ご   縁   の   墓   碑

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]  [23区]  [都下]

旧/会津藩士、先祖〜子孫、関連者 (東京都)

 戊辰の役で塗炭の苦しみを味わったのは、むしろ家族たちだった。

 殉難者の墓を探索中に、巡り合った御霊を記載。    .
 旧/藩士や先祖・子孫を積極的に調べたのではない。 .

興禅寺

 殉難者については、こちら。
 ▲(港区白金6-14-6 Tel. 03-3473-0602)

岸俊襄 「岸五郎墓 岸俊襄墓 岸安子墓」
岸俊雄「為岸家先祖代々各霊菩提」
佐藤作助宇顕院仁奏叟了實居士(作助)・清春・亀司・タカ・喜代志
野中宗孝の家族「会藩 野中宗孝妻 二男五郎 四男七郎」
野中家之墓「先祖代々之霊位」
舊會津藩醫蓮沼氏「明治二十年 宗樹院誠岳良忠居士 十月廿八日」
神尾英俊之墓至誠院義謙英俊居士 會津
神尾英俊妻田中氏智鏡院松巌妙貞大姉 會津
荘田臍斎「荘田臍斎先生墓 嬬人小松氏墓」 半蔵 祐筆
荘田家之墓 

実相寺

 広徳寺とともに、会津松平家の江戸での菩提所の1つ。
 ▲(港区三田4-12-15 Tel. 03-3451-4245)

於萬 (於万) 保科正之公の継室  京都上加茂の神主/藤木弘之の娘
元姫松平正容公の長女
容章松平正容公の9男
嘉代松平容章の側室  武州今井村農民/香取氏の娘
栄之丞松平正容公の末子
貴也松平容貞公の継室  三田伊皿子の商家/館新兵衛の娘
貞歴松平容貞公の次男
久米松平容詮の側室
照姫松平容詮の長女
富五郎松平容詮の長男
留姫松平容頌公の養女 父/容章と母/嘉代の次女
大炊松平容住公の長男
厚姫松平容敬公の3女
泡玉院松平容保の次女
會津 山下 田邊山下貞右衛門 田辺吉右衛門
一瀬忠移 妻砲術指南/忠良の長男 浄境院清學了心居士 清境院永壽妙心大姉 [略歴]
高橋重義「會津藩」
林重遥林重遥之墓
林重遥の妻 
荒井勘之助
荒井求意
「會津」
荒井求意の妻子 
高津忠直「會津」
高津忠温の子操顔院智光妙雲童女 「會津」
林直輝「會津」
原田元良原田忠兵衛 「原田忠兵衛諱元良會津人並本藩仕」
北条杢之助「會津」

薬王寺

 三田における会津藩の日蓮宗の菩提寺。
 墓域に、加賀千代 「朝顔につるべとられて貰い水」 の井戸がある。
 ▲(港区三田4-8-23 Tel. 03-3451-2805)

山内香雪 藩士で書家 通称は熊之助  江戸に出て亀田鵬斎・大窪詩仏・市河米庵に学び京都・長崎を歴遊し江戸で私塾を開設  [略歴]
山内香雪妻草刈氏寳○院妙華日乗大姉
山内香雪妻今泉氏會津 善學院妙道日修大姉
山内熊之助女墓會津 華落院妙善日浄大姉 香雪の娘 
山内香渓名:鳥居昇 藩士/鳥居栄五郎の3男 山内香雪の養嗣子 藩士で書家
山内家之墓に合葬とのこと  [略歴]
鈴木通之妻會津
渡部新八郎吉春
同人妻
會津  台座は新しい
須田氏先祖代々之墓會津須田氏

光台院

 岩城平藩主/内藤家の菩提寺。
 ▲港区高輪1-23-3 Tel. 03-3441-4925)

菊姫 保科正之公の正室  岩城平藩主/内藤左馬之助政長の長女。

長谷寺(ちょうこくじ)

 ▲(港区西麻布2-21-34 Tel. 03-3400-5232)

