会 津 若 松 市 の 見 ど こ ろ

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [旧市街周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街 /日新 /馬場  東山  飯盛山  神指  河東  北会津  大戸

名 刹 と 神 社 (旧市街周辺/大町.七日町)

監修 : 梅津咸一 氏     .

「日新町」の「名刹と神社」は、こちら。

「馬場町」の「名刹と神社」は、こちら。

「上記外の旧市街中心地」の「名刹と神社」は、こちら。

阿弥陀寺    Amidaji (Temple)

 慶長8(1603)年、病の治療のため会津に来ていた良然上人が、知り合いだった蒲生秀行公の家臣/倉田新右衛門道祐の支援により開山。
 下野国で生まれ、安積郡の山善導寺の住職であった。
 正覚山 十却院、浄土宗。 本尊は、阿弥陀如来 (2尺7寸)。
 総本山は、京都/知恩院。
 元和4(1618)年、3ヶ月にもわたる大法会が良然上人を筆頭に僧侶130余人によって催される。
 昭和50(1975)年、現在の本堂が建立された。
 会津十二支守り本尊の戌・亥 (阿弥陀如来)
 七日町「幸せ回廊」の一番。
 御三階/斉藤一の墓
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市七日町4-20 Tel. 0242-27-7445)  [本尊]

安光賀稲荷神社

安光賀稲荷神社

 通称「あんこう稲荷」と呼ばれている。
 お日市 7月5日
 蚕養国神社が管轄。

 ▲(会津若松市大町2丁目)

 桂松院と統合した「松園寺 (松円寺)」の境内に祀られた稲荷。
 蘆名氏の家臣/安部安光が勧請した。
 松園寺は、寛永元(1624)年に阿弥陀如来を本尊として日舜が開山。

威徳院

 諏方神社近くに創建したと伝えられるが、詳細不詳。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公のの町割の際、沙門実尊が願い出て現在地に移り中興。
 中光山、真言宗豊山派。 本尊は大日如来。
 自在院の末寺。
 入口に、一般庶民を対象とした学問所としては日本最古の稽古堂跡碑がある。
 ▲(会津若松市大町1-5-37 Tel. 0242-22-6997)

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社

 お日市 7月22日
 七日町「幸せ回廊」の二番。
 蚕養国神社が管轄。

 ▲(会津若松市七日町5-30)

観音寺 <大町>

観音寺 <大町>

 明徳3/元中9(1392)年、蘆名氏の家臣/武田大和守が城東/八角の地に創建し、仁鑁(にんばん)上人が開山。
 その後は、葦名詮盛公の保護を受ける。
 馬宝山千手院、真言宗豊山派。
 本尊は、大日如来。
 天正17(1589)年、伊達政宗公の会津侵攻により焼き打ちされ、堂宇もろとも什宝が焼失した。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で、現在地 (道場小路) に移転した。
 現在の建物は、昭和6(1931)年に再建したもの。
 江戸時代には、金剛寺・観音寺・自在院弥勒寺が会津真言四ヵ寺と称され、輪番で触頭役を務めた。
 町廻り三十三観音の第七番 道場小路
 お日市 7月7日

 ▲(会津若松市大町1-5-24 Tel. 0242-22-5188)  [寺宝]

熊野神社 <大町>

熊野神社 <大町>

 お日市 7月24日 
 田中稲荷神社が管轄。

 ▲(会津若松市大町2-14-10)

桂松院

桂松院

 佛光山、真言宗智山派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 永和2/天授2(1376)年に宥範が開山した「一桂院」と、寛永元(1624)年に日舜が開山した「松園寺 (松円寺)」が、後に統合されて「桂松院」となる。
 会津二十一地蔵尊の第五番
 会津二十一地蔵尊の第七番
  (場所は離れている。日本で唯一の御造酒地蔵尊)
 町廻り三十三観音の結願所であり、この寺に至る頃には夕刻になってしまうことから、「日暮寺」や「宵寺」と呼ばれていたという。

 ▲(会津若松市大町2-4-35 Tel. 0242-22-5532)

光明寺 <七日町>

光明寺 <七日町>

 永禄元(1558)年、僧/慶了が郭内五之丁にて開基。
 そう/道円が開基とも
 天正9(1581)年、現在地に移る。
 本山は京都/西本願寺で、福證寺が管轄とのこと。
 お日市 7月21日

 ▲(会津若松市七日町13-53 Tel. 0242-32-7850)

金剛寺

金剛寺

 大治5(1130)年、僧/長宥が現在の恵倫寺の地で開山。
 宝珠山華蔵院、真言宗。 本尊は大日如来。
 応永年間(1394〜1427)年、賢日法師が郭内米代に移築。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で、郭外の現在地へ移転した。
 松平正容公の時代には、金剛寺・観音寺自在院弥勒寺が会津真言四ヵ寺と称され、輪番で触頭役を務めた。
 大正10(1921)年、本堂が再建。
 金銅製双竜双鳥文磬 (鎌倉時代) は、国指定重要文化財/工芸品。
   「持仏堂磬 正應六年十月日」「阿仏 大工伴貞吉

 ▲(会津若松市七日町8-48 Tel. 0242-22-1689)  [寺宝]

西福寺

 戊辰の役で、堂宇だけでなく過去帳を含む全てが焼失したため、創建など詳細不詳。
 恵日山般若院、真言宗豊山派。
 本尊は、大日如来。
 昭和25(1950)年 福良千手院の所縁が法灯を継ぐ。
 お日市 7月23日

