野 口 英 世 (のぐち ひでよ)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [略歴]

会 津 に あ る 銅 像 等

世界中に、数100もの銅像が設置されているという。
日本にも各地に建立され、博士の偉業を伝えている。
野口英世記念館内に、全国の所在地一覧表がある。

会  津  若  松  市

野口英世青春広場

野口英世像

 昭和33(1958)年、中央公民館前に建立、
 平成17(2005)年、広場の完成により、この地に移転した。
 入口の門扉には、博士のレリーフがあるので、お見逃しなく。
 ネットで見物は、こちら。

 ▲(会津若松市中町1-23)

香塩集会堂 (保福寺)

香塩集会堂/保福寺

 香塩集会堂と保福寺の同一敷地内にある。
 大戸公民館と、国道に対して反対側。
 平成16(2004)年に修復したとのこと。
 前傾姿勢をしており、右手に書籍を持ち、左手はズボンのポケットの中に入れている珍しい姿。
香塩集会堂/保福寺の像
 ▲(会津若松市大戸町上三寄香塩479)

猪   苗   代   町

野口英世記念館

野口英世記念館の像

 彫塑家/川村吾蔵、昭和14(1939)年の作。
 ネットで見学は、こちら。

野口英世記念館の像  ▲(猪苗代町大字三ツ和字前田81
       Tel. 0242-65-2319)
野口英世の胸像 野口英世の胸像
 館内には、2体の胸像がある。

 全国の野口英世像の所在地が、
一覧表になって展示されている。

三ツ和小学校

三ツ和小学校の銅像

 昭和28(1953)年、少年時代の銅像「野口清作少年像」が現在の位置より100メートルほど南に建立。
 昭和57(1982)年、現在の校舎正面に移転。
三ツ和小学校  彫刻家/塩崎宇宙の作。

 ▲(猪苗代町大字三ツ和字家北906
        Tel. 0242-65-2311)

JR猪苗代駅前広場

JR猪苗代駅前広場

 ▲(猪苗代町字城南100
 Tel. 0242-62-2111)


JR猪苗代駅前広場の説明文 JR猪苗代駅前広場の説明文

野口英世博士三体像レリーフ
 猪苗代町の生んだ偉人として 今も町民の尊敬を集める野口英世博士 (1876 1928) は 梅毒病原スピロヘータ純培養の成功 (1911) 黄熱病の研究などで世界的にその名が知られ 当時世界の医聖と謳われた方ですが 博士の生涯に深い影響を与えた母堂シカ、少年 野口の英才を見いだし学費を与え勉学の志を助けた小学校訓導小林栄先生、その他大勢の人々の真心を今に伝えるため 博士が好んで書かれた直筆の“忍耐”の文字を彫り込み、三体像のレリーフを結成25周年の記念として建立しました。 また出生地 翁島三城潟には生家が保存され、記念館があります。
1990.9.25  野口英世博士三体像レリーフ
野口英世博士の想いで
世界に雄飛する出発地 猪苗代駅
 岩越鉄道の猪苗代駅として明治32年 (1899) 7月15日に開業しました。 明治33年 (1900) 12月、郷里の人たちに見送られ、勇躍アメリカに向かいました。 この駅は英世が世界に雄飛する出発地になったところです。 また大正4年 (1915) に帰国した英世が、たびたび乗り降りしたところでもあります。 この地にちなんで、恩師小林先生と母シカ、英世のレリーフがつくられました。
野口英世先生生誕のるさとづくり推進委員会    .
 

猪苗代町立猪苗代病院

猪苗代町立猪苗代病院の像

 県立猪苗代病院が廃止され、引き継いだ町立病院の開院に合わせて建立。
 平成21(2009)年10月30日、立像の除幕式が行われた。
 立像の高さは、磐梯山の標高 (1,819m)に因み 181.9センチ。
 彫刻家/雨宮透の作。
猪苗代町立猪苗代病院  全身立像は、会津若松市、上野公園、大阪市にあったが、猪苗代町にはなかったため企画された。
 高さ約60センチのエスキース(作品構想のための縮小像) が、町内各小学校に贈呈されている。
 ▲(猪苗代町字梨木西65 Tel. 0242-62-2350)

猪苗代町役場

猪苗代町役場の像

 正面玄関ロビーにある。

 ▲(猪苗代町字城南100
       Tel. 0242-62-2111)
猪苗代町役場

亀ケ城址

亀ケ城址の像

 二ノ郭に建立。
 昭和31(1956)年、米国/アラメダ海軍航空隊基地協会寄贈。
亀ケ城址の像  少し日本人離れの顔をしている。

 ▲(猪苗代町古城町)

西   会   津  町

西会津中学校前

西会津中学校前の像

 バス停のロータリーの所にある。
 ▲(西会津町尾野本字新森野)

西会津中学校前の像

会   津   以   外

上野公園

上野公園の像

 昭和26(1951)年3月、建立。
 石台を含み高さは、4.5メートル。
 多摩美術大学教授/吉田三郎の作。
 手には試験管が握られ、石碑には糸車が刻まれている。
 台座「PRO BORN HUMANI GENERIS (人類の幸福のために)

 ▲(東京都台東区上野公園  国立科学博物館と大噴水の間)

長浜野口記念公園

銅像 野口英世のレリーフ像 野口英世のレリーフ像

細菌検査室


検疫所の入口


 ▲(横浜市金沢区長浜114-4)

野口英世記念会館

野口英世記念会館

 ここにも像はあったが、平成23(2011)年3月31日に閉館。
 像の行方は知らない。
 ▲(東京都新宿区大京町26 Tel. 03-3357-0742)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [略歴]