幕  末  の  領  地  ( 会 津 藩 )

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]  [現在の会津]  [割譲された藩領]

江    戸    藩    邸

上屋敷 (和田倉門邸)

上屋敷

 保科正之公の時代は、鍜治橋内にあり、後に桜田門内に移る。
 貞享元(1684)年、正容公が、大手前竜ノ口の屋敷を拝領。
 宝永6(1709)年、9,150余坪の和田倉門内を拝領し、本邸として幕末まで使用する。
 安政2(1855)年10月2日、江戸大地震で全建物が倒壊。
 速やかに再建。

 ▲(千代田区皇居外苑3附近  和田倉噴水/辺り一帯)

中屋敷 (芝藩邸、芝新銭座邸)

中屋敷

 中屋敷とは本邸/上屋敷の控え屋敷であり、藩主が登城しない時の居住屋敷でもある。
 寛永16(1639)年、保科正之公が、希望していた海の見える景勝地を拝領。 北は伊達屋敷、南は新銭座町、東は舟路を隔てて後の浜御殿、西は露月町や柴井町、に接する25,129坪。
 延宝5(1677)年、正経公が隣接する地を拝領し、29,490余坪の広大な屋敷となった。
 堀を隔てた伊達屋敷との間に「会仙橋」と呼ばれていた橋が架かっており、よく行き来していた。
 安政2(1855)年10月2日の江戸大地震では全建物が倒壊し、165人の圧死者が出た。

 ▲(港区東新橋1丁目附近  ホテル/ヴィラフォンテーヌ汐留/辺り一帯)

三田藩邸 (下屋敷)

三田藩邸(下屋敷)

 万治元(1658)年5月15日、三田の高台に下屋敷を構え実質的拠点とした。
 御田下屋敷、三田綱坂とも呼ばれていた。
 今の慶応義塾中等部・慶応義塾女子高や、三井倶楽部の南半分、綱町グラウンドから古川の河岸 (渋谷川の支流/新堀川) までの 32,972坪という広大な敷地。
 屋敷内で軍事調練ができるほどの広さがあった。
 ▲(港区三田2丁目〜松坂町〜豊岡町附近)

肥後殿橋 (三之橋) 綱坂

 敷地脇を通る坂が、「綱坂」である。
 河岸に架かる三之橋は、松平肥後守の下屋敷脇にあるので「肥後殿橋」と呼ばれていた。

< 以 下 、確 認 で き ず >    .

お抱屋敷

 買い上げた土地に建てた屋敷。
 お抱屋敷は、2ヶ所あった。

≪深川御屋敷≫
 敷地は、3,293坪。
 会津からの廻米を貯蔵しておく米蔵や、特産品などを保管しておく蝋燭蔵などが建てられていた。

≪三田藩邸の西南≫
 買い増した758坪の敷地。

大川端御屋敷

 若年寄/水野壱岐守忠見から借りていた約500坪ほどの敷地。
 両国橋の少し南の矢ノ倉 (日本橋矢ノ倉町) にあった。
 当初は、5代藩主/容頌公の隠居地として借り受けた。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [メニュー]  [現在の会津]  [割譲された藩領]