会  津  の  著  名  人

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [50音メニュー]

《 も 》 幕 末 よ り 前

 最上 義姫  もがみ よしひめ、
 天文17(1548)年〜元和9(1623)年7月17日 (享年76歳)
 通称:お東の方、最上御前。 出家:保春院。
 出羽国の戦国大名/最上義守の娘。
 伊達輝宗の正室として政宗公の母。
 永禄 7(1564)年、対立していた伊達輝宗に政略結婚として嫁ぐ。
 永禄10(1567)年、伊達政宗公を出産 (19歳)。
 〜〜〜
 天正17(1589)年、政宗公が摺上原の戦いで蘆名義広公に勝利し、居城を移した黒川城 (鶴ヶ城) に入る。
 天正18(1590)年、次男/小次郎を溺愛するあまり、豊臣秀吉の命により小田原征伐に出陣する政宗公の毒殺を謀り、毒入りの膳を自らが差し出す。 解毒剤で助かったとか、御膳番衆が気付き取り替えたとか諸説があり、兄/最上義光から指令ともいわれ、真偽のほどは不明。
 この事件により、政宗公が弟/小次郎を斬殺する。
 天正19(1591)年、秀吉の奥州仕置により、岩出山へ移る。
 文禄 2(1593)年、政宗公が朝鮮出兵で京都へ赴いている時、岩出山から出奔して山形の実家/最上家へ戻る。
 元和 8(1622)年、最上氏が改易となり、行き場を失う。
 元和 9(1623)年、再び政宗公を頼って居城/仙台城に入り剃髪するが、同年に死去。
 墓は、覚範寺
 望月 安光






 望月 安勝
 もちづき やすみつ、
 通称:三清入道。  <武田家の遺臣、武術家>。
 聖徳太子流の軍法を極め、剣術に長じていた。
 武田家滅亡後、出家 (入道) して諸国を放浪していたが、会津に至り博労町に居住しているところを加藤明成公から厚遇され、次いで保科正之公に召し抱えられる。

 もちづき やすかつ、慶長16(1611)年〜貞享3(1686)年
 通称:新六郎、新兵衛。
 三清入道安光の子。
 父/安光に教えを受け、奥義を極める。
 父の興した家伝の太子流兵法を更に進め、父の名に因んで流派名を安光流とする。
 「初心・仲位・老功・許・印可」の5段位。
 来半上剣・無上応剣の極意が特徴で、他流試合を一切禁じている。
 後に、物頭に就く。
 多くの門弟を育て、門下の中林尚堅は太子流を編み出している。
 会津に教えを求めてきた山崎闇斎にも軍法の印可を伝授し、仙台藩・尾張藩など広く伝わる。
 のちに、会津五流 (溝口派一刀流、真天流、神道精武流、聖徳太子流) の1つとの剣術流派となり、藩校/日新館でも採用される。

 以仁王については、こちら

 桃沢 惟一  ももさわ ただいち、生年不詳〜(1677)年
 幼名:三弥、熊之助。 通称:彦五郎。  <小番頭>
 藩士/戸枝市郎左衛門の末子。
 目付/戸枝平兵衛の江戸赴任に従い、上京する。
(higasi-西端中)  保科正之公に見い出されて小姓となる。
 元服の時に彦五郎と名乗り、小番頭に就く。
 正之公の近くに仕え、友松氏興が記していた正之公の記録を引き継ぐ。
 寛文12(1672)年、正之公の遺命で副奉行就任。
 後に、桃沢惟一と改名。
 死の直前の遺言により、葬儀は儒葬式にて友人/横田俊益たちが執り行った。
 墓は大窪山 (現地図に記載あり)。
 「桃澤彦五郎惟一墓
 森川家





 8代目/
  善兵衛
 もりかわけ、
 近江から蒲生氏郷公に従って会津に移住。
 蒲生秀行公が死去した際に、森川若狭守重則らが他2名が殉死し、重則の弟/昌茂は町人となり薬種商に転身し、初代/森川善兵衛となる。
 藩御用の薬種商として、森川家は大いに栄える。

