ネ  ッ  ト  で  参  詣

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飯盛山周辺]

飯    盛    山

以下の緑色の文は、現地の「説明板」から
画像クリックで現地の説明板の写真表示も一部あり

市営駐車場  市営駐車場に、車を停める。
 当然、無料。
[絵本]白虎隊物語  駐車場内には、親切な観光案内所もある。
 駐車場を出て、信号を渡れば、飯盛山の入口。
 信号の角に、[絵本]白虎隊の歴史がある。必見。


参道入口の土産物店 参道入口の土産物店

 参道入口の両側には土産物店が軒を並べ、修学旅行の生徒・学生好みの土産品が揃っている。

飯盛山の案内図

 土産物店の先が、そびえるような石段。
 石段の手前に、案内板がある ( 図をクリックで拡大 ⇒ )。
 ここに記載されている矢印は、183段の石段を上るのを避け、裏手の坂から回るコースとなっている。

 今回は、正面の石段を上り参拝するルートを辿る。
 石段に挑戦するもよし、動く坂道「スロープコンベア (有料)」で上るのもよし。
 ゴムの動く歩道の感触は他では経験できないので、記念のためスロープコンベアがお勧め。
 数分で上り切り、白虎隊の霊場に辿り着く。
 以降は丸い番号の付いた標識があり、効率良く回れ、迷うこともない。

白虎隊記念館

白虎隊記念館

 白虎隊のことを再確認するためにも、まず白虎隊記念館に立ち寄る。
 館内には、史料1万2千点が所狭しと展示されている (有料)。
 「会津藩は勤皇なり」 の意味も理解できよう。
 第2次世界大戦で、奈良と京都と共に、なぜ会津への空爆をアメリカ軍が避けたのかも納得できるであろう。

隊士/酒井峰吉と愛犬の像  まず、隊士と犬の銅像が目に入る。
 白虎隊士/酒井峰吉は、戸ノ口で戦うが皆とはぐれてしまい、ひとり山中をさまよう。
 自刃も考えたその時、出迎えた愛犬「クマ」と飯盛山麓で遭遇し、生き抜くことになった。
 「その名を呼べば、とどまりて余の面を仰ぎみる、疾駆して来たりて飛びつき、歓喜にたえざるの状あり。余もまた帳然として涙なきにあたわず
 その時をイメージした銅像である。

 2人の隊士の像、戸ノ口十六橋の石材、水戸藩諸生党鎮魂碑なども、入口辺りに設置されている。
 白虎隊の母校である日新館にあった石橋に使われていた石もある。

日新館/石橋等の遺構がある館前 日新館の石橋 白虎隊士の2人像

水戸藩諸生党鎮魂碑

 .
  水戸藩諸生党、農兵隊の鎮魂碑建立の趣旨
 戊辰戦争の明治元年 (一,八六八年) 八月二十三日雨の朝、土佐藩兵を主力とする西軍が怒涛の如く鶴ヶ城追手紋に迫った時、北越戦線から会津に戻っていた諸生党などが駆けつけ危機を救った。 その後城内の各門の防禦と城外各地で会津藩と共に奮戦し感謝された。
 時代の流れに逆らって信念を貫ぬき、消え去った人達に光をあてたい。
仰天会・栗栖平造 撰    .


石段

 基本的な知識が整理できたら、スロープコンベアで頂上に向かう。

動く坂道「スロープコンベア」の内部 動く坂道「スロープコンベア」

石段の「まこと橋」 正面の石段 (右側)  1つ目のスロープコンベアを上り切ると、「まことばし」。
 石段の中ほどに位置する。
 ほとんどの人は気付かず通り過ぎてしまうが、2号機に乗る前に立ち寄る。
石段の小川
 横切っている小川は、戸ノ口堰。
 猪苗代湖の水が、隊士がくぐった洞穴から流れきている。
 小さいながらも勢いはよく、幾年を経ても衰えることはない。


飯盛分店  飯盛分店 (食堂/売店) に差しかかると、もうすぐ霊場に至る。
 修学旅行も多いためか、学割がきく店でもある。

線香売り場  お線香を売っているので買い求めよう。
 (50円)。

 観光シーズンの時は、その上で出店を開いている。


霊 場

白虎隊士の墓

 すべては、慶応4(1868)年8月22日から23日の早朝にかけて勃発した。
 古来からの、会津の「時の進み方」 ではなかった。
 あまりにも、「時の流れ」 が早すぎた。
 そして、充分な理解も出来ぬまま、数多くの少年たちが散っていった。
 パリ万博に派遣された藩士/横山・海老名の語る世界情勢に目を輝かし、
 きっと出会えるはずだった“輝く未来”とともに。
<白虎隊/飯盛山(ネットで墓参)と併記>