保科 西郷家之墓≫ 戊辰の役後は保科家を名乗る
西郷近光 家老/西郷頼母近思の父 會津藩大老西郷君○矣孤子近思件繋其羣行〜
保科有鄰西郷頼母の長男/吉十郎 頼母の墓は善龍寺にある
一瀬幾與子西郷頼母の妹 家老で唯一の戦死者/一之瀬要人の妻
一瀬志のふ 満里一瀬幾与子の娘
[某]一瀬と鈴木の墓の間にあるので所縁の人と思われる
[某]
鈴木重蔵重常會津

無縁墓所
標柱 境内墓地に散在せる旧会津藩士の空墓をここに集む
池上當可會津世臣 池上當恒の次男
樋口光明會津臣 普請奉行 66歳
樋口久左衛門光央會津家臣 秋宗院蘭風涼庭居士
「シ+門+日」底院殿長屋壽松大姉墓前
樋口光富の妻會津家臣 八重
樋口光寛の娘會津家臣 孝正院暁山明心大姉
池上高章會津世臣 池上仙之進 池上當恒の長男 ○義山良忠居士
佐藤族孝道奥州會津家臣 徹宗院心岳淨高居士
井深重郎左衛門重矩會津世臣 寛通院透雲○達居士
横たわっている墓碑當地底十九許有慈妣○底院殿之漆柩且埋誌石漆柩嫡子日向徳達當至〜

≪小森家墓所≫
小森駿馬 小森一貫斎の長男 家族は自刃 直伝院坦道英駿居士  [略歴]
戊辰の役では、国境警備で不在の父に代わり容保の側用人を務める
小森美壽子七月十八日逝
小森一峰 峰子 

一柳家墓所
一柳伊右衛門 清鑑院直心淳行居士 〜奥州會津之産也〜
一柳家堆顔院白法○霊居士 見流院一○○逝居士 ○○院一山○寶大姉
見性院直應○得居士 真性院寶應貞操大姉
一柳直良の妻會津家士 荻野氏寛義の娘
一柳鎗三郎の3女一柳鎗三郎の3女 山崎圭四郎の妻 直心妙江大姉
吉野家累代吉野氏 一柳鎗三郎建立

樋口家墓所
樋口光寛 會津世臣 君姓中原氏樋口名光寛稱勘次陸奥州會津人也歳甫十四以〜
樋口光寛の妻井深重郎左衛門重矩の妹 會津世臣 是春院梅英貞如大姉
墓所内に、樋口光寛と妻の2基以外に14基ある

樋口彦四郎 勘次光武の4男 白虎士中隊 軍馬の畜産や会津に電圧碍子工場を設立

青山霊園

 殉難者については、こちら。
 ▲(港区南青山2-32-2 Tel. 03-3401-3652)

池上元子 1種イ11号4側 春暁院釋梅含清香大姉 藩士/池上四郎の正妻
池上小四郎四郎の長男
湯浅竹次郎1種イ16号5側藩士/湯浅牧五郎の次男 日露戦争で戦死  [略歴]
湯浅次郎 妻/栄子大審院長
楡井次郎
楡井泉
1種イ22号9側藩士、後に日本郵船船長、瑞光院大道徳善居士
楡井次郎の倅、端雲院永泉壽昌居士
浅羽五三郎立川

1種ロ4号1-9側
誠心院仁岳良忠袴居士 藩士/浅羽忠之助の3男
騎西一斎 妻/律子 鏡心院光譽義雲居士 心鏡院全室妙安大姉
祐太郎 八重 春短夢童子 蓮乘院全譽妙仙信女 清光院求譽迎蓮大姉
清水慶寿1種ロ6号7側藩士 明治十三年五月十二日歿 伊東家墓域にある
片桐嘉會1種ロ7号14側藩士/片桐藤八嘉會 養子(葦名氏) 妻は大窪山
片桐家墓域墓碑「会津若松市大窪山史跡旧会津藩士墓地ヨリ一族初代長嘉九代与八郎ニ至ル片桐家遺土ヲ合葬
荒木三郎1種ロ8号1側

