ネ  ッ  ト  で  見  学

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [飯盛山周辺]

舟  石  と  周  辺

▲(会津若松市一箕町八百山近く)

以下の緑色の文は、現地の「説明板」から
画像クリックで現地の説明板の写真表示も一部あり

舟 石

舟石 舟石 舟石

旧滝沢峠・芭蕉句碑・舟石の説明文 舟石の説明文  崇神天皇元(紀元前97)年、神が船に乗って飛来し「鉾」を投じた。
 地上に落下するや否や、「鉾」は八角の水晶に変化した。
 人々は、降臨された神を崇め、八角神社として宮を建てた。

舟石  その際に、乗り捨てられた神船が化石となったのが「舟石」と云い伝えられている。
 神船は墜落し、辺り一面を焼け焦がしたともいう。
 舟石の下は空洞になっており、浮いているようにも見える。

 民踊/会津磐梯山にも登場するほど、当時は知られていた。


桜井常四郎自刃の地

 戊辰の役、軍事方を務める桜井常四郎に、出陣命令が下る。
 戦闘員からは身を引いていたが、主力部隊が藩境警備で不在のため、総動員となった。
 十六橋が突破されるに至り、戦地に赴くこととなる。
 自邸を出る際、
  「敵が滝沢峠を越えさせることは、命を賭して阻止する。
   もし敵が城下に侵入することがあれば、我は死んだものと考えよ

と、妻に言い残した。
 慶応4(1868)年8月23日早朝、撤退との命令を受ける。
 ここで死守せねば、これまでのの所業から城下は修羅場となろう、との進言が聞き届けられる前に敵影が現れ、流れ弾を受けてしまう。
 舟石の上で 「御敵退散」 の祈祷をおこなった後、敵兵を睨みつつ自刃した。
 享年46歳だった。

 滝沢峠から銃声がとどろき、程なく敵来襲の報が伝わる。
 妻/桜井たみ子は、夫の死を悟り、自邸で自刃した。
 ここにも、運命に翻弄された夫婦がいた。

 あまりの見事で気迫の迫る桜井常四郎の自刃に、は一発の銃弾も撃てなかったという。
 会津の城は、これまでの藩のように簡単に落とすことはできまい、と戦慄したという。
 事実、圧倒的な兵力で攻めたが1か月もの籠城戦を戦い抜かれ、落城させることは出来ず、開城によって戦いは終わった。
 この近くでも多く年老いた藩士たちが戦死したが、長賊らの鬼畜にも劣る所業により、いまだ詳細は判っていない。
 戸ノ口原一帯に現存する多数の墓碑のほとんどが、姓名など今もって不明である。

 近くに、滝沢街道を往来していた時代の「舟石茶屋跡」、「芭蕉碑」がある。

舟石茶屋跡

茶屋跡

 寛永4(1627)年、加藤嘉明公が新しい街道として整備した。
 寛永11(1634)年、子の加藤明成公が石畳みを敷設した。
 石畳みの一部は、今も残っている。
 後に、白河街道二本松街道の追分として若松をつなぐ茶屋は、重要な場所であった。
 明治に入り荷馬車の通れる新道が完成すると、街道としての機能は失われ、茶屋も役割を終えた。

《白河街道と二本松街道の追分》 .
白河街道と二本松街道の追分 白河街道と二本松街道の追分  戊辰の役では、出陣した、白虎士中二番隊が、この辺りで敵の大砲の音を聞く。
 近くにあった舟石茶屋に寄り、銃に弾丸を込め、携帯品を預け身軽になって戦闘態勢を整えた。
 「丸込ヲ為シ携帯品ヲ舟石茶屋ニ預ケ、特ニ身軽装トナス」
 急ぎ足で滝沢峠を越え、強清水から約一丁半進み、戸ノ口原手前の小高い丘に胸壁を築き、敵を迎撃した。

芭蕉の句碑

芭蕉碑

 天保11(1840)年、建立。
 松尾芭蕉が会津に来なかったことを惜しだ会津俳壇の宗匠たちによる。
 刻まれた句は、「笈の小文」の旅の中 (貞亨5(1688)年4月1日) の一句。

 芭蕉は、幕府の隠密だったとの俗説もある。
 事実なら、親藩の中でも最も義を重んじる会津藩には、立ち寄る必要もなかったのだろう。
芭蕉碑の説明文    「ひとつ脱て うしろに おひぬ 衣かえ
 同じ句の碑は、坂本宿出口にもある。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [飯盛山周辺]