自刃した白虎隊士の墓自刃した白虎隊士の墓 自刃した白虎隊士の墓
 戦いが終わっても西軍は、戦死者の埋葬を禁止した。
 幼き隊士の屍も例外ではなく、カラスや野犬に食い荒らされた。
 見るに見かねて埋葬した肝煎/吉田伊惣次 (治) は捕えられ入牢させられ、
遺骸も掘り起こされ、元の場所に投げ捨てられた。
 明治14(1881)年、やっと飯盛山上に一基の石碑を建立。
 しかし、文字を刻むことは許されなかった。
 明治23(1890)年、初めて19隊士の各々の墓碑が建立できた。
 大正15(1926)年に再建され、修復されつつ現在に至る。
<白虎隊/飯盛山(ネットで墓参)と併記>

背後で見守る南無釈迦牟尼佛  正面の墓は、明治元年 (一八六八) の戊辰戦争において飯盛山で自刃した十九士の墓です。
 八月二十三日 (新暦十月八日) 自刃した隊士の遺骸は、西軍により手をつけることを禁じられていました。 約三ヶ月後村人により、密かにこの近くの妙國寺に運ばれ仮埋葬され、後この自刃地に改葬されました。
 現在の形に一九士の墓が建てられたのは明治二十三年で、二度にわたり墓域が拡張されました。

白虎隊士31名の墓

 春と秋の年二回、墓前で 剣舞が奉納 される。
 白虎隊の歌詞については、こちら。
 右側の墓は、各地で戦死した白虎隊士31名の墓。
 白虎隊については、こちら。
 「白虎士中二番隊」の個別の墓は、こちら。
 「各地で散った白虎隊士」の個別の墓は、こちら。

少年武士の慰霊碑

 左側の碑は、
 白虎隊以外で戦死した少年武士たちの慰霊碑。


思い出の碑

思い出の碑

 忘れ去られたかのように、隊士墓の右奥の草むらの中にある。
 武川信臣は、主席家老/梶原平馬の実弟ということで、過酷な拷問の上、斬首された。
 すでに会津では終戦しており、大赦令が出る予定の3日前でもあり 明らかに見せしめの処刑で、惨殺という犯罪行為であった。
 直談判しに行った広沢安任なども捕えられ投獄、同獄で催した歌会の歌を、同じく投獄の山内香渓が後に纏めて碑を建立。

松平容保公弔歌の碑

松平容保公弔歌の碑

 明治17(1884)年、墓前祭の時に松平容保が詠まれた弔歌。

松平容保公弔歌の碑の説明文    幾人の 涙は石に そそぐとも
      その名は世々に 朽じとぞ思う


会津藩殉難烈婦の碑

会津藩殉難烈婦の碑

 "足手まといと、恥辱を避ける"との教えを忠実に守り、多くの藩士の婦女子も、自刃した。
 200余名の名前を刻んだ碑は、善龍寺にある。
会津藩殉難烈婦の碑の説明文


嗚呼忠烈白虎隊碑

嗚呼忠烈白虎隊碑 嗚呼忠烈白虎隊碑

 小年団結白虎隊    国歩艱難戍堡塞
 大軍突如風雨来    殺気惨憺白日晦
 ○鼓[門+真]震百雷  巨砲連発僵屍堆
 殊死衝陣怒髪竪    縦横奮撃一面開
 時不利兮戦且卻    身裏創痍口[行+金]薬
 腹背皆敵将安之    杖剣間行擧丘岳
 南望鶴城烟焔[風+易] 痛哭呑涙且彷徨
 社稷亡矣可以止    十有九人屠腹死
 俯仰此事十七年    画之文之世稍伝
 忠烈赫〃如前日    圧倒田横麾下賢

裏面は 白虎隊の歌詞

フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑

フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑

 昭和10(1935)年、ドイツ大使館外交官として赴任、白虎隊の精神を知り、賞賛の証として十字章を贈った。
   「会津の若き少年武士に贈る
フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑の説明文