 (警視庁墓地)
荒木重義の3男、巡査 戊辰の役と西南戦争に従軍
石山八治郎藩士 巡査 明治二十年五月十二日歿 享年三十又五
斉藤外三郎一等警視 新宿警察署勤務中に殉職
清水志一郎藩士 別働第三旅団第三中隊一番小隊 警部試
鈴木武夫藩士 一等巡査 明治十三年六月二日歿 享年二十六
木村省二郎茂忠青森県士族 舊會津藩士 安政元年二月十七日生 明治十五年五月二十日歿  少し離れた所にある
戦死士招魂之碑警視 第六方面 第一分署 28名
会津藩士は、禰津金治と山口左五郎を合祀とのこと
林権助 室/竹子藩士 林又三郎の子、駐英大使、枢密顧問官  [略歴]
松平恒雄
室/信子
容保の4男  長女は秩父宮家に嫁した節子妃殿下
妻/信子は佐賀藩11代藩主/鍋島直大の5女
秋月胤永 (悌次郎)1種ロ12号26側藩士/丸山胤道の次男 開城時は手代木と降伏の使者
教育者 小泉八雲は「まるで神の様な人」と記す [略歴]
遠藤美枝秋月胤永の妻
保科正益1種ロ12号30側飯野藩/10代藩主 (会津藩を本家とする親戚藩)
角田秀松1種ロ16号20側藩医/角田良智の次男、朱雀隊/隊士 海軍中将 [略歴]
室/勇子大正六年三月十七日歿 享年五十九歳
出羽重遠1種ロ17号9側藩士/出羽佐太郎の長男、海軍大将  [略歴]
赤羽秀子1種ロ17号17側藩士/蘆澤寛治の長女
藩士/赤羽友春 (市之丞 青龍足軽一番隊頭) の妻
山川浩1種ロ18号5側大蔵、国家老、東京高等師範学校長、  [略歴]
山川健次郎
山川二葉
東京帝国大学総長、京都帝国大学総長など  [略歴]
女子高等師範学校(お茶の水女子大学)舎監  [略歴]
山川唐衣艶 藩士/山川尚江の妻、健次郎捨松の母 [略歴]
樋口伊都羽1種ロ19号5側藩士/樋口真彦の次男。 明太子の生みの親
井深宅右衛門1種ロ20号8側第二遊撃隊/隊頭として越後小出島で奮戦  [略歴]
井深八代子井深宅右衛門の妻、西郷頼母の妹
井深梶之助藩士/井深宅右衛門の長男 彦三郎の兄  [略歴]
越後で奮戦、後に明治学院/総理 「花」は後妻
井深勢喜子井深梶之助の先妻
野口坤之1種ロ21号3側陸軍中将  [略歴]
小川亮 (傳八郎)1種ロ22号10側藩士/小川清流 (伝吾) の長男
白虎寄合一番隊士、後に陸軍工兵大佐
小川悦小川亮の妻
井深彦三郎1種ロ23号9側宅右衛門の3男 衆議院議員  井深八重の父 [略歴]
生駒遊水1種ロ25号10側生駒八郎真静、藩士/生駒左衛門真諒の次男
佐々木泰邦2種イ3号1-9側藩士 西南戦争にも従軍
後に教育者として多くの俊才を輩出
赤羽治平友温2種イ3号3側温彦神霊之墓 藩士・斗南士族
赤羽治平室美恵明治丗七年六月二日歿
赤羽源治赤羽治平の長男 斗南士族
入江惟一郎2種イ3号1〜9側斗南士族、西南戦争では陸軍中尉兼権大警部
浅草警察署長
樋口 光2種イ6号33側藩士・斗南士族 小石川区第六天 松平家家令
「戦死者名籍(明治24年刊)」著者の一人
樋口光映藩士・斗南士族 明治六年十二月十四日六十四歳
山内道行2種イ13号8側山内道則の長男、藩士・青森県士族
山内次子山内山内道則の妻 明治廿三年二月廿八日
小野権之丞2種イ13号9-15側小野権之丞義行の長男 公用人 [略歴]
五稜郭/箱館病院事務長として敵味方の別無く治療
蘆澤延子2種ロ9号4側藩士/蘆澤直道の妻、和田氏
蘆澤鳴尾藩士/蘆澤直輝の3女

