会 津 若 松 市 の 見 ど こ ろ

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [旧市街周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街/大町 /日新 /馬場  飯盛山  東山  神指  河東  北会津  大戸

名 刹 と 神 社 (旧市街周辺)

監修 : 梅津咸一 氏     .

赤沼稲荷神社

赤沼稲荷神社

 文治5(1189)、佐原義連公が創建し、義連公に伴って会津にやって来た赤沼内膳が奉祀。
 祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
 御神体の木像丈8寸8分は、佐原義連公と伝えられている。
 伊達正宗公が焼き払ったが、蒲生氏郷公が現在地に再建。
 お日市 7月20日
 ▲(会津若松市旭町)

高厳寺 (高巌寺/こうがんじ)

二十九番 高巌寺

 文明6(1474)年、葦名盛高公が創建し、岌天上人が開山。
 盛道山、浄土宗。 本尊は阿弥陀如来。
 総本山は、京都/知恩院。
 大永2(1522)年、盛舜公が寺田数百畝を寄贈し菩提寺とした。
 天文6(1537)年、盛舜公の庇護を受け、現在地に移転。
 末寺30余となるも、葦名氏が滅亡後は一時 廃寺。 その後の蒲生氏加藤家保科正之公の庇護を受け大いに栄える。
 しかし、戊辰の役で堂宇・寺宝すべてが焼失した。
 昭和50(1975)年、伽藍が再建される。
 墓地は大塚山墓地公園に移転したが、蒲生忠郷公の墓/五輪塔は今も本堂の裏にある。
 町廻り三十三観音の二十九番 馬場下五之町
 「冬木沢参り」で有名な八葉寺も管轄している。
 殉難者墓あり
 門前に、豆腐地蔵がある。

 ▲(会津若松市中央2-4-5 Tel. 0242-22-2662)


蒲生忠郷公の墓

 高巌寺本堂の裏側で、道をはさんだ角にある。
蒲生忠郷公の墓の現地板
 蒲生忠郷公については、こちら。

 蒲生忠郷公の墳墓は、この一画の北西部にある松の木より、南に約七間、東に約十間、高さ約一間半位の円形上の盛土であったが、昭和四十四年に大町土地区画整理事業の施行により、その大部分が削りとられてしまった。
 この五輪塔は、忠郷公の百回忌を供養して、高巌寺境内南側に建てられたものを、この地に移し建てられたものである。
 忠郷公は、慶長十七年六月 (一六一二年) 僅か十才にして会津六十万石 蒲生藩三代目の藩主となり、寛永四年一月四日 (一六二七年) 疱瘡を患って二十五才の若さで病死した。
 忠郷公の母が徳川二代将軍 秀忠の妹であったことから 祖父家康より秀忠の壱宇を与えられて、忠郷と称したと謂う。
   昭和五十三年十一月

山 主    .

興徳寺については、こちら。

蚕養国神社 (こがい くに − )

蚕養国神社

 日本で唯一の養蚕に関する神社である。
 弘仁2(811)年、草創。
 寛弘7(1010)年、宮殿を創建。
 祭神は、保食大神(うけもちのおおかみ)稚産霊大神(わくむすびのおおかみ)天照大御神(あまてらすおおみかみ)
 文化4(1807)年、火災により社殿が焼失。
 文政2(1819)年、松平容敬公が社殿一切を再建し、今に至る。
 境内には、樹齢1000年の峰張桜がある。
 お日市 8月1日
 地元では、古くから蚕養神社、蚕神社などと記され、親しまれている。

 ▲(会津若松市蚕養町2-1 Tel. 0242-37-3166)
    4月19〜20日 養蚕祭 (桜花祭、春季大祭)
    6月30日    夏越大祓 (茅の輪くぐり神事)
    8月1〜2日   例大祭 (太々神楽、神幸祭)
    12月30日    歳越大祓

極楽寺 <本町>

極楽寺

 浄土宗

 ▲(会津若松市本町7-1 Tel. 0242-26-8940)


小館山稲荷神社

小館山稲荷神社

 お日市 8月3日
 永徳2(1382)年、蘆名氏として初めて会津に定住した直盛公は、佐原の館を経て、この地に館を築いて移り住み、東黒川館(小高木館、後の鶴ヶ城)の造営に着手した。
 その際に、館の東端に創建された。

 この小館で、伊達政宗公への、母と弟による毒殺未遂事件が起きている。

 ▲(会津若松市本町)

桜ヶ丘地蔵尊

桜ヶ丘地蔵尊

 お日市 7月23日
 興徳寺が管轄。

 ▲(会津若松市東栄町)

紫雲寺

第三十一番 紫雲寺

 文禄元(1592)年、僧/中悦が草創。
 その後に、僧/恕山が再開山。
 龍淵山、曹洞宗。
 本尊は、大日如来。
 戊辰の役で、すべて焼失。
 町廻り三十三観音の第三十一番 馬場名古屋町
 当寺の池に住んでいた龍が、越後から飛来してきた龍と戦った。
 激しく戦ったものの勝負がつかず、2匹の龍は紫の雲を残して天に昇っていったという。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市中央2-8-21 Tel. 0242-22-4518)

