会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [猪苗代町]    [メニュー]  会津坂下  会津美里  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川

名 刹 と 神 社 ( 猪苗代町 )

吾妻山神社

 古来より人々に信仰されていた。
 白鳳14/朱鳥元(686)年、修験/小角が拝殿を創建。
 後に、空海が再興したという。
 天安2(858)年、藤原義円が山道を整備し、「吾妻山大権現」と称す。
 主祭神は、倭健命(やまとたけるのみこと)
 明治6(1873)年、廃仏毀釈により別当から吾妻山神社(あずまやまじんじゃ)となる。
 吾妻山神社跡は、吾妻山の山頂近くにある。
 途中に看板はあるが、山道は笹やぶなどで隠れ、ガイドが必要か?
 目印は、「奉納 吾妻山」の石碑。
 石の御神体が鎮座しており、岩の奥から温泉 (温泉の沢) が湧き出ている。
 山麓の市沢集落にある遥拝殿は、若宮八幡宮。

 ▲吾妻山神社跡 (猪苗代町若宮吾妻山   山頂の西側)
   社務所(猪苗代町大字若宮字上町甲1463 Tel. 0242-64-2910)


安穏寺 (あんのんじ)

安穏寺

 慶長6(1601)年、猪苗代城代/関十兵衛が創建し、僧/圓愚が開山。
 快楽(けらく)山、曹洞宗。
 本尊は、銅造阿弥陀如来立像。
 文永8(1271)年の銘があり、国認定重要美術品。
 像高39.1センチで、鋳仏としては会津最古。
 寛永7(1630)年、関十兵衛の菩提寺として改めて開創。
 安置仏として八朔地蔵 (濡地蔵) があり、会津二十一地蔵尊の第二十一番
 猪苗代三十三観音の第二番

 ▲(猪苗代町字裏町437 Tel. 0242-62-2713)
   ・祭礼 8月31日八朔祭

磐椅神社 (いわはし ― )

 神功皇后摂政50(250)年、磐梯山頂に創建される。
 天平元(729)年、現在の地に遷座。
 「陸奥国磐椅神に従四位下を贈る」記載の史料も現存。
 磐梯山の古名が「磐椅山(いわはしやま)」と呼ばれていた事に由来する。
 織田信長の小姓の森蘭丸の孫である服部安休の墓もある。
 保科正之公に仕え、その命により土津神社の初代神官となる。
 民話の足長が大山祇神、手長が埴山姫神の祭神として祀られているとも。
   

鳥居杉 鳥居杉

鳥 居 杉

 承元元(1207)年、磐椅神社の神木として植栽されたとされ、樹齢800年を超える。 樹高36メートル。
 対になっていたが、昭和33(1958)の台風で倒壊
 しばらくは半倒壊の状態でガンバっていたが、昭和61(1986)年に完全に倒壊してしまった。
 途中の幹から、桜の木が育っている。 杉と桜が縁を結んだことから、「えんむすび桜」 と呼ばれるようになった。

宝の水

 神社境内に湧き出る霊水で、とても美味い。
 水量は毎分20リットルと多く、四季を通して水温は10℃弱なので、夏は冷たく冬は暖かい。

大鹿桜

大
鹿桜

 境内の本社手前の左側に位置する。
 会津五桜 (石部桜薄墨桜虎の尾桜糸桜) の一つ。
 花の色が、鹿の毛の彩りに似ていることから名付けられた。
 天暦年代(947〜957)、磐椅神社に参拝した村上天皇の勅使が、京都から苗木を持ってきて植えたとされる。

 ▲(猪苗代町西峯6199 Tel. 0242-62-4109)
   ・5月14日〜15日    春祭
   ・4月下旬から5月上旬 大鹿桜祭
   ・10月体育の日    例大祭

観音寺

観音寺

 建久3(1192)年、前年に築城の亀ヶ城城主として鎌倉から赴任した三浦経連が、川桁山に創建し三浦家の菩提寺とした。
 慈応山、曹洞宗。
 本尊は、木造/聖観音坐像。
 鎌倉から持ち込んだ寄木造りの像で、運慶作と伝えられる。
 元弘元/元徳3(1331)年、恵鑑和尚が中興。
 宝篋印塔は応永18(1411)年製で、貴重な銘文が刻まれている。
 天正17(1589)年、伊達正宗公により、すべての堂宇は破壊された。
 文禄元(1592)年、越後国/蘭室が現在地に再建し、宗ァが再び開山。
 たび重なる火災や戦乱に免れた山門は、桃山風に会津様式の加わった貴重な唐門。
 猪苗代三十三観音の第一番
 門前を流れる観音川は、サクラの名所

 ▲(猪苗代町大字川桁字村北2347 Tel. 0242-66-2332)

小平潟天満宮 (こびらがた ―、小平天満宮)   周辺を散歩

 天歴2(948)年、創建。
 学問の神様である菅原道真を祀る。
 日本三大天満宮の一つ。
 天和2(1682)年、現在地に移される。
 室町末期の連歌の宗匠として和歌の基礎を作ったとされる猪苗代兼載は、この天満宮の申し子と伝えられる。
 明治初期に奉納された"算額"というものが所蔵されている。
 和算家が数学の問題や解答を書いたもの。
 代数、連分数、数列など学術的にも、彩色された図形は美術的にも、高い評価を受けている。
 松尾芭蕉も参拝しており、句を詠んでいる。
    「この松も 花よりおぼろ 小平潟
 日本で初めてボーイスカウトの野営大会が開かれたのは、この地である。