西周 1種ロ8号18側 幕府の沼津兵学校/初代校長  藩士/山本覚馬の親友
藩士/安部井寿太郎たちが仏語・仏式練兵・築城法を学ぶ

六本木墓苑

 ▲(港区六本木3-14-20)

高運院 加藤明成公の正室

梅窓院

 ▲(港区南青山2-26-38 Tel. 03-3404-8447)

青山幸利 尼崎藩主 正室が加藤明成公の娘

谷中霊園

 殉難者については、こちら。
 ▲(台東区谷中7-5-24 Tel. 03-3821-4472)

南摩羽峯 甲1号7側 名:綱紀 藩士/南摩綱雅の子 昌平黌へ留学 [略歴]
戊辰の役は大阪で諜報 文部省を経て東京大学教授
妻竹子南摩羽峯の妻。
南摩羽峯の碑銘甲3号5側 道沿 
石川暎作甲2号8側初めてアダム・スミス「国富論」を翻訳出版  [略歴]
関場忠武

関場不二彦

甲4号3側
       [略歴]
藩士/春武の次男 著書「會津十六士傳」など
京都で「先鋒隊」、会津で「朱雀隊」として奮戦
関場医院 (札幌北辰病院) を開業、北海道医師会/初代会長などを歴任し我が国屈指の名外科医と称される
羽山光和甲7号12側堀和光、堀悌助とも 藩士 青森県/羽山氏へ養子
斗南を経て根室で開拓使を15年間務める  [略歴]
羽山光和妻千代
馬島瑞園 妻楽子甲9号12側 飛地眼科医/瑞延の次男 容保の侍医 土方歳三を治療
戦後は大蔵省勤務、骨董の鑑定・売買で生計 [略歴]
佐竹永海甲9号14側谷文晁門下の高弟、彦根藩御用絵師に就く  [略歴]
馬島瑞延 室梅女乙6号3側 奥瑞園・瑞謙の父 藩医 (眼科医)
馬島瑞謙常謙とも 瑞延の長男 藩士 長沼流兵法者
小松済治瑞謙の長男 山本覚馬に蘭学を学ぶ 法学者
内村直義乙4号2側 奥藩士/蘆澤寛治の次男 西南の役で戦死  [略歴]
赤塚武盛乙4号3側18番赤塚治定の子  [略歴]
日下義雄乙8号7側 奥

 墓域内に
  井深元治墓
初代長崎県令、福島県知事 岩越鉄道を設立し、会津若松と郡山間に蒸気鉄道を走らせる  [略歴]
弟の白虎隊士/石田和助飯盛山で自刃。
日下静子日下義雄の2番目の妻 山形藩主/水野忠精の娘
日下秀雄9歳で没した義雄と静子の長男 
日下達子義雄の4番目の妻
日下可明子乙2号5側義雄の最初の妻 幕府御用達菓子司/山内弥曾八/次女

  藩士/小出光照 (鉄之助) ≪無縁のため撤去≫
 藩士/篠田覚左衛の子 小出只五郎の養子 妻は山川浩の妹/操
 佐賀の乱に従軍し戦死 29歳
福地源一郎 甲1号12側 号:櫻癡  池上三郎の師 (英語と仏語) の1人
古屋佐久左衛門 乙2号10側 藩士/小出光照たちの師 (洋学、特に英語) の1人
幕府陸軍/歩兵差図役頭取、会津を経て五稜郭で戦死
戸田忠至
 (間瀬和三郎)
乙13号1側 「江戸・三家老 (会津藩/横山常徳、水戸藩/武田耕雲斎)」と称された名家老の一人

