巡 礼、 札 所 巡 り、 霊 場 巡 り、 願 掛 け

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]

会 津 十 二 薬 師

 以前からの会津五薬師に七薬師を加え、会津十二薬師として平成3(1991)年に発足。
 薬師如来については、こちら。

第一番 丈六薬師如来  第一番 丈六薬師如来
 
   ・恵日寺 (真言宗豊山派)
   ・本尊は焼失。
   ▲(磐梯町大字磐梯字本寺上4950
             Tel. 0242-73-2320)

第二番 北山薬師如来  第二番 北山薬師如来
 
   ・大正寺 (天台宗)
   ・別称、峯の薬師
   ▲(北塩原村大字北山字寺ノ前4590
              Tel. 0241-24-3629)

第三番 中善寺薬師如来  第三番 中善寺薬師如来
 
   ・中善寺 (開堂山、真言宗豊山派)

   ▲(喜多方市関柴町関柴権現沢2063-1
      北塩原村役場 Tel. 0241-32-2511)

第四番 中央薬師如来  第四番 中央薬師如来
 
   ・勝常寺 (瑠璃光山、真言宗豊山派)
   ・近畿地方以外で、唯一の国宝。
   ▲(湯川村大字勝常字代舞1764
           Tel. 0241-27-4566)

第五番 定徳寺薬師如来  第五番 定徳寺薬師如来
 
   ・定徳寺 (真言宗豊山派)
   ・勝常寺薬師の分身

   ▲(会津坂下町中泉中屋敷1729)

第六番 上宇内薬師如来  第六番 上宇内薬師如来
 
   ・調合寺 (曹洞宗)

   ▲(会津坂下町大上)       

第七番 杉薬師如来  第七番 杉薬師如来
 
   ・薬王寺 (真言宗豊山派)

   ▲(会津坂下町船形字北杉)
      会津坂下町観光協会 Tel: 0242-83-2111)

第八番 田子薬師如来  第八番 田子薬師如来
 
   ・常福院 (真言宗豊山派)

   ▲(会津美里町新屋敷字山王塚)

第九番 中田薬師如来  第九番 中田薬師如来
 
   ・弘安寺 (普門山、曹洞宗)

   ▲(会津美里町米田字堂ノ後甲147
             Tel. 0242-78-2131)

 第十番 延命薬師如来
 
   ・延命寺 (天台宗)

   ▲(会津若松市神指町中四合字城戸)

 第十一番 南方薬師如来
 
   ・慈光寺 (曹洞宗)

   ▲(会津若松市門田町堤沢字上村)

第十二番 高田薬師如来  第十二番 高田薬師如来
 
   ・薬師寺 (天台宗)

   ▲(会津美里町橋丸字橋爪94
          Tel. 0242-54-4876)

薬   師   如   来

 薬師如来とは、東の浄瑠璃世界を守る教主。
 正式な名称は「東方薬師瑠璃光如来」で、医王如来、薬師仏とも呼ばれる。
 医薬を司る仏で、人々の病苦を救い、安楽の悟りに導いてくれる仏。
 大乗仏教での如来の一尊。

 一般的には、右手に施無畏印(せむいいん)を結び、左手に薬壺を持つ像として表わされる。
 薬壺がなければ、釈迦如来との区別は難しい。
 脇侍に日光菩薩と月光菩薩が配置され、薬師三尊像と呼ばれる。
 眷属に、十二神将が配されていることが多い。
 仏になる前の菩薩のころに「十二の大願」を立てた。
 その第7願に「除病安楽」とあり、医薬の仏として信仰される。
 来世の安楽に導いてくれる阿弥陀如来の四十八請願と同じだが、薬師は現世での安楽を与えてくれる。
 どんな病に倒れても、薬師如来の経を49回唱え、49灯の灯りをともし、49の旗をたてると治るといわれる。
 会津を貫く国道49号の名は、ここからきている。

 最後には、阿弥陀のいる西の極楽世界に導いてくれる。
 人形劇「浄瑠璃」の名は、ここから出ている。
 薬師如来の縁日は、毎月8日。

≪国宝指定の薬師如来を所有する寺院≫
   ◇ 会津  勝常寺 (坐像、平安時代前期)
   ◇ 京都  神護寺 (立像、平安時代初期)
   ◇ 京都  醍醐寺 (坐像、平安時代前期)
   ◇ 京都  仁和寺 (坐像、平安時代)
   ◇ 奈良  元興寺 (立像、平安時代前期)
   ◇ 奈良  新薬師寺 (坐像、平安時代初期)
   ◇ 奈良  唐招提寺 (立像、奈良〜平安時代初期)
   ◇ 奈良  法隆寺 (坐像、金堂/飛鳥〜奈良時代・講堂/平安時代中期)
   ◇ 奈良  薬師寺 (坐像、奈良時代)
   ◇ 奈良  奈良国立博物館 (坐像、平安時代前期)
   ◇ 大阪  獅子窟寺 (坐像、平安時代前期)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]