会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    喜多方市  温泉  清水  墓碑    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川

名 刹 と 神 社 ( 喜多方市 )

阿弥陀寺 <塩川>

阿弥陀寺(塩川)

 鹽泉山一行院、浄土宗。
 飯盛山自刃の白虎隊士で、唯一、蘇生した飯沼貞吉を治療した三本住庵の墓がある。
 会津二十一地蔵尊の番外の一つ
 殉難者墓あり。   星研堂  三本住庵

 ▲(喜多方市塩川町字反町925 Tel. 0241-27-4193)

安勝寺 (あんしょうじ)

安勝寺

 応永29(1422)年、示現寺の僧/雲光が草創。
 小荒山、曹洞宗。 示現寺の末寺。
 本尊は、釈迦牟尼仏 (開山時は地蔵菩薩)。
 明治13(1880)年、火災で堂宇すべてが焼失。
 明治27(1894)年、白漆喰の土蔵造りで、当時では珍しいガラス戸の本堂として再建。

 殉難者墓あり
 山本八重の夫/新島襄の恩師/添川廉斎墓もある。 相馬直登

 ▲(喜多方市字寺町4706 Tel. 0241-23-1292)

飯豊山神社 (いいでさんじんじゃ)

飯豊山

 白雉3(605)年、中国渡来の僧/知道と修験/小角が創建。
 ご神体は飯豊山そのものであり、主祭神は五社権現。
 ・一王子社 拝殿のみ。
         味秬高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)
 ・二王子社 下照姫命(したてるひめのみこと)
 ・三王子社 事代主命(ことしろぬしのみこと)
 ・四王子社 奥宮。
         高照姫命(たかひかるひめのみこと)
 ・五王子社 山頂(2,105m)。 三井命(みいのみこと)
 一王子(麓宮)から山頂の四王子(奥宮)まで幅3尺の嶮しい参詣道が続く。

 永保年間(1081〜1084)、徳一大師、もしくは空海、もしくは行基が中興と伝えられる。
 天文8(1539)年、葦名盛舜公が山道を拓く。
 文禄4(1595)年、蒲生氏郷公が5年をかけて参詣道を整備させ、松平氏にも庇護される。
 明治に入り会津抹殺の政策が続く中、東蒲原郡が新潟県に編入されることになった。
 麓宮を失うことで暴動寸前に至り恐れた政府は、境内領だけを会津に残したため、不自然な県境になっている。
 13歳から15歳までの男子は、大人になるための儀式として、最も危険な難所「御秘所(おひそ)」を越えて奥宮まで参詣をする習わしだった。
 最近まで、女人禁制の山であった。

 ▲(喜多方市山都町一ノ木字中在家乙1760〜1761)
   ・例祭 9月1日 (夏期は奥宮に神職が在住)

出雲神社

出雲神社

 社伝によると、天慶年間(938〜947) に平将門の残党が逃れて来て住みついた。 正暦年間(990〜995)、陰陽師/安倍清明がこの地にやって来て、出雲の神を総鎮守に「国土開墾の神」として祀り、総社神社を創建した、
 明治4(1871)年、出雲神社と改称し、祭神を大国主神(オオクニヌシノカミ)とした。

 ▲(喜多方市字寺南2628 Tel. 0241-22-2376)

温泉神社については、こちら。

鹿島神社 <熊倉>

鹿島神社 <熊倉>

 勧進など詳細不詳。
 祭神は、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)建御名方命(タケミナカタノミコト)
 天正17(1589)年、伊達政宗公により社領を没収されたが、その後の蒲生家上杉家加藤家保科家(松平家)の庇護を受ける。
 明治の度重なる火災で、全てが焼失。
 大正12(1923)年、拝殿や本殿などが再建された。
 慶長9(1601)年、米沢街道として若松から2つ目の宿駅となる。
 寛永4(1650)年、大峠が廃止のため本街道になり、米沢藩の塩街道・江戸街道としても栄える。
 仙台藩へ移封の伊達正宗公、米沢藩へ移封の上杉景勝公、最上山形藩から会津拝領の保科正之公、伊能忠敬、十辺舎一九、吉田松陰、仙台に向かった土方歳三などが、この地を通る。
 戊辰の役では、大勝利した地である。

