[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [鶴ヶ城周辺]  [日新町/本町]  [大町/七日町]  [馬場町/行仁町]

旧 町 名 の 表 示 板


  ◇ 鶴ヶ城周辺   ◇ 日新町/本町   ◇ 大町/七日町   ◇ 馬場町/行仁町

≪ 市 街 地 北 部 ≫

博労町の説明板

博労町 (ばくろうまち ばくろうちょう)

 蒲生氏郷公の町割りにより、南側/ 六日町 と北側/滝沢町までの地域。 北側を滝沢町に接する幅5間の通りに、馬の売買や周旋などをする博労 (馬喰、伯楽) が多く居住していたことから。
 当初は馬市で賑わったが後に行人町に移ると、貞享年間(1684〜1687年)には米屋、塩屋、酒屋、麹屋、茶屋などが住むようになる。
 昭和41(1966)年、「相生町」「上町」に分割統合。
 ▲説明板. (会津若松市相生町)


妙法寺前通の説明板

妙法寺前通 (みょうほうじまえとおり)

 南側/甲賀町と北側/ 上河原分 までの地域。
 妙法寺の門前を通っていることから。

 ▲説明板. (会津若松市馬場本町)


堀江町の説明板

堀江町 (ほりえちょう)

 加藤明成公の時代に設置された。
 町の長を務めた堀江氏の名前から。

 ▲説明板. (会津若松市旭町)


馬場名子屋町の説明板

馬場名子屋町 (ばばなごやまち)

 蘆名氏の時代に設置された。
 蒲生氏郷公の町割りにより、この地に移転。
 名子 (下層農民) を住まわせたことから。
 昭和57(1982)年に「中央」などに分割統合。

 ▲説明板. (会津若松市馬場本町)


木戸千軒道の説明板

木戸千軒道 (きどせんげんみち)

 大町名子屋町から馬場名子屋町までの区域。
 幅3軒ほどの東西の通り。
 通りの両側に木戸があったことから。

 ▲説明板. (会津若松市中央)


千軒道の説明板

千軒道 (せんげんみち)

 大町馬場町の北側に位置する区域。
 紫雲寺前通から妙法寺前通までの東西の通り。
 周辺に千軒の家があったことから。
 民家のなかった此の地に、郭内から多くの寺院が移築された。

 ▲説明板. (会津若松市中央)


養蚕口の説明板

養蚕口 (こがいぐち)

 持筒町から大寺街道 (二本松街道) へつながる通り。
 養蚕国神社の西側を通ることから。

 ▲説明板. (会津若松市養蚕町)


[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [鶴ヶ城周辺]  [日新町/本町]  [大町/七日町]  [馬場町/行仁町]