偉     人     伝

[戻る] [TOP] [行く] [遊ぶ] [知る]   [メニュー]  [雲水]  [飛躍]  [逸話]

天 海 大 僧 正 の 略 歴

 天海大僧正の生涯は、大きく3つの時代に分けられる。
 ◇ 雲水の学問僧の時代
  名刹/龍興寺で天台宗の教義に触れ、仏門に生涯を奉げることを決意する。
  粉河寺比叡山観学院(園城寺)興福寺足利学校善昌寺蓮馨寺
  さらに甲斐や越後など宗派を超えて仏法を修め続けた。
 ◇ 表舞台で活躍する時代
  家康との知遇・帰依を得て、飛躍が始まる。
  幕閣として江戸幕府の基礎を造り、江戸の都市計画などに参与する。
  戦国時代に荒廃した寺院を再興し、再び戦乱の世に戻さない策に尽力する。
 ◇ 仏法による国家安寧に邁進する時代
  秀忠・家光の帰依を受け、東照宮の建立を手段として、武闘派の時代から
  残りの生涯をかけ、保科正之公とともに文治政治への移行を推進する。
  宗家/蘆名氏の滅亡などを体験し、国家安寧こそが民の幸せとの行動だった。

仏 法 に よ る 国 家 安 寧 に 邁 進 す る 時 代

元和2(1616)年/丙辰    81歳

  4月
 17日  徳川家康が死去、遺言通り直ちに亡骸を久能山に移す。
 19日夜 竣工した仮殿に移し、儀式を執り行う。

  7月
 13日、天海の働きかけで、家康の神号が「権現」に勅定される。
 27日、大僧正となる。

 10月26日
 天海の提言を受け、コ川秀忠が日光東照社の創建を命じる。

元和3(1617)年/丁巳    82歳

  1月22日
 日光東照社/仮殿遷宮や居礎(いしずえ)式の日取りなどを提言。

  2月21日
 天海の朝廷への働きかけにより、徳川家康に東照大権現の神号が与えられる。

  3月〜4月
 3月15日 日光東照社(東照宮)が完成。
 3月15日早朝、天海自らが鋤鍬をとって、久能山に埋葬されている家康の霊柩を移す。
 天海が行列の先頭に立ち、続いて叡山の高僧などが付き従い、本多正純・松平正綱・板倉重昌・秋元泰朝・永井直勝ら約300騎と、綾錦を身にまとった1,000名もの兵による煌びやかな大行列「金の輿」が、日光への遷座に出立。
    この日は、善徳寺址近くの御殿御茶屋 (富士市)に1泊 (行程/約9里強)。
 3月16日〜17日 三島宿の世古本陣 (三島市) に2泊 (行程/約5里半弱)。
     久能山東照宮 善徳寺址 世古本陣

 3月18〜19日 小田原城/本丸御殿 (御成御殿、小田原市) に2泊 (行程/約10里強)。
 3月20日 御殿御茶屋/中原御殿 (平塚市) に1泊 (行程/約5里半弱)。
 3月21〜22日 御殿御茶屋/府中御殿 (府中市) に2泊 (行程/約12里弱)。
     久能山東照宮 中原御殿 府中御殿

 3月23〜26日 喜多院 (同年に仙波東照宮が建立、川越市) に4泊 (行程/約8里弱)。
        天海による「山王一実神道」にて大法会を執り行う。
 3月27日 忍城 (行田市) に1泊 (行程/約7里)。
 3月28日 館林で休息し、惣宗寺 (佐野市) に1泊 (行程/約6里)。
     喜多院 忍城 惣宗寺

 3月29〜4月3日 薬王寺 (鹿沼市) に4泊 (行程/約10里半弱)。
 4月4日 日光の奥の院/座禅院へ到着 (行程/約7里半弱)。
     現在の日光「千人武者行列」は、この時の様子を模したもの。
 4月8日 東照社 (東照宮) 奥之院の木造多宝塔の地下に埋葬。
     天海の「山王一実神道」で家康神霊遷座の儀を執り行う。
     薬王寺 日光東照宮の入口
 4月17日 小祥忌 (一周忌) の法会を執り行い、東照大権現が日光に鎮座する。