 ▲(喜多方市熊倉町熊倉)
   ・例祭 8月28日

願成寺 (がんじょうじ)   ネットで参詣

願成寺

 嘉禄3(1227)年、僧/隆寛が開基。
 隆寛の意を受けた弟子/実成房が代行とも。
 隆寛は、浄土宗の開祖/法然の高弟である。
 叶山、浄土宗。
 木造阿弥陀如来及両脇侍坐像 (鎌倉時代)、木造阿弥陀如来及両脇侍像・木造持国天立像・木造多聞天立像 (平安時代)は、国指定重要文化財/彫刻。
 会津十二支守り本尊の辰・巳 (普賢菩薩)午 (勢至菩薩)
 会津二十一地蔵尊の番外の一つ
会津大仏  阿弥陀如来坐像は、「会津大仏」と呼ばれている。 高さ2.41ルートルと巨大で、金色に輝く小さな千体仏の船形光背が特徴。
 奥の新しい堂に安置されていて、拝観可能。

 ▲(喜多方市上三宮町上三宮字籬山833 Tel. 0241-22-1565)

願入寺 (がんにゅうじ)

願入寺

 草創など詳細不詳。
 来迎山、浄土宗。
 応永17(1410)年、僧/法誉か中興。
 その後、衰退、再興を繰り返す。
 文化2(1805)年、再建され現在に至る。
 観音堂は、明治40(1907)年に建立。
 ▲(喜多方市字天満前8879 Tel. 0241-22-2639)

観音寺 <竹屋>

観音寺<竹屋>

 天正元(1573)年、越後の僧/快元が草創。
 大雲山、曹洞宗。
 本尊は、木造釈迦如来。
 若松/宝積寺の末寺。
 昭和37(1962)年、本堂が再建。

≪観音堂≫
竹屋観音堂  天正元(1573)年、創建。
 観音堂の本尊は、如意輪観世音。
 子安観音と呼ばれ、参詣すれば安産と信じられている。
 慶安4(1651)年、現在地に移転。
 正徳6(1716)年、再建され現在に至る。
 会津三十三観音の第八番札所

 ▲(喜多方市塩川町中屋沢字台畑丙697 Tel. 0241-27-2867)

北宮諏方神社 (きたみやすわじんじゃ)

北宮諏方神社

 天授元/永和元(1375)年、葦名直盛公が勧請。
 祭神は、建御名方神(タケミナカタノカミ)八坂刀売命(ヤサカトメノミコト)
 寛永18(1641)年、現在地に社殿を建立。
藩主(松平公)お手植えの松  会津若松市/諏方神社の北側にあるので、北宮諏方神社と呼ぶ。
 拝殿手前に、藩主(松平公)お手植えと伝えられる松がある。

 本殿の後ろ脇に、愛宕神社と稲荷神社、愛宕神社の宮司を務めてきた龍現寺 (現、若松/常光寺の末寺) がある。

 ▲(喜多方市字諏訪59 Tel. 0241-23-0243)
   ・例祭 8月2〜3日

金川寺 (きんせんじ)

 松峯山、曹洞宗。
 本尊は、木造阿弥陀如来坐像。
 若松/恵倫寺の末寺。
 安置されている木造聖徳太子立像は、像高102.7センチのカツラ材の寄木造りで、十六歳孝養太子像。
 会津二十一地蔵尊の第十七番
 別の場所にある第十八番も管轄している。
 創建など詳細不詳だが、新編会津風土記に比丘尼が一宇を建立とある。
八百比丘尼堂  境内入口の堂に安置されている八百比丘尼像は、"長寿の本尊"と云われている。
 民話も残っている。   

 ▲(喜多方市塩川町金橋字金川2090 Tel. 0241-27-2193)
    ・例祭 5月2日

金泉寺

金泉寺

 長流山、曹洞宗。
 会津三十三観音の第三番札所

 ▲(喜多方市豊川町綾金155)

熊野神社

熊野神社

 天喜3(1055)年、源頼義が戦勝祈願のため会津若松市に創建。 その後、この地に遷座した。
 本宮、新宮、那智の熊野三山を祀っている。
 熊野三社本殿、文殊堂、観音堂が残っている。
 "長床"という拝殿で知られている。 長床は、藤原時代の寝殿造りの主殿の形式で、太い柱が44本が等間隔に並び、正面9の側面4間が吹き抜けになっている。
 長床(拝殿)・銅鉢は、国指定重要文化財
 境内にある大銀杏は、高さ30ートル、根本周り8メートルもあり、樹齢600年といわれている。

