[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]

会  津  五  街  道

 会津は、弥生、縄文時代にも、広い地域との交易が活発であった。
 遺跡発掘が進むにつれ、出土品から想像以上の交易があったことが、次々に明らかになっている。
 古代に、律令制によって制定された7つの 「道」 が制定されていた。
 会津とは、「東山道」 で結ばれる。
 天正18(1590)年、豊臣秀吉は白河街道から会津に入り、下野街道を通って帰った。
 江戸時代になって、徳川家康は全国の街道の整備を命じた。
 東北地方で江戸に最も近い城下町であった会津藩は、国家事業として開始した。
 保科正之公は、榎を植えて一里塚とし、松並木を植え、橋や船渡し、宿場町整備に注力した。
 そのことで往来が多くなり、米や朝鮮人参漆器絵ろうそくなどの特産品が発達することになる。
 慶安2(1649)年、幕府への報告には、「本道五筋」があるとしている。
  ◇ 南山通り(下野街道)  一里塚
  ◇ 白河街道
  ◇ 米沢街道  一里塚
  ◇ 越後街道
  ◇ 二本松街道  一里塚

大町一之町の四つ角 「札の辻」の石柱

札の辻

 街道の起点は大町一之町の四つ角にあり、本道五筋が放射状になっている。
 制札場が置かれ、「札の辻」 と呼ばれた。

 南山通り、越後街道、米沢街道は西に向かい、南通りは郭外に出てすぐに南下する。
 さらに阿弥陀寺を過ぎてから北向う米沢街道と、そのまま西に向かう越後街道が別れる。
 二本松街道と白河街道は東に向かい、蚕養国神社で、北への二本松街道と、東へ向う白河街道と別れる。
 後に、会津五街道、または東西南北道と呼ばれるようになる。
 いずれも主要街道で、古くから商業物資の運搬や軍事用の道であり、江戸時代に参勤交代のため整備された。
 内陸部であるため塩の入手、江戸や大阪などの消費地への米の販売に、ますます街道は重要性を増していく。
 本道五筋の他にも、沼田街道松川街道などの「小道二十五筋」も報告している。
 現在の幹線として残っているのもあるが、裏道や廃道になっている街道が多い。

 街道の整備に、暗黒時代を迎える。
 極悪人/県令 (知事) 三島通庸が命じた「三方道路」である。
 会津から、西、北、南へ放射状に伸びる道路。
  ・西は、新発田から日本海へ
  ・北は、米沢から東北各地へ
  ・東は、太平洋から東京へ・・・・・南は、日光から東京へ
 会津五街道の起点と同じく、大町一之町の札の辻なのだが、ルートが異なるのである。
 むしろ、難工事になるルートを選んでの掘削で、途中で放棄した所も発生している。
 古来から集落の中心であり、流通の要である宿駅の解体が狙いであった。
 もくろみ通り、その後の日本の発展から、会津は取り残された。
 会津の人口は、今でも江戸時代末と変わっていない。
 薩摩出身の三島は、会津の資力を削ぐのも目的だったため、陳情にも決して耳を貸すことはなく、目に余る内容を明治15(1882)年から強行した。
 16歳から65歳までの男女は、無賃で2年間/毎月1日を労役に服さなければならないとし、役務に出れない者からは1日当たり男は15 銭、女は10銭を徴収した。
 毎月1日といっても、遠方から自費で工事現場に行かなければならず、食費や宿泊費などの生活費も自前なのである。
 貧富には関係なく、例外などは一切認めず徴収され、未納者には財産を差し押さえ、公売処分にするという前代未聞の過酷なものであった。
 この過酷な労働と厳しい代金徴収の圧政から、喜多方事件清水屋事件などが起こり、会津での自由民権運動の発端になった。

 平成9(1997)年、磐越自動車道が全線開通し、日本海と太平洋がつながった。
 江戸からの道も、4時間弱で結ばれた。

南山通り (下野街道 しもつけ ―)

 大町一之町の札の辻から、下野/今市 (栃木県日光市今市) を結ぶ街道。
 行程は、32里 (130km)。 江戸へは60里 (240km)。
 関山街道、南通り、下野路とも呼ばれていた。
 関東側からは、会津街道、会津西街道などと呼ばれていた。
 日光街道とも呼ばれていたが、近年では分かりやすい点から会津へ通じる西側の通り、“会津西街道”がよく使われている。
 古くから、軍馬などの通行に利用されていた。
 本格的な整備は、保科正之公による。
 日光東照宮が造営されたため北からの入口となり、参勤交代や江戸廻米、名産品の運搬、庶民の出稼ぎ・西国巡礼などの利用も加わって、重要な街道となる。
 新発田藩、村上藩、庄内藩、米沢藩などの参勤交代でも重要な街道であった。
[宿駅]
  (札の辻) → 福永 → 関山 → 大内 → 倉谷 → 楢原 → 田島 → 川島 → 糸沢 → 横川 → 中三依 → 五十里 → 高原新田 → 藤原 → 大原 → 高徳 → 大桑 → 今市


