[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [ご縁メニュー]  [滋賀県]

ご   縁   の   あ   る   地

滋    賀    県

≪ 蒲 生 氏 郷 と の ご 縁 ≫
「日野のまち・歴史めぐりコース」に含まれていて分かりやすい。

蒲生氏郷公産湯の井戸

蒲生氏郷公産湯の井戸

 弘治2(1556)年、蒲生賢秀の嫡男/氏郷が誕生。
 鶴千代と名付けられる。
 織田信長、豊臣秀吉に仕え、頭角を現す。
 天正12(1584)年、伊勢松坂12万3千石で転封。
 天正18(1590)年、会津藩42万石 (後に92万石) の藩主となり、会津藩の基礎を築く。
 略歴については、こちら。

日野城 (中野城)

 文亀〜大永年間 (1501〜1523)年、砦として気付かれたのが起源とされる。
 天文2(1533)年、氏郷の祖父/蒲生定秀が本格的に築城。
 天正10(1582)年、本能寺の変で逃れてきた織田信長の妻子一族を迎え入れた。
 関ヶ原合戦後の慶長8(1603)年に廃城。

日野城(中野城) 日野城(中野城)

 日野川ダム建設による水没などにより遺構は、本丸跡石垣が少し残っているだけ。
 ▲(日野町西大路)

蒲生氏郷公銅像 (上野田ひばり野公園)

蒲生氏郷公銅像  大正8(1919)年、郷土の誇りとして設置。
 昭和19(1944)年、太平洋戦争で軍事供出。
 昭和63(1988)年、現在の銅像が再建。
 朝鮮の出征の折、会津がら九州への途中で郷里/日野の方角を眺めつつ歌を詠んだ時の姿とのこと。

蒲生氏郷公銅像

 思ひきや 人のゆくへそ 定めなき
  わがふるさとを よそに見んとは




 ▲(日野町大字上野田759)

蒲生氏郷公遺髪塔 (信楽院)

蒲生氏郷公遺髪塔

 墓地の一番奥にある。
 文禄4(1595)年2月7日、伏見の蒲生屋敷にて急死。
 享年40歳。
 墓所 ◇ 京都/大徳寺黄梅院 (非公開)
信楽院     ◇ 会津/興徳寺
 略歴については、こちら。

 信楽院は、蒲生家の菩提寺。
 ▲(日野町大字村井1500 Tel. 0748-52-0170)

≪ 天 海 大 僧 正 と の ご 縁 ≫

慈眼堂 (天海大僧正の廟所)

慈眼堂

 慶長12(1607)年から比叡山/南光坊に移り住み、織田信長の焼き討ちで壊滅した比叡山復興に尽力。
 正保2(1645)年、天海廟 (慈眼堂) が建立された。
 堂内には、国の重要文化財である「木造慈眼大師坐像」か祀られている。
 日光/慈眼堂、東京/毛髪塔、埼玉/喜多院、会津/両親の墓などがある。
慈眼堂の説明文  天海大僧正については、こちら。
 堂の左側に歴代天台座主の墓がある。
 さらに1段高い所に、天海大僧正が鵜川四十八体石仏 (高島市) のうち13体を移した阿弥陀如来石仏 (座像) がある。

阿弥陀如来石仏 阿弥陀如来石仏 阿弥陀如来石仏 阿弥陀如来石仏
 . 阿弥陀如来石仏 阿弥陀如来石仏 阿弥陀如来石仏 阿弥陀如来石仏
 . 阿弥陀如来石仏 阿弥陀如来石仏 阿弥陀如来石仏 阿弥陀如来石仏
 右手前の奥に、樹木に包まれた1体の石仏がある。
 . 阿弥陀如来石仏  . 阿弥陀如来石仏

滋賀院

滋賀院 滋賀院

 元和元(1615)年、天海大僧正が後陽成天皇から京都/法勝寺を賜り、現在地に移築し開基した。
 延暦寺の本坊(総里坊)。
 滋賀院門跡とも称する、
 天台宗。
 本尊は薬師如来。
 ▲(大津市坂本4-6-1 Tel. 077-578-0130)

日吉東照宮 (東坂本東照大権現)