  6月
 上洛し、後陽成上皇の病気見舞いをする。

  9月
 9月に崩御した後陽成上皇の初月忌で、法会の導師を務める。

 10月
 日光山に赴き、東照遇造営の建築位置を定める。

元和4(1618)年/戊午    83歳

  4月
 江戸城に紅葉山東照原廟が完成し。正遷宮の導師を執り行う。

元和5(1619)年/己未    84歳

  4月17日
 徳川秀忠の日光東照社参拝に際し法会を執り行う。

  5月 5日
 宮中に赴き、論議する。
 桓武天皇の廟塔を修造する。

伏見城

  6月
 伏見城に赴き、福島正則の嘆願書を呈する。
 秀忠は、すぐさま聞き入れ、信州/川中島に厳封されたが存続は許された。

  8月
 故/後陽成天皇の大祥忌の法会を執り行う。
 伏見城に赴き、論議する。

伏見城

  9月17日
 尾州/名古屋東照社 (東照権現) の正遷宮の導師を執り行う。

 10月
 日光東照権現の祭祀を執り行う。

元和6(1620)年/庚申    85歳

  2月
 花山院忠長の男/久遠寿院公海を養子とする。

  3月15日
 徳川秀忠が日光山・久能山・喜多院寺領の朱印状を渡し、天海に運営を託す。

  8月
 水戸に赴き、東照遇造営の建築位置を定める。

元和7(1621)年/辛酉    86歳

 水戸東照宮  妙道院 1月
 日光釈迦堂跡に妙道院を開創する。

  4月21日
 水戸東照宮の正遷宮の導師を執り行う。

 11月
 紀州東照宮の正遷宮の導師を執り行い、別当寺/天曜寺を開山し初代別当に就任。

元和8(1622)年/壬戌    87歳

  4月
 日光/奥院宝塔と石垣の造営が完成。
 日光山で、東照権現7回忌の法会を執り行う。

  6月
 養子の久遠寿院公海が剃髪する。

 10月
 後陽成天皇の第六皇子/妙法院尭然法親王の潅頂を執り行う。

 11月
 徳川秀忠から、忍岡 (上野公園一帯の古称) の地を与えられる。

 12月
 名古屋にて病に倒れる。
 秀忠は、すぐさま官医を派遣して診療に当たらせる。
 この時の逸話「箱根の狐火」が残っている。

元和9(1623)年/癸亥    88歳

  4月17日
 大納言/徳川家光の日光東照社参拝に際し法会を執り行う。

  7月27日
日吉東照宮  徳川秀忠・家光に随行し上洛する。
 秀忠が将軍を辞し、家光が3代将軍に就任する。

 この年
 自ら日吉東照社を創建。

元和10年/寛永元(1624)年/甲子    89歳

 春
 病が癒え、江戸城に立ち寄る。
 秀忠が宴を席を設けて祝う。

 この年
 江戸城の鬼門に当たる忍岡に、寛永寺創建を発願する。
 鶴ヶ城/二の丸〜三の丸の南側 (城南町〜城東町辺り) にも、東照社の創建着手。
 建立を要請したところ、当時の藩主/蒲生忠郷公が徳川家康の外孫 (母が家康の3女/振姫) だったため、直ちに許可された。
 戊辰の役で、別当寺/天台宗延寿寺とともに、すべてが焼失。

寛永2(1625)年/乙丑   90歳

三芳野神社

  2月24日
 川越/三芳野神社の遷宮の導師を執り行う。

  7月13日
 徳川家光の日光東照社参拝に際し法会を執り行う。

寛永寺  11月
 東叡山円頓院を開山し、寛永寺の整備を開始する。
 これ以降、天台宗の中心は江戸に移された。

寛永3(1626)年/乙丑   91歳

 夏
 藤堂高虎と協議し、上野にあった藤堂の敷地内に東照権現の祠の建立を決める。
 徳川家光が開基し、天海が開山。
 東叡山寛永寺円頓院と号し、天台宗の関東総本山とする。
 総本山を移された喜多院は、山号を「星野山」に戻した。

