺で刻んだ二体の"李の薬師"が祀られていたという。

 ▲(会津美里町大字新屋敷字山王塚/大字冨川)

清龍寺 (せいりゅうじ)

 歴応2(1340)年、僧/円済が草創。
 護国山、文殊院、天台宗。 本尊は大日如来。
 伊佐須美神社の奥ノ院であったが、元禄年間(1866〜1703)に龍興寺の末寺となる。
 高田文殊と呼ばれ、「筆の文殊」として親しまれている。
 日本三大文殊菩薩 (安倍文殊院/硯の文殊、智恩寺/紙の文殊) の1つ。
 2月25日の文殊祭は、受験生などの学生たちで賑わう。
 天明3(1783)年と明治22(1889)年に火災に遭い、現在の堂宇は大正7(1918)年に再建。
 子に恵まれなかった船木景光と妻が、子どもを授かるよう境内にある文殊堂に祈願したところ、天海大僧正を授かったとされる。
智鏡塚と芭蕉碑  会津十二支守り本尊の卯(文殊菩薩)
 隣接して 智鏡塚芭蕉塚がある。

 ▲(会津美里町文殊西甲3611  Tel. 0242-54-2786)


殺生石稲荷神社 は、こちら。

大光寺 (たいこうじ)

大光寺

 草創など詳細不詳。
 常照山、天台宗。 本尊は阿弥陀如来。
 東光寺の末寺。
 天正元(1573)年、僧/円識が中興。
 昭和の中頃から本堂はない。

大光寺
 墓域内に、東北で一番古く、全国でも9番目に古い板碑がある (最近は「東北で7番目」とも)。
 梵字「阿弥陀如来」と、延応2(1240)年2月19日の銘が刻まれている。
 「藤原秀衡の娘」の供養塔とも云われている。

 ▲(会津美里町藤家館字村北140)

田子薬師堂は、こちら。

 全国的にも珍しい同一地区 (直線距離で約1,200メートル) に同じ宗派の長福寺が2寺があり、さらに宗派の違う同名を含めると3寺ある。

長福寺

長福寺 <永井野>

 享禄元(1528)年、龍門寺7世/才庵尊芸が開山。
 曹洞宗。
 初めは、真言宗だったとのこと。
 ▲(会津美里町永井野字中町1847 Tel. 0242-54-6858)

長福寺

長福寺 <杉原>

 徳寿山。
 曹洞宗。

 ▲(会津美里町旭杉原字家東甲480-1 Tel. 0242-54-5186)


長福寺 <中村>

 久月山。
 真言宗豊山派。 仁和寺末。
 石段を上った高台に子安観音堂がある。

 ▲(会津美里町旭無量中村948)

手兒神社 (てごじんじゃ)

手兒神社

 手兒の宮とも呼ばれる。
 欽明天皇13(552)年、伊佐須美神社が明神ヶ嶽から遷座の際、同じく遷座された。
 伊佐須美神社と縁故の深い神社。 祭神は須佐能乎命(すさのおのみこと)
 享禄2(1529)年、宗輔が再興。

 ▲(会津美里町高田町大字松岸/松岸字北沢田275)

天王寺

天王寺

 元慶2(883)年、光孝天皇の子である僧/観祐が草創。
 この地でまどろむと、夢の中に菩薩が現れため庵を結ぶ。
 高田山観音院、天台宗。 本尊は阿弥陀如来。
 龍興寺の末寺。
 天正18(1590)年、伊達政宗公により占領され廃寺となる。
 元和9(1623)年、現在地に小さな堂が再建され移る。
 会津三十三観音の第二十八番札所
 十一面観音菩薩像は、33年に1回だけ御開帳の秘仏。
 現在の堂は、土蔵造りになっている。

 ▲(会津美里町宇高田甲2968 Tel. 0242-54-5054)

中田観音は、こちら。

仁王寺

仁王寺

 大同2(807)年、徳一大師が開創とされる。
 当時は、小本山の格式を持ち、坊舎300余を誇っていた。
 本堂には山門が、薬師堂には門柱がある。
 牛伏山、天台宗。 本尊は大日如来坐像 (約50cm)。
 左に地獄絵図、右に極楽絵図が描かれている襖絵を所蔵。

仁王寺の牛石

 本堂前に、寺の建築材を運んでいた2頭の牛が疲れ切って石と化したとの逸話が伝わる大きな石がある。
 会津三十三観音の第二十七番札所を管轄。

 ▲(会津美里町吉田字村中甲167 Tel. 0242-53-2207)

広瀬神社

 明治2(1869)年、山上三社「宗像神社・向羽黒神社・稲荷神社」を合祀し、本郷町の総鎮守として創建。
 神護景雲年間(767〜770)、筑前国/宗像宮司が宗像神社を勧進、
 天平年間(729〜749)、東光寺草創の僧/行基が羽黒権現を勧進。
 応永21(1414)年、羽黒権現を向羽黒神社とし、一ノ堰の稲荷神社とともに現在地に遷座。
 大正5(1916)年、本郷大火で焼失、翌年に再建。
 昭和38(1963)年、豪雪により倒壊し、翌年に再建され現在に至る。

 ▲(会津美里町松岸字北沢田275 Tel. 0242-54-2524)

福生寺 (ふくしょうじ)