≪谷中寛永寺墓地≫
阿部正武
阿部正允
忍藩主  娘/竹姫が保科正容公の正室
忍藩主  娘/銑姫(鉄姫、浄心院)が松平容頌公の正室
徳川茂徳 高須藩主、尾張藩主  松平容保の兄
徳川慶喜 最後の将軍  松平喜徳公の兄

 徳川将軍家/家族の大規模で広大な墓所が近年まであったのだが、墓地として販売するため整理され、残念ながら消滅した。

天王寺墓地
 谷中霊園に隣接。
 ▲(台東区谷中7-14-8 Tel. 03-3821-4474)
雲井龍雄   [略歴] 幕末から明治にかけての真の志士  藩士/原直鉄なども連座
大野右仲 又七郎、松川精一とも 唐津藩主に従って会津で奮戦 後に新選組入隊
 藩主/小笠原長行の墓は、幸龍寺に改葬された。

幸龍寺
 ▲(世田谷区北烏山5-8-1 Tel. 03-5314-7010)
小笠原長行  江戸幕府の老中・外国事務総裁、唐津藩主 (義絶から世嗣とも)。
 徹底抗戦を主張して東軍に与し会津を経て箱館へ転戦  三好胖は義弟

寛永寺

 ▲(台東区上野桜木1)

徳川家斉 15女元姫(幸子、貞鑑院)が、松平容衆の正室

瑞輪寺

 井口氏、井上氏、石澤氏、池上氏、河瀬氏、田中氏、根岸氏が菩提寺としていた。
 井上氏以外の墓は、見つからなかった。
 ▲(台東区谷中4-2-45 Tel. 03-3821-4373)

祐姫 松平正容公の継室  和州/本多家浪人/横山常定の娘。
松平大膳大夫正甫松平正容公の3男
養姫松平正容公の3女
松平順子松平正容公の次女
井上氏 會津家中  左側に「桑名家中 麻生氏」、右側に「桑名 井上氏

一乗寺

 会津藩菩提寺の一つ瑞輪寺に近いため、江戸詰藩士で菩提寺とした家があった。
 現在、確認できているのは、海老名家2基と横山家1基の3基のみ。
 戊辰の役で上野戦争に参戦した藩士が、この寺で袈裟を借り会津に逃れたという逸話が残っている。
 ▲(台東区谷中1-6-1 Tel. 03-3823-4261)

唯常院 久米氏婉媼之墓 「〜會津家臣海老名李伴為亡妻誌云
海老名季達李達の嫡子/李伴が建てたとある
浄心院妙覚信女宝暦九己卯年 五月晦日 會津 横山氏

天眼寺

 ▲(台東区谷中1-2-14  Tel. 03-3821-7718)

津也姫 松平正容公の3男/正甫の許婚  入輿前に早世

佛心寺

 ▲(台東区谷中1-5-35 Tel. 03-3821-5304)

林三郎惟純 藩士/林源太の息子 兄/源治が大野原で戦死したため家督を継ぐ [略歴]
麹渓塾の塾頭 戦後は静岡藩に仕官 妻/忠子との墓が蓮永寺にある
林奇男 林三郎惟純の長男 長男(15歳)から3男まで早世
松平義人 林三郎惟純の4男 妻/忠子の実家/松平家の養子となる

正覚寺

 ▲(台東区入谷1-28-7 Tel. 03-3872-1824)

添川廉斎 小荒井(喜多方市)の農家出身 軍事奉行/広川庄助の従僕
儒学者/古賀精里、漢学者/頼山陽、漢詩人/菅茶山に学び、安中藩主/板倉勝明に召し抱えられ、安中藩の藩風を一変させる。墓は安勝寺にもある。
 著書「有所不為斎雑録」 新島八重の夫/新島襄は門下生  {略歴}

本行寺

 ▲(荒川区西日暮里3-1-3 Tel. 03-3821-4458)

市河米庵 書家・漢詩人  藩士/山内香雪の師 (漢詩) の1人
永井尚志 幕臣/旗本   鳥羽伏見を戦い、蝦夷/函館でも奮戦

養源寺

 ▲(文京区千駄木5-38-3 Tel. 03-3828-0185)

