会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [北塩原村]    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川

名 刹 と 神 社 ( 北塩原村 )

北山薬師如来堂

北山薬師如来堂

 "峯の薬師"とも呼ばれる。
 "二つ児参り"で信仰を集めている。
 大同2(807)年、徳一大師が五薬師の1つとして開創。
北山薬師如来堂の説明文  祭礼は、9月8、9日の両日に催され、山車が集落をまわる。
 会津五薬師の北方薬師
 会津十二薬師の第二番
 大正3(1914)年の裁判判決により、大正寺松音寺が1年ごとに祭礼を担当することになった。
 蒲生家の時代には弘真院の管轄であったが、その後は祭礼を巡って争いが続いていた。

 ▲(北塩原村大字北山)

松音寺

松音寺

 永禄2(1559)年、僧/宥範が開基。
 寺名は、綱取城主/松本勘解由左衛門宗輔の1字「松」からと伝わる。
 鷲嶺山浄運院、真言宗豊山派。
 本尊は、行基作と伝わる釈迦如来立像。

 ▲(北塩原村北山北畑4255  Tel 0241-22-5407)

崇徳寺

崇徳寺

 日帰り温泉「湖望」の裏手にある。
 小高い所で、桧原湖が一望できる。
 桧原山、浄土宗。
 会津二十一地蔵尊の第十九番

 ▲(北塩原村桧原)

大正寺            ネットで参詣

大正寺

 "漆大正寺"とも呼ばれる。
 弘仁年間(810〜823)、空海が北山薬師堂の守護として草創。
 打越山、天台宗。 本尊は薬師如来立像。
 永禄年間(1558〜1569)、真言宗から浄土宗に改宗。
 慶長5(1600)年、僧/常海が天台宗に改宗し中興。
 慶長年間(1596〜1614)、蒲生氏郷公が再興。

子育て石  藩主の蒲生秀行公は、子の亀千代丸が身体の弱いことを按じて北山薬師に参拝した。
 その帰り道、途中にあった大石の上にのせて抱きつかせると、瞬く間に元気になったという。
 この大石は「子育て石」「腹打ち石」とも呼ばれている。
 ただし、数え2歳でないと御利益はないとのこと。

 ▲(北塩原村大字北山字寺ノ前4590 Tel. 0241-24-3629)
   ・北山薬師如来堂は、こちら。

長泉寺

長泉寺

 大永2(1522)年、蘆名氏の重臣で地頭/佐瀬安石が建立し、法相宗の僧/林光が開山。
 空海の従弟僧/伝隆が開山とも。
 南の墓地の五輪塔は“佐瀬河内”墓と云われ、無方塔「佐瀬氏佐州常平」もある。
 寛文8(1668)年、僧/春恕が天寧寺14世/恕山に請うて再興。
 明治6(1873)年、第4区18小区大塩分校が設けられ、明治20(1887)には大塩簡易小学校、大塩小学校の分校/滝ノ原分校、季節分校となり、昭和57(1982)に廃校となる。
 寺 (曹洞宗) としては、太平洋戦争後に無住となってしまう。
 5月中旬からは、シャクヤクが見ごろ。
 寺内に、雄国新田村を開拓した功労者/大塩平左衛門 (五十嵐平左衛門吉実) の墓がある。
 「省巌道悟信士 五十嵐吉実塚 貞享三丙寅二月十七日塩塩丙寅二月十七日焉」。

 ▲(北塩原村大塩4436)

 穴沢氏の墓

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [北塩原村]    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川