戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]

南   会   津   町

河原田包彦の追惜之碑 (照国寺)

河原田包彦

 藩士/河原田治部信盛の長男。
 伊南を領地とした御蔵入奉行。
 戊辰の役の時、父/信盛が蝦夷地に赴任していたため16歳の包彦が一族を取りまとめ、沼田から戸倉へ進撃してきた長賊らを撃退した。
 父が帰国すると、父と呼応して長賊らを挟撃するなど、鶴ヶ城の開城まで守り抜いている。
 昔に伊達政宗公が侵攻した際も、河原田軍団は領地を死守している。
 明治2(1869)年8月10日、上越/高田藩の謹慎地死去。 17歳。
照国寺  明治27(1894)年9月10日、慰霊祭が執り行われた。
 篆額は松平容大公、撰文は南摩綱紀
 墓は、高田の会津墓地にある。

 ▲(南会津町古町字小沼2025 Tel 0241-76-2907)
   ・照国寺については、こちら。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]