会    津    の    名    産    品

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    身不知柿会津人参高田梅御薬園草茶
名酒  名菓  会津塗  絵ロウソク  会津木綿  桐製品  民芸品  新名物  会津地鶏

本     郷     焼

本郷地区

 文禄2(1593)年、蒲生氏郷公が黒川城 (鶴ヶ城) 改修のために、播磨国から瓦工/石川九左衛門らを呼び寄せて、黒瓦を作らせたのが始まり。
 正保2(1645)年、保科正之公が瀬戸 (愛知県) 出身の陶工/水野源左衛門らを招き、本格的な陶器の基礎が築かれた。
 寛政12(1800)年に新たな製法を開発、大いに栄える。
 東北では、最古の白磁の産地である。
 国の伝統的工芸品にも指定されている。
 旧/本郷町には、大小の窯元が多数立ち並ぶ。
 釉薬「飴釉」を使ったニシンの山椒漬けを入れる「ニシン鉢」は有名。
 毎年8月の第1日曜日に、「会津本郷せと市」が開かれる。

 本通りから入った道は、昔のままで狭い。
 各窯元にも駐車場はあるが、数台程度のところが多い。
 "会津美里町インフォメーションセンター"の駐車場が利用できる。

≪陶磁器会館≫
会津本郷陶磁器会館  窯元の作品を、一堂に展示・販売している。
 各々の窯元でも購入できるが、各窯元の特徴を比較できる。
 駐車場もあり、ここでの購入がお勧め。
 見ているだけでも楽しい。
 旧/会津本郷陶磁器会館が装いも新たに、「窯の美里 いわたて」の1階に移転。
   “会津美里町インフォメーションセンター”の隣りにある。

 ▲(会津美里町字瀬戸町甲3162 Tel. 0242-56-5181)
   ・9時〜17時
   ・休館日 4月〜11月は無休、12月〜3月は火曜日

<会津美里町の欄と併記>    .

製  造 ・ 直  売  店

雅千堂 (がせんどう)

雅千堂

 空をイメージした青磁のオブジェが中心。
 昭和45年頃まで使用の水車も展示。
 ▲(会津美里町川原町北甲1765-1 Tel. 0242-56-3804)
   ・9時〜16時
   ・定休 不定休
   ・駐車 4台


かやの窯 (かやのがま)

かやの窯

 水車の隣にある。
 筆を使った濃淡の絵が得意とのこと。
 ▲(会津美里町川原町1099 Tel. 0242-56-2855)
   ・10時〜17時
   ・定休 不定休
   ・駐車 2台

 ぐい飲みと一輪挿しに、良いのがあった。

本郷の水車 かやの窯 かやの窯

閑山窯 (かんざんがま)

閑山窯

 手代木幸右衛門が祖で、本郷焼最古の老舗の1つ。
 手ひねり、ろくろ体験、工場見学あり。
 ▲(会津美里町松原際2195 Tel. 0242-56-2178)
   ・9時〜17時
   ・定休 不定休
   ・駐車 3台


閑山窯 閑山窯

樹ノ音工房 (きのおとこうぼう)

樹ノ音工房

 手ひねり、絵付け、ろくろ体験あり。
 女性客が多いとのこと。
 ▲(会津美里町字瀬戸町3272-1 Tel. 0242-56-5098)
   ・8時〜18時
   ・定休 不定休
   ・駐車 10台

 鉄釉を使った黒茶色の商品、特に小皿が心を捕える。

樹ノ音工房 樹ノ音工房 樹ノ音工房
樹ノ音工房

 ◆姉妹店「cafe yuinoba(カフェ ユイノバ)」
   (会津美里町字瀬戸町甲3182-5)
   ・10時〜17時
   ・定休 土曜日・日曜日・祝祭日のみ営業

玉山窯 (ぎょくざんがま)

 手ひねり体験あり (要予約)。
 急須などの茶器が人気とのこと。
 ▲(会津美里町瀬戸町甲3167 Tel. 0242-56-3021)
   ・8時30分〜17時
   ・定休 不定休
   ・駐車 4台

錦宝窯 (きんぽうがま)

錦宝窯

 山水画や花鳥画など、逸品がならぶ。
 伝統的な絵付けに特徴があるとのこと。
 ▲(会津美里町北川原2345 Tel. 0242-56-3948)
   ・7時〜18時
   ・定休 不定休
   ・駐車 3台

 大物の壺や絵皿に心惹かれる。 求めやすい壺も豊富。

錦宝窯 錦宝窯 錦宝窯

酔月窯 (すいげつがま)

酔月窯

 手びねり、絵付け体験あり(10名以上は要予約)。
 商品の種類が豊富。
 ▲(会津美里町字瀬戸町3174 Tel. 0242-56-3103)
   ・9時〜17時
   ・定休 不定休
   ・駐車 20台

