[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [鶴ヶ城周辺]  [日新町/本町]  [馬場町/行仁町]  [市街地北部]

旧 町 名 の 表 示 板


  ◇ 鶴ヶ城周辺   ◇ 日新町/本町   ◇ 馬場町/行仁町   ◇ 市街地北部

≪ 大 町 / 七 日 町 周 辺 ≫

大町の説明板

大町 (おおまち)

 元々、郭内/米代一之丁にあった町を、蒲生氏郷公の町割りで大町口郭門より北の郭外区域に移転。
 当初は幅4間ほどの通りであったが、会津五街道の起点「札の辻」が設置されるなど、刀鍛冶、油屋、荒物屋、茶屋、絹布屋などの店が建ち並び、商業の中心地として賑わった。
 傍出町として 一之町二之町三之町四之町五之町道場小路町、大町竪丁、馬場立丁があり、五之町の北を大町名子屋町と呼んだ。
 ▲説明板. (会津若松市中町)  [絵図]
 現在の「大町」は、昭和42(1967)年と1982年(昭和57(1982)年に「大町 (竪町・二之竪・三四之竪・名子屋町と一之町・二之町・大町・四之町の一部)」と、「紺屋町・原ノ町・桂林寺町・七日町・北小路町・道場小路町・馬場下五之町・町北町大字石堂の一部」が統合された区域。

紺屋町の説明板

紺屋町 (こんやまち)

 「こうやまち」とも。
 北側/ 原ノ町から南側/ 七日町までの幅4間ほどの地域。
 染め物屋/紺掻きが多く住んでいたことから。
 後には、塗師などの職人が多く住むようになった。
 昭和42(1967)年、「大町」「七日町」などに分割統合。

 ▲説明板. (会津若松市大町)


桂林寺町の説明板

桂林寺町 (けいりんじまち)

 桂林寺町口郭門から北側/ 七日町、南側/ 後ノ分町 までの区域。
 道場/桂林寺があったことから。
 主に商人が居住。
 昭和40(1965)年〜昭和42(1967)年、「中町」「西栄町」「本町」「日新町」「大町」「七日町」などに分割統合。

 ▲説明板. (会津若松市大町)


大町名子屋町の説明板

大町名子屋町 (おおまちなごやまち)

 蘆名氏の時代に設置。
 蒲生氏郷公の町割りで、この地に移る。
 五之町の北に名子 (下層農民) を住まわせたことから。
 多くの寺院も移築。
 昭和56(1981)年、「大町」に統合。

 ▲説明板. (会津若松市大町)


老町の説明板

老町 (おとなまち)

 当初は3階の楼があったことから「楼町」といった。
 後に楼が無くなったため、「老」が充てられた。
 主に商人や職人などが居住。
 昭和40(1965)年、「中町」に統合。

 ▲説明板. (会津若松市中町)


[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [鶴ヶ城周辺]  [日新町/本町]  [馬場町/行仁町]  [市街地北部]