会 津 を 構 成 す る 市 町 村

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    南会津町  温泉  清水    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  柳津  湯川

名 刹 と 神 社 ( 南会津町 )

安照寺

安照寺

 嘉禄元(1225)年、下野小山/法真 (近藤修理亮為継) が伊南古町寺沢に道照庵を結ぶ。
 長禄3(1459)年、6世/真願法師が浄土真宗に改宗。
 来迎山、浄土真宗。
 本尊は、木造/阿弥陀如来立像 (50cm)。
 天正10(1582)年、宗玄上人が宮床に移築し、創建。
 寛保元(1741)年、19世/雷音が本堂を建立、現在に至る。
安照寺のシダレザクラ
 本堂の裏側に、樹齢450年のシダレザクラや、義民/兵左衛門供養碑があり、会津蔵入騒動の謀議の寺としても知られる。
 現在、御蔵入三十三観音の二十八番を管轄。

 ▲(南会津町宮床字下宮床1044 Tel. 0241-72-2550)


鹿島神社

鹿島神社

 治暦3(1067)年、井桁村に移住した阿久津家/屋敷神として奉祀。 長治元(1104)年、創建とも。
 祭神は、武甕槌命(たけみかづちのみこと)大雷命(おおいかずちのみこと)活津日子命(いくつひこね)(五男三女の神)。
 現在でも、阿久津家が神職を務めている。
 樹齢300年を超える樹高30メートルほどの栃の木がある。
 ▲(南会津町井桁83 Tel. 0241-78-2213)
   ・祭礼 9月6〜8日

≪南会津町には、谷川沿いに8つの鹿島神社が点在している。≫

香取神社

香取神社

 弘安2(1279)年、上野一の宮(富岡市)/貫前大明神の分霊を奉祀。
 祭神は、経津主命(ふつぬしのみこと)
 昭和42(1967)年、落雷で焼失したため再建。

 ▲(南会津町宮沢字下ノ原  旧伊南村)
   ・祭礼 9月13日

教林寺

教林寺

 開基については詳細不詳。
 楊貴山、時宗遊行派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 僧/覚阿弥が中興とのこと。
 昭和21(1946)年、大火で焼失し、現在地へ移転。

 ▲(南会津町田島字会下甲3233 Tel. 0241-62-4068)

慈恩寺

慈恩寺

 慶長年間(1596〜1615)、草創。
 応永7(1400)年、創建とも。
 養命山、真言宗豊山派。 本尊は千手観音坐像。
 会津五色不動尊の離悩不動 (黒色)
 御蔵入三十三観音の第十六番

 ▲(南会津町田島字後原甲3707 Tel. 0241-62-2668)

照国寺

照国寺

 建治3(1277)年、一向上人が草創。
 金光山法善院古町道場、時宗一向正派。
 本尊は、阿弥陀如来、聖観世音、薬師如来。
 元領主/河原田氏の菩提寺。
 殉難碑あり
 御蔵入三十三観音の第二十五番

照国寺の山門  天正17(1589)年、伊達政宗公が会津侵攻の時に焼き払った。
 現在の山門は、延享2(1745)年に再建されたもの。

 ▲(南会津町古町字小沼2025 Tel. 0241-76-2907)

常楽院

常楽院 青春不動(青色)

 永正16(1519)年、星大和が創建し、僧/海順が開山。
 天正元(1573)年、草創とも。
 鹿楽沢山、真言宗豊山派。 本尊は不動明王。
 竜福寺の末寺。
 会津五色不動の青春不動 (青)
 額に十字があることから「マリア観音」と呼ばれる子安観音像でも有名。
 ▲(南会津町福米沢字宮ノ前1392 Tel. 0241-62-1465)

泉光寺

泉光寺

 康永2(1343)年、僧/適が草創。
 千楽山、浄土真宗。 本尊は阿弥陀如来。
 三重/専修寺の末寺。
 その後、僧/月波が現在地に移し中興。
 正徳3(1713)年、焼失した本堂を再建。
 御蔵入三十三観音の第二十二番

 ▲(南会津町舘岩村塩ノ原)

