会 津 若 松 市 の 見 ど こ ろ

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [旧市街周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街 /日新 /馬場  東山  飯盛山  神指  河東  北会津  大戸

名 刹 と 神 社 (旧市街周辺/大町.七日町)

監修 : 梅津咸一 氏     .

阿弥陀寺          御三階/斉藤一の墓

 慶長8(1603)年、病の治療のため会津に来ていた良然上人が、知り合いだった蒲生秀行公の家臣/倉田新右衛門道祐の支援により開山。
 下野国で生まれ、安積郡の山善導寺の住職であった。
 正覚山、浄土宗。 総本山は京都/知恩院。
 昭和50(1975)年、現在の本堂が建立された。
 会津十二支守り本尊の戌・亥 (阿弥陀如来)
 七日町「幸せ回廊」の一番。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市七日町4-20 Tel. 0242-27-7445)

安光賀稲荷神社

安光賀稲荷神社

 通称「あんこう稲荷」と呼ばれている。
 お日市 7月5日
 蚕養国神社が管轄。

 ▲(会津若松市大町2丁目)

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社

 お日市 7月22日
 七日町「幸せ回廊」の二番。
 蚕養国神社が管轄。

 ▲(会津若松市七日町5-30)

観音寺 <大町>

観音寺 <大町>

 明徳3/元中9(1392)年、葦名詮盛公が城東/八角に創建し、仁鑁(にんばん)上人が開山。
 馬宝山千手院、真言宗豊山派。
 本尊は、大日如来。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で、現在地へ移転した。
 現在の建物は、昭和6(1931)年に再建したもの。
 江戸時代には、金剛寺・観音寺・自在院弥勒寺が会津真言四ヵ寺と称された。
 町廻り三十三観音の第七番 道場小路
 お日市 7月7日

 ▲(会津若松市大町1-5-24 Tel. 0242-22-5188)

熊野神社 <大町>

熊野神社 <大町>

 お日市 7月24日 
 田中稲荷神社が管轄。

 ▲(会津若松市大町2-14-10)

桂松院

桂松院

 佛光山、真言宗智山派。
 本尊は、阿弥陀如来。
 永和2/天授2(1376)年に宥範が開山した「一桂院」と、寛永元(1624)年に日舜が開山した「松園寺 (松円寺)」が、後に統合されて「桂松院」となる。
 会津二十一地蔵尊の第五番
 会津二十一地蔵尊の第七番
  (場所は離れている。日本で唯一の御造酒地蔵尊)

 町廻り三十三観音の結願所であり、この寺に至る頃には夕刻になってしまうことから、「日暮寺」や「宵寺」と呼ばれていたという。

 ▲(会津若松市大町2-4-35 Tel. 0242-22-5532)

光明寺 <七日町>

光明寺 <七日町>

 お日市 7月21日

 ▲(会津若松市七日町13-53 Tel. 0242-32-7850)

金剛寺

金剛寺

 大治5(1130)年、僧/長宥が現在の恵倫寺の地で開山。
 宝珠山華蔵院、真言宗。 本尊は大日如来。
 応永年間(1394〜1427)年、賢日法師が郭内米代に移築。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で、郭外の現在地へ移転した。
 松平正容公の時代には、金剛寺・観音寺自在院弥勒寺が会津真言四ヵ寺と称された。
 大正10(1921)年、本堂が再建。
 金銅製双竜双鳥文磬 (鎌倉時代) は、国指定重要文化財/工芸品。

 ▲(会津若松市七日町8-48 Tel. 0242-22-1689)

西福寺

 戊辰の役で、堂宇だけでなく過去帳を含む全てが焼失したため、創建など詳細不詳。
 恵日山般若院、真言宗豊山派。
 本尊は、大日如来。
 昭和25(1950)年 福良千手院の所縁が法灯を継ぐ。
 お日市 7月23日

 ▲(会津若松市西七日町3-34 Tel. 0242-22-3169)

三宝胞衣荒神社

三宝胞衣荒神社

 お日市 7月7日
 蚕養国神社が管轄。

 ▲(会津若松市七日町)

実成寺 (じっしょうじ)

実成寺

 嘉元2(1304)年、藤原実成が創建し、日蓮上人の孫弟子/日尊が開山。 正和元(1312)年とも(旧事雑考)。
 久遠山(くおんさん)、日蓮正宗。
 本尊は、本門戒壇之大御本尊(板曼荼羅)。
 文禄元(1592)年、米代四ノ丁から柳原に移築。
 元和9(1623)年、日謡上人が現在地に移す。