 ▲(猪苗代町大字中小松字西浜1615 Tel. 0242-66-2733)
   ・初天神 1月25日 、 例大祭 7月24日〜25日

西円寺

西円寺

 慶長年間(1596〜1615)、宗入法師が野沢に一宇を草創。
 樹林山、浄土宗本願寺派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 寛永元(1624)年、九軒町に移築。
 寛永20(1643)年、火災で焼失したため、現在の地に移る。
 野口英世/直筆の書「済生」を所蔵。
磐梯山噴火殉難者死歿之墓

 境内には、「磐梯山噴火殉難者死歿之墓」がある。
 その隣りの本堂寄りに、伴百悦の奔走による「勝軍山戦死者の墓」がある。

 ▲(猪苗代町字新町4899 Tel. 0242-62-2833)


西勝寺

西勝寺

 長徳2(996)年、僧/仁海が神野寺の末寺として草創。
 鎮護山、真言宗豊山派。
 本尊は、不動明王。
 天正年間(1573〜1591)、廃寺となった神野寺の山号を継承し、現在地に移る。
 昭和57(1982)年、本堂や庫裏、山門など再築。
 猪苗代三十三観音の第三番
 会津五色不動尊の奮起不動
 殉難者供養塔磐梯山災死者招魂之碑あり。

 ▲(猪苗代町字新町4897 Tel. 0242-62-2560)

寿徳寺 (じゅとくじ)

寿徳寺

 永正年間(1504〜1520)、草創、時宗の僧/金蔵が住職となる。
 田子山、真言宗。 本尊は薬師如来。
 寛永年間(16924〜1645)、僧/秀海が寿徳寺と改称し中興。
 寛文年間(1661〜1672)、現在地に移る。

 ▲(猪苗代町大字山潟字村上2540 Tel. 0242-66-2624)

蔵円寺

蔵円寺

 大永3(1523)年、葦名氏の一族/小檜山六郎盛季が創建し、僧/長応が開山。
蔵円寺  岩松山、曹洞宗。
 本尊は、釈迦如来。
 天正3(1575)年、檀越が中興。

 山門脇に、懐かしい二宮尊徳像があった。

 ▲(猪苗代町大字八幡字山根799-1 Tel. 0242-66-3787)

天徳寺

天徳寺

 建長6(1254)年、栄西の命を受けた栄海僧正が草創。
 毘蘆山、曹洞宗。 本尊は釈迦牟尼仏。
 慶長年間(1596〜1614)、久室全長大居士が再建。
 明治21(1888)年、磐梯山噴火で危険なため、現在地に移る。
 猪苗代三十三観音の第七番

一位(いちい科)

 樹齢は800年といわれる一位 (いちい科) の古木も移植された。 「アカミ」とも呼ばれているとのこと。

 ▲(猪苗代町大字蚕養字山根乙573 Tel. 0242-64-2205)

長照寺

 永禄元(1558)年、黙山和尚 (越後/光明寺3世) が草創。
 大宮山、曹洞宗。 本尊は聖観世音。
 慶長8(1603)年、光明寺/蘭室が中興。
野口英世夫妻の墓  野口英世/直筆の書「脱塵」を所蔵。
 猪苗代三十三観音の第三十三番
 御詠歌の版木を所蔵。


 磐梯山を背にした両親の墓の傍らに、新たに建立された野口英世夫妻の墓がある。

 ▲(猪苗代町大字三ツ和字三城潟982 Tel. 0242-65-2853)

土津神社 (はにつ ― )  ネットで参拝

 保科正之公を御祭神とする神社。
 万物の初めであり終わりである「土」と、会津藩主の「津」を意味する霊神号「土津霊神」から。
 寛文12(1672)年8月、この地を訪れ詠じている。
   「万代と いはい来にけり 会津山 高天原に すみかもとめて
 同年12月に死去した。
 遺言通り死後、見祢山山麓の磐椅神社の西方に祀られた。
 延宝3(1675)年に、磐椅神社の末社として造営される。
 建築当時は、会津の日光東照宮と呼ばれるほど絢爛豪華だった。
 土津神社と墓を守るための集落"土町"は、年貢や賦役が免除されていた。
 戊辰の役で、すべてが焼失してしまう。
 会津藩が斗南に流刑となる時に、御神体も斗南藩に遷された。
 廃藩置県によって斗南藩がなくなると、御神体は磐椅神社に再遷された。
 現在の建物は、明治13(1880)年に再建されたもの。
巨大石碑  「太刀 銘吉房 (鎌倉時代)」は、国指定重要文化財

 境内の石碑は、高さ7.3メートル、重さ30トンもあり、日本最大の石碑である。
 院内御廟と同じく、伝説の亀趺にのっている。
 山崎闇斎が、功績を賞賛する碑文を書いた。
 現地の案内板  【見取図】  【説明文】

 ▲(猪苗代町見弥山1番地 Tel. 0242-62-2160)
   ・5月3日春祭、9月21日秋祭

麓山神社 (はやま ― )

 大同元(806)年、土屋権大夫利胤が岩舘山へ勧進。
 祭神は、羽山祗命(はやまづみのみこと)
 永禄元(1558)年、現在地に移築。
 天正年間(1573〜1591)、三浦盛国が再建。
 安永3(1774)年、左右一対の左大臣菅原道真と右大臣藤原時平の石像が建立される。
 ▲(猪苗代町大字関都字権現山)
   ・祭礼 9月18日


麓山神社 <村ノ内>

麓山神社<村ノ内>

 村社。
 本来は仏像などを安置する厨子に神体を奉祀してあり、神仏混淆の古い院殿様式を残している。

 ▲(猪苗代町大字千代田字村ノ内丙177)


 金上盛備

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [猪苗代町]    [メニュー]  会津坂下  会津美里  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川