 天和3(1683)年、日光大地震の崩落で男鹿川が堰き止められ、出現した湖底に五十里宿が沈み、南山通りは通行不能となる。
 元禄8(1695)年、松平正容公が代替に松川街道 (松川新道、宇都宮街道、那須越え) を整備。
 国道118号の下郷までは、松川街道沿いである (その先が国道121号の所以)。
 享保8(1723)年、五十里湖部が修復され、五十里宿復活。
 明治17(1884)年、会津三方道路の完成で、旧道は衰退。
 平成14(2002)年3月19日、大内宿辺りの10キロほどが下野街道として国の史跡に指定された。

 おおよそ国道121号沿いであるが、下郷町までは違う。
 県道59号 → 県道131号沿いにあった。
 「札の辻」(七日町通りを西へ) → 桂林寺通り → 融通寺通り → 川原町 → 材木町 → 大川を渡ると若松を出る (昔は上米塚の渡しがあった)。
 一里塚については、こちら。

白河街道

 大町一之町の札の辻から、磐城/白河 (福島県白河市) を結ぶ街道。
 奥州街道へ結ぶ街道でもある。
 行程は、17里 (68km)。 江戸へは65里 (260km)。
 白河側からは、若松街道、会津街道、会津本街道、会津越後街道と呼ばれていた。
 古来より往来に使われており、高僧/行基が会津入りする時に通った道である。
 天文14(1545)年、蘆名盛氏公が勢至堂峠経由の街道として、本格的に整備。
 安積郡西部と岩瀬郡長沼地方(二本松、郡山、三春、須賀川、白河、相馬)を統治するためである。
[宿駅]
  (札の辻) → 金堀 → 赤井 → 原 → 赤津 → 福良 → 三代 → 勢至堂 → 長沼・惣五郎内 → 江花 → 牧の内 → 上小屋 → 飯土用 → (白河)

 滝沢峠、沓掛峠、黒森峠、勢至堂峠と峠が多いため、宿駅間の距離は比較的短い。

 慶長16(1611)年、地震により、南山通りが通行不能となると、佐渡の金の運搬や、新発田藩・村上藩の参勤交代に重要な街道となる。
 佐渡三道(三国街道、北国街道)の1つであり、江戸五街道(東海道、中山道、甲州街道、奥州街道、日光街道)に次ぐ街道であった。
 蒲生氏郷公が会津に入部の際や、豊臣秀吉が会津に入る時も、この街道を利用している。
 豊臣秀吉は、街道の道幅を3間とするように、伊達政宗公に整備を命じている。
 寛永4(1627)年、会津入りした加藤嘉明公は、険しい背炙山ルートから滝沢峠を通る道を開き、背炙峠を冬坂峠と改める。
 沓掛峠辺りまでは、二本松街道の上街道と共有している。

 国道294号の流れではあるが、共通する部分は少ない。
 「札の辻」(東へ) → 六日町(北へ) → 博労町(相生町) → 蚕養国神社滝沢本陣 → 若松を出る。

米沢街道

 大町一之町の札の辻から、出羽国置賜郡/米沢 (山形県米沢市) を結ぶ街道。
 行程は、14里 (56km)。
 米沢側からは、会津街道と呼ばれていた。
 古来から桧原峠 (大峠) を越え行き来していたが、室町時代初め、裏磐梯一帯の領主となった穴沢氏が整備。
 伊達正宗公上杉景勝公の時代、米沢は会津藩領地だったため、街道は本格的に整備された。
 出羽三山詣などにも利用されていた。
 伊達政宗公の会津攻めや、上杉景勝公が米沢へ移封、会津を拝領した保科正之公が山形/最上から通った道である。
[宿駅]
  (札の辻) → 塩川 → 熊倉 → 大塩 → 桧原 → 綱木 → 関町 → (米沢)


 江戸時代初期まで、熊倉に至る上街道、中街道、下街道の3つの道筋があった。
 ≪上街道≫  ほぼ県道69号に近い。
  「札の辻」大町通りを北上し、榮川酒造辺りで鉄道線路を越え、県道69号に入り、まっすぐ熊倉集落に至る。
 ≪中街道≫  国道121号に近い。
  上街道の西側を通り、日橋川辺りで上街道に合流していた。 
 ≪下街道]≫  ほぼ県道326号に近い。
 「札の辻」から、越後街道と共有し、西七日町辺りから別れ、県道326号に入る。
 湯川村、塩川を通り、昔は曲がりくねった道だったという。