 境内には、明治に入り建立の柿本稲荷神社と子安観音堂がある。
 入口に、芭蕉の句碑もある。

 ▲(会津若松市西七日町3-34 Tel. 0242-22-3169)

三宝胞衣荒神社

三宝胞衣荒神社

 お日市 7月7日
 蚕養国神社が管轄。

 ▲(会津若松市七日町)

実成寺 (じっしょうじ)

実成寺

 嘉元2(1304)年、藤原実成が創建し、日蓮上人の孫弟子/日尊が開山。 正和元(1312)年とも(旧事雑考)。
 久遠山(くおんさん)、日蓮正宗。
 本尊は、本門戒壇之大御本尊(板曼荼羅)。
 文禄元(1592)年、米代四ノ丁から柳原に移築。
 元和9(1623)年、日謡上人が現在地に移す。

 寛永5年(1628)年、日盈上人が住職となり、後に総本山/大石寺の第18世法主に就任。
 明和6(1769)年、 祖師堂が建立。
 本堂などは、珍しく戊辰の役の戦火を免れた。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市大町2-6-35 Tel. 0242-22-3553)

常光寺    Jokouji (Temple)

常光寺

 慶雲3(706)年、律宗の寺として草創。
 元和9(1623)年天海大僧正により天台宗へ改宗。
 松林山、天台宗 (旧市内に現存する唯一の天台宗寺)。
 本尊は、阿弥陀如来、 総本山は比叡山延暦寺。
 寛政3(1791)年には、劇場人形座が建設され、盆踊り、見世物小屋、相撲、ザーカスなど大勢の人で賑わったのこと。
 加藤嘉明公の兜に納められていた守り本尊/虚空蔵菩薩は、代々の藩主に受け継がれてきたが松平容保公が寄進し、戊辰の役でのの放火や略奪からも逃れ、現存している。
 お日市 8月12日
常光寺の現地板  町回り三十三観音の第三十二番 めぐりあい観音
 七日町「幸せ回廊」の6番。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市七日町7-36 Tel. 0242-22-8530)  [寺宝]

田中稲荷神社

田中稲荷神社

 文禄2(1593)年、奉祀。
 明治32(1899)年の焼失により、土蔵造りとして再建。
 土蔵造りは、全国で京都に1つあるだけとのこと。
 会津の最大の初市「十日市」を司る。
 お日市 7月10日
 “ほおずき市”も開かれる。
 七日町「幸せ回廊」の七番。
 ▲(会津若松市大町1-1-5 Tel. 0242-27-9453)

東明寺地蔵堂

 建治3(1277)年、時宗の開祖/一遍上人が、平泉に向かう途中に立ち寄り開山した。 弘安3(1280)年とも。
 当麻山、時宗。 本尊は延命地蔵尊。
 元和3(1617)年、本二之丁から大町名古屋町に移り、東西1町7軒半・南北1町8軒の敷地に26院を誇る。
 昭和37(1962)年、赤井町の西光寺と日新町の常念寺(長念寺とも)を合体し、新たな東明寺として川原町に移るが、地蔵堂は残された。
 会津二十一地蔵尊の第六番
 お日市 7月24日

 ▲(会津若松市大町2 東明幼稚園脇)

弥勒寺

弥勒寺

 応永32(1425)年、葦名盛政公が創建し、諏訪社の社僧/秀哉上人が開山。 盛政公は寺領100石のほかに大般若経六百巻・十六善神画などを寄進している。
 陬波山龍華院、真言宗豊山派。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で、現在地へ移転した。
 昭和2(1927)年、本堂が再建。
 昭和32(1957)年、観音堂と大日堂が1つになる。
 お日市 7月8日
 中善寺薬師如来(喜多方市/中善寺)を管轄。
 江戸時代には、金剛寺観音寺自在院・弥勒寺が会津真言四ヵ寺と称され、輪番で触頭役を務めた。
 戊辰の役で他の寺同様に寺宝のみならず家財一切を略奪するは、毅然として立ち向かう住職の「罰が当たる」の威迫に恐れ大般若経は置いていったため今に残る
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市大町1-5-1 Tel. 0242-22-6197)  [寺宝]

融通寺

融通寺

 康安元/正平16(1361)年、僧/浄縁が八葉寺村(広田冬木沢)にて草創。
 浄縁は、融通念仏宗の開祖/光乗房良忍の法孫。
 自然山 浄縁院、浄土宗。
 至徳元(1384)年、葦名直盛公が建立した小館 (融通寺町) へ移る。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で、現在地へ移転した。
 慶長9(1604)年6月、後陽成天皇から直筆による扁額と辰韓、勅使文が与えられ、地方では稀有な勅願寺となる。  [扁額]
 幕末まで最も多い寺社領 200石の5寺 (建福寺興徳寺圓蔵寺、延壽寺) の1つ。
 町廻り三十三観音の第十二番 大町
 戊辰の役では、菊の御紋が掲げられていたためも焼き払うことができず、屯所に使った。
 しかし、寺の所蔵品は略奪され、書類などは寺の門前で三日三晩にわたって焼き払われた。
 本堂内の数本の柱に、が略奪した刀剣の品定めに試し斬りをした痕が残っている。
 終戦後、薩長らの分捕り合戦は凄まじかった。 金目の物は全て持ち去り、運べない重い物や大きい物は町民たちに買い取らせ、持ち主にすら強いた。
 殉難者墓あり。  福田為之進

 ▲(会津若松市大町2-7-45 Tel. 0242-22-4320)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [旧市街周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街 /日新 /馬場  東山  飯盛山  神指  河東  北会津  大戸