 ▲有料 (喜多方市慶徳町新宮字熊野2258)
   ・境内に入るのにも、拝観料がいる。

慶徳寺

慶徳寺

 貞治6/正平22(1367)年、諸国行脚をしている源翁禅師は、会津に入ると神秘的な気配を感じ、この地に庵を結んだ。
 葦名詮盛公は、紫雲が立ち上るのを見て庵に立ち寄った。
 源翁禅師の力を見抜き、翌年に堂宇を創建し寄進した。
 巻尾山、曹洞宗。
 本尊は、釈迦如来。
 山門には、「禅房」と記載されている。
 源翁禅師は引き続き全国を行脚するも、示現寺に移るまでは、ここを本拠とした。
 民話が残っている。   

 ▲(喜多方市慶徳町豊岡字今町288 Tel. 0241-22-2106)

慶徳稲荷神社

慶徳稲荷神社

 応徳2(1085)年、源義家が京都伏見稲荷の御分霊を勧請。
 後に衰退したが、葦名詮盛公が改修し、源翁禅師が中興。
 五穀豊穣を願って、半夏生(はんげしょう)の日に行われる田植え祭りは、歴史が500年とも150年ともいわれ、地元では良く知られている。
 天保5(1834)年、会津藩に仕官した浦上秋琴が、途絶えていた御田植祭の旋律を作曲した。

慶徳稲荷神社のシダレ桜 義家手植えの松

 境内には義家手植えの松や、見事に咲くシダレ桜などもある。

 ▲(喜多方市慶徳町富岡不動前  慶徳寺の南側)

高山寺 (こうざんじ)

高山寺

 正和4(1315)年、草創。
 赤岩山、浄土宗。 本尊は阿弥陀如来。
 下野大沢(益子町)の円通寺の末寺。
 天文2(1533)年、僧/良光が再興。
 山号は赤色の巨岩から、寺号は集落の一番高い所にあることから名付けられたとのこと。

 ▲(喜多方市高郷町揚津赤岩)

光明寺 (こうみょうじ)

光明寺

 旧街道筋にある寺院で、入口に地蔵が2体並ぶ。
 永正17(1520)年、鎌倉の僧/江月が開山。
 紫雲山、浄土宗。
 本尊は、阿弥陀如来。
 天正17(1589)年、伊達正宗公により堂宇すべてを焼失。
 その後も火災に見舞われ、弘化元(1844)年、現在地に再建。
 会津三十三観音の第七番札所の観音堂は、安政5(1858)年に再建されたもの。

 ▲(喜多方市熊倉町熊倉字837 Tel. 0241-27-8651)

古四王神社 (こしおうじんじゃ)

古四王神社

 古くは、腰王神社と呼ばれていた。
 名前の由来は、
  ・「越の国の王」から「越王」
  ・ 安置の「四天王の木造」から「古四王」
  ・「本朝三古四王」の1つであるから
と様々だが、新潟/五十公野と秋田/古四王社に通ずるという。
 神像は平安時代末期の多聞天。 現在の祭神は大毘古命(オオヒコノミコト)武渟名川別命(タケヌナカワワケノミコト)の父子。
 氏子たちには、不思議な習わしがあった、
   ・鳥獣の肉は食べない
   ・婦女子が外出する際には笠を被る
   ・子供は元旦から7日まで物忌みし白い餅以外を食さない  等々

 ▲(喜多方市慶徳町松舞家字丑ノ尾3940 Tel. 0241-22-2746)
   ・悪路を少し進むと、右に上る山道がある。

駒形神社

駒形神社

 寛治5(1091)年、源義家が熊野堂村熊野神社を新宮村に遷座。
 祭神は、宇気母智神(うけもちのかみ)
 正保3(1646)年、弾正ヶ原から駒形大明神を移し創建。
 昭和55(1980)年に社殿が焼失、翌年に再建した。

駒形神社の街道標識  境内を入ったすぐに街道の石標があり、4面に各街道が刻まれている。
   南 若松 日光 江戸 街道
   西 飯豊山 柳津 越後 道
   北 湯殿山 米澤 街道
   東 猪苗代 二本松 道

 祭礼は100年ほどの伝統だが、「塩川バルーンフェステバル」も行なっている。

 ▲(喜多方市塩川町字身神295-1 Tel. 0241-27-2094)
   ・例祭 9月19日

西光寺

西光寺

 元和2(1616)年、草創。
 宝密山、浄土宗本願寺派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 大正14(1925)年、現在地に建設。
 境内に保育所があり、賑やかである。

 ▲(喜多方市字諏訪140 Tel. 0241-22-0656)