  8月
 上洛し、宮中にて論議する。
 久遠寿院公海を九条家の養子にして、毘沙門堂門跡を譲る。

寛永4(1627)年/丁卯   92歳

  4月
東照宮  東叡山東照大権現の神祠 (後の上野東照宮) が上野の藤堂高虎の敷地内に完成。

  9月
 勅旨によって行われた東叡山東照大権現の法会を執り行う。

 12月
 寛永寺の法華堂、常行堂の2堂が創建される。
 これ以降、子院36院、寺領11,790石を有し、天台宗関東総本山として隆盛を誇る。

寛永5(1628)年/戊辰   93歳

  4月
 日光東照社にて第13回神忌の法会 (徳川秀忠・家光参列) を執り行う。

金地院東照宮

 この年
 南禅寺金地院の東照社の遷宮式を執り行う。


寛永6(1629)年/己巳   94歳

  4月17日
 徳川家光の日光東照社参拝に際し法会を執り行う。

  9月17日
 徳川秀忠の日光東照社参拝に際し法要を執り行う。

寛永8(1631)年/辛未   96歳

  6月
 病床についた徳川秀忠の見舞いをする。

  9月
 日光山にて病に倒れる。

清水観音堂  12月
 秀忠に、神位を望むかなどの遺言を聞く。

 この年
 京都の東山/清水寺に見立てた清水観音堂を建立する。

寛永9(1632)年/壬申    97歳

増上寺安国殿裏の徳川家墓所   1月24日
 徳川秀忠が死去。
 秀忠が死に臨み幻覚があらわれ、紅葉山 (増上寺) に参拝すると言い出したため諫めたと云う。
 増上寺に埋葬される。

  4月17日
 日光山にて東照大権現第17回神忌の法会を執り行う。
 薬師堂法華経万部供養の導師。
 徳川家光は今市に宿営し、井伊直孝が代参。

  7月
 天海などの尽力で、紫衣事件の大徳寺/沢庵宗彭や妙心寺/東源慧等らが特赦される。
 大久保忠隣や福島正則、徳川忠長などの赦免も呈しており、その後に寛永寺が特赦を願い出る慣例となった。

寛永10(1633)年/癸酉    98歳

  1月
 徳川家康の像を造り、喜多院/東照廟の神体とする。

  6月1日
 東照大権現鎮座のため移転した日光/御幸町民に、天海直筆の諸役免除の証文を発行。
 「日光山 東照大権現御勧請以来基立之間号御幸町 依之永代諸役令免許畢 者守此旨 御祭禮其他之御奉公不可有如在者也 寛永十癸酉六月朔日 山門執行探題大僧正天海

  7月17日
 寛永寺に赴いた徳川家光が、帰りの立ち寄り先/先聖殿 (忍岡聖堂) で書経について聞くのに随行する。
 先聖殿とは、林道春 (林羅山) の私塾に付随する孔子廟のこと。 寛永7(1630)年に家光から儒学普及のため上野/忍岡に1千3百坪強と資金を拝領して建設。
 その後、湯島に移築されたが、元禄11(1698)年9月6日の勅額火事で焼失、後に再建されることは無かった。

  8月
 江戸城二の丸に東照社が完成し、遷宮式を執り行う。

寛永11(1634)年/甲戌    99歳

  5月2日
 徳川家光が、日光東照社領として7千石を寄進。

  6月
 上洛する。

日吉東照社

 閏7月
 比叡山の大津側に東坂本東照大権現 (日吉東照社) が竣工、正遷宮を執り行う。

  9月17日
 家光の日光東照社参拝に際し法会を執り行う。
 天海の提言を受けた家光は、東照大権現第21年神忌に向けて、日光東照社の全面改築 (寛永の大造替) を命じる。
 現存する荘厳な社殿が建立される。

