戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]

群    馬    県

以下の緑色の文は、現地の「説明板」から  .
画像クリックで現地の説明板の写真表示も一部あり  .

み  な  か  み  町 (群馬県)

町野久吉

町野久吉の墓

 三国街道の宿駅であった永井宿の近くで、国道17号沿いにある。
 目印はトラックステーションで、その向かい側にある。
 慶応4(1868)年閏4月24日、三国峠で戦死した。 享年17歳。
 長槍をふるって単身敵陣に突入し奮戦するも、銃弾を数弾浴び壮烈な戦死であった。
 会津領である小出島まで撤退の命令を受け、「会津武士に“退く”という言葉は無い」との抗議だった。 実質的な自刃である。
 白虎隊初の戦死者であり、御蔵入奉行兼隊長/町野主水の実弟。
 碑は小出島陣屋跡にあり、首塚が融通寺にある。

町野久吉の墓  現在の墓は、昭和35(1960)年6月に再建されたもの。
 三国大権現(御阪三神社)にある「三国峠を越えた人々」の碑には、「坂上田村麿・弘法大師・上杉謙信・伊能忠敬・与謝野晶子・川端康成・北原白秋」などの名前の中に、「町野久吉」の名も刻まれている。

会津白虎隊町野久吉少年由緒記
 慶応四年二十二日、本陣に二人の武士が現れて、
「身共は三国峠に陣を張る会津軍の町野久吉である。隊長からの言いつけを伝えるが、そなたは?」と、会津弁で言う。 取り次ぎに出た主婦は、なるべく主人を出したくないので、
「主人四郎右衛門の内儀で御座いますが、ご用の筋は自分が承りとう御座います。」
 主人を出せと叱られるのではないかと、内心ビクビクの想いであったが、あっさりと、
「左様か、では主人に伝えてくれ、西軍がきても決して泊めてはならん。 もし泊めたなら あの山より、大砲を撃ちかけるから覚悟するようにな、分かったな。」 と 要点を伝え、
「じゃまをした。」と外に出た。
 身の丈六尺に近く、守は大髷、眉目凛として清秀、一の字に結んだ口元、然し どこかに童顔が残されている。 筒袖の着物に縞の木綿袴、紺足袋に草鞋は紙止め、涼しい目を見開いて積んである米俵を睨み、共の侍に何かをささやくと、差し出す槍を受けとり二〜三回しごくと、
「エイッ、」と、
米俵に突き刺した途端、俵は高く投げ上げられ頭を越して後ろに落ちた。 見ていた人々は暫らく呆然としていたが、思いついたように拍手喝采。 紅のさした顔を供の差し出す手拭で拭き、槍を供に渡すと、
「では内儀、しかと申し渡したぞ。」 と、
陣に戻って行った。
現地の説明板  翌閏四月二十四日未明 濃霧の中を、町野久吉を陣頭に五人の若武者が突入した。
新 治 村    .

 一昔前、四郎右衛門の内儀は幼子を亡くしていた。
 生きていれば、同じ年ごろになっていたはずだった。
 話している最中、なぜか胸が温かかくなるのを感じた。
 まるで、大きくなった幼子が、帰って来たような気がした。
 翌々日、若武者が戦死したと、村人たちから知らされた。
 止めど無く涙が、頬を伝わり続け、止まらなかった。
 若武者の呼ぶ声が、風音にのって聞こえたような気がした。
 自然と足が、陣をしいたという方に向いて、歩き出していた。
<場所を教えてくれた"おばあさん"より>    .

 ▲(みなかみ町永井 旧新治村)

高   崎   市   (群馬県)

佐藤銀十郎、塚越富五郎の墓 (東善寺)

佐藤銀十郎の墓

佐藤銀十郎

 幕臣の勘定奉行/小栗上野介の従者であった。
 群馬県権田村で農民の子として産まれたが、小栗家江戸屋敷でフランス式調練を受け、銃の名手だったという。
 何の罪もないにもかかわらず、主君の小栗上野介が長賊らに斬首されるや、上野介の妻/道子 (30歳)・母/邦子 (63歳)・養女/鉞子 (15歳)を護衛し脱出、越後を経由し会津へ辿り着く。
 会津軍/誠志隊に加わり、各地で奮戦する。
 戊辰(1868)年9月11日、熊倉で戦死。 21歳。
 本墓は、喜多方市の杉の下墓地にある。
 なお、上野介は近代社会の基礎を築いた人物である。
 莫大な費用をかけて横須賀に造船所を建設する際、反対者に有名な言葉を発している。
  「幕府の運命に限りがあるとも、日本の運命には限りがない
 妻/道子は、会津にて女児 (クニ、国子) を出産している。

<喜多方市の墓と併記>    .