善導寺

栄燿堂 御蔵入第二十四番

 永承元(1046)年、杉岸満信が創建し、蓮誉上人が開山。
 成宝山、浄土宗鎮西派。 本尊は阿弥陀如来座像。
 墨で塗られており、黒仏様と呼ばれている。
 天正9(1581)年、兵火のため堂宇すべてが焼失。
 慶長5(1600)年、蒲生中右衛門惟時が再建し、廓誉上人が中興。
 元禄15(1702)年、本堂が改築され、現在に至る。
 本尊を京都 (唐とも) から運ぶ際、危難に遭わないように全身を黒で塗りつぶしたという。
 御蔵入三十三観音の第二十四番

 ▲(南会津町古町字東居平73 Tel. 0241-76-2570)

田出宇賀神社       会津田島祇園祭り

田出宇賀神社

 田んば中から神体が現れたことで「田出宇賀神」と呼ばれ、田の神として信仰されてきた。
 祭神は、宇迦之御霊(うかのみたまのかみ)和久産霊命(わくむすびのみこと)須佐之男命(すさのおのみこと)天照大神(あまてらすおおみかみ)
 文治年間(1185〜1189)、鴫山城主/長沼五郎家政が下総国/結城から須佐之男命を合祀し、疫病よけの祇園祭りが始まる。
 蒲生氏郷公や、加藤嘉明公の庇護も受ける。
 天和4(1684)年、保科正経公が社殿を再建したため、祭りが盛大となる。
 元禄(1688〜1703)の頃に天領となった間も、祭事は続けられた。
 現在の拝殿は、昭和27(1952)年に再建されたもの。
 熊野神社も同じ社に奉祀され拝殿は共通だが、偏額と真逆に社務所が配置されている。

 ▲(南会津町田島字宮本甲629 Tel. 0241-62-0460)

徳昌寺

徳昌寺

 永享7(1435)年、城主/長沼政明が一族の菩提寺として創建し、通覚和尚が開山。
 興国山、曹洞宗。
 本尊は、手をあげている珍しい釈迦如来座像。
 地元では、「山寺」と呼ばれている。
 若松/天寧寺の末寺。
 弘治元(1555)年、中興。
 本堂と庫裏、金比羅堂は、国選定登録有形文化財。
 60町歩の広さの裏山樹林を借景とした庭には、樹齢300年の杉6本と200年の一位3本があり、野鳥の楽園となっていて憩いの場として訪れる人も多い。
 御蔵入三十三観音の第十五番
 城主/長沼盛秀一族、会津騒動の堀主水の妻/寿林室井杢左ヱ門の墓などがある。
 ▲(南会津町田島字寺前甲2970 Tel. 0241-62-0255)

永田三十三観音については、こちら。

南泉寺

 嘉承2(1107)年、村人が聖徳太子を勧請。
 寛喜3(1231)年、星佐藤左衛門が善達坊と名乗り草創とも。
 松見山、浄土真宗高田派。
 天文5(1536)年、道善上人が現在の地に移し中興。
 明暦元(1655)年、浄土真宗高田派に改宗。
 御蔵入三十三観音の第十九番
 樹齢500年の五葉松もあり、樹齢は110年ほどだがシダレザクラも見事。

 ▲(南会津町静川字西ノ沢口乙14 Tel. 0241-62-2883)

薬師寺

薬師寺

 安貞2(1228)年、下野/結城薬師寺の僧/鎮聖が草創。
 金光山安楽院、真言宗豊山派。
 嘉元3(1303)年銘の木造阿弥陀如来座像、薬師如来立像など45体。
 中世の鴫山城主/長沼一族の氏寺 (祈願所)。
 度重なる火災で、昔の面影は残っていない。
 御蔵入三十三観音の第十四番
 ▲(南会津町田島字本町甲3872-1 Tel. 0241-62-0102)

龍福寺

龍福寺

 文治5(1189)年、源義経が奥州平泉へ落ち延びる途中、糸沢宿付近に人目を避けて投宿した。
 建暦2(1212)年、この地に留まった家臣の一人/渡邉内膳守義政が、糸沢宿の真ん中に開山した、との伝承がある。
 熊野山、真言宗豊山派。
 御蔵入三十三観音の第二十一番
 近くに、碑/源義経一行逃避之地がある。
 ▲(南会津町糸沢字居平1880 Tel. 0241-66-2222)

 如活禅師

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    南会津町  温泉  清水    [メニュー]  会津坂下  会津美里  猪苗代  金山  喜多方  北塩原  下郷  昭和  只見  西会津  磐梯  檜枝岐  三島  柳津  湯川