会  津  の  著  名  人

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [50音メニュー]

《 む 》 幕 末 よ り 前

 無為庵 如黙  むいあん にょもく (よもく、じょもく)、
 寛永4(1627)年〜元禄4(1691)年
 本名:岡田幸免。  <僧侶、学者、稽古堂主>
 肥前国 (佐賀県・長崎県) の出身。
 17歳で両親と死別し上洛、様々な師に学び、30歳で仏門に入る。
 出羽、陸奥などを、学僧として行脚。
 明暦3(1657)年、実相寺を訪ね会津に留まる事を決意し、左下り観音堂 (会津美里町) の麓に草庵を結ぶ。
 風景を楽しみ、学者・文人たちと親交を深め、修業に励んだという。
 寛文2(1662)年、横田俊益たちと共に落合村 (磐梯町) に茅舎/無為庵を開き、経義を講義する。
 寛文4(1664)年、俊益たち有志によって桂林寺町の北端/赤岡分 (会津若松市) に学問所/稽古堂が開設され、招かれて初代/堂主に就く。
 身分を問わず武士に限らず農工商の庶民でも学ぶことが可能で、講義の評判は非常に良く大盛況となり、家老/田中正玄など役人も聴講。
 聞き及んだ保科正之公は、地租を免じ修繕料を与えるなど経済的な支援を惜しまず、学問を奨励した。
 貞享2(1685)年、松平正容公から罪を問われ、真木村 (喜多方市慶徳) に流罪される。
 元禄4(1691)年、赦免されることなく、同地で死去。
無為庵如黙の墓  墓は阿賀川沿岸の丘上 (泡ノ巻公園) 。
 ▲(喜多方市慶徳町山科字泡ノ巻)

無為庵如黙の墓


無為庵如黙の墓

 後に稽古堂は、藩校/日新館へと発展する。
 延宝2(1674)年、「講所」が開設。
 元禄2(1689)年、「郭内講所」とは別の「町講所」が開設。
 天明8(1788)年、「郭内講所(東講所)」とは別に「西講所」が開設。
 寛政11(1799)年、「藩校/日新館」となる (4年後に完成)。
 向井 吉重  むかい よししげ、寛永元(1624)年〜元禄7(1694)年
 <漢学者、歴史家>
 通称:新兵衛。 諱:吉重。 号:斗半軒。
 幼き頃から、歴史に関する学問を好んだ。
 万治2(1659)年、家督を継ぎ、旗与力に就く。
 寛文12(1672)年、直参となり、保科正之公の命により会津における旧事「会津旧事雑考」を著す。
 寛文2(1662)年、領主の蘆名蒲生上杉伊達による会津支配の事跡を編集した「会津四家合考」を著す。
 さらに、「会津風土記」の編纂に携わる。
 元禄4(1691)年、辞任し隠居する。
 墓所は実相寺とのこと。
 武川 信臣  むかわ のぶおみ、
 弘化3(1846)年〜明治元(1868)年10月9日 (享年24歳)
 通称:三彦。
 家老/内藤介右衛門信順 (号:可隠) の3男。
 家老/内藤信節、主席家老/梶原平馬の実弟。
 嫡男以外は内藤を名乗れない習わしのため、武川姓を名乗る。
 鳥羽伏見の戦い後、帰国せず彰義隊の別働隊幡随院分屯信意隊長として上野で奮戦するも、利あらず江戸市中に潜伏し再起を計る。
 使用人/宗兵衛の裏切りによる密告で捕縛され、会津藩家老の実弟の疑いから、連日 苛烈な拷問を受けるも最後まで口を割らず節を守る。
 三角木の上に正座させ、その膝の上に大石を積んでいく“石抱きの責め”だが、積石の限度がなく肉は裂け骨も砕けるも顔色ひとつ変えず、途方に暮れた長賊らによって小伝馬町の獄中にて斬首された。
 立つこともできず、刑場に引きずられていったという。
 「拷問で足の骨は砕け薩長の暴横を論ずること甚だ痛烈なり
 すでに会津では終戦しており、大赦令が出る予定の3日前でもあり 明らかに見せしめの処刑で、惨殺という犯罪行為であった。
 獄中の句
 「君と親の 重きめぐみに くらぶれば 千引の石の 責はものかは
 辞世の句
 「暫し世に 亦き心を 見すれども 散るにはもろき 風のもみじ葉
 遺体は、会津藩の御用商人/中島屋忠次郎が小塚原回向院に埋葬し石碑を建てたが、今は何も残っていない。
 墓は泰雲寺にもある。
 室井
 杢左ヱ門
 むろい もくざえもん、
 室井杢左ヱ門は、田島の初代検断です。 田島検断は当初、駅検断の役目を負い、下野街道の秩序と安全を保つことを任務としておりましたが、後世になると代官所と郷頭の取り次ぎ役など行政的な面にも介入しておりました。
室井杢左ヱ門の五輪塔●  杢左ヱ門は、検断とすえ立場を利用して、田島村の百姓が採草地が少なく困っているのをみて、隣接する各村の山々へ入会できるように取り計らったことで、村民から感謝され妥島村より検断林が贈られました。 杢左ヱ門は、万治二年 (一六五九年) の田島地震後に亡くなったと言われており、当町の初代検断として、歴史上欠くことのできない人物であります。 この五輪塔は、室井検断家断絶後、杢左ヱ門の生家である猪俣氏により建立されたと伝えられております。
         田島町教育委員会
/現地板より
 五輪塔は徳昌寺

《 む 》 江  戸  幕  末

 宗川 茂弘
 [曖昧な点あり]
 むねかわ しげひろ、
 寛政9(1797)年〜明治15(1882)年6月6日(86歳)
 初名:勇之進。  <藩の儒学者、余市開拓の父>
 藩校/日新館を秀才で修了し、家督を継ぎ、用所役に就く。
 儒者見習勤を経て、祐筆の上席に就く。
 松平容敬公松平容保の侍講も務める。
 戊辰の役は冤罪であるとして徹底抗戦を主張し、軍務局に就く。
宗川茂弘の墓  開城後は、嗣子/熊四郎(茂友)・次男/長崎尚志たちと共に蝦夷/余市の開拓に参加し、郷校/日進館の教授として多くの子弟を教授した育てる。
 嗣子/茂友も余市の総取締に就き、開拓と入植者のまとめ役として大活躍。
 後に、札幌資生館/館長に就任。
 明治10(1877)年、高齢で辞任すると、開拓が軌道に乗ったことから一家と共に会津へ帰る。
 窪村 (会津坂下町) の自宅に「遷喬庵」を開き、子弟教育に尽力。
 墓は極楽寺とのこと。
 武藤 恪弥  むとう かくや、天保10(1839)年〜大正9(1920)年10月9日
 名:尚徳。
 忠助尚証の子として川原町一番町にて誕生。
 文久2(1892)年、家督を継具。
 禁門の変鳥羽伏見の戦いで奮戦し、帰国後も籠城戦を戦い抜く。
 開城後は、猪苗代を経て東京にて幽閉(謹慎) させられる。
 開城からの記録「被仰聞之扣/戊辰後の降人記録」を著す。
 余市開拓に参加するも、各地の警察官を経て若松に戻る。
 大正9(1920)年、郡山にて死去。

向山利信  武藤英惇  武藤善治  村井藤造  村上六郎兵衛  村松栄五郎  村松栄次郎  村松忠三郎  村松常次郎  村松吉敏

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [50音メニュー]