戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]

恵 倫 寺 (ネットで墓参)

▲(会津若松市花見ケ丘3-3-8 Tel. 0242-26-2882)
恵倫寺については、こちら。

柴一族の墓

 本堂裏山の、中腹やや上にある。
 戦後、薩長閥の世の中にもかかわらず、生き残った兄弟は名をはせる活躍をしている。

柴謙助の墓

柴謙助

 太一郎の弟。
 墓碑には、「柴謙介」とある。
 山川大蔵指揮下の大砲士中一番日向隊。
 慶応4(1868)年4月6日、下野/家中村で戦死。
 偵察中、農民に虐殺される。
 25歳。
 墓は、栃木/一乗院にある。

柴氏家属之墓

柴氏家属之墓

 慶応4(1868)年8月23日、自宅にて自刃。

  ・柴ツネ 太一郎の祖母 80歳
  ・柴フワチ 同/母 50歳
  ・柴トク 同/妻 20歳
  ・柴素衣 同/妹 19歳  土屋敬治の妻
  ・柴サツ 同/妹  7歳

  ・柴シヲ 太助の母 46歳
  ・柴ヒサ 太助の妻 19歳
  ・柴ツネ 太助の妹  2歳
  ・柴兵部 太助の叔父 30歳

  柴太一郎盛道
 柴佐多蔵(榮由道)の長男。
 名は盛道、通称は秀次、松島翠庵。
 京都に赴任し、軍事奉行添役として鳥羽伏見の戦いに出陣。
 慶応4(1868)年9月15日、越後方面で負傷。
 戊辰の役では生き残り、斗南藩に移住、下北郡長となる。
 後に帰郷し、大沼郡長と南会津郡長を歴任。
 大正12(1923)年4月28日没。 85歳。
柴太一郎盛道墓
  柴五三郎
 男子5人女子6人の3男。
 京都に赴任し禁門の変では大活躍。
 戦後は、飛躍する兄弟を尻目に帰郷し父の面倒をみる。
 人間味あふれる「辰のまぼろし」の著者。
柴五三郎墓
  柴四朗
 ペンネーム「東海散士」。
 富津の会津藩陣屋 (現/八坂神社) で生まれる。
 戦後は、西南戦争に別働隊として参戦している。
 米国留学後、小説「佳人之奇遇」を発表、ベストセラーとなる。
 明治25(1892)年、福島県選出の衆議院議員となる。
 以降8回当選し、農商務次官や外務省参政官などを歴任。
 「智性院東海居士」。 墓は海蔵寺にもある。
柴四朗墓
  柴五郎
 戊辰の役では、面川の別荘にいたため家族の自刃から免れる。
 日新館が休校になったので、21日から松茸狩りに出かけていた。
 斗南に移住後、単身上京して陸軍幼年学校へ入学。
 薩長閥の陸軍でも頭角を現し、明治27(1894)年の日清戦争では大本営参謀を務め、大正8(1919)年に陸軍大将となる。
 昭和20(1945)年8月15日の太平洋戦争敗戦の詔を聞き、遺品を整理し自決するも老衰で直ぐには果たされず、同年12月13日に死去。 83歳。
柴五郎之墓
  柴清助
 太一郎の叔父。
 太一郎の家族の自刃に立ち会い、乞われて介錯し家に火を放った。
 その後、叔母から松茸狩りに誘われ別邸にいる五郎のもとへ向かい、家族の自刃と五郎の保護養育を委嘱されたことを伝える。

柴清助の墓

小川郷左衛門、鉱太郎、房次郎の墓

 現在の墓碑は、昭和42(1967)年6月建立。

小川郷左衛門
   白虎寄合二番隊/太田隊小隊頭。
   戊辰(1868)年9月14日、垣口で戦死。
   44歳。 「義専院眞襌忠秀居士」。

小川房次郎 (房次良)
   大砲士中一番田中隊。
   慶応4(1868)年8月29日、融通寺町で戦死。
   17歳。 「赤心院孝山義忠居士」。
小川鉱太郎 (O太郎)
   郷左衛門の伜。 小姓。
   慶応4(1868)年5月19日、越後長岡へ使者に赴く。
   その最中に長岡兵と共に奮戦し、6月2日に戦死。
   19歳。 「實性院忠山全義居士」。


林治郎の墓

林治郎

 墓碑には、「林次郎」とある。
 朱雀寄合一番隊/一柳隊。
 慶応4(1868)年5月1日、磐城/白河で戦死。
 31歳。
 「光稠神霊」。
 保科正之公に随従し、信州松代から移住した子孫。


桃澤[某]の墓

桃澤[某]

 墓碑では確認できないが、戦死者とのこと。
 桃澤彦五郎惟一なら大窪山墓地だが?。
 桃澤弾右衛門とも。
 慶応4(1868)年5月3日、片貝で負傷した半隊頭/桃澤克之允(丞)とも。 大砲組、大砲教示方。


諏訪伊助の墓

諏訪伊助

 家老。 戊辰の役では、日光口や土湯方面で奮戦、
 斗南藩/五戸へ移住、後に会津へ帰り、明治15(1862)年に帝政党を結社。
 明治17(1884)年、北会津郡長を務める。
 明治32年6月9日没。
 妻の墓は、五戸町/高雲寺にある。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]