自在院

自在院

 応永30(1423)年、僧/長巌が開山。
 福聚山満願寺、真言宗豊山派。
 本尊は、大日如来。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割りで現在地に移転。
 享保3(1718)年、回転式経蔵が建てられる。
 江戸時代には、金剛寺観音寺・自在院・弥勒寺が会津真言四ヵ寺と称された。
猪苗代兼載の歌碑  この寺で剃髪した連歌師/猪苗代兼載の歌碑がある。
 町廻り三十三観音の第十九番 博労町
 お日市 7月24日
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市相生町2-18 Tel. 0242-22-3245)


神明神社

神明神社

 応安2/正平24(1369)年、神道流槍刀術の祖/飯篠山城守家直が勧請。
 名称は"伊勢宮"、祭神は"天照大神"。
 葦名氏から松平家までの歴代領主に庇護され、一時は4郡を拝領。
 慶応2(1866)年に南町へ遷宮したが、戊辰の役で全て焼失。
 明治2(1869)年、仮殿を建立し現在の地に奉遷。
 この時に、伊勢宮から神明神社に改称する。
 昭和25(1950)年、神殿が完成。
 昭和45(1970)年、神楽殿が現在地に改築。
 会津で最大の商店街 「神明通り」 は、この神社に由来する。
 お日市 8月4日

 ▲(会津若松市栄町1-46 Tel. 0242-26-3292)

真龍寺 (しんりゅうじ)

真龍寺

 天正3(1575)年、会津出身の僧/河井慶善が開山。
 水登山、浄土真宗本願寺派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 山門だけは、戊辰の役での焼失を免れている。
 殉難者墓あり。  内藤貫道

 ▲(会津若松市行仁町12-53 Tel. 0242-22-4526)

諏方神社 (諏方社 諏訪社)

 永仁2(1294)年、蘆名盛宗公が創建。
 信州/諏訪大社からご神体を迎えたが、総本社と同じ名称では失礼にあたるとして、「諏方社」の名にした。
 新宮助成との戦いの前に祈願したところ、戦わずして勝利した御礼であった。
 以降、歴代の藩主にも崇敬され、大いに栄える。

 幕府は、貞享2(1685)年に初めて暦法を施行し、「江戸、会津、伊勢、三島、南都など」に、暦を発行する権利を与えた。
 その「会津暦」を作成していたのが、諏方社である。
 会津の風土にあわせた補正がされていた。
 後に三橋兼也が、伊勢の神職に伝えて"伊勢暦"が出来た。

 江戸時代には、諏方神の正一位授与を祝って「授光祭」が、例祭とは別に催された。
 藩主が江戸詰の年は「陰祭」、在国の年は「本祭」が開催され、山車などの行列が2千人を超え、他に類を見ない盛大さだったという。
 戊辰の役の激戦地の一つで、二の鳥居に当時の  弾痕が残っている
 藩士/西郷寧太郎の妻/やほ子など婦女子4名も、ここで自刃している。
 拝観の際は、石灯籠の亀趺もお見逃しなく。
 この周辺にまつわる民話がある。  
 お日市 7月27日
 殉難者墓あり
 [閑話]

 ▲(会津若松市本町2-50 Tel. 0242-27-7427) 鶴ヶ城から 930m

専福寺

専福寺

 親鸞の二十四輩の一人/無為信房が、一ノ堰に草創。
 松井山、浄土真宗本願寺派。 本尊は阿弥陀如来。
 応永年間(1394〜1427)に再興され、米代や赤井町御堀端を経て、寛文11(1671)年の火災により現在の地に移転。
 戊辰の役では、西軍の病院となったため焼失を免れた。
 略奪した刀剣の品定めに斬り付けた跡が本堂に残っている。
 終戦後、薩奸長賊らの分捕り合戦は凄まじかった。
 金目の物は全て持ち去り、運べない重い物・大きい物は町民たちに買い取らせ、持ち主にすら強いた。

 ▲(会津若松市千石町6-35 Tel. 0242-22-5688)

千手院 (せんじゅいん)

千住院

 南榮山、真言宗智山派。
 本尊は、大日如来。
 昭和54(1979)年に焼失し、昭和60(1985)年に再建。
 町廻り三十三観音の第三十番 千石町
 お日市 7月23日

 ▲(会津若松市千石町6-76)

鶴ヶ丘稲荷神社

鶴ヶ丘稲荷神社

 お日市 7月28日

 ▲(会津若松市城前 つばくろ公園内)

津島天皇社

津島天皇社

 お日市 7月15日

 ▲(会津若松市上町)

豆腐地蔵尊

豆腐地蔵尊

 通称:中御堂地蔵、延命地蔵尊
 豆腐を一丁お供えすると、子供の夜泣きが治まる御利益があるとされる。
   お日市 7月22日

 ▲(会津若松市中央2丁目  高厳寺の門前)

耳神様
 傍らに「耳神様 (通称:おわんこ様)」の小さな祠がある。
 底に穴をあけて紐でつないだお椀 (わんかけ) を奉納すると、耳の病気が治癒する御利益があるといわれる。