員姫 松平容貞公の次女
稲葉正弘 淀藩主  正室が員姫
稲葉正往 小田原藩主・高田藩主・佐倉藩主  正室が保科正之公の5女/石姫

伝通院 (寿経寺)

 殉難者については、こちら。
 ▲(文京区小石川3-14-6 Tel. 03-3814-3701)

元姫 松平容衆公の正室    将軍/徳川家斉の15女
千姫保科正之公の異母姉  2代将軍/徳川秀忠の長女
於大保科正之公の曾祖母  初代将軍/徳川家康の生母

護国寺

 本堂の右側手前に、東京警視第四方面第四分署員の「紀念碑」が建立されている。
 「討薩之役東京警視第四方面第四分署警部巡査従軍死之者二十人 同僚悼之碑記念碑〜〜」。
 20名の「戦死人名」の中に、会津藩士2名が刻まれている。
 東京/謹慎地として収容・監禁された場所の1つでもある。
 ▲(文京区大塚5-40-1 Tel. 03-3941-0764)

常木広順
永井房之助
警視局三等巡査 熊本県熊本市植木町木留で戦死 蘇浦官軍墓地に埋葬
東京で謹慎 警視局一等巡査 埋葬地は不明

護国寺供葬墓地

 護国寺墓地の横にあるが、護国寺供葬墓地と護国寺墓地は別。
 ▲(文京区大塚5丁目)

谷口四郎兵衛 桑名藩士/谷口四郎兵衛守敬の子 桑名藩主に従い会津でも奮戦、後に新撰組入隊 墓誌には「守成」 「謙徳院明誉照道居士」

智香寺

 ▲(文京区大塚3-28-12 Tel. 03-3945-8059)

田村銀之助 磐城平/田村半右衛門の5男  「諦善院念誉覚道居士」
兄2人と新選組に入隊 最年少の隊士/13歳

妙清寺

 ▲(文京区白山5-33-15 Tel. 03-3813-1751)

屋代弘賢 江戸後期の国学者・能書家  日新館の師範/加賀山蕭山の師 (国学・能書)

大塚先儒墓所

 ▲(文京区大塚5-39)

古賀精里 昌平坂学問所 (昌平黌) の儒官
藩士/添川廉斎、吉村寛泰、牧原半陶、松本寒緑たちの師 (儒学) の1人

染井霊園

 殉難者については、こちら。
 ▲(豊島区駒込5-5-1 Tel. 03-3918-3502)

若松賎子 1種イ4号13側 甲子 藩士/松川勝次郎の長女  翻訳「小公子」
貿易商/大川甚兵衛の要望され養女となる  [略歴]
巌本善治若松賎子の夫 昭和十七年十月六日永眠
島田美耶若松賎子の妹
高嶺秀夫1種イ3号7側藩士/高嶺忠亮の長男  松平容保の近習
松平定敬1種イ4号2側桑名藩主  松平容保の実弟
山脇隼太郎正勝1種ロ16号3向い桑名藩主に従い母成峠でも奮戦 函館で新撰組に入隊

雑司ヶ谷霊園

 ▲(豊島区南池袋4-25-1 Tel. 03-3971-6868)

佐々木一 1種5号27側38 彦根藩士/小川友八の3男  幕臣/並河省三の養子
新選組隊士  慶応4(1868)年5月1日に白河口で負傷、母成峠の戦いの後に蝦夷へ  墓碑銘は「並河家之墓」
小栗上野介 (忠順) 1種4B号5側35 幕臣  無実の罪で西軍に斬首  裏面に記載 東善寺
「國子」とあるのは避難先の会津で生まれた娘か

西照寺

 ▲(杉並区高円寺南2-29-3 Tel. 03-3311-7534)

佐瀬得所
佐瀬茂舞
通称:八太夫  藩士で書家  清国に留学 中野竹子の書の師  [略歴]
 
