戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]

猪   苗   代   町

東軍殉難者埋葬地

東軍殉難者埋葬地

 展望台の「戊辰戦役 母成峠古戦場古戦場跡」の碑から、下ったすぐに脇道に入る。
 道路沿いに標板はあるが、注意しないと見落としがち。
 砂利道の先にある駐車場から1段下の奥にある。
 短い杭で囲まれた土饅頭が埋葬地である。
 木製の標柱が、墓碑として添えられている。
東軍殉難者埋葬地  長賊らは埋葬すら許さなかった。
 翌年、仮埋葬は黙認したが、墓標を設けることすら許さなかった。  やがて草木に覆われ、所在地すら分からなくなった。
 昭和53(1978)年6月2日になって、やっと再発見された。
 それからは毎年、命日の8月21日に慰霊祭が催されている。

 奥の1段低い所に、東軍殉難者慰霊 万葉の庭があり、一般公開(有料)されている。

東軍殉難者慰霊碑 東軍殉難者慰霊碑
 昭和57(1982)年10月6日に建立。
 裏に戦死者として、名前の判明している会津藩38名、二本松藩8名、唐津藩6名、新選組6名の計58名の名前が刻まれている。  名前の一覧は、こちら
 埋葬された遺骸は88名とも、100名以上ともいわれている。
 ここへ埋葬する際も、戦死が判明している58柱は見つからなかったという。

家老西郷頼母の歌碑 家老/西郷頼母の歌碑
 慰霊碑の脇に、家老/西郷頼母が詠んだ和歌の碑がある。
 昭和59(1984)年9月に建立された。
 明治22(1889)年4月24日になって初めて、阿弥陀寺において殉難者慰霊祭が開催できた。
 やっと開催できた喜びを歌ったもの。

 「なき魂も 恨みは晴れて けふよりは ともに長閑く 天かけるらん

勝軍山戦死者の墓 (西円寺)

勝軍山戦死者の墓

 慶応4(1868)年8月21日、母成峠の戦いが始まった。
 その中でも激戦地であった勝軍山の戦いでの東軍戦死者29名を合葬した墓。
 翌年による埋葬のため、埋葬者の名前は分っていない。
 伴百悦が奔走して埋葬した墓の一つ。
 現在の墓石は、大正6(1917)年8月21日に建立。

 ▲(猪苗代町新町4899 Tel. 0242-62-2833)
   ・西円寺については、こちら。

大乗妙経典全部供養塔(西勝寺)

大乗妙経典全部供養塔 (西勝寺)

 明治27(1894)年、戊辰の役での戦死者の27回忌と、磐梯山噴火による犠牲者の7回忌にあわせて建立。

 ▲(猪苗代町字新町4897 Tel. 0242-62-2560)
   ・西勝寺については、こちら。


[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]