不  思  議  な  ご  縁

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]

夏 目 漱 石 / 会 津 へ の 想 い

 夏目漱石が、明治動乱期においての偉大な国民的作家であることに異論はあるまい。
 数多くの作品を残しており、「こゝろ」などは高校の教材に採用されているのでファンも多いが、なんといっても「坊ちゃん」であろう。

 作品の中に、舞台である地名すら「不浄な地」としか記されていないのに、なぜか「山嵐 (堀田)」という「会津っぽ」が登場するのである。
 明治39(1906)年発刊なのだから、西軍から着せられた汚名の返上は叶っておらす、会津について語ることすら憚れる時代である。
 強いて言えば、結末の「赤シャツ」と「野だ」に天誅を下す役割だろうが、会津人が出てくる必要性など見当らない。
 出身が明らかなのは、東京出身の「坊ちゃん」と「野だ」、会津出身の「山嵐」の3人だけで、「坊ちゃん」は江戸っ子と答えている。
 なお、愛媛県尋常中学校へ赴任していた体験から小説「坊っちゃん」は書かれたのだが、「不浄な地」とは赴任地の「愛媛県ではない」ことが定説である。


「君は一体どこの産だ」
「おれは江戸っ子だ」
「うん、江戸っ子か、道理で負け惜しみが強いと思った」
「きみはどこだ」
「僕は会津だ」
「会津っぽか、強情な訳だ。〜」


 その夜 おれと山嵐は この不浄な地を離れた。 船が岸を去れば去るほど いい心持ちがした。 神戸から東京までは直行で新橋へ着いた時は、ようやく娑婆へ出たような気がした。

 出会いは、
  「礼儀を心得ぬ奴」
であった。
 漱石自身も、当時の詩西園寺首相からの園遊会招待をハガキ1枚で辞退し、博士号授与も断っている。
 漱石の反骨精神を、山嵐を通して表現しているともいわれている。
 「叡山の悪僧と云うべき面構」とあるが、織田信長が焼き打ちした比叡山を再興し東叡山を開山したのは、会津出身天海大僧正である。
 会津藩士/志田貞二郎の3男で家老/西郷頼母の養子となり、姿三四郎のモデルとなった西郷四郎の得意技が「山嵐」である。

 やがて、
  「悪い男ではなさそうだ」
へと変わり、
  「一番生徒に人望があるのだそうだ」
と教師の理想像として描かれている。
 山嵐は数学教師であるのに、
  「might is right 〜 強者の権利」
という英語を使って説諭を加えている。
 文学にも精通している教養人としても描かれているのだ。
 出典はプラトン「国家」で、通常「力は正義なり」と訳される。
 「正義は必ず勝つ」「強者こそ正義である」なのだが、「善悪と勝敗とは別」と言う意味で西軍を揶揄した「勝てば官軍」とは根本的に異なる。


 それから おれと同じ数学の教師に堀田というのが居た。 これは逞しい毬栗坊主で、叡山の悪僧と云うべき面構である。 人が叮寧に辞令を見せたら見向きもせず、やあ君が新任の人か、ちと遊びに来給えアハハハと云った。 何がアハハハだ。 そんな礼儀を心得ぬ奴の所へ誰が遊びに行くものか。 おれはこの時からこの坊主に山嵐という渾名をつけてやった。


 帰りに山嵐は通町で氷水を一杯奢った。 学校で逢った時はやに横風な失敬な奴だと思ったが、こんなにいろいろ世話をしてくれるところを見ると、わるい男でもなさそうだ。 ただおれと同じようにせっかちで肝癪持らしい。 あとで聞いたらこの男が一番生徒に人望があるのだそうだ


 山嵐の説によると、いくら一人で不平を並べたって通るものじゃないそうだ。 一人だって二人だって正しい事なら通りそうなものだ。 山嵐は might is right という英語を引いて説諭を加えたが、何だか要領を得ないから、聞き返してみたら強者の権利と云う意味だそうだ。

 「坊ちゃん」の兄が卑怯な待駒をした時にケンカし、初めて教壇に立った時にも「おれは卑怯な人間ではない」とある。
 「卑怯」の言葉は、作品の中に10回も出てくる。
 会津では、「卑怯」な行動を忌み嫌う。
 西軍が行なった偽勅や錦の御旗の偽造などは、恥ずべきこととして決して行わない。
 幼き頃に受けた教育「什の掟」にある「四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ」は、今なお綿々と引き継がれている。


 兄は実業家になるとか云ってしきりに英語を勉強していた。 元来女のような性分で、ずるいから、仲がよくなかった。 十日に一遍ぐらいの割で喧嘩をしていた。 ある時|将棋をさしたら卑怯な待駒をして、人が困ると嬉しそうに冷やかした。 あんまり腹が立ったから、手に在った飛車を眉間へ擲きつけてやった。 眉間が割れて少々血が出た。 兄がおやじに言付けた。 おやじがおれを勘当すると言い出した。


 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。 講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。 生徒はやかましい。時々図抜けた大きな声で先生と云う。 先生には応えた。 今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥の差だ。 何だか足の裏がむずむずする。 おれは卑怯な人間ではない。 臆病な男でもないが、惜しい事に胆力が欠けている。

 結局は、赤シャツの陰謀を知り天誅を加えたが、辞職に追い込まれることになってしまう。
 漱石の会津に対する想い入れを感じるのは、考え過ぎであろうか。
 以上は、学者でも何でもない一介の老人の戯言なのかも知れない。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]