ネ  ッ  ト  で  墓  参

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [東山温泉周辺]

近 藤 勇 の 墓 (天寧寺)

▲(会津若松市東山町石山天寧208 Tel. 0242-26-3906)
入口

 寺への入口にある標柱に、「萱野父子奥津城の入口」とある。
 「奥津城」とは、上代の墓、神道でいう墓所のこと。
 「奥都城」 「奥城」ともいう。

 多少の傾斜がある山道なので、ハイヒールは避けよう。
 まず、本堂に参詣。

天寧寺

天寧寺  応永28(1421)年、11代/蘆名盛信公が創建し、楠木正儀の子/傑堂能勝が開山。 文安4(1447)年に勧請とも。
 萬松山、曹洞宗。
 一時は、会津曹洞宗の僧録司であった。
 末寺33寺、寺院12、雲水1,000名を従えていたという。
 現在でも、53の末寺を持つ。
 天正17(1589)年、伊達政宗公の侵攻により堂宇すべてが焼失してしまった。
 当時の遺構として残っているのは、本堂の礎石のみ。
 住職/祥山曇吉は京都に逃れ同名の寺を開山、再興後も門人に継承されている。
 秋田に移封された葦名氏は、同名の末寺を角館に建立している。
 従って、会津・京都角館の3ヶ所に同名の「萬松山天寧寺」が存在する。
 明治10(1877)年、本堂が再建される。
 会津七福神の毘沙門天
近藤勇の墓の説明文 萱野権兵衛父子の墓の説明文 境内案内図  会津十二支守り本尊の卯 (文殊菩薩)
 会津二十一地蔵尊の第十番
 殉難墓あり
 伊東左太夫 古川兼定 田村忠長

 墓域への入口に、近藤勇之墓の説明文がある。

 すぐに、分岐点に至る。

早乙女貢の墓

作家/早乙女貢の墓 作家/早乙女貢の碑
作家/早乙女貢の墓

 角地に、平成22(2010)年、この地に改葬された作家/早乙女貢の墓がある。
 ライフワークであった全13巻の大作「會津士魂」の碑は、それ以前からあった。
 続編「続會津士魂 (全8巻)」も遺している。

 直進 (右折でも可) して山道を少し上ると、萱野権兵衛郡長正/父子の墓がある。
 近藤勇の墓へは、左の方へのカーブの道を行く。

近藤勇の墓  本堂の裏手の上り道を進む。


近藤勇の墓  3ヶ所ほどのカーブの先に、目的地はある。
 

近藤勇の墓

近藤勇の墓

 上坂仙吉 (会津小鉄) が、京都三条河原に晒された近藤勇の首を夜陰にまぎれ奪い取り、子分に命じて会津に持ち込ませた。
 仙吉自身も、籠城戦の最中、鳥羽伏見での戦死者遺品を届けている。
 その他にも、
  ◇ 土方歳三が、近藤の首を埋葬して建墓した。
  ◇ 斬首を聞いた土方が、斉藤一に命じて首を奪って持ち帰った。
近藤勇の墓の説明文   ◇ 土方が持参していた遺髪を埋葬した (平石弁蔵「会津戊辰戦争」)。
などの諸説もある。
 藩士は東京組と越後/高田藩に別けられ謹慎、そして斗南へ流刑。
 この墓も例外ではなく、しばし人々の記憶から消え去った。
 昭和30年代に入って、キノコ狩りの中学生らによって、雑草に埋もれていた墓石が偶然に発見され、近藤勇の墓と確認された。
 西軍に見つかれば確実に壊されるのを防ぐために、「隠された」ともいわれている。
 「貫天院殿純忠誠義大居士」。
 墓は龍源寺法蔵寺、慰霊墓は寿徳寺にもある。

近藤勇辞世歌碑

近藤勇辞世歌碑 孤軍援絶作俘囚 (孤立し、援軍も絶え、囚われの身となる)
顧念君恩涙更流 (君主の恩を顧みて、涙が更に流れる)
一片丹衷能殉節 (真からの忠誠心、義のためなら命を捨てられる)
雎陽千古是吾儔 (雎陽での張巡は、永遠の同志である)
靡他今日復何言 (敵方に、今更何も言うことは無い)
取義捨生吾所尊 (大義のためなら、命を捨てることは望むところだ)
快受電光三尺剣 (首を刎ねる長剣を、快く受けよう)
只将一死報君恩 (一死をもって、君主の恩に報いたい)
      「雎陽」 とは、中国の故事から。
 唐代の武将/張巡が、雎陽城を守って賊軍(西軍)の安禄山と戦った。
 籠城戦で食料が尽き、愛妾を殺してその肉を将兵に与えて奮闘するも落城。
 屈せず死んだことから、忠臣の鑑と呼ばれている。
 近藤勇の忠節の心に、まったくの揺らぎのないことを示している。

土方歳三慰霊碑

土方歳三慰霊碑

 新撰組副長。
 近藤勇と並んで、盟友/土方歳三の慰霊碑が建てられた。

   慰霊碑
   歳進院殿誠山義豊大居士
     没年 明治二年五月十一日

 慶応4(1868)年4月11日、江戸城の無血開城が成立したため江戸を脱走する。
 秋月登之助の先鋒軍/参謀となり、宇都宮城の戦いで勝利するなど活躍する。
 城を奪還したが足を負傷したため、会津へ護送される。
 約3ヶ月の療養生活を経て全快、近藤勇の墓参を毎日欠かさなかったという。
 母成峠の戦いで奮戦するも破られ、仙台を経て北海道に渡る。
 明治2(1869)年5月11日、一本木関門で腹部に被弾し戦死。
 享年35歳。
 埋葬地は不明であるが、墓は東京/石田寺、慰霊墓は寿徳寺にもある。

以上の緑色の文は、現地の「説明板」から .
画像クリックで現地の説明板の写真表示も一部あり
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [東山温泉周辺]