戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [大窪山墓地(東麓)]  [大窪山墓地(中央)]

大 窪 山 墓 地 (西麓)

大窪山墓地 大窪山墓地の説明文


(資料提供) 栗城英雄 氏「会津先賢者の墓石を訪ねて/栗城訪霊著」
 

町田高恒

 詳細不詳。
 高義とも。
 慶応4(1868)年8月12日没。
 (明治2(1869)年没とも、戦死ではない?)
町田高恒の墓
 

友松氏興

 元和8(1622)年、高知/土佐の城下に生まる。
 13歳の時、信州高遠城主/保科正之公に仕える。
 保科正之公の命により「会津風土記」を編纂し、後に運命を変える「家訓15力条」制定にも携わる。
 「東奥散士友松氏興之墓
 土津神社の末社「忠彦霊社」に祀られている。
友松氏興之墓

高橋栄次郎の墓

高橋栄次郎

 兵粮方。
 慶応4(1868)年5月1日、白河で戦死。
 30歳。
 「忠達義照居士」。


高橋の墓

高橋伴治

 慶応4(1868)年4月19日、戦死。
 詳細不詳。


河原善左衛門、勝太郎、岩次郎の墓 河原善左衛門、勝太郎、岩次郎の墓
 慶応4(1868)年8月23日、滝沢村/一箕山八幡神社の境内で奮戦、親子兄弟3人とも戦死。 数少ない恭順派であった。
河原善左衛門
   国産奉行。    43歳。 「政良神霊」。
≪河原勝太郎≫
   善左衛門の伜。 15歳。 「政誠神霊」。
≪河原岩次郎≫
   善左衛門の弟。 39歳。 「政忠神霊」。


町田兵太輔の墓

町田兵太輔

 詳細不詳。
 源八郎の父/兵太夫とも。
 「今回墓地整理ニ當リ止ムナク先祖遺骨ヲ茲に合葬ス 昭和十五年」とある。


向山利信の墓

向山利信

 戊辰(1868)年9月24日、戦死。
 「壽昌院義山忠道居士」。
 詳細不詳。


佐川直邑妻之墓

佐川直邑妻

 佐川官兵衛の母の墓。

 父/幸右衛門(軍目付)は、8月29日の長命寺で負傷。
 その後、鶴ヶ城内で死去。


杉浦家の墓

杉浦家の墓

≪杉浦丈右衛門≫  正奇隊/中隊頭。 46歳。
   慶応4(1868)年8月29日、長命寺で負傷し、城内で死去。
≪杉浦弥次郎≫  丈右衛門の次男。
   進撃隊/小室隊世話役物頭席。 28歳。
   慶応4(1868)年8月29日、長命寺で戦死。
≪杉浦弥五郎≫  丈右衛門の5男。
  大砲一番田中隊。 21歳。
   慶応4(1868)年9月5日、住吉河原で戦死。


杉浦小膳の墓

杉浦小膳

 通称/勝之助。丈右衛門の伜。
 妹1人を含み、家族11人の墓。
 大砲二番高橋隊。
 慶応4(1868)年6月26日、白河で負傷、若松で死去。
 18歳。


鈴木義衛の墓

鈴木義衛


 独礼、徒目付。
 慶応4(1868)年8月27日、鶴ヶ城で戦死。
 (24日とも)。
 31歳。
 「忠了院義運日明居士」。


榎田[某]

 詳細不詳。
 「明治元戊辰年十月朔日」。
 「心空了圓信士」。


高橋啓四郎

 大砲白井隊。
 慶応4(1868)年1月5日、鳥羽で負傷、2月5日に江戸で死去。
 24歳。
 京都/黒谷に慰霊碑がある。


田代仙太郎の墓

田代仙太郎

 明治元年(1868)年10月23日に青木の病院で死去。
 所属部隊、戦闘地など詳細不詳。
 「一應了心信士」。
 田代家墓内で、まとめられた墓群の中。
 墓碑の裏に、名が刻まれている。


志賀勘兵衛の墓

志賀勘兵衛

 孫太郎の父。
 青龍士中一番隊/鈴木隊。
 慶応4(1868)年5月1日、白河で戦死。
 48歳。


木本内蔵丞成紀之墓

木本内蔵丞成紀

 青龍士中一番隊/中隊頭。
 慶応4(1868)年8月27日、新橋で負傷。
 同月28日に鶴ヶ城内で死去。
 (29日に死去とも)。
 長賊らの大砲部隊が陣取る小田山を奪還すべく突撃。
 38歳。


[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [大窪山墓地(東麓)]  [大窪山墓地(中央)]