 慶長13(1608)年、蒲生秀行公の時代に、上街道と中街道が廃止され、塩川を通る下街道が本街道筋になった。
 明治18(1885)年、大峠の名を移し「大峠道路」と名付けた旧/国道121号が完成したため、旧/米沢街道は一気に衰退した。
 明治21(1888)年、磐梯山の噴火により桧原湖が出現し、旧/米沢街道の一部が湖底に沈んだ。
 昭和48(1973)年、桧原峠より4キロほど東側に、西吾妻スカイバレーが開通した。 現在は償還が終わり無料開放されている。
 平成4(1992)年、新/国道121号が新しい「大峠道路」として開通し、米沢は飛躍的に近くなった。
 一里塚については、こちら。

越後街道

 大町一之町の札の辻から、越後/新発田藩 (新潟県新発田市) を結ぶ街道。
 行程は、23里 (92km)。
 米や特産品などの物資を送り出し、北海道の海産物や日本海の塩を運ぶ重要な街道である。
 新発田藩や村上藩の参勤交代に使われ、殿様街道とも呼ばれていた。
 佐渡金山関係の行き来にも使われ、佐渡三道の1つでもあった。
 赤谷 (現/新発田市) までが会津藩領地で、口留番所 (関所) が置かれていた。
 越後側からは、「会津街道」と呼ばれる。
 文化11(1814)年、十返舎一九が通り、「諸国道中金草鞋」に宿駅などの記載がある。
[宿駅]
  (札の辻) → 高久 → 坂下 → 塔寺・気多宮 → 舟渡 → 片門 → 天屋・本名 → 軽沢 → 縄沢 → 野沢 → 上野尻 → 下野尻 → 白坂 → 宝川 → 八田 → 福取 → 八木山 → 野村 → 天満 → 津川 → 行地 → 新谷 → 綱木 → 赤谷 〜 (新発田藩城下)


 坂下、野沢、津川の3か所は、定期市が開催されるなど大いに賑わっていた。
 坂下は、南北に2町16間、東西に10町50間に399軒が建ち並び(「新編会津風土記」)、街道一の規模を誇っていた。
 津川は、阿賀川の舟運の物流拠点として、会津藩の西の玄関口いあり、代官所や蝋蔵・塩蔵・廻米蔵の船番所などがあった。
 代々の領主・藩主は、鳥井峠から赤谷までを小川庄に治めてさせたが、その拠点が津川だった。

 慶長16(1611)年の地震により、山崎新湖ができ、勝負沢峠が山崩れで通行不能となったため、それまでより少し南の板下を通るルートに変わった。
 現在、国道49号の会津若松市から以西を越後街道と呼んでいるが、坂下の前後と津川以西が異なっている。
 「札の辻」 → 七日町通り(西へ) → 阿弥陀寺(西へ) → 湯川/柳橋(橋を渡り北北西へ) → 若松を出る。
≪地震以前≫
 高瀬(国道49号と合流し北西へ) → 佐野(大川を渡り西へ) → 青木(県道21号線、坂下町最北端の集落、西へ) → 西羽賀(西へ) → 塩坪(阿賀川沿いに西へ) → 尾登 → 野沢
≪地震後≫
 高久 → 坂下 → 塔寺・気多宮 → 舟渡 → 片門 → 天屋・本名 → 軽沢 → 縄沢 → 野沢

≪野沢 以西≫
 野沢から津川までは、国道49号沿い。
 阿賀野川を渡り、1キロメートル位西へ行った後、国道49号と別れ北上する。
 諏訪峠を越え (現在の林道は、更に北を迂回している)、行地を経て新谷で三川から来た新潟県道14号と合流、そのまま北西へ進み、赤谷を経て新発田市に至る。

二本松街道

 大町一之町の札の辻から、岩代/二本松 (福島県二本松市) を結ぶ街道。
 奥州街道へ結ぶ街道でもある。 本宮からは奥州街道と共有。
 行程は、15里 (60km)。
 二本松側からは、会津街道、越後街道と呼ばれていた。
 保科正之公を奉祀する土津神社への往復道として重要だった。
[宿駅]
  (札の辻) → 大寺 → 猪苗代 → 関脇 → 中山 → 横川 → 苗代田 → 本宮 → (二本松)


 猪苗代までは、宿場のある磐梯山の山麓を通る本道の下街道と、猪苗代湖北岸の集落を通る上街道に別れていた。
 ≪下街道≫
  蚕養国神社の手前で白河街道と別れ、北上する。
   松窪集落 → 八田 → 大寺(県道7号を東へ) → (猪苗代町)
 ≪上街道≫
  沓掛峠で白河街道と別れ、東へ向かう。
   強清水赤井谷地戸の口十六橋 → 三城潟 → (猪苗代町)