示現寺 (じげんじ)     ネットで参詣   源翁禅師の墓

示現寺

 大同2(807)年、空海が五峰山慈眼寺として建立。
 護法山、曹洞宗。 本尊は虚空蔵菩薩。
 当初の大本山は能登/總持寺だが、今は横浜/総持寺。
 永和元(1375)年、源翁禅師が再建、護法山示現寺と改称し、曹洞宗に改める。
 その後、葦名氏の庇護を受け、東北各地に37カ寺の末寺を持つ名刹へと発展する。
 本堂裏の開山堂に、源翁禅師の作と伝えられる木像が安置されている。
 「椿彫木彩漆笈 (室町時代)」は、国指定重要文化財/工芸品。
 会津三十三観音の第五番札所
 殺生石で広く知られる源翁禅師や、社会福祉事業に貢献した瓜生岩子の墓がある。
 予約すれば、座禅と法話の体験ができるとのこと。
 熱塩温泉/元湯の権利を持ち、行事「湯殿入り」をする珍しい寺でもある。

 ▲(喜多方市熱塩加納町熱塩字熱塩甲795 Tel. 0241-36-2031)
    ・1月4日 湯殿入り
    ・4月18日 祭礼
    ・5月7日 開山忌

常安寺

常安寺

 高森山、曹洞宗。
 会津三十三観音の大木観音とは別。

 ▲(喜多方市塩川町常世字上村906
    Tel. 0241-27-2986)

(情報提供) 高畑博史 氏  .

淨教寺

淨教寺

 慶長6(1601)年、光明山/淨光寺が草創。
 宝永元(1704)年、僧/隆安が廃寺を移し、浄教寺に改称し中興。
 山王山、浄土宗。
 本尊は、銅造阿弥陀如来立像。
 願成寺の末寺。

 ▲(喜多方市熱塩加納町熱塩字天神林)

常繁寺 (じょうはんじ)

常繁寺

 大湯嶽 (大戸町関川の高畑山) に草創。
 曹洞宗、飯豊山。
 白雉2(651)年、日中飯森山に移る。
 貞元2(977)年、真言宗飯豊山常繁寺と改称。
 永保元(1081)年、一ノ戸山 (山都町) に移る。
 永和元/天授元(1375)年、曹洞宗に改宗し示現寺の末寺となる。
 元亀2(1571)年、黒川に移る。
 文政6(1823)年、現在の地に再興。

 ▲(喜多方市熱塩加納町熱塩字寺ノ前丙2695 Tel. 0241-36-2072)

勝福寺

 熊倉街道の北側に位置する。
 松島山、真言宗豊山派。
 本尊は、十一面観世音菩薩。
 「勝(すぐれ)の観音堂」といわれ、国指定重要文化財
 茅葺で三間四面の寄棟造で、和唐折衷様式の建物。
勝福寺の銅鐘  会津三十三観音の第六番札所
 鐘楼にある銅鐘の銘帳切手は、会津刀の名工である古川兼定の作による。
 室町時代に、松島に向かっていた京都の女性の勝前 (すぐれのまえ) が、この地で亡くなったため、偲んで建立された。
 享禄2(1529)年に焼失、その後に幾度となく再建された。
 現存するものは、寛文5(1665)年に保科正之公が大修築したもの。

 ▲(喜多方市関紫町三津井字堂ノ上630)
   ・例祭 旧7月17日

菅原神社

 応永4(1397)年、勧請。
 祭神は、菅原道真。
 "天満様"と呼ばれている。
 鳥居も社殿にも、"天満宮"と記載されている。

 ▲(喜多方市字天満前8821)
 ※ 喜多方市には菅原神社が他に4ヶ所ある。

泉福寺 (せんぷくじ)

泉福寺

 弘安6(1283)年、光徳寺の僧/空行が草創。
 壽栄山、浄土宗。 本尊は阿弥陀如来。 光徳寺の末寺。
 天明2(1782)年鋳造の洪鐘や、延喜7(907)年作の木造大日如来座像を所蔵している。
 殉難者墓あり
 西郷近潔

 ▲(喜多方市山都町小舟寺字頭無甲1012 Tel. 0241-38-2505)

大光寺 (たいこうじ)

大光寺

 草創など詳細不詳。
 福聚山、曹洞宗。 示現寺の末寺。
 文化2(1805)年、越後の僧/安翁が現在の本堂を再建し中興。
 木造千手観音坐像は、運慶の作と伝えられる。
 会津三十三観音の第九番札所

