会   津   の   名   産   品

[会津若松市外の名酒]   [戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    身不知柿会津人参高田梅
名菓  会津塗  絵ロウソク  会津木綿  桐製品  本郷焼  民芸品  新名物  会津地鶏

名        酒

 古来より、会津には小さく、こじんまりした蔵元が数多くある。
 町中を散策すると、証しである"杉玉"や"古いのれん"を、今でも目にすることができる。
 良質の伏流水、肥沃な土地から産する質の高い米、寒暖の激しい気候、かたくなに守る熟練の技が、うまい酒を生み出し続けている。
 酒には、万人が好む品は無いという。
  ◇ 辛口を好む人
  ◇ 甘口を好む人
  ◇ スッキリ派・濃厚派
  ◇ 口の中で広がる酒
  ◇ 口の中をころがる酒
  ◇ 常温が一番美味しいといわれるが冷やすと豹変する酒
  ◇ 熱燗で芳醇な味と香りが楽しめる酒
など様々である。
 最近では、フルーツ風味も好まれている。
 意外に知られていないのが、全国でもトップの地位にあることである。
 会津では、お好みの名酒と出会える。

会  津  若  松  市  内  の  醸  造  元

名倉山酒造 株式会社

 「◎名倉山」  「月弓」

名倉山酒造 株式会社  ・創業 大正6(1917)年
 ・酒蔵 見学なし
 酒蔵では販売していないので、市内の酒店で購入を。

 ▲(会津若松市千石町2-46 Tel. 0242-22-0844)

鶴乃江酒造 株式会社

「◎純米大吟醸 会津中将」 「◎大吟醸 山田錦ゆり」 「会津中将」 「ゆり」

鶴乃江酒造株式会社  ・創業 寛政6(1794)年に分家
 ・酒蔵 見学可(要予約)
 「鶴乃江」とは、鶴ヶ城と猪苗代湖を表わすとのこと。
鶴乃江酒造の仕込み水

仕込み水   .

 ▲(会津若松市七日町2-46 Tel. 0242-27-0139)
    9時〜18時、年中無休

末廣酒造 株式会社

 「◎玄宰」  「◎末廣」 「◎嘉永蔵」 「◎玄宰」 「舞」 「Dr.野口」 

末廣酒造 株式会社  ・創業 嘉永3(1850)年
 ・見学 「嘉永蔵」見学可 (無料)
 発泡酒、梅酒、そば酒も販売。一番古い「杏蔵」を改装して喫茶店も営業。
 世界各国の名機、珍品の「クラシックカメラ博物館」併設。個人コレクションとしては、国内最大規模。
 「会津復古会」加盟店。

 ▲嘉永蔵 (会津若松市日新町12-38 Tel. 0242-27-0002)

▲博士蔵 (会津美里町字宮里81)
末廣酒造 博士蔵

榮川酒造 株式会社

 「◎榮四郎」 「◎龍ヶ沢」 「榮川」 「磐梯しぼり」
 <焼酎> 「榮川」

榮川酒造・磐梯工場  ・創業 明治2(1869)年
 ・酒蔵 見学なし
 磐梯工場には試飲のできる「ゆっ蔵」がある
仕込み水

仕込み水   .



 ▲(磐梯町大字更科字中曽根平6841-11 Tel. 0242-73-2300)
 「えいせん」と読み、同じ漢字名の別の蔵元もある。

榮川酒造株式会社  本社では販売していないので、磐梯工場や酒店、土産物店で購入を。
 ▲本社(会津若松市駅前町2-1 Tel. 0242-22-7530)

会州一酒造(山口 合名会社)

 「◎会州一」 「儀平」 「此花」

会州一酒造(山口 合名会社)  ・創業 寛永20(1643)年
 隣接の「会州一蔵」で販売している

 ▲(会津若松市相生町7-17 Tel. 0242-25-0054)

花春酒造 株式会社

 「◎純米大吟醸 花春」 「◎荒城の月」 「花春」 「夢の香」 「鶴水」 「会津印」
 <焼酎> 「粕取焼酎」 「花春」 「ブーン」

花春酒造 株式会社  ・創業 享保3(1718)年
 ・酒蔵 見学なし
 酒蔵では販売していないので、市内の酒店で購入を。

 ▲(会津若松市神指町大字中四合字小見前24-1
                Tel. 0242-22-0022)

合資会社 辰泉酒造

「◎純米大吟醸 京の華」 「京の華」 「会津流」 「辰泉」 「成志」 「通の酒」  
 <焼酎> 「辰泉」 「悠久の滴」

合資会社 辰泉酒造  ・創業 明治10(1877)年に本家新城家(酒造業)より独立
 ・酒蔵 見学可(要予約)

 ▲(会津若松市上町5-26 Tel. 0242-22-0504)
    9時〜18時、不定休
辰泉酒造の酒類


宮泉銘醸 株式会社

 「◎寫樂」 「◎大吟醸 宮泉」 「会津宮泉」
 <焼酎> 「玄武」

宮泉銘醸 株式会社  ・創業 昭和29(1954)年に花春酒造(株)から分家
 ・酒蔵 「会津酒造歴史館」併設
      焼酎資料館としては東北初とのこと

 ▲(会津若松市東栄町8-7 Tel. 0242-27-0031)

高橋庄作酒造店

 「◎会津娘」  「雪がすみの郷」

高橋庄作酒造店  ・創業 明治8(1875)年
 ・酒蔵 見学可(要連絡)
 歴史的景観指定建造物 (第30号)
 酒米/五百万石を自ら耕作、淡麗でキレの良い酒と評判。

 ▲(会津若松市門田町一ノ堰755 Tel. 0242-27-0108)


石橋酒造場(石橋徳治)

 「薫鷹」  「会津灘」

石橋酒造場(石橋徳治)  ・創業 明治10(1877)年
 ・酒蔵 見学なし

 ▲(会津若松市御旗町3-18 Tel. 0242-27-0313)


河野 合名会社

 「春高楼」  「粛正」

河野合名会社?  ・創業 大正11(1922)年
 ・酒蔵 見学なし
 酒蔵では販売していないので、市内の酒店で購入を。

 ▲(会津若松市新横町4-10 Tel. 0242-27-0494)

 「会津若松市外の名酒」については、こちら。

合名会社 柏木酒造店
 「天香」
 「天香」の名は、「春過ぎて夏きたるらし白砂の衣ほすてふ天の香久山」によるとのこと。
 ▲(元・会津若松市相生町7-37 Tel. 0242-22-0452)
 訪ねた(20/6)が、住所には大型スーパーが建っていた。
 電話は通じたため聞いたところ、休業しているとのことである。
 名酒だったので、残念である。

東山酒造 合資会社
 「東山」
 ・創業 明治年間。
 ▲(元・会津若松市相生町7-50 Tel. 0242-22-1242・不通)
 訪ねた(20/6)が無くなっており、電話も通じない。
 近所で聞いたところ、廃業したとのことである。
 美味い酒だったので、残念である。

[会津若松市外の名酒]   [戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    身不知柿会津人参高田梅
名菓  会津塗  絵ロウソク  会津木綿  桐製品  本郷焼  民芸品  新名物  会津地鶏