 素敵なご飯茶碗が並ぶ。醤油入れもお勧め。

草春窯 (そうしゅんがま)

草春窯

 手ひねり体験あり(1週間前に要予約)。
 透明感のある薄水色が特徴とのこと。
 ▲(会津美里町瀬戸町甲3175 Tel. 0242-56-3732)
   ・9時〜17時
   ・定休 不定休
   ・駐車 3台

力窯 (ちからがま)

力窯

 絵付け、手びねり、ろくろ体験あり (要予約)。
 ▲(会津美里町川原町甲1881 Tel. 0242-56-3228)
   ・10時〜17時
   ・定休 不定休
   ・駐車 3台

力窯 力窯

陶雅 陶楽 (とうが とうらく)

陶が園 采樹窯

 元の「陶が園 采樹窯」、平成20(2008)改称。
 手ひねり体験あり (要予約)。
 ▲(会津本郷町瀬戸町3180 Tel. 0242-56-5115)
   ・9時〜17時
   ・定休 不定休
   ・駐車 5台

陶雅 陶楽 陶雅 陶楽

陶房 彩里 (とうぼう いろり)

 手ひねり、絵付け、ろくろ体験あり (当日受付可)。
 赤ペコカップが人気とのこと。
    ▲(会津美里町瀬戸町甲3183 Tel. 0242-56-5707)
      ・9時〜18時
      ・定休 不定休
      ・駐車 1台

 青色に輝く商品が素敵。

陶房 彩里 陶房 彩里

富三窯 (とみぞうがま)

富三窯

 染付された湯呑み、抹茶椀が人気とのこと。
 ▲(会津美里町新町176 Tel. 0242-56-3033)
   ・8時〜18時
   ・定休 不定休
   ・駐車 5台

 入り口に、創作焼き物が展示されている。

富三窯 富三窯 富三窯

鳳山窯 (ほうざんがま)

 名称は、白鳳山に由来する。
 手描きの山水画や、椿などの花の絵が特徴。
 ▲(会津美里町新町253-1 Tel. 0242-56-2851)
   ・9時〜18時
   ・定休 不定休
   ・駐車 2台

 鮮やかな絵柄の徳利や、ぐい呑みが素晴らしい。

鳳山窯 鳳山窯 鳳山窯

宗像窯 (むなかたがま)

 東北最古 (享保4/1719年創業) の登り窯の老舗。
 ▲(会津美里町本郷上甲3115 Tel. 0242-56-2174)
   ・9時〜17時
   ・定休 不定休 (1〜3月は水曜日)
   ・駐車 3台

 一生モノの逸品が多い。

宗像窯 宗像窯 宗像窯

流紋焼 (りゅうもんやき)  ネットで工場見学

流紋焼

 最大手の窯元で商品の種類が多く、工場見学も人気。
 手ひねり、絵付け、ろくろ体験あり(10名以上は要予約)。
 ▲(会津美里町川原町1933  Tel. 0242-56-2221)
   ・8時30分〜16時40分
   ・定休 不定休 (ほぼ無休)
   ・駐車 30台

 工場見学中、作業員の対応がとても良い。 商品にも愛情がこもっているように感じる。

流紋焼 流紋焼 流紋焼

会  津  若  松  市  内

会津慶山焼 やま陶

会津慶山焼 やま陶

 市内で、唯一の手づくりの窯元。
 常時、陶芸教室を開催していて、初心者に好評。
   ・手びねり体験コース (湯呑)
    絵付け体験コース  (湯呑、マグカップ、絵皿)
   ・体験時間は、約1時間
   ・1〜150名(要予約)

会津慶山焼 やま陶 会津慶山焼 やま陶  ▲(会津若松市東山町石山天寧67
   Tel. 0242-26-2507)
   ・9時〜18時
    (体験教室は、9時30分〜16時)
   ・駐車場 20台

そ  の  他  の  地  域


泰山窯  泰山窯

    埼玉在住の店主が、この地に惹かれて移住。
    黒光りする陶器が特徴。
    使い込むと虹色になるという。
    陶芸体験は、要予約。

    ▲(下郷町弥五島道上3286-1 Tel. 0241-67-2188)
      ・9時〜17時
      ・定休 不定休
      ・駐車 10台


天翔窯  天翔窯

    薪だけでなく、灯油などの4種類の窯を使用。
    粘土も、9種類の土を配合。
    陶芸体験は、要予約。

    ▲(下郷町大字音金字十文字3020 Tel. 0241-67-3455)
      ・10時〜17時
      ・定休 不定休
      ・駐車 10台

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    身不知柿会津人参高田梅御薬園草茶
名酒  名菓  会津塗  絵ロウソク  会津木綿  桐製品  民芸品  新名物  会津地鶏