 11月17日
 寛永寺の大改修が開始される。

 この年
 徳川家光に説いて、延暦寺/根本中堂などの諸堂の復旧、再興に着手する。

寛永12(1635)年/乙亥   100歳

  5月
 日光東照大権現の仮殿遷宮の件を奉修する。

  6月
 紅葉山東照廟祭祀を執り行う。
 徳川家光から、東照権現縁起の撰述を委託される。
 この縁起は、後に後水尾天皇から宸翰として賜る。

寛永13(1636)年/丙子   101歳

  3月
 日光東照社の大改造が完成、現在の形となる。
 家康の木造多宝塔も、石造宝塔に改造
 天海の功徳により、日光山は20院80坊と隆盛を誇るまでになっていた。

  4月17日
 日光東照社の遷宮と、第21回神忌の法会 (徳川家光列席) を執り行う。
 「東照権現縁起(真名本)」の上巻を完成させる。 描き始めとも。

  5月
 病に倒れる。
 家光は急ぎ老臣を派遣して見舞う。

  6月
 病が癒え、寛永寺に帰る。
 家光は喜び、見舞いに赴く。

  8月
 家光が、寛永寺の本坊に赴く。

 この年
 比叡山大講堂が再建される。

寛永14(1637)年/丁丑   102歳

  7月
 乞われて、家光の長女の名を千代姫と命名する。

  8月
 江戸本城が完成し、平穏無事の祈願を執り行う。

  9月
 江戸城二の丸に建立された東照廟正遷宮の導師を執り行う。

 この年
 「天海版 大蔵経 (一切経)」の活版印刷する企画を、寛永寺にて明かす。
 仏教経典の全集で、12年後に全6323巻として完成した。

寛永15(1638)年/戊寅   103歳

  1月
 川越大火が発生し、山門と経蔵以外の伽藍を全て焼失する。
 徳川家康と同様、家光も天海への崇敬は厚く、すぐさま幕閣に再建を命じた。
 この時に江戸城/紅葉山御殿の一部を移築したため、江戸城の唯一の遺構として「家光誕生の間」「春日局化粧の間」が現存している。

  2月
 徳川家光が、寛永寺本坊に赴く。

 11月
 病床に伏し、寺務を久遠寿院公海に継がせると願い出る。
 家光は病状を調べさせ、天海が山王神道説を発展させた山王一実神道について学び聞く。

寛永16(1639)年/己卯   104歳

  2月
 徳川家光は、老臣を派遣して病の様子を調べさせる。

  3月
 家光が寛永寺本坊に赴き、山王一実神道を受け継ぐ。

  5月
 寛永寺の五重塔や薬師堂が焼失する。
 家光は、すぐさま再建させる。

  閏11月
 家光から天台血脈の相承を求められたが、許可せず。
 世良田長楽寺を晃海に任せる。

寛永17(1640)年/庚辰   105歳

  3月
 徳川家光が、寛永寺本坊に赴く。

  4月
 東照大権現第25回神忌の法会 (家光列席) を執り行う。

  8月
 春日局の東照社参拝に際し法会を執り行う。

 夏
 裁可を求め、法を教授する一身阿闍梨に、久遠寿院公海を任命する。

 秋
 家光は天海の病状を心配し、官医4名を常侍させる。
 「東照宮権現縁起絵巻(仮名本)」全5巻が完成。
 「東照権現縁起(真名本)」の中巻・下巻が完成。

寛永18(1641)年/辛巳   106歳

  4月
 徳川家光が、寛永寺本坊に赴く。
 17日、家光の日光東照社参拝に際し法要を執り行う。

  5月
 日光山上に慈慧堂を建て、家光の世子の無事誕生を祈願する。

  8月3日
 後に将軍/家綱となる家光の嫡子が誕生する。
 天海が、竹千代と命名する。

 11月
 病状が悪化する。
 家光へ天台血脈を相承する。

寛永19(1642)年/壬午   107歳

  2月
 紅葉山において、家光の嫡子/竹千代初参の儀を執り行う。

  4月
 徳川家光が、寛永寺本坊に赴く。

  11月
 徳川家光が、寛永寺本坊に赴く。

 この年
 延暦寺の根本中堂が再興 (竣工) された。
 総ケヤキ造りで、梁間6間(約24m)・桁行11間(約38m)・高さ約24メートル。
 歴史的木造建造物では東大寺大仏殿、金剛峯寺不動堂に次ぐ3番目の大きさ。
 

寛永20(1643)年/癸未    108歳

 正月
 紅葉山の斎会を執り行う、

  5月
 天下太平を願う家光の依頼により、日光山の奥院に相輪塔を建立。

  6月
 出身の一族である角館城主/蘆名盛俊公が元服の折、家光との拝謁の労をとる。
 しかし、10年後には家督を継いだ幼い蘆名千鶴丸の事故死により、願いも空しく名門/蘆名家は名実ともに滅亡する。

  7月
 江戸城二の丸が完成し、平穏無事の祈願を執り行う。
 28日、病床に伏す。

  9月
 徳川家光が、病を心配して薬を贈る。
 28日、五か条の遺言を述べる。
     一 東照大権現の神威を増すこと。
     二 天台宗を繁栄させること。
     三 天海の後継者に、親王を迎えること。
     四 京都山科の毘沙門堂門跡を再興すること。
     五 天皇の命に違反する罪で配流された人を赦免すること。
 29日、家光が病床にて遺言を受ける。