吉田伊惣次氏篤志の碑

吉田伊惣次氏篤志の碑

 西軍は戦死者の埋葬を禁止した。
 少年たちの遺体も例外ではなかった。
 見かねた肝煎/吉田伊惣次 (治) は、夜陰に紛れて埋葬した。
吉田伊惣次氏篤志の碑の説明文  しかし、吉田伊惣次は捕えられ、少年たちの骸は元の場所に打ち捨てれた。


ローマ市寄贈の碑

ローマ市寄贈の碑

 白虎隊の精神に感動したローマ市は、ポンペイ廃墟から発掘した宮殿の古柱に賛美の言葉を刻み寄贈。
ローマ市寄増の碑  「文明の母たるローマは白虎隊有志の遺烈に、不朽の敬意を捧げんが為め、古代ローマの権威を表すファシスタ党章の鉞を飾り永遠偉大の証たる千年の古石柱を贈る


嗚呼忠烈白虎隊碑 白虎観音 顕彰碑

道ハ一筋ナリ

郡上藩士の碑

 郡上藩凌霜隊は、会津藩と運命を共にした。
 戦後は、故郷すら、彼らに冷たかった。
郡上藩士の碑
 同様の慰霊碑は、形は違うものの出身地の郡上八幡城にもある。
 郡上藩凌霜隊については、こちら。
 「道ハ一筋ナリ」とは、副長/速水小三郎の日記の一節による。
 「抑道ハ一筋ナリ 君ニ忠ナルハ親ニ孝ナリ 皇国ノ御為ナリ 真ノ勤王ナリ 是ニ反セルハ不忠ナリ 不義ナリ 不孝也 国賊也 禽獣也 予子孫タル者熱ク是理ヲ弁知スベキ也
 敗者にも正義があることを忘れてはなるまい。

白虎隊殉難詩碑

白虎隊殉難詩碑 白虎隊殉難詩碑

 碑の上部に松平容保の歌が刻まれている。
 紀州藩邸に幽閉中、自刃の絵を見て詠んだ。

    千代までと そだてし親のこころさへ
      推しはかられて ぬるる袖かな


飯沼貞雄翁の墓

飯沼貞雄翁の墓

 昭和32(1957)年9月、戊辰戦役九十年祭に建立。
 遺髪と歯が埋葬されている。
 自刃した白虎隊士中二番隊で唯一の蘇生者/飯沼貞吉 (後に貞雄と改名) により、自刃の様子が後世に伝わる。
飯沼貞雄翁の歌碑 飯沼貞雄翁の墓
 戦後は全国各地で功績を残すが、故郷の会津に戻ることはなかった。
 生前、頭髪と抜けた歯を小箱に納めて、「もし会津に墓を建てることになったら渡すように」 と次男に遺言していたと云う。
 本墓は仙台/輪王寺にあり、終焉の地に碑「飯沼貞吉終焉之地」がある。


眼下の自刃の地


 飯沼翁の先を下った行き止まりの平地が、自刃の地である。

 途中に、 「白虎隊武士道に憧れ、この山に眠るドイツ人ハイゼ父子夫妻の墓」 との案内板も。


白虎隊自刃の地

白虎隊自刃の地

 少年たちは、昨夜の台風の中、城に向かっていた。
 昨夜から何も食べておらず、空腹とも戦っていた。
 城下を見渡せる高台に辿り着くと、鶴ヶ城は黒煙と炎に包まれていた。 帰城の願いは断たれた。
白虎隊自刃の地 白虎隊自刃の地  当然、藩主は自刃なさるはず、黄泉の国へ馳せ参じようと自刃することが決まった。

 鶴ヶ城の天守閣を、遥かに望む。
 さらなる彼方に、会津朝日岳燧ケ岳なども。

 運命とはいえ、もう少し時の流れが緩やかだったら、少年たちには "輝く未来" が待っていた、はずだった。

飯盛分店の資料館  いま参拝した道を白虎隊士の霊場まで戻る。
 土産屋/食堂の飯盛分店には、 ちっちゃい資料館 がある。
 石段と飯盛分店の間を抜け、さざえ堂へ向かう。
   こちら下山道 階段なしで約5分
   さざえ堂・洞穴を経て駐車場へ

の看板が目印。

松平容保の歌 (花塚)