塚越富五郎の墓

塚越富五郎

 幕臣の勘定奉行/小栗上野介従者。
 主君/小栗上野介の家族を護衛し、佐藤銀十郎と共に会津に着く。
 朱雀士中四番隊/町野隊附属誠忠隊 (幕兵) として奮戦するも、一竿の戦いで狙撃され戦死。 23歳。
 慰霊碑が、喜多方市の一竿墓地にある。
東善寺

 佐藤と塚越の慰霊墓の他に、無実の罪で斬首されたり、自害した家族の墓碑がある。

左にある家臣の墓 小栗又一の墓 小栗上野介の墓 右にある家臣の墓
中  央
小栗上野介  忠順
  慶應四年閏四月七日 西軍により無実の罪で村内沼河原に斬首さる
  四十二歳
  ここは供養墓で遺体首級とも上の本墓にあり
  墓は、東京/雑司ヶ谷霊園にもある。

小栗上野介の左脇
 小栗又一  忠道 (養嗣子)
  慶應四年閏四月七日 西軍により無実の罪で高崎城内に斬首さる
  旗本駒井家次男   二十一歳
  遺体首級は高崎市下斎田に葬られる

幕末維新全殉難者名鑑では「小栗又一 忠高」    .

向かって右側の5基
 家臣の墓 (右から)
 塚越富五郎    権田出身
  小栗夫人を警護して会津へ行き 慶應四年九月一日耶麻郡高郷村一竿で戦死
  二十三歳
  一竿に慰霊碑がある。

 佐藤銀十郎    権田出身
  小栗家歩兵の一人
  小栗夫人を警護して会津へ行き 九月十一日喜多方市熊倉で戦死
  二十一歳
  熊倉に葬られ墓がある

 渡辺太三郎  吉享    江戸からの家臣
  上野介に従って権田へ移り 西軍により上野介とともに斬首さる
  二十歳
幕末維新全殉難者名鑑では「渡辺多三郎」    .

 大井磯十郎    権田出身
    小栗家歩兵の一人 西軍により上野介とともに斬首さる

 荒川 (江幡) 裕蔵    江戸からの家臣
  上野介に従って渡米 権田へ移り西軍により上野介とともに斬首さる
  三十六歳
幕末維新全殉難者名鑑では「荒川雄蔵」     .
向かって左側の5基
 家臣の墓 (右から)
 塚本真彦  勉    江戸からの家臣
  上野介随員として渡米 権田へ移り西軍により高崎城内で又一とともに斬首さる
  三七歳
  又一と共に高崎市下斎田に葬られる
幕末維新全殉難者名鑑では「橋本真彦」    .

 沓掛藤五郎    江戸からの家臣
  上野介に従って権田へ移り 西軍により高崎城内で又一とともに斬首さる
  二十五歳
  又一と共に高崎市下斎田に葬られる

 多田金之助    江戸からの家臣
  上野介に従って権田へ移り 西軍により高崎城内で又一とともに斬首さる
  二十歳
  又一と共に高崎市下斎田に葬られる

 塚本 ミツ    真彦の母
  難を逃れ富岡市七日町へ向かう途中
  地蔵峠付近の山中で四月八日 孫チカとともに自害

 塚本 チカ    真彦の長女
  難を逃れ富岡市七日町へ向かう途中
  地蔵峠付近の山中で四月八日 祖母ミツとともに自害
  七歳位

小栗上野介の像、遺愛の椿、ステンドグラス

小栗上野介の像

 本堂脇、墓碑の入口手前に、小栗上野介の像がある。
   小栗上野介忠順 (一八二七〜一八六八)
   昭和二十八年九月 横須賀市より贈られた胸像  朝倉文夫制作
   *  横須賀市博物館前脇の像は この胸像を複製
 
遺愛の椿
 小栗上野介の供養墓の脇には、「小栗上野介 遺愛の椿」が植栽されている。
   小栗上野介が江戸神田駿河台の屋敷から運んだ。
   五月に黒味がかった赤い八重の名花を咲かせる

ステンドグラス  境内のトイレには、小栗上野介の遣米使節一行が乗った米艦ボウハタン号が、ステンドグラスで描かれている。 お見逃しなく。

 ▲(高崎市倉渕町権田169 Tel. 027-378-2230)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]