 もりかわ ぜんべえ、文化2(1805)年〜明治19(1886)年
 号:指月庵宗久。
 戊辰の役で開城後に、鶴ヶ城は取り壊しとなる。
 明治5(1872)年、千利休の子/少庵ゆかりの茶室/麟閣が失われるのを惜しみ買い取り、甲賀町の自宅に自宅へ移築した。
 平成2(2000)年、会津若松市の市政90年を記念して、鶴ヶ城内の元の場所に再び移築され、公開されている。
 森 雪翁  もり せつおう、生没年不詳 (宝永〜享保頃)
 名:守次与兵衛。
 鶴ヶ城下にて誕生。
 陸象山と王陽明の学派/陸王学 (儒学) を修める。
 道教や仏教の他に、民間に伝わる歴史にも長じていた。
 町名主役を勤める。
 宝永7(1710)年、「会津孝子伝」を著す。
 為政者側から見た理想的な忠孝者としての農民・商人・職人が述べられており、当時の庶民の暮らしや生き方を伝えている。
 その他の著書「小平瀉」「会津続孝子伝 (子/守命が編集)」など。

《 も 》 江  戸  幕  末

 望月 武四郎  もちづき たけしろう、弘化4(1847)年〜慶応4(1868)年4月24日(22歳)
 藩士/望月新兵衛の3男。
 遊撃隊士として小出島に布陣し、 700人の来襲を藩士200人で迎撃するも負傷してしまう。
 四日町の民家/覚張常五郎宅に匿われ手当てを受けるが、 による残忍な残党狩りが始まったことを聞き及び、冤罪がでることを恐れ、民家を出て辞世の句を残し自刃した。
 筒音(つつおと)に 鳴く() (やす)めし ほととぎす 会津に告げよ 武士(もののふ)の死を
 〔津々於登耳 鳴久ね や春免し 本と々幾須 会津尓 告希よ 毛能々ふの 死を  輪形月〕
 「輪形月」とは満月のことで、「望月」を指す。
 多くの負傷した藩士も、迷惑を避けようと自刃し散っていった。
 深手を負って自刃すらできない藩士は、見つかり次第、惨殺された。
 墓は大塚墓地の墓碑とされる。
 昭和63(1988)年6月12日、小出島陣屋に戊辰百二十年記念事業として辞世碑「輪形月歌碑」が建立。
 この時に初めて武四郎の辞世の句と知った参列者も多く、皆々 慟哭したという。

元木喜代之助  元木吉之助  茂原岩之助  籾山充盛  桃澤[某]  森山八郎末廣  両角大蔵

《 も 》 幕 末 よ り 後

 両角 三郎  もろずみ さぶろう、
 慶応3(1867)年11月2日〜昭和26(1951)年6月28日 (満83歳)
 <陸軍中将>
 祐筆の藩士/両角衛門の子。
 陸軍教導団を経て、陸軍士官学校を卒業 (1期)。
 明治27(1894)年、日清戦争に出征。
 明治37(1904)年、日露戦争に出征。
 歩兵第六十連隊長、近衛歩兵第四連隊長を歴任。
 大正5(1916)年、少将へ昇進
 台湾第二守備隊司令官、歩兵第18旅団長を歴任。
 大正10(1921)年、中将へ昇進し、後に予備役編入。
 日本徴兵保険顧問、在郷軍人会審議委員などを務める。
 森 俊六郎  もり しゅんろくろう、
 明治10(1877)年3月6日〜昭和32(1957)年3月19日 (満80歳)
 森惣左衛門の5男として若松町 (会津若松市) にて誕生。
 <大蔵官僚、銀行家>
 会津中学校 (1回生、県立会津高等学校) から、二高第一部法科を首席で卒業し、東京帝国大学法学部政治学科に進む。
 明治35(1902)年、東京帝国大学を卒業し、大蔵省に入省。
 同年、文官高等試験に合格。
 明治36(1903)年、主計局司計課長に就任し参事官を兼任。
 明治39(1906)年、大蔵大臣/阪谷芳郎の秘書官に就く。
 欧米出張で見聞を広め、大臣官房文書課長、専売局主事、専売局長官官房、銀行課長、銀行局長、理財局長などを歴任。
 大正 9(1920)年、大蔵省理財局長を辞職し、台湾銀行副頭取に就任。
 大正11(1922)年も満鉄理事に就任。
 その後、破綻した十五銀行の常務に就任し再建に尽くす。
 帝国倉庫運輸 (テイソウ) 会長、園池製作所 (アマダホールディングス) 会長、蓬莱殖産 (ホウライ) 常務なども務める。
 著書「独逸帝国及普魯士王国ノ財政/全3巻」など。
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [50音メニュー]