 10月
本覚院   1日、弟子たちに遺言を守るよう遺命する。
    家光が探幽に寿像(存命中に描く肖像画)を命じる。
  2日、天寿を全うし、寛永寺の子院/本覚院にて入滅。
  3日、遺書遺宝が家光に渡される。
    家光は、激しく嗚咽し続けたと云う。
  7日、全身を沐浴され、納棺される。
 10日、所縁の喜多院などを経由して、日光山に到着する。
 17日、遺言により、家康の眠る日光山 (大黒山) に埋葬。
    天海蔵には、天海の蔵書1万冊が収められたと云う。

慈眼堂 (輪王寺天海墓)
 墓の五輪塔は、国の重要文化財。
 大猷院を見下ろす高台にあり、六部天「梵天、帝釈天、広目天、増長天、持長天、多聞天」に囲まれている。
 ▲(栃木県日光市山内2300 Tel. 0288-54-0531)
  現在、
  参拝は
  できない。

慈眼堂 (開山堂)
 天海が尊崇していた慈惠大師 (良源) も祀ったため、「両大師」とも呼ばれ、大いに信仰された。
 ▲(台東区上野公園14-5 Tel. 03-3821-4433)
天海僧正毛髪塔(上野公園)

天海僧正毛髪塔
 遺言により日光山に葬られたが、旧/本覚院跡に供養塔が建てられ、後に毛髪が納められた塔も建立された。
 ▲(東京都台東区上野公園1  彰義隊の墓の背面)
天海僧正毛髪塔(上野公園)
慈眼堂
 正保3(1646)年、建立。
 「木造慈眼大師坐像」は、国の重要文化財。
 天海が鵜川から移した阿弥陀如来石仏もある。
 ▲(滋賀県大津市坂本4-6-33 Tel. 077-578-0130)
慈眼堂
慈眼堂 (喜多院)
 国の重要文化財。
 将軍/家光が建立。
 死去2ヶ月前の天海を写した木像が安置されている。
 ▲(埼玉県川越市小仙波町1-20-1 Tel. 049-222-0859)

正保元(1644)年/甲申

10月
 2日、東叡山・日光山・星野山の3山で、天海の小祥忌が執り行われる。
 この月、徳川家光が、東叡山日光山比叡山星野山に天海の影堂/慈眼堂の建立を命じる。

開山堂

この年
 寛永寺に、慈眼大師 (天海大僧正) を奉祀した慈眼堂(開山堂)が創建される。

正保2(1645)年/乙酉

 10月2日
 天海の大祥忌が執り行われる。
 家光は、上野/影堂に詣でる。

 11月 3日
 生前の天海による朝廷への働きにより、家康の墓所が「東照宮」となる。
 日光東照宮は伊勢神宮と同格になり、幕末に徳川政権が瓦解するまでの200余年、東照大権現の神前に奉る例幣使は毎年欠かさず行われた。

慶安元(1648)年

  4月
 11日、天皇から、慈眼大師の号が追贈される。
    天台宗では最澄・円仁・良源らの5人目。
    7百年ぶりのことで、それ以降も大師は出ていない。
    伝教・弘法・慈覚・智証の後に720余年にして追薦された5番目の聖人。
 18日、未完の「寛永寺版(天海版)大蔵経」が、幕府の援助により完成。
    日本で初めての木活字による経典。

慶安4(1651)年

 徳川家光が死去したため、家綱は4代将軍に就任した。
 家綱は11歳、叔父/保科正之公の後見を受けてのことであった。
 家康・秀忠・家光3代にわたって帰依された天海は、すでに黄泉の国に旅立っていたが、家綱は喜多院に250石を加増して750石としている。

貞応3(1654)年

  11月
 守澄法親王が寛永寺の第3代貫首に就任。
 天海の次には養子だった公海が継いだものの、その次は遺命通り皇子 (後水尾天皇の第3皇子) を迎えた。
 その後は幕末まで寛永寺の貫首は、皇子または天皇の猶子が務めている。
 公海は、遺命の1つ「京都山科の毘沙門堂門跡の再興」も成し遂げている。

[前ページ]
[戻る] [TOP] [行く] [遊ぶ] [知る]   [メニュー]  [雲水]  [飛躍]  [逸話]