日吉東照宮

 元和9(1623)年、天海大僧正が創建。
 寛永11(1634)年、現在の社殿に改築された。
 日光東照宮再建の雛形として改築されたと云う。
 「関西の日光」とも。
 明治の神仏分離令により、比叡山延暦寺から日吉大社へ移管された。
日吉東照宮 日吉東照宮の説明文  内部参拝 (有料) は、土・日・祝のみ。
 急な石段を上り切った先にある。

 ▲(大津市坂本4-2-12
   Tel. 0775-78-0009)

慈眼大師天海大僧正住坊址

慈眼大師天海大僧正住坊址

慈眼大師 天海大僧正
   南光坊旧跡

慈眼大師天海大僧正住坊址
慈眼大師天海大僧正住坊址
 元亀2(1571)年、織田信長の比叡山焼討ちで、堂塔伽藍すべてが灰燼に帰した。
 天海大僧正は、徳川家光を説いて比叡山の再興に尽力し、今の根本中堂や大講堂など主な堂塔を再建しており、信徒から大恩人と崇められている。
 約4年間住んでいた南光坊・本坊は現存しておらず、旧跡地に碑があるのみ。
比叡山の大講堂 比叡山の根本中堂

延 暦 寺

 延暦寺という1棟の建造物があるわけではなく、500ヘクタールほどの山内に点在する約150の堂塔の総称。
 東塔 (東側) 、西塔 (西側) 、横川 (北側)
の3つ (三塔) に区分されている。
 各々に本堂を持つが、総本堂の根本中堂は東塔にある。
 再興に尽力した天海大僧正は、ここで18歳の時に実全 (神蔵寺) に師事し円頓菩薩の大戒を受け、その後の雲水の時代にも訪れている。
 天海が出家した龍興寺を開基した円仁が学んだところでもある。
 ▲有料 .(大津市坂本本町4220 Tel. 077-578-0001)

勧学院 (園城寺/三井寺)

三井寺 (園城寺)

 弘治元(1555)年、随風 (天海大僧正) が勧学院/尊実権僧正に師事し、倶舎の性相や華厳・楞厳の諸法大乗を学んだ。
 正和元(1312)年、学問所として創立。
 慶長5(1600)年、再建され現在に至る。
 原則非公開。

三井寺(園城寺)  園城寺は、一般的に三井寺と呼ばれている。
 弘文元(672)年、大友氏の氏寺として草創。
 天台寺門宗の総本山、長等山。  本尊は弥勒菩薩。
 ▲入場有料 (大津市園城寺町246 Tel. 077-522-2238)

琵琶湖と竹生島

三井寺 (園城寺)
 天海大僧正寛永寺を創建・開山する際、琵琶湖を模した不忍池と、竹生島を模した中之島を造出した。

豊国神社

 慶長5(1600)年、秀吉の三回忌に遺徳を偲んで建立。
 明治31(1898)年、秀吉の三百回忌に拝殿が再建。
 ◇ 毎年1月には「十日戎」、
 ◇ 10月には「豊公まつり (武者行列)」
が行われる。
 ▲(長浜市南呉服町6-37)   

安土城

 鶴ヶ城と同じく日本100名城 (51番) の1つ。
 天正4(1576)年、織田信長が築城。
 初めて本格的な天守 (天主) が設置された城。
 天正10(1582)年、明智光秀による本能寺の変の後に、原因不明の出火で全焼、廃城となる。
 昭和25(1950)年、国の特別史跡に指定。
 ▲入場有料 (近江八幡市安土町下豊浦)

彦根城

 鶴ヶ城と同じく日本100名城 (50番) の1つ。
 金亀城(こんきじょう)とも。
 元和8(1622)年、井伊直継が築城。
 明治7(1874)年、廃城令の破却を免れ天守が現存する。
 昭和26(1951)年、国の史跡に指定。
 昭和27(1952)年、国宝に指定 (天守など)。
 昭和31(1956)年、国の特別史跡に指定。
 ▲入場有料 (彦根市金亀町1-1 Tel. 0749-22-2742) .

小谷城

小谷城

 鶴ヶ城と同じく日本100名城 (49番) の1つ。
 永正13(1516)年、浅井亮政が築城。
 天正3(1575)年、廃城。
 昭和12(1937)年、国の史跡に指定。
 浅井三姉妹所縁の地としても知られる。
 山麓に、「小谷城戦国歴史資料館」がある。
 ▲(長浜市小谷郡上町139)   

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [ご縁メニュー]  [滋賀県]