会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    見どころ  名刹と神社  温泉  清水    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川

著 名 な 墓 碑 (喜多方市)

瓜生岩子の墓については、こちら。

加波山事件殉難志士顕彰墓については、こちら。

戊辰の役・殉難者の墓碑については、こちら。

源翁禅師の墓 (示現寺)     ネットで参詣

源翁禅師の墓

 本堂裏の石段の上にある。
 墓の前にある開山堂には、自らを彫った木像が安置されている。
 嘉暦4(1329)年2月19日、父/源頼忠と母/京都五条院の娘の子として越後国萩村に生まれ、源翁心昭、通称を玄翁という。
 陸上寺へ5歳で入門、興国6(1345)年16歳の時に得度し、雲水となり衆生済度のため諸国を行脚。
 天授元(1375)年、会津の慶徳村に草庵を結ぶ。
 永和元(1375)年、示現寺を再興し、永住する。
 応永7(1400)年1月7日、晩年を過ごしたこの寺で人生を終えた。72歳。

源翁禅師の墓  栃木県那須の殺生石を鎮めたことで、あまりにも有名。
 那須の殺生石を槌で砕いたことから、大工や石工が使う両端が平らな金槌を「げんのう」と呼ぶようになったが、「源翁」を使うことは恐れ多いとのことで「玄翁」の字をあてた、

▲(喜多方市熱塩加納町熱塩温泉甲795 Tel. 0241-36-2031)
   ・源翁禅師(源翁和尚・玄翁和尚)については、こちら。

佐原十郎義連公の墓

 400年も続いた葦名時代の始祖である。
 保延4(1138)年、三浦大介義明の七男として、三浦半島である相模国の佐原で誕生。
 佐原(横須賀市佐原)に城を構え、佐原氏を名乗る。

 続きは、こちら。

 ▲(喜多方市熱塩加納町半在)

小野小町塚

   年老いた小野小町が、生まれ故郷の出羽ノ国に里帰りする途中、病にかかり、この地で亡くなくなった。 村人たちは供養のために、小町の塚の上に五輪の塔がおかれたと 伝えられている。
小野小町塚の説明文  新編会津風土記にも記載がある。
 元の五輪の塔は、風化が激しく、昭和53(1978)年に建て替えた。   
 ▲(喜多方市高郷大字峯字家ノ西地内)

添川廉斎の墓 (安勝寺)

添川廉斎の墓

 享和3(1803)年12月15日、小荒井 (喜多方市) /寺町の農家兼染物屋/添川清右衛門直光と母/富の子として誕生。
 勉強が好きで、会津藩の軍事奉行/広川庄助の従僕になる。
 江戸屋敷へ行くことが許され、儒学者/古賀精里、漢学者/頼山陽、漢詩人/菅茶山に学ぶ。
 天保12(1841)年、39歳の時に安中藩に賓師として招かれる。
 江戸屋敷で漢学や儒学を教え、安中藩の藩風を一変させる。
 山本八重の夫/新島襄は その門下生であり、人生の指針に多大な影響を受けた。 著書「有所不為斎雑録」。
 懿倫院徳若義馨居士。
 墓は、東京/正覚寺にもある。
 毎年、同志社の関係者が墓参に訪れているとのこと。
 ▲(喜多方市字寺町4706 Tel. 0241-23-1292)
   ・安勝寺については、こちら。

添川廉斎の顕彰碑
 愛宕神社 (北宮諏方神社に隣接) の境内には、
顕彰碑が建立されている。         .

愛宕神社

糠塚(ぬかつか)古墳群

糠塚(ぬかつか)古墳群

 5世紀ごろの有力者の古墳。
 周囲にも古墳があったが、開発により失われ、3基が残っているだけ。
 直径17メートル、高さ5メートルで、 喜多方地方の中では最も大きい。

 ▲(喜多方市岩月町宮津字宮地、南沢田)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    見どころ  名刹と神社  温泉  清水    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川