福生寺

 草創など詳細不詳だが、妙福寺として開山。
 日用山、天台宗。
 本尊は、阿弥陀如来。
 龍興寺の末寺。
 慶長10(1605)年、僧/俊亮が再興し、福生寺に改称。

≪富岡観音≫
 富岡観音と呼ばれている観音堂は、国指定重要文化財
 鎌倉時代に創建とされるが、室町時代末期の禅宗様式の建物。
 本尊は、京都から持ち帰った運慶の作といわれる十一面観世音菩薩。
 会津三十三観音の第二十六番札所
 集落の森の近くで、幼稚園の裏にあり、分かりづらい。

 ▲(会津美里町冨川冨岡27)

福泉寺

 草創など詳細不詳だが、若松/実相寺の末寺として開山。
福泉寺の現地板  三台山、天台宗。 本尊は阿弥陀如来。
 法用寺の末寺。
 慶長8(1603)年、僧/妙円が再建。
 境内にある薬師堂は、宝暦4(1754)年に建立。
 本尊の薬師如来像の胎内仏は、行基作といわれる。
 ▲(会津美里町八木沢字福泉寺4966 Tel. 0242-54-6090)

法幢寺 (ほうどうじ)

法幢寺 法幢寺の現地板

 建治2(1276)年、村主/藤田常胤が開基。
 広田山、浄土宗。
 本尊は阿弥陀如来 (鎌倉時代) で、両脇侍立像と共に国指定重要文化財/彫刻。
 明応3(1494)年、玉誉上人が開山。
 天文年間(1532〜1555)、智鏡が再興し、若松/高厳寺の末寺となる。
 大黒堂には、運慶作と伝えられる大黒天が奉祀されている。

 ▲(会津美里町字法憧寺南甲3499-1 Tel. 0242-54-3140)

法用寺

 養老4(720)年、徳道(得道、勝道)上人が草創。
 同上人は、この後に日光を開く。
 雷電山、天台宗。 本尊は十一面観音 (2躯)。
 大同2(807)年に火災で消失したので、翌年の大同3(808)年に徳一大師が現在の地に再建した。
 慧日寺が隆盛するまでは、大いに栄えたという。

法用寺・三重の塔  会津三十三観音の第二十九番札所
 十一面観世音菩薩は、雀林観音と呼ばれている。
 木像金剛力士立像と本堂内厨子、仏壇は、国指定重要文化財
 五穀豊穣を願う珍しい 「へびの 御年始」が1月7日に行なわれる。

 塔の内部は四天柱があり、厨子に釈迦三尊像を安置している。
 会津地方唯一の三重の塔は高さ17,3メートルで、安永9(1780)年建立。
 その傍らに、中野寅吉と石川啄木の2人を記念した2つの歌碑がある。

法用寺・虎の尾桜 法用寺・弁天石(抱き石)  ”弁天石(抱き石)”が、洪水に流されたため、移されて境内にある。
 抱きつくと、子宝が授かるといわれる。
 「虎の尾桜」が境内にある。
 寺の北1キロほどに、「米沢の千歳桜」もある。
 ▲(会津美里町雀林三番山下3554 管轄/福泉寺 Tel. 0242-54-6090)

薬師寺

薬師寺(会津薬師寺、高田薬師如来)

 会津薬師寺、高田薬師如来とも呼ばれる。
 宝亀10(779)年、草創。
 建久元(1190)年、円鑁沙門が薬師堂を創建、薬師寺とし中興。
 天台宗。 本尊は薬師如来坐像。
 十二神将、木彫賓頭虜、如意観音像なども安置。
 全国で唯一の自動車不動尊も祀っている。

 会津七福神の大黒天
 会津十二薬師の第十二番
 殉難者墓あり

 ▲(会津美里町橋丸字橋爪94 Tel. 0242-54-4876)

龍興寺           天海の両親墓

 嘉承元(848)年、最澄の弟子であり最後の遣唐使として天台宗を完成させた慈覚大師(円仁)が草創した名刹。
 道樹山、天台宗。
 「一字蓮台法華経開結共」は、国宝に指定
 聖観世音菩薩は、浮身観音と呼ばれる。
 会津三十三観音の番外札所
 会津五色不動尊の離悩不動(赤色)
 蓮池「華芳園」も造られている
 徳川時代の初めに権勢を誇った天海大僧正が、得度した寺でもある。
 天海大僧正木造坐像が本堂に安置されている (拝観は要予約)。
 境内には、天海の両親といわれているがある。
 近くの公民館敷地には、「護法石」がある。
 天海の誕生を記念して、両親が建立されたと伝えられている。
 田中月歩

 ▲(会津美里町字龍興寺北甲2222-7 Tel. 0242-54-2446)

龍門寺

龍門寺

 明応年間(1492〜1501)、下野/成寺3世の傑伝禅師が創建。
 天正12(1584)年、船岡館主/松本太郎が蘆名盛高公に反旗を翻し戦った際、堂宇は焼失、後に6世/黙岑昌ァが再建した。
 観音像は、京都/清水寺の観音像と同じ木材で作られた姉妹の像で、姉の方の像である。
 隣りの高橋集落では、毎年「虫送り」という民族行事が行われる。
 土用の前後の7月19日、住職による虫供養を行った後に、川に害虫を流して作物を護る。
 ▲(会津美里町尾岐窪字本屋敷713 Tel. 0242-53-2501)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    会津美里町  温泉  清水    [メニュー]  会津坂下  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川