福証寺

 文禄元(1592)年、釈/玄海が草創。
 満光山、浄土宗本願寺派。
 本尊は、薬師如来。
 戊辰の役で、堂宇・寺宝すべてが焼失。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市中央2-8-26 Tel. 0242-22-7856)

法華寺

法華寺

 寛永4(1627)年、加藤嘉明公が会津拝領の際、四国/松山の法華寺を移し、僧/日栄が開山。
 隆国山、日蓮宗身延派の寺院。
 貞享年間(1684〜1687)、松平正容公が帰依し、それ以降は松平家の庇護を受ける。
 戊辰の役で堂宇すべてを焼失する。
 殉難者墓あり。  長道・政長

 ▲(会津若松市蚕養町8-1 Tel. 0242-22-4032)

本覚寺

本覚寺

 僧/空山が、本郷の三日町に一宇を創建。
 如空山寂照院、浄土宗。 本尊は阿弥陀如来。
 文禄2(1593)年、蒲生氏郷公の命により城下へ移転する。
 元和4(1618)年、下野国/円充寺の僧/良乗が会津に移り、中興し本覚寺に改称した。 これを開山とする説もある。
 殉難者墓あり。  渋川善助 須田新九郎
 江戸中期の開通上人作といわれる七言絶句「本覚寺八景」が残っている。
 八景とは、石部白桜・桂山秋月・滝沢暮烟・磐梯晴雪・牛墓帰樵・飯盛夕照・一箕茂林・柳坂残雨。
 昭和10(1935)年、画家/松原石舟に絵として描かせている。

 ▲(会津若松市行仁町12-59 Tel. 0242-22-5396)

本光寺 <南町>

本光寺 <南町>

 永正年間(1504〜1521)、釈/唯信が南山芦ノ原村に草創。
 飛龍山、浄土真宗本願寺派。 本尊は阿弥陀如来。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で大町に移築され、従って来た数100人の近江国/木地師が檀徒となり今も続いている。
 戊辰の役で堂宇すべてが焼失、その後も火災に見舞われる。
 昭和47(1972)年、コンクリート製の本堂となる。
 ▲(会津若松市中央2-3-21 Tel. 0242-22-6174)

満福寺

満福寺

 片岡山、真宗大谷派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 文禄元(1592)年、仁王寺の僧/祐観清玄が真宗に改宗した際に開山。
 天文6(1537)年、東本願寺10世/証如により、湯川に中島満福寺として建立。
 文禄元(1592)年、現在地に移転(3世/重玄)。
 戊辰の役では病院となったため焼失は免れたが、一時は無住となるが再興される。
 昭和24(1949)年、火災により堂宇は全焼、過去帳のみが残る。
 後に、現在の堂宇が再建。
 鐘楼は、慧日寺にあったものと伝わる。

 ▲(会津若松市中央2-6-8 Tel. 0242-22-1128)

八角神社 (やすみじんじゃ)

八角神社

 大同2(807)年、伊舎須弥 (イサスミ) 神社として創建。
 崇神天皇元(BC97)年、この地に天翔船に乗って来た伊弉諾尊と伊弉冉尊の投げ落とした鉾が八角の水晶と化したため、人々が敬って社を建て八角と号したのが起源とされる。
 乗り捨てられた天翔船が舟石になった伝説も生まれた。
 至徳3/元中3(1386)年、葦名直盛公が小田山の築城にあわせて、社殿を修築して 「亀の宮」 と称する。
 同じ「イサスミ」は会津美里町にもあるが、高田村から穀物が奉納されており、こちらが「會津総鎮守」であった。 松平正容公も「會津総鎮守」の扁額を寄進している (資料)
 戊辰の役では、薩摩兵の屯所になった。
 旧書院の床柱に、神社に奉納されていた宝刀の試し斬り痕がある。
 略奪した刀剣の品定めに西軍の斬り付けた跡が、各所に残っている。
 終戦後、薩長らの分捕り合戦は凄まじかった。 金目の物は全て持ち去り、運べない重い物・大きい物は町民たちに買い取らせ、持ち主にすら買い取りを強いた。
 お日市 7月30日

 ▲(会津若松市宮町 Tel. 0242-22-7463)


八角天満宮

八角天満宮

 お日市 7月30日

 ▲(会津若松市宮町 八角神社境内)

蓮華寺

蓮華寺

 永和4/天授4〜嘉慶元/元中4(1378〜1387)年、僧/仁範が草創。 松命山、真言宗。
 天正17(1589)年、伊達政宗公が会津侵攻の時に焼き払った。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で、現在地へ移転した。
 下荒井の会津三十三観音の第十四番札所は、当寺の別当。

 ▲(会津若松市昭和町1-10 Tel. 0242-22-5540)

「大町と七日町」の「名刹と神社」は、こちら。

「日新町」の「名刹と神社」は、こちら。

「馬場町」の「名刹と神社」は、こちら。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [旧市街周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街/大町 /日新 /馬場  飯盛山  東山  神指  河東  北会津  大戸