 ▲(喜多方市塩川町遠田字谷地中3227 Tel. 0241-27-7445)

太用寺 (たいようじ)

太用寺

 草創など詳細不詳。
 真言宗豊山派。 本尊は木造釈迦如来立像。
 1.66メートルの寄木造りで、国指定重要美術品。
 永和元(1375)年、僧/宥海が中興。
 伊達政宗公が焼き払い、幾度となく再建されるも火災にあう。
 明治に入って檀家が神道に移ったため衰退。
 釈迦堂だけが残っている。

 ▲(喜多方市岩月町大都字寺前1733)

中善寺

中善寺

 草創など詳細不詳だが、霊場があったとのこと。
 開堂山、真言宗豊山派。
 本尊は、延命地蔵菩薩。
 延慶3(1310)年、忍阿上人が中興。
 慶長年間(1596〜1615)、若松/弥勒寺の僧/祐誉が中興。
 元禄16(1703)年、栄昶和尚が再興に着手、4年後に再建。

夫婦カリンの木  境内に薬師堂があり、本尊の木造薬師如来坐像 (鎌倉時代) は、国指定重要文化財/彫刻。
 88センチほどの寄木造漆箔押で、収蔵庫に安置されているとのこと。
 優雅で円満な面相は、藤原仏の面影をよく伝える傑作。
 会津十二薬師の第三番
 本堂前には、樹齢250年と伝わる2本の夫婦カリ」がある。

 ▲(喜多方市関柴町関柴権現沢2063-1)

長福寺

長福寺

 天福元(1233)年、飯島筑後守が開基し、密侶/看信が開山。
 飯島山、浄土宗。 本尊は阿弥陀妙来。
 慶長17(1612)年、若松徒之町一乗寺の僧/良讃が浄土宗に改宗して再興。
 慶応4(1868)年の戊辰の役で住職を失い、以降は無住。
 昭和56(1981)年、現在の堂宇に再建。
 瓜生岩子が裁縫教授所を開所している。
 殉難者墓あり

 ▲(喜多方市岩月町大都前田)

白山神社 (はくさん ― )

白山神社

 勧請なと詳細不詳だが、加賀/白山比盗_社から分祀とのこと。
 祭神は、白山比当ス(しらやまひめのみこと)(水の神)。
 社殿は、江戸時代末期に建立。

 ▲(喜多方市熱塩加納町米岡字元屋敷西丙146)
   ・例祭 9月9日

福聚寺 (ふくしゅうじ)

福聚寺

 草創など詳細不詳。
 甘蕨山、真言宗豊山派。
 本尊は、大日如来。

 ▲(喜多方市関柴町平林字地利前1051-1)

満蔵寺

 養命山、真言宗豊山派。
 正治2(1200)年、宥林和尚が背戸山の山麓にて開山。
 文明元(1469)年、地滑りにより倒壊し、現在地に再建。

 ▲(喜多方市山都町相川字権現平甲891-1
   Tel. 0241-38-2227)   

満福寺

満福寺

 開基など詳細不詳。
 永享元(1429)年に秀英が開基との説も。
 龍宝山、真言宗豊山派。
 本尊は、運慶作と伝えられる大日如来。
 若松/弥勒寺の末寺。
 明治18(1885)年、小田付村の大火により全ての堂宇が焼失。
 大正7(1918)年、本堂などが再建。
 殉難者墓あり

 ▲(喜多方市字馬場2459 Tel. 0241-22-1042)

良縁寺

良縁寺

 物宝山、曹洞宗。
 会津三十三観音の第二番札所

 ▲(喜多方市慶徳町松舞家字松野730
    Tel. 0241-22-6453)
 時おり、幼さの残っている若い僧と出会う。
 不審そうな顔もせず、「何の用事か?」と問い質すこともなく、ニコニコしながら見守っている。
 帰る際は、会釈までしてくれる。
 若い住職かも知れないが、いつも心が和む。

おんば様 (姥神籠堂)

 早鳥居山。 安産の神様とされている。
 明和7(1770)年、建立。
 明治23(1890)年、再建。
 「身辺会津風土記」にも記載がある会津三御婆様、会津八大おんば様の一つ。
 「早鳥居村東九町飯豊山径なり 此に鳥居及姥神の石像あり 昔飯豊山に登る者は先ここに詣しと云
 ▲(喜多方市山都町大字相川字早鳥居)   

 大塩平左衛門  斎藤阜雄  無為庵如黙

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    喜多方市  温泉  清水  墓碑    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  柳津  湯川