 明治25(1892)年、新たに県道が開通したため、旧/二本松街道は衰退した。

そ   の   他   の   街   道

沼田街道

 大町一之町の札の辻から、上州/沼田 (群馬県沼田市) を結ぶ街道。
 気多宮までは越後街道と共有。
 行程は、60里 (160km)。
 南会津郡辺りでは伊北街道、上州側からは会津街道と呼ばれていた。
 上州を結ぶ唯一の交易路である。
 会津からは米や酒、上州からは塩や油などが運ばれ、尾瀬沼の三平下辺りで中継されていた。
 相違は多々あるが、基本は国道401号。
 檜枝岐の御池を左折し県道1号に入るが、先は登山国道。
[宿駅]
  (札の辻) → 高久 → 坂下 → 塔寺・気多宮 → 柳津 → ・・・・ → 檜枝岐 → 御池 → 沼山峠 → 尾瀬沼 → 三平峠 → 大清水 → 戸倉 → 鎌田 → 追貝 → 大原 → (沼田)

 「 → 追具 → 大原 → 横塚 → (沼田)」 の筋もあった。

銀山街道

 大町一之町の札の辻から、軽井沢銀山 (柳津町) を結ぶ5里ほどの街道で、現在の県道59号/会津若松三島線とほぼ一致する。
 軽井沢銀山は、永禄元(1558)年に村人が発見、翌年に蘆名盛氏公が採掘を開始した。
 最盛期には月900斤 (約6.5トン) の銀を産出した日本屈指の銀山。
 明治26(1893)年の記録にも4トンを産出 (全国6位) とあるが、3年後に閉山した。
[宿駅]
  (札の辻) → 御旗町〜柳原〜蟹川橋 → 宿場/下荒井 → 中田〜長尾 → 宿場/逆瀬川 → 松坂〜柳津 → 宿場/軽井沢 → 銀山札の辻

 後に、延長。
 (銀山札の辻) → 銀山峠〜五畳敷 → 宿場/砂子原 → 宿場/大谷 → 間方〜美女峠 → 宿場/野尻 → 吉尾峠〜布沢 → 宿場/小林で沼田街道と合流

松川街道 (会津中街道)

 天和3(1683)年、日光大地震で戸板山の崩壊し五十里村が水没、南山通りが遮断されたため、松平正容公が代替街道として急がせる。
 元禄8(1695)年、完成。
 黒磯・矢板を経由し、下野/氏家 (栃木県氏家町) で奥州街道と合流して江戸に至る道筋。
 行程は、31里 (120km)。
 松川新道、宇都宮街道とも呼ばれ、下野側からは南山通りと原街道との間にあることから会津中街道・会津通り・会津道と呼んでいた。
 南山通り、白河街道、原街道とともに、江戸廻米に使用した街道。
[宿駅]
  (札の辻) → 面川 → 香塩 → 小塩 → 桑原 → 小出 → 弥五島 → 松川 → 野際 → (難所の大峠/1,468m) → 三斗小屋 → 板室 → 百村 → 高林 → 横林 → 石上 → 山田 → 矢板 → 川崎 → 乙畑 → 氏家(阿久津河岸)
(脇街道:田代通り)
  (札の辻) → 桑原 → 田代 → 水門 → 小松川 → 松川
 で合流

 元禄9(1696)年と元禄10(1697)年の2度、保科正容公の参勤交代に利用された。
 元禄17(1704)年、暴風雨で通行が困難となり、脇街道となる。
 享保8(1723)年に南山通が復旧し、松川街道は衰退するものと思われたが、皮肉なことに道中奉行の厳しい規制もなくなったため通行量は増え、明治初期まで往来は大いに栄えた。

原街道

 正保2(1645)年、年貢米を江戸に輸送するために、保科正之公が新設した街道。
 南山通り松川街道白河街道とともに、江戸廻米に使用した街道。
 通過する東那須野や西那須野が原野だったことから、原街道、原方道と呼ばれた。
 悪路で馬も通れず、牛での運搬だったため、牛街道とも呼ばれていた。
 奥州街道の脇街道で、主に荷物の運搬に使用された。
 脇街道だったが幕府が管理する本街道に準じ、幕府の道中奉行が監督していた。
 また、会津藩の廻米方が任命した問屋が置かれていた。
[宿駅]
  白川 → 黒川 → 夕狩 → 逃室 → 小島 → 高久 → 東小屋 → 槻沢 → 平沢 → 鷲宿 → 氏家 → (阿久津河岸)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]