佐瀬精一
佐瀬得三
佐瀬得所の次男  大阪新報/記者、新潟日日新聞/主筆・社長
酔梅とも  佐瀬得所の3男  報知新聞/記者
林信之藩士/林松山の長男  林松山は佐瀬所得の弟で林家の養子
林信明通称:武平  林松山の養父

池上本門寺

 ▲(大田区池上1-1-1 Tel. 03-3752-2331)

加藤遠澤 藩絵師・茶坊主 (右筆)  探幽四天王の1人  [略歴]
狩野探幽 藩絵師/加藤遠澤の師 (画法)
江戸時代の絵画の基調の祖  江戸幕府の御用絵師
狩野泰信 藩士/萩原盤山の師 (画法) の1人
中橋狩野家/7代目  「秋巧院殿永賢泰信日微大居士」
大窪詩佛 藩士/山内香雪の師 (漢詩) の1人
江戸時代後期の漢詩人  明治十年九月東京浅草光感寺より移す

大円寺

 ▲(杉並区和泉3-52-18 Tel. 03-3321-1215)

保科正丕 飯野藩主 (会津藩を本家とする親戚藩)  娘/煕姫が松平容敬公の養女
歴代藩主墓 (初代、3代から9代)

豪徳寺

 ▲(世田谷区豪徳寺2-24-7 Tel. 03-3426-1437)

井伊直幸 彦根藩主  娘/謙姫(寿鳳院)が松平容住公の正室

妙高寺

 ▲(世田谷区北烏山6-23-1 Tel. 03-3308-0012)

水野忠精 遠江浜松藩/2代藩主を経て、出羽山形藩/初代藩主
娘/ 静子が藩士/日下義雄へ嫁ぐ

西光庵

 ▲(新宿区新宿6-15-2 Tel. 03-3351-6234)

徳川慶勝 尾張藩主  松平容保の兄
松平義勇高須藩主  松平容保の弟

清光院

 ▲(品川区南品川4-2-35 Tel. 03-3474-8890)

奥平昌服 中津藩主  正室/煕姫は松平容敬公の養女(後に離縁)

善性寺

 ▲(荒川区東日暮里5-41-14 Tel. 03-3803-3391)

松平武聰 浜田藩主・鶴田藩主  松平喜徳公の兄
旧濱田藩殉難諸士碑浜田藩は、長州征伐・鳥羽伏見の戦いから上野戦争でも彰義隊として幕府側に与し、最後まで義を貫いた
烈士彰義隊
 亀田氏 岸氏 之碑
戦いの後、多くの彰義隊士の負傷者を匿ったとのこと

本法寺

 ▲(台東区寿2-9-7 Tel. 03-3843-4843)

江川英龍 長崎で近代砲術を学び韮山に反射炉を築く   本墓は本立寺
藩士/一ノ瀬大蔵たちの師 (西洋砲術) の1人  「宝暦八戊寅〜」とあるが ?

小塚原回向院

 ▲(荒川区南千住5-33-13 Tel. 03-3801-6962)

雲井龍雄   [略歴] 真の志士の1人  政府転覆の冤罪で斬首され首が埋葬 「雲井龍雄遺墳
藩士/原直鉄なども雲井事件に連座し処刑されている

源空寺

 ▲(台東区東上野6-19-2 Tel. 03-3844-1131)

谷文晁 遠藤香村佐竹永海などの師 (写山楼) の1人
本立院殿法眼生譽一如法眼文晁居士

称福寺

 ▲(台東区今戸2-5-4 Tel. 03-3875-8841)

亀田鵬斎 藩士/山内香雪の師 (書画) の1人
江戸時代の書家・儒学者・文人

自證院

 ▲(新宿区富久町4-5 Tel. 03-3351-3747)

松平信明 吉井藩主  正室が松平容頌公の養女/常姫 (松平容章の娘、春洞院)

西応寺

 ▲(新宿区須賀町11-4 Tel. 03-3351-4361)

榊原鍵吉 武田惣角の師 (直心影流剣術を教伝) の1人

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]  [23区]  [都下]