戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]

山    形    県

堀粂之助 (竜泉寺)

堀粂之助の墓 (竜泉寺)

 君命を受け、救援を依頼するため米沢藩に出向くも、すでに降伏を決定していた。
 君命を達成できない事を恥じ、旅籠「越後屋」の主人にお金を渡し、後の事を託してから自刃した。
 慶応4(1868)年9月3日のことだった。
 清左衛門の伜。砲兵
 享年31歳。

堀粂之助の墓 (竜泉寺) 時世の句
時世の句
 神かけて 誓ひしことの かなはねば
    ふたたび家路 思はざりけり


昭和46(1971)年、辞世の歌碑が建立。

▲(米沢市大町4-1-46 Tel. 0238-23-2455)

清水五一 (総穏寺)

清水五一の墓

 吾一、吾市とも。 幼名:森蔵。
 天保8(1837)年、武州埼玉郡羽生村の酒造業/清水弥右衛門の5男。 天保7年とも、天保5年とも。
 文久3(1863)年3月12日、上洛し壬生浪士組の結成時に入隊する。
 浪士組の江戸帰還にも京都残留し、会津藩御預浪士組となる。
 同月下旬、近藤派・芹沢派に疑問を持ち、京を離れ江戸に戻り、庄内藩預りの新徴組に入隊。
総穏寺  慶応4(1868)年4月、庄内藩の江戸退去に従い妻子と庄内へ移り、新徴組として最後まで戦う。
 明治5(1872)年5月27日、病死。
 ▲(鶴岡市陽光町5-2 Tel. 0235-22-3044)


雲井龍雄 (くもい たつお)

 天保15(1844)年3月25日〜明治3(1871)年12月28日 (享年27歳)
 幕末から明治の志士、集議院議員。
 幼名:豹吉、猪吉、権六、熊蔵。 本名:小島守善。
 字:居貞。 号:枕月、瑚海侠徒。
 米沢藩士/中島惣右衛門平と母/八百 (屋代家次女) の次男として米沢/袋町で誕生。
 18歳で叔父の米沢藩士/小島才助の養子となる。
 新政府の貢士 (各藩からの議政官) に推挙され就任するも、戊辰の役で裏切った薩摩藩の罪科を諫める「討薩檄」を起草。 戊辰の役が終ると新政府の集議院議員に任じられたが、薩奸長賊らによって1ヶ月ほどで議員を追放される。
 旧幕臣の経済的な苦境を改めるよう嘆願書を4回も提出したことを悪用し、政府転覆の冤罪を着せ、碌な取り調べもせずに斬首して小塚原に晒し、胴体は大学東校 (東京大学医学部) へ送り解剖の教材に使用させた。
 無実の罪の発覚を恐れた薩奸長賊らは、雲井が書いた嘆願書など全てを闇に葬り、友人ら13名を斬首、判決前の22人を獄死させた。
 「義雄院傑心常英居士」
 会津藩士/原直鉄なども連座し処刑されている。
 後に、真の憂国の志士たちに志しは受け継がれ、自由民権運動へとつながっていった。
 なお、策謀した長賊/広沢真臣には天罰が下り暗殺された。

雲井龍雄 (常安寺)

雲井龍雄の墓

 遺髪を親族が持ち帰り、菩提寺の常安寺に墓を建立し納めた。

雲井龍雄の墓  昭和5(1930)年、60年忌を機に、有志によって谷中/天王寺に埋葬された頭骨を、故郷の常安寺に改葬し、新たに墓碑が建立された。
 今でも命日には、有志による雲井祭が催されている。
 墓は、回向院天王寺墓地にも現存。
雲井龍雄の碑と文
 常安寺は、上杉謙信が開基 (栃尾市) した寺で、上杉景勝公に従い会津を経て米沢に移ったお供寺。

 ▲(米沢市城南5-1-23
    Tel. 0238-21-6321)


討薩檄の碑 (北村公園)

討薩檄の碑 討薩檄の碑 討薩檄の碑
 北村公園の一角に雲井龍雄の胸像レリーフがあり、台座には戊辰の役で裏切った薩摩藩の罪科を諫める「討薩檄 (とうさつのげき)」が刻まれている。
 欺瞞に満ちた薩奸長賊らとは真逆の、真の憂国志士の熱意が今なお感動を与える。
 討薩の檄については、こちら
 鳥羽伏見の戦いの後、米沢に戻って起草した薩摩藩に対する強い憤りが伝わる檄文で、米沢藩の奉行/千坂太郎左衛門に提出した。
 琴線に触れた千坂太郎左衛門は、会津藩軍事奉行/佐川官兵衛や長岡藩家老/河井継之助に示している。
 ▲(米沢市金池4-3730-1  公園の中央奥)

憂国志士・雲井龍雄遺跡碑

 雲井龍雄は、18歳で叔父の米沢藩士/小島才助の養子となり、この地/舘山口町に移り住んだ。
 20歳の時、儀父/才助が病死したため、家督を継ぐ。
 昭和13(1938)年、真の憂国志士であった雲井龍雄を顕彰するために、小島家の跡地に碑が建立された。

 ▲(米沢市城西1-6-12)


[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]