松平容保の歌(花塚) 茶筅塚、水塚、花塚

 並んでいる「茶筅塚」「水塚」「花塚」の「花塚」に松平容保の歌が刻まれている。

  花といふ 花をあつめて此の塚の
     いしもさこそは 世にかほるらめ


北向稲荷大明神

 見過ごしそなほど、小さな祠がある。
 小さくても、霊験あらたかだと信じられている。
 受験シーズンには、合格祈願を祈請する参拝者で賑わう。

宇賀神堂 (白虎隊十九士之霊像)

白虎隊十九士之霊像正面 宇賀神堂の説明文



「忠孝両全」碑

 寛文年間 (1661〜1672)、松平正容公が宇賀神を勧請、弁財天像を神像として創建。
 入母屋、銅板葺き、桁行3間、梁間2間の堂内に、白虎隊十九士の霊像 (洋服姿の人形)が安置され、たた1人生き残った飯沼貞雄の写真も飾ってある。

供養車

供養車

 この車を廻せば悲痛な音を発し、これが冥土にとどいて白虎隊の霊魂を慰めるものです。 また石の台は中国伝説の獏といい夢を喰うので、その頭にのぼれば悪夢消滅の願いをかなおると言はれます。
 心静かにお廻し下さい

さざえ堂

さざえ堂

さざえ堂の特徴≫
 1.上りも下りも階段がない
 1.1度通った所は2度通らない
   ●土足のまま2〜3分で見られます。
   ●ご希望の方はお見逃しないよう、
    案内人にお申し出ください。
 拝観料 大人 400円 大・高生 300円 中・小生 200円

白虎清水

 途中に清水が湧き出ている。
 白虎隊士が城下へ戻る時に喉を潤した水で、そのことから名付けられた。
 今では、慈母子育観音を祀った祠が建てられた。
 「白虎清水観音」と呼ばれている。

厳島神社 (いつくしまじんじゃ)

 小ぶりながらも歴史が感じられる。
 永徳/弘和年間 (1381〜1383年)、多数の童女を従えて現れた美しい霊妃のお告げにより、豪族の石部・堂家・石塚の3家が社殿を建立、正宗寺の別当「宗像神社」が創建された。
 社殿の建築中にも童女たちが現れ、人夫たちに小豆飯を振舞ったが、いくら食べても減らなかったことから「飯盛」の地名ができたという。
 元禄13(1700)年、藩主/松平正容公が仁王門や青銅の大仏 を建立した。
 寛政8(1796)年、旧正宗寺三匝堂が建てられ、現存している。
 明治の神仏分離令で大仏は阿弥陀寺へ移され、主祭神の市杵島姫命が弁才天と習合していたことから「厳島神社」と改称された。
 ▲(会津若松市一箕町八幡字辨天下甲1405)

戸ノ口堰洞穴

 今から約400年前 元和年間 猪苗代湖の水を会津地方に引くため 郷士八田氏が起工し、元禄年間まで工事が続けられ 後 天保3年 会津藩士佐藤豊助が藩命により 飯盛山の山腹約150mを人工的に穴をあけ、水田2500ヘクタールの灌漑に供し使役人夫5万5千人と3ヶ年の歳月を費して遂に完成した。

戸ノ口堰洞穴からの流水  白虎隊士中二番隊は戸ノ口原に布陣している味方軍応援のため派遣されたが、戦い利あらず、お城の安否を確かめようと帰城の途中 隊士20名が通過した洞穴である。

 猪苗代湖からは、今なお止まることなく湖水が流れている。

子育地蔵尊
霊牛神堂  「子育地蔵尊」を左手に見て、参道を下る。

 まもなく、右手に「霊牛神堂」、左手に最初に見学した「白虎隊記念館」を過ぎる。


白虎隊伝承史学館

 会津戦争資料館
 大通りに出る左手前にある。
土方歳三 篠田儀三郎
 土方歳三篠田儀三郎が、お出迎え。


滝沢本陣

 大通りに出て左折し、信号を渡れば駐車場に戻る。

 しかし、右折して140メートルほどに「滝沢本陣」がある。
 訪れた際には、ぜひ立ち寄りたい。

 霊山/飯盛山には、星暁邨の「彰恩碑」、佐藤忠八の「佐藤先生遺徳碑」、安部井帽山高津平蔵との「双徳碑」、佐原盛純の「佐原先生碑」、馬島瑞園の碑「白虎隊殉難詩」、荘田胆斎の「招魂碑銘」など無数の碑が建立されている。
 時間の許す限り、探索を楽しまれたし。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飯盛山周辺]