 寛永5年(1628)年、日盈上人が住職となり、後に総本山/大石寺の第18世法主に就任。
 明和6(1769)年、 祖師堂が建立。
 本堂などは、珍しく戊辰の役の戦火を免れた。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市大町2-6-35 Tel. 0242-22-3553)

常光寺

常光寺

 慶雲3(706)年、律宗の寺として草創。
 元和9(1623)年天海大僧正により天台宗へ改宗。
 松林山、天台宗 (旧市内に現存する唯一の天台宗寺)。
 本尊は、阿弥陀如来、 総本山は比叡山延暦寺。
 寛政3(1791)年には、劇場人形座が建設され、盆踊り、見世物小屋、相撲、ザーカスなど大勢の人で賑わったのこと。
 加藤嘉明公の兜に納められていた守り本尊/虚空蔵菩薩は、代々の藩主に受け継がれてきたが松平容保公が寄進し、戊辰の役での西軍の放火や略奪からも守られ、現存している。
 お日市 8月12日
 町回り三十三観音の第三十二番 めぐりあい観音
 七日町「幸せ回廊」の六番。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市七日町7-36 Tel. 0242-22-8530)   

田中稲荷神社

田中稲荷神社

 文禄2(1593)年、奉祀。
 明治32(1899)年の焼失により、土蔵造りとして再建。
 土蔵造りは、全国で京都に1つあるだけとのこと。
 会津の最大の初市「十日市」を司る。
 お日市 7月10日
 “ほおずき市”も開かれる。
 七日町「幸せ回廊」の七番。
 ▲(会津若松市大町1-1-5 Tel. 0242-27-9453)

東明寺地蔵堂

 建治3(1277)年、時宗の開祖/一遍上人が、平泉に向かう途中に立ち寄り開山した。 弘安3(1280)年とも。
 当麻山、時宗。 本尊は延命地蔵尊。
 元和3(1617)年、本二之丁から大町名古屋町に移る。
 昭和37(1962)年、赤井町の西光寺と日新町の常念寺(長念寺とも)を合体し、新たな東明寺として川原町に移るが、地蔵堂は残された。
 会津二十一地蔵尊の第六番
 お日市 7月24日

 ▲(会津若松市大町2 東明幼稚園脇)

弥勒寺

弥勒寺

 応永32(1425)年、葦名盛政公が創建し、秀哉上人が開山。
 陬波山龍華院、真言宗豊山派。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で、現在地へ移転した。
 昭和2(1927)年、本堂が再建。
 昭和32(1957)年、観音堂と大日堂が1つになる。
 お日市 7月8日
 中善寺薬師如来(喜多方市/中善寺)を管轄。
 江戸時代には、金剛寺観音寺自在院・弥勒寺が会津真言四ヵ寺と称された。
 殉難者墓あり

 ▲(会津若松市大町1-5-1 Tel. 0242-22-6197)

融通寺

融通寺

 康安元/正平16(1361)年、僧/浄縁が八葉寺村(広田冬木沢)にて草創。
 浄縁は、融通念宗の開祖/良忍の弟子。
 自然山浄縁院、浄土宗。
 至徳元(1384)年、葦名直盛公が建立した小館(融通寺町)へ移る。
 文禄元(1592)年、蒲生氏郷公の町割で、現在地へ移転した。
 慶長9(1604)年6月、後陽成天皇から直筆による扁額と辰韓、勅使文が与えられ、地方では稀有な勅願寺となる。
 幕末には最も多い寺社領 200石の5寺 (建福寺興徳寺圓蔵寺、延壽寺) の1つ。
 町廻り三十三観音の第十二番 大町
 戊辰の役では、菊の御紋が掲げられていたため西軍も焼き払うことができず、屯所に使った。
 しかし、寺の所蔵品や書類などは寺の門前で焼き払われた。
 本堂内の数本の柱に、西軍が略奪した刀剣の品定めに試し斬りをした痕が残っている。
 終戦後、薩長らの分捕り合戦は凄まじかった。 金目の物は全て持ち去り、運べない重い物や大きい物は町民たちに買い取らせ、持ち主にすら強いた。
 殉難者墓あり。  福田為之進

 ▲(会津若松市大町2-7-45 Tel. 0242-22-4320)

「日新町」の「名刹と神社」は、こちら。

「馬場町」の「名刹と神社」は、こちら。

「上記外の旧市街中心地」の「名刹と神社」は、こちら。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [旧市街周辺]
城内  城周辺 /門田  旧市街 /日新 /馬場  東山  飯盛山  神指  河東  北会津  大戸