会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [柳津町]    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  湯川

名 刹 と 神 社 ( 柳 津 町 )

月光寺<柳津>

月光寺<柳津>

 貞永元(1232)年、野老沢村に創建。
 医王山、真言宗豊山派。
 地蔵尊は、斎藤清の版画モデルになっている。
 裏手70メートルほど先に、糸瀧不動尊がある。
 不動尊の石像が彫られた岸壁には、白い糸筋のように流れる素敵な糸滝が流れ落ちる。
 JR只見線と隣接しており、満開の桜時期は撮影スポット。
 ▲(柳津町大字柳津字下荒町甲109 Tel. 0241-42-2567)

西念寺 (さいねんじ)

西念寺

 天正18(1580)年、僧/正善が草創。
 元和2(1616)年に創建とも。
 紫藤山、浄土真宗本願寺派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 大正3(1914)年、住職/山内教観が焼失した本堂を再建。

 ▲(柳津町大字砂子原字上林1528 Tel. 0241-43-2033)

神照寺

神照寺

 天文元(1532)年、僧/玄誉が草創。
 湯瀧山、浄土宗知恩院派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 大正2(1913)年、焼失した堂宇が再建。
<  ▲(柳津町大字砂子原字上林1505 Tel. 0241 43 2031)

圓蔵寺 (円蔵寺)      福満虚空蔵尊

円蔵寺

 大同2(807)年、弘法大師作の福満虚空蔵尊を安置するために、徳一大師が草創。
 霊厳山 (霊岩山)、臨済宗妙心寺派。
 本尊は、福満虚空蔵尊。
 至徳年間(1384〜1387)、臨済宗に改宗し中興。
 元亀2(1571)年、総欅造りの荘厳な堂宇が建立。
 一時、真言宗になるも、寛永4(1627)年に臨済宗復帰。
 文政13(1830)年、菊光堂 (本堂) が建立される。
 52世住職/喝厳が発想し、六衆徒(月本坊・桜本坊・柳本坊・杉本坊・岡本坊・東坊)が尽力、松平容敬公の庇護も受け落慶。

 1月7日の「七日堂裸まいり」は、全国的にも有名。
 会津の民芸品「赤べこ」の発祥の地。
 「粟 (あわ) まんじゅう」が名物、小売りしている店も多いので、ぜひご賞味を。
 奥之院弁天堂は、国指定重要文化財。

 ▲(柳津町柳津字寺家町甲176 Tel. 0241-42-2002)

奥之院弁天堂 月光寺<飯谷> 華蔵寺 光泉寺 正徳寺<郷戸> 正徳寺<久保田>
真光寺<胃中> 真光寺<藤>

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [柳津町]    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  南会津  湯川