[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [ご縁メニュー]  [秋田県]

ご   縁   の   あ   る   地

秋    田    県

≪ 蘆名氏との ご縁 ≫

天寧寺

 萬松山。 曹洞宗。
 本尊は釈迦如来 (釈迦牟尼仏)。
 天正17(1589)年の伊達政宗による会津侵略により、領主/蘆名義広は実兄/佐竹義宣の常陸国に逃れ、豊臣秀吉から常陸江戸崎を与えられたが、関ヶ原の戦いで西軍に与したため角館に国替えとなり、会津/天寧寺の末寺として同名の寺を開山 (正平寺住職/鉄心快牛) した。
 後に天寧寺は、末寺8ヶ寺を開創している。
  ・宝聚山満福寺 ・八華山安楽寺 ・松尾山玉林寺 ・耕田山福寿院
  ・松応山龍泉寺 ・巌雄山東林寺 ・生保山東源寺 ・黄鴬山種蔵院
 明治18(1885)年、本堂が焼失。
 昭和44(1969)年、本堂が再建。

蘆名氏の墓所
 本堂の左側傾斜地にある。

天寧寺 天寧寺 天寧寺

蘆名義勝

蘆名盛俊

蘆名千鶴丸


蘆名氏の墓所

 案内板には右端が殉死した「岩橋又右衛ヱ門」、左端が同じく殉死した「宮崎主殿之助」のように記載されているが、家臣が主家と同列に配置されるとは考えにくく、一段低い所に左右向き合っている右端が岩橋又右衛門、左端が宮崎主殿介の墓と思われる。

  天寧寺

宮崎主殿之介

    岩橋又右衛門

 蘆名盛俊が20歳で死去してしまい蘆名家再興の望みが断たれたとして殉死した家臣/岩橋又右衛門・宮崎主殿之介が両端で見守っている。
天寧寺
蘆名氏の墓所入口 草履取り (姓名不詳) の墓

 墓所入口には、同じく殉死した盛俊の草履取り (姓名不詳) の墓がある。

千鶴丸の大仏

千鶴丸の大仏 (阿弥陀如来)
 参道の左側にある。
 千鶴丸の供養のため造られた青銅製の大仏。
 承応2(1653)年、3歳の千鶴丸が参詣の際に、縁側から敷石 (沓脱ぎ石) に転落し死去した。
 その沓脱ぎ石が、大仏の土台石になっている。
 1歳で家督を継いでおり、これで蘆名氏は断絶した。
 ▲(仙北市角館町上新町10 Tel. 0187-53-2904)

城下町の構築

 慶長7(1602)年、蘆名義勝は実父/佐竹義重と実兄/義宣とともに秋田に入部する。
 翌年、所預になった居城/角館城へ入り、街づくりに着手する。
 元和6(1620)年、一国一城令で角館城の廃城に伴い、城の南に城下町を移転させ新たな町割りを行ない、現在の「みちのくの小京都」の基礎をつくった。
 千鶴丸の夭折で蘆名氏が断絶すると、一族である18代当主/佐竹義隣が入部し幕末まで治めた。

角館城祉 角館城祉

角館城祉

 小松山城 (現/古城山城址) とも。
 応永31(1424)年、戸沢氏が築城。
 元和6(1620)年、廃城。
 ▲(仙北市角館町岩瀬字古城山)


城下町「武家屋敷通り」  ▲(仙北市角館町東勝楽丁)

城下町「武家屋敷通り」 城下町「武家屋敷通り」 城下町「武家屋敷通り」
≪ 源翁和尚 (源翁禅師) との ご縁 ≫

最禅寺

最禅寺

 嘉暦元(1387)年、諸国を行脚中の示現寺/源翁和尚が、住民の懇願に応じ、古寺を曹洞宗に改宗して開山。
 源翁禅師の作とされる「薬師如来像」や「十二神将」を所蔵しているとのこと。
 祈祷場としていた鏡池が現存している。
 源翁和尚は、殺生石を鎮めたことで有名。
最禅寺  三不思議 (七不思議も) の伝説がある。
  ◇ 蛙は鳴かず
  ◇ 蜘蛛は糸を引かず
  ◇ 雨は音をせず
 ▲(湯沢市山田字上堂ケ沢81 Tel. 0183-73-3241)

東光寺

東光寺

 源翁和尚が開祖。
 曹洞宗、金峰山。
 源翁和尚が座禅をしたという石がある。
 ここにも七不思議伝説があり、ガマの棲む池が有名。

 ▲(羽後町床舞字門前142 Tel. 0183-62-1180)

小野小町生誕の地

 生誕伝説は多々あるが、有力とされる説が、この地。
 墓も全国各地に数多く点在しているが、有力とされる1つが喜多方市にある。

 ▲(雄勝郡雄勝小野村  湯沢市小野小町)


久保田城

 鶴ヶ城と同じ日本100名城 (9番) の1つ。
 慶長9(1604)年、蘆名義広の実兄/佐竹義宣が築城。
 久保田藩主/佐竹氏の居城。
 明治13(1880)年、焼失し廃城。
 平成元(1989)年から復元が作業が続けられている。
 ▲一部有料 (秋田市千秋公園近辺)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [ご縁メニュー]  [秋田県]